おりものの変化と生理周期や年齢、妊娠との関係は?おりものの異常は病気のサイン?

「おりもの」というと、下着が汚れたりにおいが気になったりして、嫌なイメージを持つ人も少なくないでしょう。おりものは、性器を細菌から守る働きがあるほか、身体の不調や病気を知る指標にもなります。ここでは、おりものの役割や女性ホルモンとの関係、生理周期による分泌量の変化やおりものの異常からわかる病気について解説します。

36107

この記事の監修

目次

  1. おりものとは?
  2. おりものの役割
  3. おりものは生理周期においてどんなふうに変化する?
  4. おりものの量は年齢によって変化する?
  5. 妊娠すると、おりものはどう変化する?
  6. 正常なおりものの特徴は?
  7. おりものは人それぞれ
  8. おりものの異常は、病気のサイン
  9. おりものの異常からわかる主な病気
  10. 疲れやストレスでおりものが変化することも
  11. おりものを上手にケアしよう
  12. おりものの変化に気付いて、自分の身体を守ろう
  13. あわせて読みたい

おりものとは?

おりものとは、子宮内膜や子宮頸管(しきゅうけいかん)、腟などから出た粘液や分泌物が集まってできた液体です。女性ホルモンの働きと大きくかかわっており、女性の身体にとって大切な役割を果たしています。

おりものの役割

自浄作用

おりものは、細菌が腟(ちつ)を通って身体の中に入るのを防いだり、腟の中をきれいでうるおいのある状態に保ったりしてくれます。この働きを「自浄作用」と呼びます。

受精を促す

排卵期になると、精子が卵子のもとにスムーズに到達するように手助けをしてくれます。これの働きにより、精子と卵子が受精しやすい環境が生まれます。

おりものは生理周期においてどんなふうに変化する?

Image

おりものは、女性ホルモンの影響を受けて毎日変化しています。生理周期(月経周期)において、おりものはどのように変化していくのでしょうか。

生理直後~卵胞期前半

生理直後は、体内に残った経血がおりものに混ざって出てくるため、おりものが茶色や赤褐色になる場合があります。量は少なく、さらっとした状態です。

卵胞期後半~排卵期

卵胞期の後半になると、おりものの量が増えていき、排卵期にピークに達します。排卵期のおりものは透明でとろみがあり、よく伸びるゼリーのような状態になることが多いようです。精子を包み込み、卵子のもとにたどり着きやすくしてくれます。

黄体期

黄体期になると、おりものの量が少しずつ減っていきます。白くにごって粘り気のある状態になり、下着に付くと黄色く見えることがあります。

生理直前

生理直前になるとおりものの量が再び増え始め、においが強くなっていきます。黄体期と同様、下着に黄色くこびり付いてしまうことがあります。また、血液が少しだけ混ざり、茶色や赤褐色のおりものが出てくる場合があります。

Article link icon
生理前のおりものの特徴!多い?少ない?においや色、妊娠初期のおりものと…

おりものの量は年齢によって変化する?

Image

おりものの量は、年齢によっても変化します。どのように変化していくのでしょうか。

初潮~10代

おりものは、初潮を迎える時期から少しずつ増えていきます。女性ホルモンの分泌量がまだ安定しないため、おりものの量も不安定で、増えたり減ったりしやすい時期です。

20代~30代

20代~30代にかけては、女性ホルモンの分泌量がピークに達するため、おりものの量がもっとも多くなります。また、10代の頃に比べて量が安定します。

30代~40代

女性の身体が成熟し終わると、女性ホルモンの分泌量が次第に少なくなります。そのためおりものの分泌量も少なくなっていきます。

閉経期

閉経期を迎えると、女性ホルモンの分泌量が一気に減ります。閉経後2~3年後になると、おりものがほとんど分泌されなくなり、腟内が乾きやすくなります。

Article link icon
おりものが少ないと妊娠可能性が下がる?妊娠初期や排卵日、生理前なのにお…

妊娠すると、おりものはどう変化する?

