精巣がん(腫瘍)の症状、原因、手術、生存率について。痛みやしこりはある?

がんといえば、子育て世代では「乳がん」「子宮がん」などの女性のがんがクローズアップされがちです。しかし、男性特有のがんで、子育て世代に気を付けてほしいがんのひとつに「精巣がん」があります。精巣がんとはどのようながんなのでしょうか?症状や生存率など、精巣がんの情報をお伝えします。

15651

この記事の監修

目次

  1. 精巣とは?精巣がん(腫瘍)とは?
  2. 精巣がんの症状と原因
  3. 精巣がんの診断方法(検査)
  4. 精巣がんの治療方法は?
  5. 生存率はどれくらい?
  6. 精巣がん治療を行った(行っている)方のブログ紹介
  7. 「痛い」=精巣がんではない!陰嚢に気になる症状があれば病院へ
  8. あわせて読みたい

精巣とは?精巣がん(腫瘍)とは?

精巣がんは、あまり聞き慣れない名前ですが、子育て世代は特に知っておきたい男性特有のがんです。

精巣とは?

男性の生殖器は、精巣、精巣上体、精管、精嚢、前立腺、尿道球腺、陰茎、陰嚢などから成り立っています。そのうちの精巣(睾丸)は、精子をつくる男性の臓器です。精子だけでなく、男性ホルモンをつくっている臓器でもあります。

男性生殖器の主な病気としてあげられるのは、以下のようなものです。

・精巣上体炎
・精巣炎
・陰嚢水腫
・精索静脈瘤
・精索捻転
・精巣がん

また、精巣で作られる男性ホルモンが減ってしまうと「うつ状態」や「性機能障害」を引き起こしてしまいます。性機能以外にも大切な役割をしているのが精巣なのです。

精巣がんとは?

精巣にできる悪性腫瘍を一般的には「精巣がん」といいます。精巣がんの発生率は男性10万人あたり10~15人で、非常に多いというイメージはないかもしれません。しかし、多くは幼児期と青壮年期に発病し、進行も早いことから、早く異変に気付いて判断することがなによりも重要です。

年代別に見ると、固形腫瘍は20~30代男性の患者が最も多いがんといわれており、子育て世代では気になるがんのひとつといえるのではないでしょうか。

精巣がんは、国別・人種別に罹患率が違うことも知られています。デンマーク、ノルウェー、スイス、ドイツなどでの罹患率は高く、逆にアフリカやアジアでの罹患率は低いのですが、罹患率に差が出る原因はわかっていません。また、日本での罹患率も増加傾向にあります。

精巣がんの症状と原因

Image

精巣がんの症状

「精巣がん」の症状としては、片側の精巣が腫れたり、硬さが変化することが多いようです。しかし、痛みはなく、本人からは見づらい位置にあることから、「精巣がん」の症状は気付きにくいといわれています。転移が早い病気のため、転移先の臓器の症状から精巣腫瘍にやっと気付くことは少なくありません。

また、ホルモンを生成する器官というだけに、精巣がんになると、腫瘍の生産するホルモンの影響を受け、乳首の腫れや痛みなどが起こる場合もあります。

精巣がんでは痛みはある?

精巣がんに気付きにくい原因のひとつは、「痛み」がないということです。「がん」や「病気」と聞くと、「痛みがある」ように思えるかもしれませんが、精巣がんではたいてい痛みはなく、発熱もありません。

かなり進行した状態になって初めて痛みなどの症状があらわれるため、症状が出る前に転移した場所(腹部リンパ節転移によるしこりや腹痛、肺への転移による咳や痰など)の症状で、気付くケースが見受けられます。痛みがないから大丈夫だと思わず、定期的にチェックすることが大切です。

精巣がんの原因

精巣がんの原因は「不明」とされています。しかし、精巣がんリスクの高い人はわかるようになってきました。

・今まで家族で精巣腫瘍にかかった人がいる人
・乳幼児期に精巣が陰嚢内に収まっていない状態であった人
・反対側の精巣に腫瘍があった人
・精液検査で異常があった人

原因ははっきりとしていないものの、上記にあてはまる人は、精巣がんになるリスクが他の人に比べて高いといえます。特に気を付けて自分でも精巣の状態を知り、入浴時に少し触ってみるなどして、いつもの様子との違いを比較できるようにしたいですね。

精巣がんの診断方法(検査)

Image

精巣がんの診断は、「触診」「血液検査」「超音波検査」などで行われます。触診では、しこりの大きさや具合、左右差などをみます。ただし、がんによるしこりと思っても、水腫だったということもあります。

水腫の場合は「精巣水腫」です。水腫とがんとの違いは、「超音波検査」などで判断します。

「血液検査」では、腫瘍マーカーで腫瘍の種類や性質を確認します。精巣がんを発見するための腫瘍マーカーは、「αフェトプロテイン(AFP)」「βヒト絨毛性ゴナドトロピン(β―hCG)」「乳酸脱水素酵素(LDH)」の3種類です。

精巣がんの治療方法は?

