【体験談あり】妊娠中に出血!原因は?流産や出産、病気の兆候がわかる?

生理がないはずの妊娠中に出血があると、妊娠トラブルが起きてしまったのでは、と心配になりますよね。妊娠中の不正出血は誰にでも起こりうるものもあれば、流産・早産はじめ、妊婦さんや赤ちゃんにとって危険な状態を知らせる警告になるものもあります。妊婦の出血の原因を知り、できるだけ落ち着いて対応できるように準備しておきましょう。

87279

この記事の監修

目次

  1. 不正出血とは?妊娠中に起こるのはどうして?
  2. 妊娠超初期の出血(不正出血)
  3. 妊娠初期の出血(不正出血)
  4. 妊娠中期)の出血(不正出血)
  5. 妊娠後期~臨月の出血(不正出血)
  6. 妊娠中の出血(不正出血)の体験談
  7. 妊娠中の出血(不正出血)は病気が原因のことも
  8. 出血に注目して妊娠中のトラブルに気づこう
  9. あわせて読みたい

不正出血とは?妊娠中に起こるのはどうして?

生理でないにもかかわらず性器から出血してしまうことを「不正出血」と呼びます。不正出血の原因は、ホルモンバランスの変化や婦人科系の疾患などさまざまですが、妊娠・出産にかかわるものもあります。

妊娠中に起こる出血は、妊娠・出産のサインとなる自然な出血もあれば、妊娠トラブルを知らせる出血もあるため、妊婦さんに不正出血が起こったときには出血の仕方やほかの症状をしっかり確認することが大切です。妊娠の段階によってどのような出血が起こる可能性があるのかについて正しい知識をつけたいですね。

Article link icon
不正出血の原因を解説!腹痛を伴うことも? 鮮血が出ると危険?

妊娠超初期の出血(不正出血)

Image

妊娠検査薬の反応がまだ出ない妊娠超初期には、妊娠しているのだろうかとそわそわしてしまいますよね。妊娠超初期にはどのような出血が起こる可能性があるのでしょうか。

着床時の出血(着床出血)

妊娠検査薬で反応が出る前の妊娠超初期には、受精卵が着床することによって子宮内膜に傷がつき、少量の出血が起こることがあります。排卵後に受精し、受精から着床までにはおよそ1週間かかるため、着床は生理予定日の約1週間前に起こると考えられます。したがって着床時の出血は生理の1週間前~数日前に起こる場合が多いでしょう。

着床時の出血は病気ではないため、一時的かつ少量の出血であれば心配する必要はありません。着床時の出血と思われるものが起こったからといって絶対に妊娠しているとは言い切れないため、生理予定日の1週間後以降(妊娠検査薬の反応が出るタイミング)まで落ち着いて待ってから妊娠を確認しましょう。

Article link icon
着床出血の時期はいつ?量・色の生理との違いや出血の確率は?体験談あり!

化学的流産

受精卵が一旦着床しても、着床が続かずに妊娠が終了してしまうことを一般に「化学的流産」と呼びます。化学的流産になると尿検査では陽性反応が出ますが、超音波検査(エコー)では胎嚢(たいのう)を確認することができません。

妊娠初期症状があり、妊娠検査薬で陽性反応が出ても、その後しばらくして生理がはじまった場合は化学的流産が起こった可能性があります。化学的流産が起こった場合には、通常の生理のとき以上に厚くなっていた子宮内膜がはがれ落ちるため、生理がいつもより重かったり、血が塊になって出てきたりする傾向があるようです。

Article link icon
妊娠超初期の流産の症状と原因は?予防はできるの?