Image

妊娠すると、女性ホルモンの分泌量が増え、おりものの量が多い状態が続くのが一般的です。妊娠中のおりものには、胎児を細菌から守る働きがあります。妊娠超初期(妊娠検査薬で陽性反応が出る前)から臨月までの間に、おりものはどのように変化していくのでしょうか。

妊娠超初期~妊娠初期

妊娠していない場合、黄体期になるとおりものの分泌量が減りますが、妊娠している場合にはおりものの量が増える場合があります。黄体期のおりものは白くにごっていることが多いですが、妊娠によって女性ホルモンのバランスが変化するため、排卵期のように透明で水っぽいおりものが出ることもあります。

また、妊娠により子宮内部が変化して出血が起こり、酸化した血液の影響でおりものが茶色に変色することも考えられます。ただし、茶色のおりものが続く、ひどい腹痛がある、鮮血が混じる、といった症状がある場合には、流産や病気などの可能性があるため、必ず病院に行きましょう。

Article link icon
妊娠超初期のおりものは少ない?においや色の特徴は?

妊娠中期

妊娠中期もおりものの量が多い状態が続きますが、量が多すぎる場合やなかなか止まらない場合には、破水の可能性があります。破水は透明で生臭く、さらさらしているのが特徴です。これらの特徴があるときは、すぐに病院に行きましょう。

Article link icon
妊娠中期のおりものに注意して!量が増える・茶色やピンクになるのは大丈夫?

妊娠後期~臨月

妊娠後期から臨月にかけては、出産に向けてますます女性ホルモンの分泌量が増え、おりものの量も増える傾向にあります。この時期は、いつ破水が起こってもおかしくない状態なので、おりものと破水を間違えないように注意しましょう。

また、おりものに血が混じっていたり、茶色やピンクに変色したりしている場合には、おしるしかもしれません。しばらく様子を見て、陣痛や破水があるならば、病院に行きましょう。おしるしは必ずあるとは限りませんし、回数も人それぞれです。おしるしがあってもなくても、落ち着いて出産の準備をしましょう。

Article link icon
妊娠後期・臨月におりものが増える原因は?色に要注意?

正常なおりものの特徴は?

おりものの色や量、においなどの情報から、女性ホルモンの分泌量や腟内の状態を知ることができます。身体の異常に気付くためには、正常なおりものの特徴を知っておくことが大切です。

透明、白、あるいはクリーム色

通常のおりものは透明か白、クリーム色です。下着に付くと黄色くなる場合があります。ただし、白くても濁っていてボロボロした状態の場合や、クリーム色よりも鮮やかな黄色になっている場合などには、病気の疑いがあるため注意しましょう。

量は人によって違う

おりものの量には個人差があり、もともと下着が濡れてしまうくらい量が多い人もいれば、気にならない程度の量の人もいます。普段の量を知っておきましょう。

生臭く、酸味のあるにおい

通常のおりものは、少し酸味のあるにおいや、生臭いにおいがします。おりものを長時間放っておくと細菌が繁殖し、腐敗したようなにおいがする場合もあります。

Article link icon
おりものが臭い!酸っぱい・生臭いにおいは異常?原因と対策、生理前や妊娠…

おりものは人それぞれ

おりものの量やにおいの強さ・感じ方は人それぞれです。普段からおりものの量が多い人もいれば、少ない人もいますし、においが強いと感じる人もいれば、まったく気にならない人もいます。また、妊娠中であってもおりものの量があまり増えない人もいます。