Image

精巣がんの治療方法は、細胞の種類が「セミノーマ」と「非セミノーマ」で大きく違います。精巣がんは進行が非常に早く転移しやすいという特徴があるため、精巣がんが疑われる場合は、癌が疑われる側の精巣を手術で摘出し病理検査を行ってから上記の診断をつけ、治療を選択します。セミノーマとは、精巣に発生する生殖細胞由来の癌腫のことで、セミノーマと非セミノーマが混在する場合は非セミノーマに分類されます。それぞれにわけて、説明していきます。

セミノーマの場合

セミノーマの場合は、放射線治療、抗がん剤による化学治療が効果的です。腫瘍が残った場合は、手術で摘出することがあります。

ステージ1では精巣内のみに腫瘍がとどまっている段階であり、一般的にはそのまま経過観察となります。しかし画像検査などで転移がない場合でも、目に見えない小さな転移が起きている場合があり、転移後発部位の後腹膜に放射線治療をする「予防照射」や予防的な化学療法を行うことで、再発率が低下することが報告されています。治療法は主治医としっかりと話し合って決定することが重要です。

なお、セミノーマでもAFP値が高い場合は非セミノーマ型に分類されます。

非セミノーマの場合

「非セミノーマ」の場合は、胎児性がん、卵黄のう腫、絨毛がん、悪性奇形腫などの原因があり、いくつかの原因が複合している場合もあります。非セミノーマでも転移や脈管侵襲がなく、ステージ1の場合は、抗がん剤治療を行わず経過観察を行います。ステージ2以降の場合は一般的に化学療法、手術などが選択されます。

一般的には、セミノーマのほうが治療成績は良い傾向にあるようです。

生存率はどれくらい?

Image

5年生存率をみていくと、ステージ1ではほぼ100%、ステージⅡでは90%以上、ステージⅢでは約70%となっています。数字をみるとわかるように、生存率は他のがんに比べて高めになっています。

さらに、ステージ1で転移していない場合は、95%完治できるとされています。早めの発見が完治のカギといえるので、怖がりすぎず、気になる症状があれば早めに医師に相談したいですね。

ちなみに、生存率と並べてよく使用されるがん用語に「寛解」「完治」があります。寛解は一時的に症状が落ち着き、臨床的に問題がない場合です。もちろん、あくまでも一時的なので、再発の可能性が残されています。

完治、治癒は一般的に寛解状態が5年以上続き、がんが再発する可能性がほとんどなくなっている状態を指します。完治と言われても、再発の可能性がゼロとはいい切れませんが、寛解よりも再発の可能性がぐっと減っていると思ってくださいね。

精巣がん治療を行った(行っている)方のブログ紹介

Image

実際に精巣がんになり、その治療を行った(行っている)方々のブログをご紹介します。

『精巣腫瘍を前向きに 闘病日記』
https://ameblo.jp/youki0619/
2010年に精巣腫瘍が発覚、2011年に完治した男性のブログです。現在はお子さんもいて、元気に過ごされているようです。

『精巣腫瘍(精巣がん)・悪性リンパ腫マイペース闘病記』
http://cancerfighting.seesaa.net/
2015年に精巣腫瘍、2016年には転移ではないが悪性リンパ腫が発覚したアウトランナーさんのブログです。

『りょうまの精巣癌闘病日記』
http://ryoma-kinta.blog.jp/
2016年に精巣がんが発覚し、8月から抗がん剤理療を開始したりょうまさんのブログです。

精巣がんのことを知ってほしい、治療方法を知ってほしいと、多くの人がブログを立ち上げています。とても参考になりますし、症状や気づき方、治療方法もそれぞれ違うことがよくわかるのではないでしょうか。夫婦で一緒に読んでみるのも良いですね。

「痛い」=精巣がんではない!陰嚢に気になる症状があれば病院へ

早期に発見され治療した場合の5年生存率はほぼ100%で、完治の可能性は95%もあります。特に男性は忙しい中でつい病院を後回しにしがちですが、早めに気付くことと、あとに気付くことでは大きな違いが出るのです。

また、精巣がんといえば、精巣が痛くなるものだと思っている人もいますが、痛みが出るのはかなり病状が進行した状態でもあります。しこりがある、左右差がでてきたなど、気になる症状がある場合は、早めに受診しましょう。

あわせて読みたい

【妊活】精子の寿命は何日?射精後の受精可能時間と受精確率は?妊娠しやすいタイミングについて
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28370
Image
医療保険とは?医療保険制度の仕組みと民間医療保険の必要性!種類や控除、請求方法も解説
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/30278
Image