基礎体温の低温期が長いのは更年期のせい?改善方法はあるの?

基礎体温を継続的に測ると、自分の体温の傾向を客観的に把握することができます。体温の変化や傾向を知っているからこそ、いつもと違う点があると気になるものですよね。ここでは、基礎体温が低い日が続く場合の原因や対処法、更年期との関係、病気の可能性について解説します。

25905

この記事の監修

目次

  1. 身体の変化とともに基礎体温は変動する
  2. 排卵・生理、妊娠と深く関わる女性ホルモン
  3. 更年期に低温期は長くなる?
  4. 高温期が短くなる病気はある?
  5. 生理がない場合は閉経・妊娠どちらの可能性も
  6. 低温期が長いと不正出血がある?
  7. 産後や流産後には低温期が長くなることがある?
  8. 女性ホルモンとうまく付き合っていこう
  9. あわせて読みたい

身体の変化とともに基礎体温は変動する

女性の身体の中では、「エストロゲン(卵胞ホルモン)・プロゲステロン(黄体ホルモン)と呼ばれる2つの女性ホルモンが作られています。エストロゲンは女性らしい身体を作り、プロゲステロンは妊娠・出産を助ける働きがあります。女性ホルモンが正常に働いている場合は、基礎体温と呼ばれる最も安静な状態で測る体温を記録すると、一定周期の中で高温期と低温期の二相性になります。

エストロゲンには基礎体温を下げる働きがあり、プロゲステロンには基礎体温を上げる働きがあります。健康な女性が継続的に基礎体温を測ると、女性ホルモンの分泌の変化によって、基礎体温が低い時期(低温期)と高い時期(高温期)があることがわかるはずです。エストロゲンは排卵の直前まで、プロゲステロンは排卵後に分泌量が増え、妊娠しなければ徐々にそれぞれの分泌量は減っていきます。エストロゲンとプロゲステロンの分泌がともに減少すると生理が起こります。

Article link icon
エストロゲン(卵胞ホルモン)と身体の変化!妊娠や生理との関係は?
Article link icon
プロゲステロン(黄体ホルモン)と身体の変化!増やすための食事・過ごし方…

排卵・生理、妊娠と深く関わる女性ホルモン

Image

女性ホルモンと呼ばれるエストロゲン・プロゲステロンは、女性の身体にさまざまな影響を与えています。女性らしい身体を作る「エストロゲン」は、子宮内膜を厚くする、卵胞を育てるといった働きがあり、分泌が多い時期には心身ともに安定した状態になります。妊娠・出産を助ける「プロゲステロン」は、受精卵が着床しやすくなる、妊娠を継続させる働きがある、食欲を増進させ体内の水分を保つといった働きがあり、分泌量が多い時期には体調不良やイライラを引き起こすことがあります。

女性ホルモンの分泌は、生理開始日から次の生理が始まる直前までの「生理周期」で変化します。女性の身体の中では、生理終了後から妊娠のための準備が行われ、ホルモンの変化で排卵が起き、妊娠が成立しなければ生理になります。女性特有の排卵、生理、妊娠、出産にも大きく関わる女性ホルモンだからこそ、基礎体温の変化によってホルモンの分泌に問題がないかを把握しておくと良いでしょう。

Article link icon
女性ホルモンとは?ホルモンバランスを整えて美しく健康な女性になろう!

更年期に低温期は長くなる?

Image

更年期とは?

50歳前後になると、永続的に生理がなくなる「閉経」が訪れます。閉経前後の10年間は「更年期」と呼ばれ、女性ホルモンが急激に減少することで心身ともに不調になる人が多くなります。更年期には、加齢による卵巣機能の衰えにより女性ホルモンの分泌に変化が起こり、ほてりや発汗といった「更年期症状」が現れる場合があります。日常生活に支障が出るほどの更年期症状は「更年期障害」と呼ばれ、更年期女性の2〜3割程度に起こるといわれています。

Article link icon
更年期症候群(更年期障害)とは?更年期症候群の原因と治療法

低温相が長い・高温期が短い場合には更年期の可能性が

更年期前後には女性ホルモンの分泌量の変化から、個人差はありますが、基礎体温が変化します。更年期初期には、低温期が長くなり高温期が短くなる「黄体機能不全」のような基礎体温グラフになることがあります。本格的に更年期に入ると低温期と高温期の体温の高低差が小さくなって「無排卵月経」のような基礎体温グラフになり、閉経すると高温期がなくなって低温期のみになります。

更年期前後の基礎体温は病気の場合と似ている基礎体温グラフパターンを描くことがあります。神経質になりすぎるとストレスになることがあるため、基礎体温はひとつの目安としてとらえ、気になる点があれば婦人科へ相談するようにしましょう。更年期症状には人によってさまざまな症状があるため、個々のケースにあったホルモンを補う治療法や漢方療法などが行われます。更年期症状は一定期間を過ぎると落ち着くものですが、つらい症状があれば薬を頼るのも良いでしょう。

高温期が短くなる病気はある?