妊娠初期の出血(不正出血)

Image

妊娠初期(妊娠4週~15週)は、体調が変化しやすい時期です。つわりなどの妊娠初期症状があり、疲労やストレスを溜めてしまう人も多いのではないでしょうか。妊娠初期の不正出血は、さまざまな妊娠トラブルの兆候になることがあります。不正出血が起こる可能性があるトラブルについて確認しておきましょう。

切迫流産・流産

妊娠22週未満で赤ちゃんが子宮外に出てくることを「流産」、流産になる手前の状態を「切迫流産」と呼びます。流産や切迫流産になると不正出血が起こる可能性があり、腹痛を伴うこともあります。出血がなかなか止まらない場合には病院で診てもらいましょう。

流産の場合は妊娠を継続できませんが、切迫流産の場合には、適切な治療を行えば流産を回避できることが可能な場合が多いといわれています。切迫流産と診断されると不安になってしまう人が多いかもしれませんが、医師の指示に従って冷静に治療を続けてくださいね。

Article link icon
切迫流産とは?切迫流産の原因と症状、予防法について

異所性妊娠(子宮外妊娠)

子宮内膜以外の場所に着床することを「異所性妊娠」または「子宮外妊娠」と呼びます。卵管や卵巣周辺などに妊娠することが考えられ、見逃してしまうと卵管の破裂といった危険な状態につながることもあるため、早期に発見して処置を行うことが大切です。

異所性妊娠のもっとも大きな特徴は強い腹痛で、加えて出血が起こることも考えられます。強い腹痛があるときにはすぐに病院を受診しましょう。

Article link icon
子宮外妊娠の症状・兆候はいつわかる?出血・痛みはあるの?原因や治療法は?

絨毛膜下血腫(じゅうもうまくかけっしゅ)

着床した受精卵は、子宮内膜に「絨毛組織」という組織を伸ばして胎盤をつくりはじめます。胎盤のもととなる絨毛組織は、胎児が酸素や栄養素をとり入れるために欠かせない組織ですが、胎盤をつくるときに子宮内膜が一部壊されることで出血し、胎盤と子宮壁の間で血の塊(血腫)になることがあります。これを「絨毛膜下血腫」と呼び、妊娠初期~中期にできやすいといわれています。

血腫ができると妊娠が継続できないのでは、と不安に思う人がいるかもしれませんが、血腫は自然になくなる場合がほとんどで、その場合には正常な妊娠状態が継続されます。

ただ、血腫が消えにくいときや血腫があまりにも大きい場合には、流産や早産の原因となる可能性があると指摘されているため、腹部の張りや痛みを感じたら医師に相談しておくと安心です。絨毛膜下血腫は超音波検査で発見できることが多いため、検査を受けて早めに見つけたいですね。

Article link icon
妊娠初期の腹痛を解説!下痢・便秘?流産の可能性も?出血を伴うことも

胞状奇胎(ほうじょうきたい)

絨毛が変化して水疱のようになって子宮の中に大量に集まっている状態を「胞状奇胎」と呼びます。ブドウの房のように水疱が集まることから、「ブドウ子」と呼ばれる場合もあるでしょう。胞状奇胎になると、不正出血が起こる可能性があるほか、つわりがひどくなる、妊娠高血圧症候群の症状(高血圧・蛋白尿など)がでる、といったことが考えられます。

胞状奇胎では正常な胎児が育っていないため妊娠を継続することは不可能で、胞状奇胎を吸引器で取り除く処置を行うことになります。超音波検査で発見できることが多いため、妊娠の陽性反応が出た後に病院を受診してすぐに見つかったというケースもあります。症状に心当たりのある人は、一度病院で診てもらうと良いでしょう。

超音波検査で発見できなくても、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンの量を調べることで胞状奇胎であることがわかる場合もあります。症状を適切に医師に伝えることができるようにしておきましょう。

Article link icon
胞状奇胎の原因・症状・治療法!エコー検査や手術費用・術後の管理について…

妊娠中期)の出血(不正出血)

Image

妊娠中期(妊娠16週~27週)は、お腹が本格的に大きくなってくるとともに、妊娠初期に比べると体調が安定してくる時期です。妊娠中期以降になると、早産や切迫早産、分娩にかかわるトラブルが原因で出血が起こる可能性があります。詳しく見ていきましょう。

流産

妊娠22週未満で胎児が体外に出ると流産となります。22週未満で生まれた赤ちゃんは現在の技術でも生命維持ができないとされており、22週で線引きされています。

Article link icon
流産とは?原因・種類・手術の方法は?予防できる?

