妊娠検査薬の陽性反応はいつから?仕組みや確実なタイミングは?

妊娠検査薬で確実な陽性反応を得るためには、使うタイミングを守ることが大切です。生理不順や着床出血が起こった場合には反応時期はどうなるのでしょうか。反応の精度も気になりますよね。妊娠検査薬はいつから使えるものなのか、使用時期や判定の仕組みについてわかりやすく解説します。

1524717

この記事の監修

Image
産婦人科医
杉山 太朗

目次

  1. 妊娠検査薬はいつから反応する?
  2. 妊娠検査薬の仕組みは?hCGに反応するの?
  3. 着床後のhCGの分泌量の変化は?ピークはいつ?
  4. 妊娠検査薬の確実な判定はいつから?
  5. 一般的な妊娠検査薬の反応のタイミングは?生理不順のときは?
  6. 妊娠検査薬の反応は正確?偽陽性になるのはなぜ?
  7. 妊娠検査薬は医師の診察とあわせて利用を
  8. あわせて読みたい

妊娠検査薬はいつから反応する?

市販されている通常の妊娠検査薬では、生理開始予定日の1週間後から妊娠の可能性を調べることができます。妊娠初期に現れるホルモンの変化を尿から知ることができるので、医師の診察を受ける前の目安として使われるのが一般的です。

Article link icon
【医師監修】妊娠超初期症状25のチェックリスト!兆候はいつから?(体験…

妊娠検査薬の仕組みは?hCGに反応するの?

Image

hCGは妊娠中に分泌されるホルモン

hCGは「ヒト絨毛性ゴナドトロピン」と呼ばれるホルモンで、「Human chorionic gonadotropin」の頭文字をとって「hCG」と表記されています。hCGは着床のころから分泌量が増え、黄体を維持するためにはたらきます。

黄体はエストロゲンとプロゲステロンを分泌し、子宮内膜を栄養豊富な状態に保つはたらきをしますが、着床が成立しないと退化するため、子宮内膜が剥がれ落ち生理が始まってしまいます。このため、妊娠初期にhCGが黄体のはたらきを促すことは、妊娠を維持するためにとても重要なプロセスなのです。

Article link icon
着床時期はいつ?自覚症状はあるの?受精卵が着床するまでの期間と流れは?

妊娠検査薬は尿中hCG濃度を検出

妊娠検査薬は、着床とともに分泌量が上がり、尿中に排泄されるようになったhCGをとらえるための検査薬です。一般用の検査薬は第2類医薬品に分類され、ドラッグストアなどで購入できる商品です。自宅で採尿して検査が可能なので、医師の受診を受ける前の目安を得ることができます。

妊娠初期は胎児の発育にとってとても大切な時期です。妊娠や身体の中で起こっている異変に気付かずに後悔することがないよう、こうした検査薬を役立てていきたいですね。

着床後のhCGの分泌量の変化は?ピークはいつ?

Image

着床時に分泌量が増える

着床とともに分泌量が増えるhCGの、妊娠していないときの基準値は0.7IU/L以下となっています。これが、妊娠3週頃に0~50IU/L、妊娠4週で20~500IU/Lとなり、尿中で検知できるようになります。

分泌量のピークは妊娠8~10週

hCGは胎盤が完成するまでのあいだにさかんに分泌され、子宮内膜を健やかに保つためにはたらきます。分泌量のピークを迎えるのは妊娠8~10週頃で、8週頃の基準値は14,000~169,000IU/Lです。この時期の胎児は人間らしい身体ができあがりつつある状態で、手足や透き通ったような皮膚が作られています。

妊娠20週頃には分泌量が安定

胎盤が完成するのは妊娠14~16週頃です。この時期にはhCGの分泌量はピーク時から減少しており、妊娠20週頃になると2,500~82,000IU/Lで安定します。胎児はできあがった胎盤から栄養を得て、増え始めた羊水の中で手足を動かして運動するようになります。

Article link icon
妊娠週数一覧!数え方や赤ちゃんの大きさは?妊婦さんの身体の変化と成長の…

妊娠検査薬の確実な判定はいつから?

