子作りのベストタイミングはいつ?妊娠しやすい時期を知ろう

妊活中や不妊治療中は、妊娠しやすい時期を考慮してタイミングを取る場合も多いでしょう。しかし、妊活中の方であっても、妊娠しやすいタイミングを実は知らないという方も多いもの。ここでは、妊娠しやすい時期や性交渉の頻度について解説します。

68131

この記事の監修

目次

  1. 妊娠のメカニズムと子作りのタイミング
  2. 最も妊娠しやすいタイミングは排卵日2日~1日前
  3. 子作りのタイミングをはかるために、排卵日を知ろう
  4. 排卵日が近づいたら性交渉の回数を増やそう
  5. 子作りで大切なのは夫婦のコミュニケーション
  6. パートナーと自分を思いやる気持ちを忘れずに
  7. あわせて読みたい

妊娠のメカニズムと子作りのタイミング

一般的に女性の身体は、生理開始日の14日前に排卵します。排卵がおこると黄体期という基礎体温が高い時期になり、妊娠が成立していなければ子宮内膜が剥がれ落ちることで、生理(月経)がおこります。生理が始まると、女性の身体は次の排卵にそなえて身体を整えます。

排卵日に女性の卵巣から排卵した卵子と、男性の精子が出会って受精卵となり、子宮内膜に着床することで妊娠が成立します。避妊をせずに性交渉すれば必ず妊娠するわけではなく、排卵と性交渉のタイミングが合い、さらに受精卵が着床してはじめて妊娠することができるのです。

Article link icon
妊娠の仕組みとは?排卵~受精~着床の流れを図解!子作りのコツを知ろう

最も妊娠しやすいタイミングは排卵日2日~1日前

Image

卵子の寿命は排卵から24時間程度で、そのうち受精可能な時間は最初の6~8時間程度といわれています。一方で精子の寿命は、女性の腟内に射精されてから3日~5日間程度で、長い場合で1週間程度とされています。卵子と精子の寿命から、「排卵日の前後1週間ほど」が妊娠しやすい時期と考えられます。

一般的に、最も妊娠しやすい性交渉のタイミングは「排卵の前~直後」といわれています。最近の研究では、排卵日当日よりも排卵日2日~1日前の性行為が最も妊娠しやすいということもわかってきています。排卵前に性交渉し、女性の体内で精子が卵子を待ち受けている状態が妊娠しやすいと考えられるのです。

Article link icon
排卵日後の妊娠可能性は?排卵日以外に妊娠を望むなら「排卵日前」の仲良し…
Article link icon
子作りのコツと方法!性交渉はいつ?妊娠しやすい身体とは?

子作りのタイミングをはかるために、排卵日を知ろう

Image

基礎体温をつけよう

基礎体温とは、運動や食事、入浴などの外部の影響を受けていない心身ともに安静な状態での体温のこと。基礎体温は起床後身体をあまり動かさずに、外部からの影響を受けにくい舌の下で測ります。

正常な排卵が行われていれば、基礎体温は「低温期」と「高温期」が生理周期とともに繰り返されます。生理がはじまると約2週間は低温期が続き、排卵を境に体温が上がって高温期になります。一般的に排卵日の直前には、低温期の中でも一度ガクッと体温が下がることが多いようです。

基礎体温は女性ホルモンの働きによって変化します。女性ホルモンは脳にある視床下部と下垂体からの指令を受けて分泌されますが、この視床下部は心の影響を受けやすいといわれています。ストレスや生活の乱れによって排卵日がずれたり、基礎体温がガタガタで低温期と高温期がわかりづらくなったりすることもあります。

基礎体温から正確な排卵日を知ることは難しいものですが、基礎体温を何ヶ月か続けることにより、自分自身の低温期と高温期の周期がわかるようになり、だいたいの排卵のタイミングを推測することができるでしょう。

Article link icon
基礎体温グラフの見方を知って妊娠しやすい時期をチェック!理想の体温と注…
Article link icon
基礎体温の正しい測り方!舌の下で測るのがコツ?いつ?夜に測っていいの?

福さん式排卵日特定法

「福さん式」はインターネットの口コミで話題になった排卵日特定法で、子宮口を自分で触って確認することにより、排卵日を特定するというものです。福さんという元助産師の方がインターネット上で公開し、話題になった方法です。

福さん式では、きれいに洗った自分の指を自分の腟内に入れて、子宮口の状態を確認します。子宮口が下がっていたり、開いていたり、柔らかくなっている場合は、排卵日付近の可能性が高いそうです。同時におりものを確認してみると、排卵期のおりものは、卵白やゼリーのようにとろっとして、伸びやすい状態になるのが特徴のようです。

Article link icon
生理前の子宮口はやわらかい?排卵日や妊娠がわかるって本当…?
Article link icon
おりもので排卵日をチェック!においや色、量は?卵白のような白いかたまり…

排卵検査薬を利用しよう

妊活中の方の中には、基礎体温を測っていても低温期と高温期がはっきりわからない方や、福さん式を試しても排卵のタイミングがわかりづらい方も多いでしょう。そのような場合におすすめなのが排卵検査薬です。

