黄体依存症でも妊娠できる?妊娠への影響、不妊治療との関係はある?

妊活の一環として基礎体温を利用している方もいるでしょうか。基礎体温の変化によって妊娠に必要な身体の変化が起こっているかを確認することができる方法ですが、専門用語が多く、何に注目すれば良いのかがわかりづらいという声もあります。ここでは基礎体温に関連して語られることが多い「黄体依存症」について解説します。

22977

この記事の監修

目次

  1. 基礎体温と身体の変化
  2. 一般的な高温期の期間、生理周期が乱れる原因
  3. 黄体依存症とは?
  4. 黄体依存症でも妊娠できる?治療は?
  5. 不妊治療が影響を及ぼしている可能性はある?
  6. 黄体依存症と妊娠を見分けるには?
  7. 更年期の影響で高温期は長くなることはある?
  8. 自己判断せず、気になることがあれば病院へ相談!
  9. あわせて読みたい

基礎体温と身体の変化

基礎体温は、生命維持に必要な最低限のエネルギーのみを消費している安静な状態の体温のことです。基礎体温は、卵巣で作られる2種類の女性ホルモン「卵胞ホルモン(エストロゲン)」・「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の分泌量によって上下します。女性ホルモンは、排卵・生理(月経)といった女性特有の身体の変化をコントロールしているため、妊娠・出産とも深い関係があります。生理が始まってから次の生理が始まるまでの「生理周期」の中で、基礎体温が高くなる時期(高温期)と低くなる時期(低温期)があります。

生理周期は各時期の身体の変化に応じて、月経期・卵胞期・排卵期・黄体期の4つに分類されます。月経期に生理が始まると、卵胞期まで基礎体温は低い状態が続きます。排卵期に基礎体温は上昇し、黄体ホルモンが多く分泌される黄体期には基礎体温が高い状態が続きます。黄体ホルモンは妊娠の維持を助けるホルモンで、基礎体温を上昇させます。黄体期に妊娠が成立しなければ、黄体ホルモンの分泌が減少し、基礎体温が下がり、生理が起こります。妊娠が成立すると、黄体ホルモンの分泌量は維持され、高温期が続きます。

Image

一般的な高温期の期間、生理周期が乱れる原因

Image

高温期は約2週間続く

一般的に基礎体温の低温期は36℃以上で、高温期は低温期に比べて0.3℃以上の体温上昇が見られます。高温期の期間は約2週間が目安です。人により個人差はありますが、生理周期が乱れていなければ、高温期は毎周期ほぼ一定の期間であることが多いです。「高温期が何日か」よりも、「普段の自分の高温期の期間と比べて長いか・短いか」をチェックすると良いでしょう。

ストレスの影響や産後には生理周期が乱れることも

生理や排卵といった女性特有の身体の変化は、女性ホルモンによって引き起こされます。ストレスや過度な疲労、極端なダイエットにより女性ホルモンの分泌が乱れると、生理がこないなどの影響が出る可能性もあります。また、出産後はまだ女性ホルモンの分泌が安定せず、生理の再開時期にも個人差があります。すぐに再開したとしても排卵がない場合もあるため、一定期間は生理周期が乱れるものだと認識しておくと良いでしょう。出産後の排卵・生理の乱れは自然に元に戻ります。

黄体依存症とは?

Image

黄体依存症は、「妊娠していないにも関わらず高温期が18日程度以上続き、生理がこない」状態を説明する際に用いられる言葉です。黄体存続症・ハルバン症候群と呼ばれる場合もあります。卵巣機能の異常のひとつであると考えられています。妊娠を希望している人たちのあいだで使われることが多い言葉です。

黄体依存症でも妊娠できる?治療は?

Image

黄体依存症は、妊娠以外の原因により高温期が長く続く状態を指します。高温期に基礎体温を上昇させているのは、「黄体ホルモン」と呼ばれる女性ホルモンです。妊娠していないのであれば、病院では女性ホルモンを作り出す卵巣や妊娠の有無がわかる子宮に異常がないかを検査する場合があるでしょう。卵巣や子宮の異常はさまざまなケースがあるため、診断に応じて、必要であれば各ケースに合った治療が行われます。卵巣・子宮という妊娠に深く関わる部位の異常が考えられるため、不妊につながることがないように、早めに病院に相談しましょう。

不妊治療が影響を及ぼしている可能性はある?

