男の子が欲しい!男の子の産み分けに成功する方法やタイミングを解説

赤ちゃんが欲しいと妊活をしているカップルの中には、男の子の産み分けに興味を持っている方がいるかもしれません。ここでは、男の子の産み分けの確率を上げる排卵日と性行為のタイミング、産み分けゼリーやリンカルの使用についてご説明します。また、実際に産み分けをした人の成功談・失敗談をご紹介します。

217178

この記事の監修

目次

  1. 赤ちゃんの性別はどうやって決まるの?
  2. どうすれば男の子が生まれるの?
  3. 男の子を産み分けるコツと確率
  4. 男の子が生まれやすい食べ物・食事はあるの?
  5. 専門医に産み分けの相談をするのもおすすめ
  6. 男の子の産み分けを実践した方の体験談
  7. 男の子でも女の子でも我が子は可愛いもの
  8. あわせて読みたい

赤ちゃんの性別はどうやって決まるの?

人間の細胞の中には46本の染色体があります。このうち2本が性別を決める性染色体で、X染色体とY染色体が存在します。男性はX染色体とY染色体を1本ずつ、女性はX染色体を2本持っています。

女性の卵巣で作られる卵子はX染色体を1本、男性の精巣で作られる精子はX染色体またはY染色体を1本持ちます。X染色体を持つ精子をX精子、Y染色体を持つ精子をY精子といい、卵子がX精子とY精子のどちらと受精するかで赤ちゃんの性別が決まるのです。染色体と生まれる子どもの性別の関係は下記の通りです。

 ・X染色体の精子が卵子と結合→XX染色体となって女の子
 ・Y染色体の精子が卵子と結合→XY染色体となって男の子

Article link icon
子作りのコツと方法!性交渉はいつ?妊娠しやすい身体とは?

どうすれば男の子が生まれるの?

Image

卵子と受精する精子がY染色体を持つ精子(Y精子)であれば男の子が生まれます。Y精子には下記のような特徴があります。
 ・酸性に弱く、アルカリ性に強い
 ・寿命が短い(1日程度)
 ・動くスピードが速い
 ・数が多い

一方、女性の腟の中は、外部からの雑菌の侵入を防ぐために、一定の期間以外は強い酸性の環境になっています。酸性の環境はY精子にとっては過酷なものですが、この環境を乗り越えたY精子が卵子と受精することができると男の子が生まれるのです。

男の子を産み分けるコツと確率

Image

男の子の妊娠を希望する場合は、Y精子にとって有利な環境を作ることが大切です。なるべく膣の中の酸性度を下げることが有効だと考えられています。

産婦人科のクリニックの指導のもと、下記にご紹介する男の子の産み分け法を実践すると、70~80%の確率で産み分けに成功しているケースが多いようです。ただし、産婦人科の医師の中には、産み分けの医学的根拠を否定する人もいます。

通常であれば男の子を妊娠する確率は50%ですが、下記の産み分け法を実践することで、男の子が生まれる確率が少し上がるかもしれません。

排卵日当日にセックスをする

女性の腟内は通常は強い酸性の環境ですが、排卵日には酸性度が最も弱まるといわれています。Y精子はX精子に比べ酸性に弱く寿命が短いという特徴がありますが、排卵日当日は女性の腟内の酸性度が弱く、Y精子が活発に動けるようになると考えられます。Y精子はX精子に比べて泳ぐスピードが速いことから、卵子にたどり着ける可能性が高くなるでしょう。

女性が気持ち良い濃厚なセックスをする

女性がオルガスムスを感じると、アルカリ性の粘液が分泌されて、腟内の酸性の状態が中和されるといわれています。膣の酸性度には個人差がありますが、Y精子は酸性に弱いため、女性がオルガスムスを感じる性行為はY精子にとって有利だといえるでしょう。

産み分けゼリー(グリーンゼリー)を使う

産み分けゼリーは、女性の腟内の酸性・アルカリ性の状態を調整することで男女の産み分けを目指す潤滑ゼリーです。男の子が欲しい場合は、膣の状態をアルカリ性に傾けるグリーンゼリーを使用します。産み分けゼリーのリスクを気にする方もいるかもしれませんが、身体に害のないゼリーで、万が一口に入っても問題ないとされています。

リンカル(りん酸カルシウム)を摂る

リンカルは少量の鉄分を含んだ天然カルシウムで、胎児の先天性異常を予防するために開発された栄養補助食品です。医学的な理由はわかっていませんが、リンカルを飲んで妊娠した場合、生まれた赤ちゃんの多くが男の子だったという臨床結果が報告されています。

ただし、リンカルは2ヶ月か月以上連続して服用しなければなりません。5日飲まずにいると産み分けの効果がゼロになるといわれており、飲み忘れないようにすることが必要です。

男性の禁欲が関係あるという説も

男性が5日程度禁欲すると、精子中のY精子の比率が高まるという説もあります。ただし、禁欲期間が長くなると、精子の状態が悪くなることがわかっていますので、禁欲期間が長くなり過ぎないように注意が必要です。

男の子が生まれやすい食べ物・食事はあるの?