おりものには個人差があるため、自分の普段のおりものの状態を知ることで、いつもと違うおりものが出た場合にすぐに気付けるようにしておきましょう。

おりものの異常は、病気のサイン

Image

病気が原因でおりものが変化する場合があります。病気かどうかを見分けるためには、どのような点に注目すると良いのでしょうか。

色の変化に注目する

おりものが白く濁ったり、黄緑、灰色、茶色などに変色したりした場合には、腟の感染症や子宮の病気などにかかっている可能性があります。

生理前後に経血の影響で茶色や赤褐色、黒、ピンクなどに変色する場合もありますが、変色した状態が長期間続く場合や、鮮血が混じっている場合などは注意が必要です。

量の変化に注目する

おりものの量が異常に多い、あるいは少ない場合には、病気になっていたり、ホルモンバランスが崩れていたりする可能性があります。ただし、おりものの量には個人差があるため、普段の量と比べて多いか少ないかを判断できるようにしておきましょう。

状態の変化に注目する

腟の感染症、子宮の病気などになると、色の変化に加えて、おりものがボロボロした状態になる、膿状や泡状に見える、いつもより水っぽくなる、といった状態の変化も起こる場合があります。

においの変化に注目する

病気によっては、おりものから悪臭がする場合があります。おりものにはもともと酸味のあるにおいがありますが、いつもと違うにおいがする場合は注意しましょう。

おりものの異常からわかる主な病気

Image

腟の感染症(膣炎)など、身体の異常がある場合には、おりものはどのように変化するのでしょうか。

カンジダ感染

白くにごり、豆腐やカッテージチーズ、酒かすのようにボロボロした状態のおりものが出る場合には、カンジダ腟炎の可能性があります。おりものがクリーム状で、ヨーグルトのように見える場合もあるでしょう。カンジダ腟炎は、カビの一種であるカンジダによって引き起こされる炎症で、かゆみを伴います。

体調不良などで免疫力が低下するとかかりやすい病気なので、風邪をひいたときや睡眠不足が続いたときには注意しましょう。

トリコモナス感染

黄緑や黄色で、泡状の強い悪臭がするおりものが出る場合は、トリコモナス腟炎を疑うと良いでしょう。性器のかゆみや違和感、排尿時・性交時の痛みなどの症状があります。

細菌感染(非特異性腟炎)

灰色がかった色で、水っぽいおりものが出る場合には、細菌感染かもしれません。おりものから魚が腐ったような腐敗臭がすることがあります。

細菌性の膣炎は、症状が少なく、原因菌が特定できないことが特徴です。ほかの炎症と合併したり、子宮内膜炎や卵管炎、骨盤腹膜炎などにつながったりする可能性があります。

妊娠後期に細菌性膣炎になると、早産になったり、新生児の感染症のリスクが高まったりするため、免疫力を高め、清潔を保つようにしましょう。

淋菌感染(りんきんかんせん)

白あるいは黄色や黄緑がかった色で、膿のようなおりものが出る場合には、淋菌感染症かもしれません。淋菌感染症は、下腹部の痛みや性交時の痛みを伴うことがある性感染症で、子宮外妊娠や不妊症につながる場合もあります。

クラミジア感染

白あるいは黄緑がかった色で、水っぽいおりものが出る場合には、性器クラミジア感染症の疑いがあります。

性器クラミジア感染症は、世界的にもっとも頻度が高い性感染症で、近年日本の若者の間でも増加傾向にあります。子宮頸管炎や子宮付属器炎を引き起こすとともに、卵管妊娠や不妊につながりうる病気です。進行すると下腹部痛や発熱がありますが、軽症では無症状の場合もあります。

子宮腟部びらん

子宮腟部びらんは、子宮の入り口部分の内側にある粘膜が外に広がってできる状態のことを指し、いわゆる粘膜が爛れるびらんではありません。女性ホルモンの分泌が多い時期によく見られます。

放っておいても問題がない場合が多いですが、不正出血がひどかったり、おりものが増えすぎたりして不都合な場合には、治療を行うことがあります。

萎縮性腟炎

萎縮性腟炎は更年期に腟壁が委縮して出血しやすくなる病気で、「老人性腟炎」と呼ばれることもあります。膣の壁が弱くなるために、おりものの他に外陰部の痛みやかゆみを伴います。