早産

妊娠22週0日~妊娠36週6日までに赤ちゃんが生まれることを「早産」と呼び、全妊娠のおよそ5%を占めます。細菌感染やもともとの体質が原因となる場合が多いといわれています。出産の前には不正出血が起こっておりものに混ざることがありますが(おしるし)、まだ出産が近くないはずなのに出血していたり腹痛があったりするときには、早産の可能性を疑うことになるでしょう。

早産で生まれた赤ちゃんは身体が小さく、体のさまざまな器官が未熟な状態で生まれることがほとんどのため、新生児集中治療室(GCU)で長期間治療を行う必要があります。小さく生まれるほど将来重度の障害を持つリスクが高くなるため、早産にならないように妊娠中から対策しておくことが大切です。

早産になりやすい状況であることが早めにわかれば、医師と話し合って処置を行ったり、予防したりすることができる可能性もあります。定期的に健診を受けて兆候を見逃さないようにしたいですね。

Article link icon
早産とは?早産の原因と兆候、予防法、赤ちゃんのリスクについて

切迫早産

早産になりそうだけれどまだ赤ちゃんが子宮の中にいる状態のことを「切迫早産」と呼びます。切迫早産では、子宮が頻繁に収縮することで子宮口が開いてしまい、破水したり赤ちゃんが出てきそうになったりします。症状としては、不正出血が起こったり、腹痛を感じたりすることがあるでしょう。

切迫早産の治療では、子宮収縮抑制剤や、感染が原因の場合には抗菌薬を使用することが考えられます。子宮収縮抑制剤は子宮口が開くのを予防するために用いるもので、子宮口が大きく開いているときには入院して点滴を行うことになるでしょう。抗菌薬は、早産の原因のひとつである腟の細菌感染を抑えるために使用されます。切迫早産の原因のひとつに「子宮頸管無力症(しきゅうけいかんむりょくしょう)」という状態があり、この場合には子宮と腟をつなぐ子宮頸管を糸でしばって子宮口が開かないようにする処置を行うことになるでしょう。

破水が起こったときには、赤ちゃんが自分で呼吸できる状態であれば、赤ちゃんが細菌に感染するのを防ぐためにそのまま出産することが多いですが、赤ちゃんがまだ自分で呼吸できる状態でない場合には抗菌薬で感染を抑えながらなるべく子宮の中に長く留まれるようにして出産のタイミングを計ります。

Article link icon
子宮頸管無力症の症状・原因・手術を解説!予防できるの?
Article link icon
切迫早産とは?切迫早産の原因と症状、対処法、予防法とは

前置胎盤

胎盤が低い位置にあるために子宮口をふさいでしまうことを、「前置胎盤」と呼びます。前置胎盤になると、普通分娩では妊婦さんや赤ちゃんにとってリスクの高い分娩となるため、帝王切開による分娩を行う可能性が高くなります。前置胎盤は無症状の場合が多いですが、陣痛がはじまるなどの刺激で突然大量に出血することがあるため、その場合にはすぐに病院に連絡しましょう。

前置胎盤と診断された場合にはできるだけ安静にして運動を控えてください。出血があるときには入院して子宮収縮抑制剤という薬でお腹の張りを抑えたり、貧血を予防するために鉄分を錠剤や点滴で補ったりする可能性があるでしょう。

Article link icon
前置胎盤・低置胎盤とは?出血する?治る確率は?帝王切開になる?

常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)

赤ちゃんに酸素や栄養を送る胎盤が、赤ちゃんが生まれてくる前に子宮からはがれてしまうことを「常位胎盤早期剥離」と呼び、妊婦さんにとっても赤ちゃんにとっても非常に危険な状態になります。

常位胎盤早期剥離が起こると、赤ちゃんに酸素や栄養が届かなくなるとともに、お腹の中で大量に出血し、妊婦さんと赤ちゃん両方の命が失われる可能性があります。出血するとともにお腹が異常に張って固くなり、下腹部に激痛が走るときには、すぐに救急車を呼びましょう。

Article link icon
常位胎盤早期剥離のリスクは?症状・発症率・治療法は?防げる?
Article link icon
妊娠中期の出血の原因と対処法!赤ちゃんへの影響は?