Image

使用時期は製品の検出感度によって異なる

妊娠検査薬は、家庭で検査できる一般用検査薬と、医療機関でも使われている体外診断用医薬品とに分類されます。ドラッグストアなどで買える一般用検査薬の検出感度は50IU/Lで、生理開始予定日の1週間後から検査が可能です。

一方の体外診断用医薬品は、薬剤師がいる薬局でなければ購入することができません。しかし、検出感度は25IU/Lと一般用よりも高く、生理開始予定日の当日から調べることができます。病院内で使われるものの中には、検出感度がさらに高いものもありますよ。

早期妊娠検査薬は生理予定日当日から判定可能

通販では早期妊娠検査薬として、日本の体外診断用医薬品と同等の検出感度を持つ海外製の妊娠検査薬が販売されています。仕様は異なりますが、使い方は日本製のものとほぼ同じで、料金も抑えられるため、継続した利用を考えている方に人気です。

ただし、海外の検査薬は日本の法律で管理されていません。購入する際には信頼できるサイトを選ぶようにしましょう。

Article link icon
早期妊娠検査薬は生理予定日前からフライング検査可能?仕組みと注意点!

一般的な妊娠検査薬の反応のタイミングは?生理不順のときは?

Image

生理予定日1週間後から

一般検査薬で感知できるhCG濃度は50IU/L、体外診断用医薬品や海外製の妊娠検査薬では25IU/Lです。hCGが50IU/Lとなるのは妊娠3~4週以降なので、生理予定日1週間をすぎれば十分な量のhCGを検出できますよ。確実な反応、正確な判定結果を確認するためにも、この時期を待つようにしてください。

妊娠3週頃から陽性になることも

hCGの分泌が盛んであれば、妊娠3週頃から妊娠検査薬で検出できる濃度になり、判定結果が陽性を示すこともあります。しかし、妊娠3週では超音波検査で胎嚢を確認することができず、確定診断をすることができません。化学流産(生化学的妊娠)の可能性も出てくることから、妊娠検査薬で決められた検査日を守るようにしましょう。

生理不順のときは性交3週間後が目安

生理の周期が定まらない生理不順では、次の生理開始予定日が把握しづらいことがあるでしょう。生理周期が安定していない場合は、性交の3週間後を目安に妊娠検査薬を使ってみましょう。排卵から着床が完了してhCGの分泌量が増えるのは、ちょうど性交から3週間経ったころなので、妊娠が成立していれば陽性反応を示します。

過去2~3回分の生理日がわかっていれば、次の生理開始予定日を計算して予定日を割り出すことができます。予定日チェッカーは日本製の妊娠検査薬のメーカーサイトやインターネット上で公開されているので、確認してみてはいかがでしょうか。

着床出血があっても基本は生理予定日の1週間後から

着床出血とは、受精卵が子宮内膜に潜り込むときに起こる妊娠初期の出血のことです。生理予定日の2~3日前に見られますが、すべての妊娠で起こる現象ではなく、着床時の出血がないこともあります。

着床出血は妊娠初期症状のひとつとはいえ、出血に伴ってhCGが増加するわけではありません。hCGが十分でないと、出血が着床によるものであっても検査薬は陰性を示すこともあります。正確な判断をするためにも、生理開始予定日を待ってから検査をするようにしましょう。ほとんどの妊娠検査薬は、出血中であっても検査が可能です。

Article link icon
【医師監修】妊娠検査薬は陰性なのに生理がこない!3つの原因と対処法

妊娠検査薬の反応は正確?偽陽性になるのはなぜ?

Image

妊娠していないのに陽性となる偽陽性がある

妊娠検査薬はお腹の中の状態を直接診断するものではなく、尿中のhCGを検出する検査薬です。その性質上、妊娠していないのに判定結果で陽性の反応を示すことがあります。なんらかの原因でhCGが分泌されている状態が考えられ、この場合、受精卵の着床は起こっていないといえます。

偽陽性になる理由

hCGが分泌される理由はいくつかあり、閉経期にさしかかっていること、絨毛性疾患やhCG産生腫瘍、排卵誘発剤といった性腺刺激ホルモン剤を服用していることによるもの、化学流産や分娩・中絶後などがあげられます。

特に不妊治療などで排卵誘発剤を使用しているときは、hCG注射後2週間以上あけて検査することをおすすめします。

Article link icon
hCG注射の妊娠検査薬への影響はいつまで?正確な陽性反応はいつから?

