シアリスのEDへの効果は?正しい飲み方や持続時間、副作用、価格を解説【男性不妊】

妊活中のカップルの中には、男性不妊の原因のひとつである「ED(勃起不全・勃起障害)」に悩む人がいるかもしれません。現在EDの治療薬として世界で最も多く利用されているのが「シアリス」です。ここでは、シアリスの効果や持続時間、正しい飲み方、副作用、価格や購入方法を詳しく解説します。

6636

この記事の監修

目次

  1. シアリスとは?
  2. シアリスの効果
  3. シアリスの飲み方
  4. シアリスはどこで買える?値段は?
  5. シアリスの副作用
  6. 妊活中のEDに悩んだらシアリスを上手に利用しよう
  7. あわせて読みたい

シアリスとは?

シアリスは男性不妊の原因のひとつである「ED(勃起不全・勃起障害)」の治療薬です。有効成分は「タダラフィル」というもので、5mg、10mg、20mgの3種類があります。日本では2007年に販売が開始されています。

シアリスは飲んでから効果が続く時間が長く、食事の影響を受けにくいことから、人気の高いED治療薬です。現在、世界100ヶ国以上で使われており、2013年には世界市場で第一位のシェアを誇ることが発表されました。

シアリスの効果

Image

性的刺激に対する勃起機能を改善

シアリスは性的刺激による男性器の勃起を助ける働きがあります。精力剤とは違い性欲を増す働きはないため、性的な刺激がないと勃起することはありません。

男性が性的な刺激を受けると、脳からの指令により一酸化炭素が放出され、陰茎(ペニス)の中でcGMP(環状グアノシン一リン酸)という血管を拡張させる物質が増えます。すると、陰茎(ペニス)の周りの血管に血流が流れ込み、血液の圧力によって陰茎(ペニス)が硬くなり、勃起がおこるのです。

しかし、cGMPが多い状態が続くと勃起したままの状態になってしまいます。射精などにより性的興奮がおさまると、PDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)という酵素が血管内に増え、cGMPを壊すことで勃起がおさまります。シアリスはこのPDE-5の働きを抑えることで、勃起の持続を助けるのです。

シアリスが効いているあいだは、陰茎(ペニス)の周りの血液量が普段より多く、性的な刺激に反応しやすくなります。また、EDの代表的な症状のひとつである中折れがおこりにくくなります。

持続時間は約36時間

シアリスは、効果が長く続くことが特徴です。バイアグラやレビトラといった他のED治療薬に比べ即効性はない一方で、飲んでから最大36時間ものあいだ効果が持続します。

持続時間が長いことによるメリットは、性行為のタイミングを気にしなくて良いことです。バイアグラやレビトラは効果が続く時間が短いため、性行為のタイミングを見計らって飲まなければなりません。一方シアリスは1日以上のあいだ効果が続くため、自然なタイミングで性交渉にのぞむことができます。EDに悩む男性が焦りやプレッシャーを感じるリスクも軽くなるでしょう。

金曜日の夜に飲めば日曜日の昼間まで効果が持続するため、週末のセックスで薬を飲むタイミングを気にしなくて良いということで、海外では「ウイークエンド・ピル」という愛称で呼ばれています。

シアリスの飲み方

Image

性行為の3時間前に飲む

シアリスは他のED治療薬に比べ効果が長く続く一方で、ゆっくり時間をかけて身体に吸収されるのが特徴です。飲む人の体質や体調によって吸収のスピードは異なりますが、最も大きな効果を期待する場合は性行為の3時間ほど前に飲むと良いでしょう。

食事による影響

シアリスはバイアグラやレトビラに比べ、食事の影響を受けにくいとされます。メーカーの発表では800kcalまでの食事であれば影響を受けないとのことです。

しかし、空腹時にシアリスを飲んだ方が、身体の中への吸収が早いことは確かです。また、シアリスを飲んだ後にすぐに食事をすると、薬の成分がうまく体内に吸収されないことがあります。シアリスを飲むときは、なるべく空腹時に飲むとより効果的でしょう。

アルコールに関しても、多少であれば大きな影響はないとされます。少量の飲酒であれば気分がリラックスするため、シアリスの効果を強く感じることができるかもしれません。しかしアルコールを多量に飲むと性的な刺激がうまく伝達せず、シアリスを飲んでも勃起しない恐れがあります。アルコールの摂取は少量に抑えましょう。

また、シアリスをはじめその他のED治療薬はグレープフルーツやはっさく、夏みかんなどの一部のかんきつ類と相性が悪いといわれています。シアリスを服用中にグレープフルーツジュースを飲むと、副作用が強まる恐れがあるため、注意が必要です。

服用は1日1回まで

シアリスの服用は1日1回までです。次のシアリスを飲むまでに24時間以上のあいだをあけなければなりません。

自己判断でシアリスを飲む量や飲む間隔を変えてしまうと、危険な副作用が出る恐れがあります。必ず決められた用法用量を守るようにしましょう。

シアリスはどこで買える?値段は?