妊娠後期~臨月の出血(不正出血)

Image

妊娠後期~臨月(妊娠28週以降)は、お腹がかなり大きくなり、身体を動かすのが大変になってくる時期です。赤ちゃんがいつ生まれても良いように、出産に向けて心づもりをしておく必要があるでしょう。妊娠後期~臨月の不正出血は、妊娠トラブルだけでなく出産のサインとなることもあります。不正出血のさまざまな原因についてしっかり知識をつけ、異常な不正出血かどうか見当をつけることができると良いですね。

妊娠中期と同じ妊娠トラブル

妊娠中期と同様に、早産、切迫早産、前置胎盤、常位胎盤早期剥離といった妊娠のトラブルが原因で不正出血が起こることが考えられます。妊娠後期にはお腹が大きくなるとともに張りやすくなるため、通常は症状が出にくい前置胎盤でも出血しやすくなるといわれています。不正出血や腹痛に敏感になり、トラブルを見逃さないように注意しましょう。

おしるし

妊娠後期~臨月は、いつ陣痛や破水が起こってもおかしくない状態です。出産の兆候として、「おしるし」と呼ばれる血液が混じったおりものが出てくることがあります。おしるしがあった場合には、もう少しで陣痛や破水が起こるかもしれません。すぐに病院に行く必要はありませんが、落ち着いて出産に向けての準備を整えましょう。

おしるしは必ず起こるとは限らず、また、おしるしが来たからといってすぐに陣痛や破水が起こるとは限りません。焦らずに様子を見て、陣痛や破水が起こった場合にはすみやかに病院に連絡してくださいね。また、臨月に入る前におしるしがあった場合には、赤ちゃんが未熟で出産を避けた方がいい場合もありますので、産院に連絡しましょう。

Article link icon
おしるしの色や量は?臨月のおしるしの特徴と他の出血、尿漏れ、破水との違い
Article link icon
妊娠10ヶ月!赤ちゃんはいつ産まれる?臨月体験談

妊娠中の出血(不正出血)の体験談

筆者は第2子妊娠中に不正出血を経験しました。妊娠15週、早期流産の多いといわれる妊娠12週を過ぎ、安定期目前というタイミングでした。

特にこれといった自覚症状もなかったのですが、トイレを済ませて何気なくトイレットペーパーを見たら鮮血がついていました。その瞬間「わたしの赤ちゃん、大丈夫?助けて!」と半分パニックに陥ったことを覚えています。夜間だったので夜間救急診療を行っている総合病院に電話してみても「妊娠15週であれば、何かあってもできることはない」と言われてしまい、次の日の朝に妊婦検診に通っていたクリニックに駆け込みました。

そのときの診察では特に問題のある症状は見つからなかったものの、妊娠17週のときには子宮頸管が短くなっており、切迫流産と診断されました。不正出血は切迫流産の前兆だったのかもしれません。

切迫流産の診断後は、自宅安静の指示を受け、仕事は休職、上の子の保育園の送り迎えも夫と実母にお願いするという状況となりました。お腹の赤ちゃんが流産になってしまうのではないかと心配な毎日でしたが、約半年間とにかく安静に過ごして、無事に第2子を出産しました。

妊娠中に不正出血があると、本当に心配になることでしょう。しかし、筆者の周囲でも妊娠中に不正出血を経験して、無事に出産できたケースも少なくありません。不正出血があったときには、焦らずかかりつけの産婦人科を受診するようにしましょう。

妊娠中の出血(不正出血)は病気が原因のことも

Image

妊娠トラブル以外にも、気をつけたい出血があります。それは子宮や腟の病気や性感染症を原因とする不正出血です。妊娠の兆候だと思っていたものが実は病気による出血だったというケースも考えられます。出血が起こった場合には身体全体の症状をしっかり確認し、病気のサインを見逃さないように注意しましょう。

