更新日:2017年07月24日

いよいよ出産準備!ママにも赤ちゃんにも快適なベビーカーは?

妊娠中期に入り、お腹が大きくなってきて赤ちゃんに会える日ももうすぐ。いよいよ出産に向けて準備をしようと思っているママにとって最も気になるのが、ベビーカー選びではないでしょうか。今回は、ママにとっても赤ちゃんにとっても快適なアップリカのベビーカー「ラクーナ コンフォート」を先輩ママの声とともにご紹介します。

提供:アップリカ・チルドレンズプロダクツ
13552
0

目次

「ラクーナ コンフォート」とは?

アップリカの「ラクーナ コンフォート」は、赤ちゃんの健やかな成長をサポートする、軽量・オート4輪ベビーカー。赤ちゃんの成長に必要な十分な広さを確保し、ゆったりと心地よく過ごすことができます。

さらに、振動を軽減する高剛性フレームや、熱やホコリから遠ざけるハイシートなど、赤ちゃんをお出かけストレスから守る機能が満載。

また、オート4輪機能で対面時も背面時も小回りがきいて押しやすく、キャリートラベルシステムに対応した抱っこひも(コラン CTSシリーズ・別売り)とセットで使えば抱っこひもからベビーカーへの乗せかえもスムーズで、ママにとってもお出かけを楽しくしてくれる話題のベビーカーです。

いつ買う?どう選ぶ?「ベビーカー選び」はむずかしい

出産に向けてベビーカーの情報を集めてみると、いろいろな種類のベビーカーがあって、どんなベビーカーを選べば良いのかわからない…。そんな風に頭を悩ますmamanoko編集部の妊娠8カ月のプレママライターが、編集部の先輩ママたち(以下、ママA・ママB)にベビーカー選びについて質問してみました。

Image

ベビーカーっていつ買うの?

―――ベビーカーを調べてみると、種類も多いし「A型」「B型」といった専門用語も出てくるので正直混乱しています。

ママA:A型は赤ちゃんを寝かせた状態で使えるベビーカーで、新生児期から使えるもの。B型は赤ちゃんがひとり座りできるようになって(7カ月)から使えるベビーカーです。A型ベビーカーは、赤ちゃんとママが向かい合う「対面」とママが赤ちゃんの背中側からベビーカーを押す「背面」をハンドルで切り替えられるものが多いですよ。

―――みなさんは、いつベビーカーを買いましたか?

ママA:出産前にベビーカーを買う人と、赤ちゃんが生まれてから実際にベビーカーに乗せてみて買う人がいるようです。うちは、子どもが生後1カ月になってから、対面でも背面でも使える両対面式のベビーカーを買いました。

ママB:うちはお座りができるようになるまでは抱っこひもで出かけていたので、B型ベビーカーを生後7カ月頃に買いました。ただ、子どもが抱っこに慣れてしまっていたので、せっかく買ったベビーカーを嫌がるようになってしまって…A型を買ってベビーカーに慣れさせておけば良かったかなと後から思いました。

どう選ぶ?安心・快適・操作性、重視するべきポイントは

―――赤ちゃんのことなので「安心・安全」が第一と思いつつ、「快適さ」や「軽さ・操作性」も気になるポイントです。何に注目してベビーカーを選べば良いのでしょうか?

ママA:ライフスタイルによってベストなベビーカーは違います。近所のお散歩や買い物でベビーカーを利用する機会が多いのであれば、小回りがきき安定感があるしっかりしたタイプが便利です。電車やバスに乗る機会が多いのであれば、軽くて簡単に開閉できるタイプがおすすめです。

ママB:ベビーカーに赤ちゃんを長時間乗せてお出かけする機会が多いのであれば、軽さだけではなく、赤ちゃんが快適かどうかも気にしてあげたいところ。暑い夏でも快適に過ごせるものや、赤ちゃんが無理な姿勢にならないタイプなんかが安心ですよね。

何を基準に考えればいいの?値段の幅が広い理由

―――ベビーカーって値段も様々ですよね。良いものは高い、安いものは値段相当のイメージです。安全面や操作性は妥協したくないけれど、目安がわかりません。

ママA:どんな機能がついたベビーカーを選ぶかによってやはり値段は変わります。ベビーカーを使う機会が多ければ、多少高額なものでも自分や赤ちゃんにとって必要な機能がついたものを選んだ方が良いかもしれません。A型タイプだと、3歳(15kg)まで長く使うアイテムですしね。

ママB:ベビーカーをレンタルするという方法もあるみたいですが、約3年間使うとなると、トータルで考えるとレンタルと比べてもお得な場合もありそうですね。

赤ちゃんはベビーカーで快適に過ごせている?