子宮頸管ポリープ、子宮頸がん

子宮頸管ポリープは、「子宮頸管」と呼ばれる子宮の入り口の部分にできる良性の腫瘍で、子宮頸がんは同部位にできるがんです。

特に子宮頸がんは、進行すると治療が難しくなるため、おりものや出血の状態を普段から確認するとともに、定期的に健診を受けて早期発見に努めましょう。

子宮体がん

茶褐色や赤で、膿のようにも見えるおりものが出る場合には、子宮体がんが原因かもしれません。

子宮体がんは、子宮内膜から発生するがんで、40代から多くなります。不正出血や排尿時・性交時の痛み、骨盤の痛みなどの症状があります。おりものの異常に加えてこれらの症状がある場合には、病院で検査を受けましょう。

疲れやストレスでおりものが変化することも

Image

疲れやストレスによってホルモンバランスが崩れ、おりものの量や色が変化する場合もあります。たとえば、おりものの量が極端に少ない場合は、ストレスなどによって女性ホルモンが正常に分泌されていないことが考えられるでしょう。

また、疲れやストレスにより身体の免疫力が低下すると、おりものの「自浄作用」が低下してしまい、腟の中で細菌が増えてしまう可能性があります。腟内の細菌が増えると、細菌性腟症やカンジダ腟炎などの病気になるリスクが高まります。腟の病気を予防するためにも、ストレスをためないように心がけましょう。

おりものを上手にケアしよう

Image

量が多くて気になるときはおりものシートを

おりものの量が多くて下着が濡れてしまうときは、おりものシート(パンティライナー)を使用すると便利です。おりものシートは、おりもの専用に作られたシートで、生理用ナプキンよりも小さくて薄いのが特徴です。

皮膚のかぶれやかゆみを防ぐため、使用する場合にはこまめに取り換えるようにしましょう。

Article link icon
おりものシート(パンティライナー)おすすめ10選!人気の布やコットンの…

におい対策はどうする?

おりもののにおいは誰にでもありますが、おりもののにおいが気になってしまう人も多いことでしょう。

においが気になる場合は、下着やおりものシートをこまめに替えたり、デリケートゾーンをお湯で洗い流したりすることで、多少はにおいを抑えることができます。おりものシートは、デオトラント効果があるものを選ぶと良いでしょう。

デリケートゾーンを清潔に保とう

おりもののケアにおいては、デリケートゾーンを清潔に保つことがもっとも大切です。通気性の良い服装を心がけて細菌の繁殖を防ぐとともに、汚れた下着やおりものシートをこまめに取り替え、長時間放置しないようにしましょう。

洗いすぎには注意しよう


ただし、デリケートゾーンの洗いすぎには注意しましょう。ソープは使わず、こすらず、軽くシャワーで流して下さい。おりものの量やにおいを気にするあまり洗いすぎてしまうと、石鹸の刺激でかぶれやかゆみが出てしまいます。


また、おりものは腟内のうるおいを保つためになくてはならないものです。洗いすぎるとおりものの自浄作用を阻害してしまうことになりかねません。汚れが気になるときにぬるま湯で優しく洗い流す程度にし、1日に何度も洗ったり、必要以上にこすったりすることは控えましょう。

おりものの変化に気付いて、自分の身体を守ろう

おりものは、女性ホルモンが正常に分泌されているか、腟が健康に保たれているか、性病に感染していないかなど、さまざまな情報を知らせてくれます。普段から自分のおりものの色や量、においなどに注意し、異常に早く気付けるようにしておきましょう。

また、おりものには女性の身体を守ってくれる大切な役割があります。上手にケアしながら付き合っていけると良いですね。

あわせて読みたい

おりもので排卵日をチェック!においや色、量は?卵白のような白いかたまりや伸びるおりものが出る?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28467
Image