子宮の病気

子宮がん(子宮頸がん、子宮体がん)をはじめとする子宮の病気になると、不正出血が起こることがあります。子宮筋腫、子宮内膜炎、子宮頸管炎、子宮頸管ポリープなど、不正出血を伴うことが考えられる病気は多数ありますが、どの病気も早期に発見して処置を行うことが大切です。

特に子宮がん(子宮頸がん、子宮体がん)は、発見が遅れると治療が困難になる可能性が高いため、定期的に検査を受け、早い段階で治療を開始できるようにしたいですね。

不正出血以外の症状としては、子宮頸がんでは経血量が増えたり生理の期間が長くなったりすることがあげられ、子宮体がんでは骨盤周辺の痛みや排尿痛、性交時痛があげられます。生理の変化や身体の痛みを放っておかず、早めに病院に相談してくださいね。

Article link icon
子宮の病気をチェックしよう!11種類の子宮の病気の症状・原因

腟の病気

腟がんや腟の炎症によって不正出血が起こることも考えられます。腟内の環境は女性ホルモンの分泌量の変化に左右されやすいため、女性ホルモンの分泌量が減少しているときやホルモンバランスが乱れているときに腟の炎症にかかるのはめずらしくありません。

更年期や体調不良が続いている時期、ストレスがたまっている時期には、ホルモンバランスが乱れやすいため、細菌性腟症や萎縮性腟炎といった腟の炎症に注意する必要があるでしょう。

Article link icon
細菌性腟炎(細菌性腟症)はどんな病気?原因や症状、治療法、予防法は?

性感染症

性感染症の症状として、不正出血があげられることがあります。トリコモナス腟炎や淋菌感染症(淋病)、性器クラミジア感染症といった性感染症になると、不正出血や腹痛、発熱、性器のかゆみ、おりものの量の増加、おりものの色や状態の異常がみられる可能性があるため、不正出血以外の症状についても確認しておくことが大切です。

特に、おりものが鮮やかな黄色や黄緑、膿や泡のようになっているときには、性感染症の可能性が高いため、必ず病院で診てもらいましょう。

性感染症を予防するためには、コンドームをつけて性交すること、性感染症の疑いのある人とは性交しないことがもっとも効果的です。トリコモナス腟炎は下着やタオル、便器、浴槽から感染することも考えられるため、身の回りの衛生状態を良好に保つことも心がけましょう。

Article link icon
性病(性感染症)の種類と症状は?検査キットや潜伏期間についても解説

出血に注目して妊娠中のトラブルに気づこう

妊娠中の不正出血はめずらしいことではありませんが、妊娠・出産の兆候や妊娠中のトラブル、婦人科系の病気を知らせてくれる大切なサインのひとつです。不正出血が起こったからといって不安や心配ばかりに駆られる必要はありませんが、少しでもおかしいと感じたときには病院を受診しておくと安心です。

妊娠中は体調や精神状態が変化しやすい時期です。休息をとりながら無理せず過ごし、自分の身体をいたわってくださいね。

あわせて読みたい

不正出血で妊娠がわかる?着床時の出血後に妊娠検査薬を使用するタイミングは?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28558
Image
妊娠中はおりものが多くなる?色やにおいの特徴は?量が多いときの対処法や異常なおりものについても解説
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28414
Image
妊娠超初期のおりものは少ない?においや色の特徴は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28451
Image
不正出血でおりものが茶色やピンク色に?量が多いときやにおいが強いときは病気?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28540
Image
不正出血はストレスがたまっている証拠?ホルモンバランスを整えて健康な毎日を!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28561
Image
【医師監修】妊娠超初期症状25個!兆候はいつから?妊娠したかもと思ったら要チェック(体験談あり)
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/18554
Image
妊娠初期の茶おりの原因は?赤ちゃんは大丈夫?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/16875
Image
妊娠後期・臨月におりものが増える原因は?色に要注意?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/17040
Image
おしるしが続く原因とは?おしるしの色や量、注意点について
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/22721
Image
妊娠後期に出血!少量の鮮血や茶色い出血の原因は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/9714
Image
コープ共済の評判は?女性の口コミをご紹介!妊娠中や解約時の注意点も解説
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/30409
Image