ママA:うちはベビーカーでお出かけすることが多いので、子どもがベビーカーで窮屈そうにしていないか気になりました。さらに赤ちゃんのうちは、ベビーカーの中で子どもが眠ってしまうことも多いので眠るときの姿勢も心配ですよね。

ママB:デコボコ道では、ガタガタした振動でせっかく気持ちよさそうに寝ている子どもを起こしてしまいそうになることもあり心配ですよね。

のびのびと育ってほしいから、大切な時期を快適な空間で。+20%(※)の広さで自然な姿勢を妨げないコンフォートシート

Image

「ラクーナ コンフォート」は、これまでのアップリカのベビーカーよりも+20%(※)の広さを確保。赤ちゃんにとって最も自然な、手をあげ(W型)、股とひざを曲げた(M型)“WM”スタイルがとれる、自然な姿勢を妨げない十分な広さのコンフォートシートを採用。赤ちゃんが3歳になるまで自由に手足が動かせ、ゆったりと心地よく座れ、長く使えます。

※アップリカ従来品比較(座面シートの面積比較)

Image

さらにアップリカ独自の「マルチショックレス構造」で、衝撃や振動を軽減。デコボコ道の影響を抑えるサスペンションや、車体のグラつきを軽減する高剛性フレームで、赤ちゃんの快適な乗り心地を実現しています。

「ラクーナコンフォート」公式サイト

赤ちゃんは汗をかきやすい!暑さ対策は大丈夫?

Image

ママA:赤ちゃんは喋ることができないので、暑さ対策も気になるところ。夏の暑い時期に、気づけば子どもが汗びっしょりになっていて「ごめんね、ごめんね」と慌てて抱き上げることもありました。大人より体温も高いし、気をつけないとですよね。

ママB:大人より皮フも薄いし、紫外線も気になります。しかも、ベビーカーに座った赤ちゃんの位置は、大人に比べて地面に近く、アスファルトの照り返しもありますよね。特に真夏のベビーカーは暑そうで、子どもが脱水症状をおこさないかと心配でした。

汗っかきでもカラッと快適なシート

Image

「ラクーナ コンフォート」のシートは背中もおしりもメッシュなので、通気し、汗っかきの赤ちゃんでもカラッと快適に過ごせます。

Image

54cmのハイシートなので、路面からの照り返しによる熱やホコリを遠ざけ、さらに、フードは紫外線を98%カット。暑い夏でも乗っている赤ちゃんが快適に過ごせる工夫がたくさんなので、安心ですね。

「ラクーナコンフォート」公式サイト

ママの顔が見えないと嫌!ベビーカーに乗りたがらないことも

Image

ママB:うちは生後7カ月でベビーカーデビューしたのですが、ママの顔が見えないことに怒った子どもが大泣きしてしまい…しばらくベビーカーに乗ってくれませんでした。

ママA:ママが見えないと不安になって泣いてしまう赤ちゃんは多いですよね。うちは生後4カ月ごろから、背面でも使うようになりました。外の景色を楽しみたい様子のときは背面、機嫌が悪いときは対面でと使い分けていたので、比較的スムーズだった気がします。

赤ちゃんのゴキゲンに合わせられる、対面/背面でも押しやすいオート4輪

まだおしゃべりができない赤ちゃんは、周りの様子で機嫌が変わりやすいもの。外の様子が気になってご機嫌にベビーカーに乗っていると思っていたら、ママの顔が見えなくて不安になり急に泣き出してしまうこともあります。ママの顔を見て安心したら、今度は外を見たがることも。

「ラクーナ コンフォート」は、赤ちゃんを乗せたまま、ハンドルの切り替えだけで、対面と背面を簡単にかえることができます。対面/背面をサッと簡単な操作で切り替えられるので、ママと赤ちゃんふたりだけでのお出かけのときも安心です。