排卵検査薬は、尿に含まれる「LH(黄体化ホルモン)」というホルモンから、排卵日を予測するものです。LHは、排卵直前に14時間ほどかけて分泌量が急増し、最高値の状態が14時間ほど続き、LHの作用によって排卵が起こると急激に下がります。排卵検査薬が陽性反応を示してから24~48時間後に排卵が起こるといわれています。排卵日の2日~1日前の性行為が最も妊娠しやすいといわれていますので、もし排卵検査薬を使って陽性反応がでたら、なるべく早いタイミングで性交渉をすると良いでしょう。

排卵検査薬は処方箋を取り扱う調剤薬局で販売されています。購入の際に処方箋は必要ありませんので、妊活を始めたら、基礎体温計と一緒に購入しておくと良いかもしれませんね。

より正確に排卵日を知るためには、基礎体温や排卵検査薬を併用することをおすすめします。基礎体温などを利用しておおよその排卵の時期を予測し、排卵の時期が近づいたら排卵検査薬を使用して排卵日を特定すると良いでしょう。

Article link icon
妊娠したい人必見!自宅でカンタンに排卵日を予測する方法とは・・・?
Article link icon
排卵検査薬ドゥーテストで排卵日を知ろう。値段や使い方、買い方について

排卵日が近づいたら性交渉の回数を増やそう

Image

排卵日前の妊娠しやすい期間では、どれくらいの頻度でタイミングを取ると妊娠しやすいのでしょうか。

以前は、数日間の禁欲期間があると精子が濃くなって妊娠しやすい、という考え方が一般的だったようです。しかし最近の研究では、禁欲期間が短い方が精子のDNA損傷率が低いことがわかっています。また、妊活中には排卵日付近のみタイミングを取るカップルも多いようですが、実際は毎日性交渉を行うカップルの方が、自然妊娠の確立は高いのです。このことから、多くの不妊治療の専門医師が、排卵日が近づいたら毎日、もしくは1日おきにタイミングを取ることをすすめています。

Article link icon
排卵日付近で妊娠確率が高いタイミングはいつ?仲良しの回数は?夫と時間が…

子作りで大切なのは夫婦のコミュニケーション

Image

赤ちゃんが欲しいと妊活や不妊治療をしていると、月に一度訪れる妊娠しやすいタイミングが気になるものでしょう。排卵期と自分の仕事の忙しい時期が重なり、妊活に前向きになれないことや、気持ちが焦ることがあるかもしれません。

また、排卵期に夫の仕事が忙しかったり飲み会で帰りが遅かったりすると、夫の態度が非協力的に感じてしまいイライラすることもあるでしょう。しかし、男性も妊活へのプレッシャーやストレスを感じている場合があります。月に一度の妊娠しやすいタイミングに固執することで、性行為がうまくいかないことや、性行為ができても腟内に射精できないことがあるのです。

お互いに子どもが欲しいと望んで始めた妊活や不妊治療であったとしても、妊娠しやすいタイミングでの性行為が義務になってしまうと、夫婦のストレスやすれ違いの原因になる恐れがあります。

妊活や不妊治療は一人でするものではなく、夫婦で一緒にするものです。大切なのは、子作りに対する価値観をお互いに確認し、コミュニケーションを取ることではないでしょうか。子どもを授かるために妊娠しやすいタイミングを取ることは大切ですが、お互いの気持ちを大切に、性行為そのものをコミュニケーションとして楽しむことができると良いですよね。

パートナーと自分を思いやる気持ちを忘れずに

妊活中の方であっても、妊娠しやすいタイミングを実は知らないという方は多いものです。排卵日の2日~1日前の性行為が最も妊娠しやすく、排卵日の一週間ほど前から頻繁に性交渉することが妊活に有効であるということを覚えておくと良いでしょう。

しかし、赤ちゃんが欲しいという気持ちが強くなりすぎると、ストレスが不妊を招くことがあるかもしれません。大切なのはパートナーと自分自身の気持ちを思いやることです。夫婦で助け合いながら子作りに取り組めると良いですね。

あわせて読みたい

妊活は何をすれば良い?妊娠力をアップさせる方法は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/20736
Image
妊活中の体質改善に!妊娠しやすい体質をつくる生活習慣をご紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28563
Image
ふたり目の子作りはいつから?いつ、どこでする?第2子妊活のタイミングや計算方法、場所
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28621
Image
【妊活・妊娠・授乳・卒乳】ママに人気のAMOMAのハーブティー・オイルとは?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28364
Image
着床時期はいつ?自覚症状はあるの?受精卵が着床するまでの期間と流れは?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/23030
Image
受精から着床までの自覚症状まとめ!下痢や吐き気が起こる?着床後に症状なしのことはある?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/5277
Image
ストレスが妊活・不妊治療に与える影響は?つらい・疲れたときのストレス解消法は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/23039
Image
冷えると妊娠しにくいって本当?妊活におすすめの冷え対策をご紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28466
Image
妊活中に必要な栄養素は?妊娠に向けて食生活を見直そう!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28500
Image
妊活から出産後まで白湯が効果的な理由とは?白湯の作り方、飲み方、アレンジについて
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/20237
Image