更新日:2018年12月04日

国産無添加・無農薬などおすすめの青汁9選!安全な青汁の選び方

青汁選びでの重要なポイントは「安全に配慮されているか」です。毎日飲む青汁は安心安全なものが良いですよね。でも、実際に選ぶときにどこ見たら良いか悩んでしまうことも多いでしょう。ここでは、「安心して飲める青汁の選び方」について詳しくご紹介します。安全な青汁選びの参考にしてみてくださいね。

12567
0

安心な青汁の選び方

栽培方法

安全性を追求した栽培方法には、「有機栽培」があります。有機栽培とは、農林水産省のガイドラインに沿って農薬・化学肥料の使用量を基準値以下に抑えて栽培する方法です。非常に厳しい基準なので、安全性と信頼度は高いといわれています。

有機栽培の原材料を95%以上含有した青汁には「有機JASマーク」が付けられています。安全性を考慮して青汁を選ぶときには、有機JASマークの有無も確認しておきましょう。

添加物の有無

青汁を選ぶときには、食品添加物の有無の確認が必要です。食品添加物とは、保存料、甘味料、着色料、香料などの加工や保存のために使用されるもののことです。

国内で販売される食品には、厚生労働省によって安全性が確認されたもののみが使用されています。一般的には安全性が高いとされていますが、添加物が含まれていない青汁の方が安心して飲み続けられそうですよね。そもそも青汁は野菜をとることが目的なので、余分な添加物は必要ないと割り切って選ぶと良いかもしれません。

カフェイン

青汁にはカフェイン含有のものがあります。カフェインは茶葉やコーヒーに含まれる成分です。とても身近な成分ですが、近年では大量摂取によるカフェイン中毒のリスクが報告され、話題となりました。青汁に含まれるカフェイン量はごく少量であり、身体に影響を与えることはまれだといわれています。

しかし、子どもや妊婦においては、カフェインの影響が大きく出てしまう可能性も否めません。子どもや妊婦が飲む青汁は、ノンカフェインのものにしておくと安心でしょう。

無農薬

青汁の原材料は、できるだけ「無農薬」のものが好ましいです。農薬の種類にもよりますが、身体に害となる危険性もあるため、避けたほうが無難でしょう。

農薬使用の有無に加えて確認しておきたいのが「残留農薬検査の結果」です。日本で生産されている野菜は、安定的な収穫をするために農薬を使用して栽培していることが多いです。農薬を使用している分、食品衛生法のもとで徹底的な安全への配慮がされており、残留農薬検査をパスした野菜のみが流通しています。

さらに、健康食品である青汁の場合は、公的な検査に加えてメーカーが独自に厳しい検査をしていることも少なくないのです。無農薬栽培に越したことはありませんが、残留農薬検査の結果もチェックして総合的に判断すると良いでしょう。

青汁のタイプ

青汁にはジュースタイプ、サプリタイプ、冷凍タイプ、粉末タイプ、ゼリータイプのものがあります。それぞれに飲みやすさや保管のしやすさなどのメリット・デメリットがあり、加工方法は違いますが、安全性には大きな差がないといわれています。形状よりも、青汁に使用されている原材料の安全性の方が重要です。

安全性が高い青汁の中から、ご自分の飲みやすいタイプを探して飲み続けるようにしたいですね。なお、冷凍の青汁は他のものより賞味期限が短いことが多いです。安心して飲むためにも、期限をしっかり確認しておきましょう。

Mamanote icon
おすすめの青汁サプリメント5選!青汁の効果とメリット・デメリット
Mamanote icon
青汁ゼリー人気おすすめ10選!ゼリータイプのメリットと選び方

青汁には、野菜以外にブドウ糖や果糖、人工甘味料などが配合されることが多くなりました。そのため、特徴的な苦味や青臭さがある青汁も、最近では飲みやすくなっています。

飲みやすいことはメリットですが、必要以上に甘く加工したものは身体のことを考えるとおすすめできません。1日1杯であっても、毎日飲み続ければ糖分の摂り過ぎとなる可能性があるからです。

また、食品添加物である人工甘味料も避けておきたいものです。健康と安全のために、原材料には糖や人工甘味料が含まれていないものを選ぶと良いでしょう。

値段

青汁の値段には、メーカーや製品によって大きく差があります。一般的に値段の安い青汁は、海外工場製であることが多いようです。安価なのは魅力的ですが、青汁の安全性が低いと意味がありません。

しかし、極めて安全性が高くても、値段が高過ぎると毎日飲み続けるのは難しいものです。青汁を選ぶときは、値段だけで判断せず、安全性と値段のバランスが取れているものを選択してみてはいかがでしょうか。

無添加・無農薬の安心青汁9選

サンスター 健康道場 粉末青汁

Kenkodojo 09 photo 01
出典:jp.sunstar.com
サンスター 健康道場 粉末青汁
¥4,860〜(2018/12/04 時点)