Image

ハンドルの切り替えに連動して、前輪と後輪が自動で切り替わるため、ママがベビーカーを押しやすいオート4輪。対面時でも背面時でも小回りがきいて快適です。

「ラクーナコンフォート」公式サイト

突然の抱っこ!ベビーカーは開閉する機会が想像以上に多い

Image

ママA:電車やバスに乗る時や、子どもが急にぐずりだして抱っこに切り替えることって結構多いですよね。そうするとその場でサッとベビーカーをたたまなければいけないので、人混みだったりすると慌ててしまうこともあります。

ママB:電車の駅のエレベーターは思っていた以上に少ないんですよね。エレベーターが見つからないと、子どもを抱っこし、ベビーカーと荷物を抱えて階段を上っていました。子どもの抱っこにも時間がかかるし、ベビーカーは重いし…隣のホームに移動するだけで10分くらいかかってしまって、乗りたい電車に間に合わないこともありました。

ママA:子どもを抱っこであやしているうちに眠ってしまい、ベビーカーにそっと寝かせてあげたいこともありますよね。

テレビCMでも話題!ベビーカーから抱っこひもへ、スムーズな乗せかえを実現

Image
Image
Image
Image

ベビーカーでのお出かけ中に赤ちゃんを抱っこしなければいけない。そんなときにおすすめなのが、アップリカのキャリートラベルシステム(CTS)。「ラクーナ コンフォート」とCTS対応の抱っこひも(別売り)をセットで使うことで、赤ちゃんを抱っこひもからベビーカーにスムーズに乗せかえることができます。

赤ちゃんを抱っこしたままベビーカーにそのまま乗せかえたり、ベビーカーからそのまま抱っこに戻したりできるので、ママと赤ちゃんの心地よさをジャマすることなくスムーズなお出かけができるので安心ですね。

また、ベビーカーをたたんだり開いたりするのもワンタッチで行え、たたんだベビーカーはしっかり自立します。電車やバスに乗るときもスムーズです。

Image
「ラクーナコンフォート」公式サイト

先輩ママ&プレママが実物をチェック!

実際の「ラクーナ コンフォート」を、mamanoko編集部のママとプレママで触ってみました。

オート4輪の押しやすさ、振動は気になる?

Image

ママA:小回りがきいて、動きがとてもスムーズ。これだったら道路がでこぼこでもスムーズにいけそう。男性でも押しやすい高さだから、パパもベビーカーを楽しく使ってくれそうですね。

プレママ:押してみて全然重さを感じないですね。思っていたよりもしっかりした作りで、新生児でも安心して使えそう。1カ月健診に赤ちゃんを連れていくときから使いたいです。

シートの感触、通気は?

Image

プレママ:シートは思っていたよりも柔らかくて触り心地が良いんですね。

ママB:こんなにクッションがきいているものばかりではないですよ。このシートはクッションがしっかりしているのに、サラッとしていて良いですね。赤ちゃんが気持ちよく座れそうです。

ベビーカーから抱っこひもへの乗せかえにチャレンジ

Image

ママA:抱っこひもを身につけるのに、少し手間がかかる感じがしますね。使いこなすには少し練習が必要かもしれませんが、眠っている赤ちゃんを抱っこひもからベビーカーにおろすシーンはよくあるので、慣れたら便利そうです。

プレママ:この抱っこひもは、パパが使っても違和感のないデザインですね。まだ抱っこひもを買っていないので、セットで購入しても良さそうです。

赤ちゃんとママ両方の負担を減らし、快適なお出かけを

Image

生まれてくる赤ちゃんとのお出かけは、とても楽しみですよね。その一方で、ママと赤ちゃんふたりだけでのお出かけに、不安を感じる方もいるかもしれませんね。赤ちゃんを連れて電車やバスに乗ったり、長時間移動したりすることを考えると、ママにとっても赤ちゃんにとっても快適に過ごせるベビーカーを選ぶことが大切です。

「ラクーナ コンフォート」は、赤ちゃんの成長と快適さを一番に考えた、赤ちゃんにとって心地よいベビーカーです。さらに、ママの負担を減らしてくれる機能がいっぱい。「ラクーナ コンフォート」で、赤ちゃんと一緒のお出かけを楽しんでくださいね。

「ラクーナコンフォート」公式サイト