Image

高温期が9日間以内の場合は「黄体機能不全」の疑いが

低温期が長くなる場合には、高温期が何日程度あるのかを確認しましょう。個人差はあるものの、高温期は約14日前後でほぼ一定である場合が一般的です。高温期が9日間以内であれば、排卵はあるがプロゲステロンの分泌が不十分な「黄体機能不全」の可能性があります。黄体機能不全は不妊の原因になることがあるため、早めに病院を受診しましょう。

Article link icon
黄体機能不全ってどんな病気?妊娠への影響は?症状と原因、治療法、自分で…

高温期がないのに生理がきた場合には「無排卵周期症」の可能性が

高温期がなく低温期のまま生理になったという場合には、卵胞は成長しているものの排卵にならず、基礎体温を上げるプロゲステロンが十分に分泌されずに生理になる「無排卵周期症」の可能性があります。無排卵周期症は、生理があっても不妊の原因になることがあるため、早めに病院に相談しましょう。

Article link icon
無排卵月経でも妊娠できる?症状と原因、治療法とは?おりものが変化する?

生理がない場合は閉経・妊娠どちらの可能性も

Image

基礎体温の低温期が長い場合でも、生理がない場合には閉経・妊娠どちらの可能性も考慮するようにしましょう。基礎体温は0.00℃といった小さな変化で女性ホルモンの動きを確認するため、室温や冷たい食べ物の影響などで体温が低くなり、正確な基礎体温を測ることができていない可能性もあります。

生理がないのであれば、妊娠初期症状や更年期症状に当てはまるものがないか、最近の基礎体温の変化、市販の妊娠検査薬を試す、といったことも確認をするようにしましょう。さまざまな観点から確認しておけば、医師に現状を説明する際に、慌てず冷静に相談できるでしょう。

Article link icon
【医師監修】妊娠超初期症状25個!兆候はいつから?妊娠したかもと思った…

低温期が長いと不正出血がある?

Image

生理以外で性器から出血することを「不正出血」と呼びます。不正出血にはさまざまなケースがあります。腫瘍などが原因となる器質性出血、ホルモンの乱れによる機能性出血、人によっては排卵期の出血や妊娠初期の出血がある人もいます。

不正出血は非常に判断が難しいといわれているため、病気の可能性を考慮し、なるべく早めに病院を受診するようにしましょう。病院を受診する際に、基礎体温が低い状態が続いているといった情報があれば、診察の役に立つかもしれません。基礎体温表をつけている場合には、基礎体温表を持参して受診しましょう。

Article link icon
不正出血の原因を解説!腹痛を伴うことも? 鮮血が出ると危険?

産後や流産後には低温期が長くなることがある?

Image

出産後の生理の再開時期に関しては個人差が大きいものです。一般的には、産後2〜3ヶ月頃から産後1年までのあいだに、生理が再開する人が多いようです。生理が再開するまでは、女性ホルモンの分泌状態は出産前と同じ状態に戻ってはいないため、基礎体温も通常とは異なる傾向になります。授乳中は排卵が抑制されることがあるため、基礎体温を測りながら焦らず様子を見ましょう。

また、流産後にも無排卵や高温期がはっきりしない場合があります。一般的には徐々に通常の状態に戻るため、基礎体温の記録を続けながら様子を見ましょう。ただし、2~3ヶ月経っても基礎体温が通常とは異なる傾向が続くようであれば、病院に相談しても良いかもしれません。

Article link icon
産後の生理再開は子宮回復のサイン!いつから始まる?兆候は?

女性ホルモンとうまく付き合っていこう

Image

女性のホルモンの分泌量は生理周期にあわせて変動しますが、年齢によっても変わります。女性ホルモンは7~8歳頃から増え始め、20代頃にピークに達し、30代頃から徐々に減少し始めます。女性ホルモンは長いあいだ付き合っていくものであり、心にも体にも、妊娠や出産といったライフイベントにも影響を与える大きな存在です。女性ホルモンが乱れると、生理不順、頭痛やめまい、イライラなどの症状が出たりする場合もあります。



規則正しい生活を送り、ストレスをためないように日頃から気をつけることで、女性ホルモンと上手に付き合っていけると良いですね。基礎体温を測ると、日々のホルモンバランスの変化を把握しやすいですよ。ホルモンの乱れによるつらい体調不良が続く場合は、我慢せずに病院に相談するのも良いでしょう。

あわせて読みたい

排卵日の基礎体温の変化と平均は?グラフを用いた排卵日の予測方法
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28193
Image
排卵後に基礎体温が上がらないときの妊娠の可能性は?高温期がないのは無排卵や冬の影響?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28450
Image
基礎体温が低いまま妊娠できる?高温期がいつもより低い原因は?無排卵の可能性もある?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28686
Image
基礎体温の高温期がないのは更年期の兆候?改善方法はある?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28659
Image
基礎体温の正しい測り方!舌の下で測るのがコツ?いつ?夜に測っていいの?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28472
Image
基礎体温が37℃以上は妊娠?生理・風邪・測り方の影響を受けることがある?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28634
Image
着床後の基礎体温の変化は?着床時期に体温が下がる・上がらないときの妊娠可能性は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/23114
Image
妊娠超初期の基礎体温の変化!下がることはある?いつから何度になる?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28947
Image
基礎体温の高温期が短い原因と目安となる日数は?治療は必要?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28645
Image
低温期に基礎体温が高くなるのはなぜ?薬の影響など考えられる原因と対処法
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28564
Image
女性薄毛の治療法は?薄毛の原因と薬や育毛剤、病院治療の費用は? 
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28683
Image
女性の薄毛対策シャンプーおすすめ10選!市販の商品もご紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28682
Image
薄毛の女性におすすめの髪型10選!頭頂部や前髪薄毛対策の髪型をご紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29038
Image