最強母乳外来とはどんなブログ?卒乳・添い乳・夜泣きの悩みを解決

みなさんは母乳育児についてどのような考えをお持ちでしょうか。母乳育児に対する考えは人それぞれなので、さまざまな意見や悩みをお持ちのことでしょう。母乳育児について悩んでいるママにはもちろん、それ以外のママにもぜひ一度読んでいただきたい大人気ブログ「最強母乳外来」について紹介していきます。

39374

目次

  1. 「最強母乳外来」とは?
  2. 最強母乳外来のおすすめ記事10選
  3. 最強母乳外来はママの心強い味方
  4. 育児ではママが正しい判断をすることが大切
  5. あわせて読みたい

「最強母乳外来」とは?

かつて開設されていた大人気ブログ

「最強母乳外来」とは、2009年1月に開設された知る人ぞ知る大人気ブログで、母乳育児に悩む多くのママたちから絶大な支持を得ていました。しかし、2012年12月11日に突然強制削除され、ブログ記事がすべて消えてしまいます。

母乳育児や乳幼児の育児に関する情報がたくさん詰まった、いわば赤ちゃんの育児のバイブル的存在の大人気ブログの突然の消失。当時、ブログを愛読していた多くのママたちから惜しまれていたのは、言うに及びません。

ブログ主は助産師のSOLANINさん

そんな大人気ブログ「最強母乳外来」のブログ主は、助産師のSOLANINさんという方です。SOLANINさんは、「BFH認定病院(WHO/ユニセフが認定するBFH(BabyFriendlyHospital=赤ちゃんにやさしい病院)のこと)」に現役で勤務しており、助産師歴は20年以上、なんと6000組を超えるママや赤ちゃんと接してきました。

SOLANINさんご本人も3児のママとのことです。ご自身の育児や助産師のご経験における豊富な実体験を例に出しながら、時には厳しい口調で、しかし愛情を込めてわかりやすく、母乳育児や乳幼児の育児に関する情報を説いてくれます。

また、SOLANINさんは本も出版しているので、母乳育児に悩んでいる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

9784022508713出典:tshop.r10s.jp
最強母乳外来-あらゆる悩みにお答えします!-SOLANIN(ソラニン)
¥1,296〜(2018/11/28 時点)

母乳育児に悩んでいるすべてのママたちへ、母乳育児を成功させるためのテクニックをベテラン助産師SOLANINが細やかに指導してくれます。大人気ブログの待望の書籍化です。

「最強母乳外来・フェニックス」とは?

大人気ブログ「最強母乳外来」は削除されましたが、現在SOLANINさんは新たなブログを開設しています。それが、「最強母乳外来・フェニックス」です。「最強母乳外来・フェニックス」では、過去の記事をできるかぎり復刻させた上で、現在も母乳育児や乳幼児の育児に悩めるママたちに向け、有益な情報を発信してくれています。

再びSOLANINさんによって開設された育児ブログ「最強母乳外来・フェニックス」は、前回と同様に多くの人気を集め、大人気ブログとして育児に悩める多くのママたちに愛読されているのです。

最強母乳外来のおすすめ記事10選

Image

それでは、最強母乳外来でよく読まれているおすすめ記事を紹介していきましょう。

余計な一言のせいで。(1歳8ヶ月): 最強母乳外来・フェニックス

お姉さんのあるひと言をきっかけに、赤ちゃんが乳首を噛むようになってしまったという授乳のお悩みに対する回答が載った記事です。卒乳に対する考え方は人それぞれです。何か問題が起こってしまう前に、卒乳に対するママの意思を周囲に知らせておくことの重要性に気付かされます。

おっぱいに左右差がある時の対処法。: 最強母乳外来・フェニックス

人間には利き手、利き足があるのと同じで「利きおっぱい」があると持論を展開した上で、効率的に左右のおっぱいを飲ませる方法について教えてくれます。左右のおっぱいの母乳の出方に差があるママは必見ですよ。