妊娠していても陰性になることも

偽陽性の反応とは逆に、妊娠していても陰性の反応を示すことがあります。生理開始予定日を思い違いしていたり、妊娠初期でhCGの分泌量が十分でなかったりするときは、妊娠していてもhCGをとらえることはできません。このようなときは、正しい使用方法でもう一度検査をしてみましょう。

もともとhCGの分泌量が低い方だったり、まれに測定範囲を超えて大量のhCGが分泌されたりすると、陰性になることもあります。そのため、陰性なのに生理が遅れている場合は医師の診察を受けると安心です。

Article link icon
妊娠検査薬で陽性反応後に出血!生理がきた?着床出血?見分け方や原因につ…

妊娠検査薬は医師の診察とあわせて利用を

Image

妊娠検査薬は、妊娠の確定診断を行うものではなく、あくまで補助的に妊娠の可能性を知るものです。妊娠判定は超音波検査や血液検査などの結果から総合的に行われます。妊娠初期は母体や胎児を守るためにもとても大切な時期です。陽性反応が出た場合はすみやかに医師の診察を受けるようにしてください。

陰性であった場合も妊娠検査薬の判定だけにとらわれず、いつもと違う痛みや出血、生理の遅れなどがあったときは、信頼できる医師に相談してみましょう。

Article link icon
妊娠検査薬で陽性反応!病院はいつ行く?初診料は?検査内容と病院選びにつ…

妊活中・妊娠超初期に考えたい葉酸


妊娠1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月の女性は葉酸を摂取するよう心がけましょう。厚生労働省は妊娠可能性のある女性に対し、食事からの摂取に加えて1日400μgの葉酸を摂取することを推奨しています。

Product出典:premin.shop
プレミン
¥3,866〜(2018/07/04 時点)

「プレミン」は、妊娠中に不足しがちな栄養素をしっかり補いたいママにおすすめの葉酸サプリ。健康な身体づくりに必要なビタミン・ミネラルを豊富に含み、ビタミンB群だけでなくビタミンCやビタミンD、マグネシウムも豊富に配合しています。

安全性にこだわっている「プレミン」は、製造から袋詰めまで「NSF GMP認証」をクリアした工場で行い、全成分の原産国と最終加工国を開示。食物アレルギー検査も実施しているので、アレルギーが気になる人には嬉しいですね。

Yp1 s1 2出典:belta-ad.jp
ベルタ葉酸
¥3,980〜(2019/01/18 時点)

ベルタ葉酸サプリは400μgの葉酸を摂取できるほか、鉄分やカルシウム、ビタミン、ミネラルや美容成分も一緒に摂取でき、妊娠中の健康維持に役立ちます。葉酸を効率良く摂取できるように体内にとどまりやすい「酵母葉酸」を使用している点もこだわりポイントのひとつです。

香料、着色料、保存料などを使用していないところもうれしいですね。サプリメントの大きさは直径9mmと小さく飲みやすいですよ。

あわせて読みたい

妊娠検査薬の使用方法について

妊娠検査薬の使用期限は何年?期限切れでの判定結果は?正しい保管方法とは
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/18567
Image

妊娠検査薬の判定結果について

【医師監修】妊娠検査薬が陰性でも妊娠していた!陰性から陽性になる原因は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/19145
Image
妊娠検査薬が陽性から陰性に。間違いが出る原因は?流産の可能性も
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/15874
Image
妊娠検査薬の判定が薄いのは陽性?蒸発線が出る原因と対処法
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/21956
Image

妊娠検査薬の関連記事

妊娠検査薬のおすすめ9選を比較!人気商品の値段や種類別の特長まとめ
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/20343
Image
海外の妊娠検査薬5選!日本の検査薬との違いは?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/19189
Image
妊娠検査薬のクリアブルーとは?正しい使い方、判定線の見方、陰性の原因
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/18900
Image
妊娠検査薬はコンビニで売ってる?医薬品を扱っているコンビニはどこ?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/16352
Image
葉酸サプリおすすめ人気ランキング!妊活・妊娠中の効果や口コミをご紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28265
Image
想像妊娠で妊娠検査薬は反応するの?想像妊娠の症状と原因
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/19595
Image
子宮外妊娠の妊娠検査薬の反応は?薄い陽性や陰性のことがある?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/19465
Image
【体験談】生理が来たのに妊娠していた?妊娠も人それぞれ…?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/11506
Image