Image

男の子の産み分けには、女性の腟の状態がアルカリ性に傾くと有利だと考えられています。このことから、男の子を希望する場合は、男性は酸性の食べ物を、女性はアルカリ性の食べ物を食べると良いという俗説があります。しかし、食べ物からの影響で人間の身体の酸性濃度が変わることはなく、この俗説には科学的な根拠はありません。

また、男の子の妊娠を望む場合、男性が性交渉の1時間ほどまえにコーヒーや紅茶、緑茶を飲むと良いという説もあります。これは、コーヒーや紅茶、緑茶に含まれるカフェインにY精子を活発にする働きがあるという考え方によるものです。しかし、この説も医学的な根拠はなさそうです。

現在のところ、産み分けに効果的な食べ物があるという科学的な根拠はありません。気になる方は占いのつもりで試してみても良いかもしれませんね。

Article link icon
妊娠中・妊活中の食生活!子宮に良い・悪い食べ物はあるの?

専門医に産み分けの相談をするのもおすすめ

Image

男の子の妊娠を強く希望している場合は、専門医へ相談してみることもひとつの手です。産み分け診療を行っている産婦人科のクリニックでは、性交渉のタイミング指導や産み分けゼリーの使用、リンカルの服用などによって産み分けを目指します。

専門家の指導のもとで産み分けを行っても、産み分けの確率は100%ではありません。しかし、排卵日のタイミングを特定し、正しいゼリーの使い方を実践することで、産み分けの確率を上げることができるでしょう。

ただし、男女の産み分けを試みると、妊娠率が低下することがあります。そのため、下記の場合には産み分けをすすめない産婦人科・クリニックが多いようです。
 ・初産の場合
 ・高齢出産の場合
 ・不妊治療中の場合
 ・夫の協力が得られない場合

男の子の産み分けを実践した方の体験談

Image

数年前に、やはり二人目は男の子を、という主人の希望で、リンカルの処方と基礎体温によるタイミング法で、男の子を授かりました。
女の子でも大事にするつもりでしたが、私の年齢的に、あと一人しか産めないかな、というのと、母体に影響がないようだったので、産科医の指導を受けました。

引用元:komachi.yomiuri.co.jp

病院で処方されたリンカルを飲み、グリーンゼリーを使って先生に言われた日に(排卵日を特定してもらい)まさにこれ以上はないってくらいやったのに女の子でした。因みに食事を気を付けたり、風水で男の子が産まれる○○なんてのも全部やりました。

引用元:komachi.yomiuri.co.jp

実際に男の子の産み分けを実践した方の中にも、産み分けに成功し希望通り男の子を授かったケース、産み分けには失敗して女の子を妊娠したケースの両方が存在します。産み分け法は、あくまで希望の性の赤ちゃんを授かる可能性を少し上げるもの、程度に考えておいた方が良さそうですね。

男の子でも女の子でも我が子は可愛いもの

Image

男の子の産み分けを希望する方の中には、「ひとり目・ふたり目の子どもは女の子だったから次は男の子が欲しい」という方もいるでしょう。中には「跡取りに男の子を産んでほしい」という周囲からのプレッシャーを受けている方がいるかもしれません。

男の子と強く望むのであれば、産み分け診療を行っている産婦人科のクリニックで産み分け指導を受けたり、上記でご紹介した産み分け法を実践したりしてみてくださいね。

しかし、100%の確率で男の子を授かる方法は、残念ながらありません。

男の子の産み分けにチャレンジした結果、授かった赤ちゃんが男の子であっても女の子であっても、わが子はとても可愛いものです。どちらの性別の赤ちゃんを授かっても、愛情と責任を持って子育てを楽しんでくださいね。

あわせて読みたい

【口コミ多数】産み分けゼリーの効果と使い方!女の子・男の子の確率は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28660
Image
排卵日と産み分けの関係は?男の子・女の子ができやすい日と計算方法を解説
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/11901
Image
中国式産み分けカレンダーとは?男女の性別が当たる確率は?使い方や計算方法をご紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/19255
Image