風邪薬を内服したら、授乳禁止なの?(改訂版): 最強母乳外来・フェニックス

授乳中のママが体調を崩したら産婦人科へ受診すべきであること、その理由について説明している記事です。母乳育児を継続していくためには、いつだってママの正しい判断がとても大切なのですね。

おっぱいとお薬その19『ロキソニン®』(改訂版): 最強母乳外来・フェニックス

みなさんお馴染みの「ロキソニン」の、授乳中の服用について説明している記事です。ロキソニンといえば、その抜群の効果から授乳中には禁忌なものと捉えられがちですが、実はそうではなかったのです。

妊娠中に授乳すると流産する?: 最強母乳外来・フェニックス

妊娠中の授乳は流産の危険性があるというお話を聞いたことはありませんか。その真相はどのようなものなのでしょうか。妊娠中に授乳を継続しようかどうか悩んでいるママは、ぜひ読んでみてくださいね。

おっぱいを長く飲んでいると虫歯になるの?(改訂版): 最強母乳外来・フェニックス

赤ちゃんの歯が生えてくると、おっぱいを飲ませ続けることが原因で虫歯になってしまうのではと不安になることもあるでしょう。この記事では、長期授乳と虫歯予防を両立していくための方法について、細やかに説明しています。

乳口炎(白斑)の治療期間について。: 最強母乳外来・フェニックス

「乳口炎」は、授乳中のママに起こりやすいおっぱいトラブルのひとつです。なんとか白斑が消失したものの、お薬の塗布を止めるタイミングについて悩んでいるママにおすすめします。

断乳?卒乳?母乳育児のフィナーレはどうすればいいの?: 最強母乳外来・フェニックス

おっぱいが子どもにとっていかに心の支えであり、いかに大切なものであるかについて説いた上で、母乳育児の終わらせ方について提案してくれます。「子どもの気持ちを一番に考えてあげて欲しい」というSOLANINさんの想いが伝わってくる、心温まる内容です。

3歳以下の幼児に起こる牛乳貧血とは?: 最強母乳外来・フェニックス

カルシウム豊富で体に良いとされている牛乳に隠された「牛乳貧血」という症状について書かれた記事です。特に幼児に飲ませるときは要注意で、牛乳を与える量やタイミングを見直す良いきっかけとなることでしょう。

『圧抜き』とトラブル予防のお食事の摂り方。: 最強母乳外来・フェニックス

おっぱいがパンパンに張ってしまったときに仕事先などでも行える、簡単な圧抜きの方法について書かれています。おっぱいの張りは場所を選んでくれません。授乳中のママはぜひ読んでみてくださいね。

最強母乳外来はママの心強い味方

Image

最強母乳外来は、母乳育児に関する情報はもちろん、赤ちゃんの病気や食事のこと、さらにはママの体調管理や仕事の両立についてまで、実にさまざまな育児に役立つ情報がつまっています。

産婦人科の先生や周囲の人に相談しても解決ができない赤ちゃんの育児についての悩みがあるときこそ、最強母乳外来をのぞいてみましょう。最強母乳外来は、赤ちゃんの育児に悩めるママの心強い味方なのです。

育児ではママが正しい判断をすることが大切

産婦人科の先生や、あなたの周りの子育て経験のある先輩の話を全面的に信じ、簡単に流されてはいけません。育児では、ママであるあなた自身が正しい判断をするために、たくさんの情報をキャッチしていくことがとても大切です。「最強母乳外来」に書かれているさまざまな情報も、ぜひあなたの育児に役立ててみてくださいね。

あわせて読みたい

添い乳での寝かしつけはいつまで?寝ないときには?夜泣きの原因になるの?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29429
Image
卒乳の時期はいつ?平均何歳くらい?自然卒乳・計画卒乳と断乳との違いは?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28303
Image