Image

シアリスの価格は決まっていない

ED治療は自由診療で保険適用外のため、シアリスの価格は決まっていません。ED治療を行っているクリニックでは、1錠1,500~2,000円前後で販売されることが多いようです。

通販では偽物が出回っている

ネットでは、シアリスを販売している通販サイトが多数存在しています。海外からの個人輸入を代行するサイトもあります。しかし、シアリスは偽物が多く出回っており、通販サイトで購入できるシアリスは偽物である可能性も高いのです。

シアリスのジェネリックを購入できるサイトもありますが、日本ではシアリスのジェネリックは存在していません。また、海外製のシアリスのジェネリックについても、本来は国際特許が満了を迎えておらず認められていません。一部、特許法の関係でインド製のシアリスのジェネリックが存在しています。

ネットの通販サイトで購入することができるシアリスやシアリスのジェネリックには、偽物も多く、購入をおすすめすることはできません。

シアリス50mg、シアリス100mgは偽物

前述した通り、シアリスは偽物が多く出回っています。中でも「シアリス50 mg」「シアリス100 mg」という商品は間違いなく偽物です。世界中で処方されているシアリスは全てイーライリリー社が製造しており、5mg、10mg、20mgの3種類が製造されています。

専門医の処方を受けよう

シアリスは専門医で処方されると1錠1,500~2,000円かかるため、高額に感じる方がいるかもしれません。また、ED治療の診察に対して心理的に抵抗がある方もいるかもしれません。

しかし、心筋梗塞や狭心症に治療でニトログリセリンを使用している方などは、シアリスを飲むことで急激に血圧が低下して死にいたる恐れがあります。また、飲み薬以外にも貼り薬や塗り薬の中にもシアリスと相性の悪い薬があります。

シアリスと併用禁止の薬はたくさんありますので、専門医の処方を受けると安心です。服用している薬がある場合は、「お薬手帳」を持参するなどして、服用中の薬を医師に伝えるようにしましょう。

また、ネット上の通販サイトではシアリスの偽物が多く出回っていることから、しっかりとした医療機関で、医師から説明を受けたうえでシアリスを服用することをおすすめします。シアリスの発売元である日本新薬株式会社のサイトでは、シアリスを処方してくれる医療機関を検索することができます。

シアリスの副作用

Image

シアリスはバイアグラやレビトラに比べ即効性がない薬であり、身体にゆっくりと吸収されるため、副作用が出にくいと考えられています。しかし、シアリスを飲んだ人の約3割の人に副作用が出ているようです。

シアリスには陰茎(ペニス)の周りの血管を拡張させる働きがあり、わずかではあるものの陰茎(ペニス)以外の血管も拡張させることがあります。そのためにおこる主な副作用は下記の通りです。

・頭痛、頭が重い
・顔のほてり、紅潮
・消化不良

実際にシアリスを飲んでいる人のネット上の体験談でも、頭痛などの副作用を訴える人は多いようです。

5ミリをのむと8時間後に強烈な頭痛があります。
辛くて頭痛薬を飲みます。

ですので最近は1ミリ位だけ舐めます。
それでも効果十分です。

引用元:oshiete.goo.ne.jp

シアリスを飲むと頭痛がいつも出る場合は、バファリンなどの市販の頭痛薬と併用しても問題ないとされています。しかし、薬によっては組み合わせが悪い場合もありますので、副作用が気になる場合は医師に相談すると良いでしょう。

妊活中のEDに悩んだらシアリスを上手に利用しよう

Image

妊活中のカップルのなかには、EDにより性行為がうまくできずに悩んでいる場合もあるでしょう。仕事の疲れや妊活のプレッシャーにより性行為がうまくいかないと、男性も女性も精神的にストレスを感じてしまうかもしれません。

妊活のプレッシャーにより性行為がうまくいかないことは、決して珍しいことではありません。夫婦だけで悩まず、泌尿器科や男性専門クリニックの医師に相談し、シアリスなどのED治療薬を上手に利用しましょう。

あわせて読みたい

妊活マンガおすすめ6選!妊活がわかる、妊娠を考えたときに読みたいマンガを紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29763
Image
【妊活】精子の寿命は何日?射精後の受精可能時間と受精確率は?妊娠しやすいタイミングについて
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28370
Image