Image

不妊治療を行なっている場合には、服用している薬が基礎体温に影響を及ぼしている可能性が気になる方もいるかもしれません。不妊治療では原因によってさまざまな薬が投与されます。排卵が正常に起こっていないときなどに用いられるクロミッドでは、基礎体温が異常に上昇した場合には服用を直ちに中止する必要があります。無月経などで用いられるデュファストンは、基礎体温に影響を及ぼさないことが認められています。基礎体温への影響は薬によってさまざまなため、気になるようであれば医師に確認すると良いでしょう。

Article link icon
デュファストンの効果と副作用、飲み方は?服用中の生理や基礎体温は?

黄体依存症と妊娠を見分けるには?

Image

高温期が約2週間以上続く場合には、妊娠・黄体依存症どちらの可能性もあるでしょう。ともに、基礎体温のみで判断するのは難しいという点も共通しています。高温期が長く続くことに加えて、「生理が遅れているか」「下腹部痛や胸の張りといった妊娠初期症状に当てはまるものがあるか」「市販の妊娠検査薬を試すとどうなるか」といった、妊娠の兆候をまず確認すると良いでしょう。

妊娠初期症状は、微熱や腰痛などPMS(月経前症候群)の症状と似ているものが多いですが、病院を受診する際の参考までに確認しておくと良いかもしれません。市販の妊娠検査薬は陽性でも異常妊娠であったり、陰性でも妊娠していたり、正常な妊娠かどうかまでは検査できないため注意が必要です。さまざまな確認をした上で病院を受診すれば、診察もスムーズにいくでしょう。

Article link icon
【医師監修】妊娠超初期症状25のチェックリスト!兆候はいつから?(体験…

更年期の影響で高温期は長くなることはある?

Image

一般的に50歳前後で生理が完全に亡くなり、閉経を迎えます。閉経前後の約10年間を更年期と呼び、更年期に起こる精神的・身体的不調を更年期症状と呼びます。日常生活をさまたげるほどの更年期症状は、更年期障害と呼ばれます。閉経に向けて女性ホルモンが徐々に分泌量が少なくなり、ホルモンバランスが乱れることで、冷え・めまい・ほてり・イライラ・肩こり・不正出血といった症状が引き起こされます。更年期症状は個人差が大きく、人によって症状・症状の重さは異なります。

更年期が近づくと低温期が短くなり、頻繁に生理になる、ホルモンバランスの乱れにより生理周期が乱れる、生理がきても無排卵であるといった変化が現れる場合があります。人によっては高温期が長くなることもあるようです。更年期に入ると、低温期が続くようになり、閉経を迎えます。更年期の可能性がある場合には、規則正しい生活を意識すると良いでしょう。早い段階で更年期の可能性を知ることができれば、誰もが必ず通る更年期に対して早めに対処を取ることができますよ。

自己判断せず、気になることがあれば病院へ相談!

Image

基礎体温にいつもと異なる傾向が現れると、不安になることもありますよね。一方で、「いつもと違う」と気づくことができるのは良いことでもあります。継続的に基礎体温を記録していないと、普段の基礎体温の変化との違いに気づくのは難しいでしょう。基礎体温の変化だけでわかるものは多くありませんが、さまざまな可能性を読み取ることができるため、異変や病気の早期発見に活用していきたいですね。

妊娠を希望している場合は特に、妊娠・出産とも深い関わりがある女性ホルモンが正常に働いているかどうかは気になるのではないでしょうか。基礎体温の変化からホルモンバランスの乱れが疑われる場合には、ひとりで悩まずに病院へ相談するのが良いかもしれません。病気や異常は詳しく検査しないとわからないものが多く、悩んでいるあいだに時間が経ってしまいます。医師に相談することで不安も解消でき、適切な対処方法もアドバイスしてもらうことができるため、病院へ相談するという選択肢も忘れないでくださいね。

あわせて読みたい

高温期に生理がきた?高温期の出血の原因と妊娠の可能性
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/18080
Image
【医師監修】妊娠検査薬は陰性なのに生理がこない!3つの原因と対処法
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/15694
Image
妊娠したら高温期はいつまで続くの?妊娠初期症状の微熱の原因は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/17602
Image