10g × 30袋

「サンスター 健康道場 粉末青汁」の原材料は、ブロッコリー、ケール、大麦若葉、明日葉、モロヘイヤの5種の国産野菜のみです。不足しがちな野菜の栄養素をバランス良く摂ることができ、健康的な生活をしたい人に向いています。甘味料や添加物は一切使用しておらず、安全性が気になる方におすすめですよ。

■この商品に関する口コミ
・原材料は国産野菜のみ、余計なものが入っていない点を気に入って飲み始めました。飲みにくさもなく、安心して飲み続けられそうです。
・市販の青汁は中国産のものが多く、購入をためらっていました。「粉末青汁」は国産野菜100%なので、とても安心です。野菜の苦味がありますが、アレンジすれば飲みやすいです。

引用元:review.rakuten.co.jp
販売サイトはこちら

はぐくみプラス ハッピーベジー

Product top hv pc
出典:www.hugkumiplus.net
はぐくみプラス ハッピーベジー
¥980〜(2018/07/04 時点)

はぐくみプラスの「ハッピーベジー」は母乳育児中のママにおすすめの青汁です。16種類の九州産野菜と1500億個の乳酸菌が、ママの健康をサポートします。毎日しっかり飲み続けられるよう、おいしく飲める味を徹底的に追求。子どもや男性にも飲みやすい味なので、家族みんなで楽しむことができます。

定期的に放射能・残留農薬検査を実施し、製造はGMP準拠工場。品質にこだわり、無添加なのも嬉しいポイントですね。10日間の返金保証が付いているので、青汁が初めてというママでも安心して購入できますよ。

販売サイトはこちら

リッチグリーン

Intro img
出典:www.kenpria.com
リッチグリーン
¥4,104〜(2018/12/04 時点)

3g×30スティック

主原料が大麦若葉のみの「リッチグリーン」には、栄養価の高い希少な「赤神力(あかしんりき)」という大麦若葉が使用されています。若々しい身体を目指すための生きた酵素をもとに作られていて、農薬を使わない栽培、着色料・保存料無添加にもこだわっています。

販売サイトはこちら

国産有機 大麦若葉100%青汁

61xgecobjgl. sl1017
出典:images-na.ssl-images-amazon.com
国産有機 大麦若葉100%青汁
¥1,600〜(2018/12/04 時点)

3g×60包(約2ヶ月分)

原材料は、国内で有機栽培された大麦若葉のみを使用し、大麦若葉以外は何も入っていない完全無添加です。大麦若葉は、茎が出る前のもののみを使用しています。

特殊製法によって大麦若葉の風味を逃がさずに殺菌し、ゆっくりと粉砕することで飲みやすい青汁を実現しています。高い安全性の証である「有機JASマーク」が付いており、とにかく安全性が高いものにこだわりたい方におすすめです。

■この商品に関する口コミ
・毎日口にする青汁だからこそ、余計な混ぜものが一切ない「国産有機大麦若葉100%青汁」にこだわって飲み続けたいです。
・大麦若葉だけなのに飲みやすいです。国産の有機栽培でこの値段はお得だと思います。

引用元:review.rakuten.co.jp

ファンケル 1食分のケール青汁

6612a
出典:www.fancl.co.jp
ファンケル 1食分のケール青汁
¥3,000〜(2018/12/04 時点)

3.4g×30本(約1ヶ月分)

ファンケルの「1食分のケール青汁」は、1食分の栄養が摂れる野菜量を使用しているので、野菜不足が気になる方におすすめです。国内産ケールを100%使用し、ビタミンや食物繊維などを豊富に含んでいるため、ダイエットや美容に気遣う方に人気を集めています。野菜臭さが苦手な人にも飲みやすい、クセのないすっきりとした味です。

販売サイトはこちら

ステラの贅沢青汁

Stella aojiru
出典:thumbnail.image.rakuten.co.jp
ステラの贅沢青汁
¥2,300〜(2018/12/04 時点)

1袋90粒入り

「ステラの贅沢青汁」には、ケール、長命草、クロレラの3つしか使われていません。国内産の材料には農薬・化学肥料を使用していないだけでなく、無添加にもこだわっています。家族みんなで飲めるノンカフェインなのも魅力的です。サプリメントタイプなので、青汁が苦手な人でも手軽に飲めるでしょう。

販売サイトはこちら

ふるさと青汁

Furusato
出典:thumbnail.image.rakuten.co.jp
ふるさと青汁
¥6,201〜(2018/12/04 時点)

3g×30本入り(約1ヶ月分)
原材料は明日葉・桑野葉・大麦若葉

「ふるさと青汁」は八丈島産の明日葉・島根産の桑の葉・九州産の大麦若葉を使用し、野菜は無農薬製法で栽培されています。他の青汁とは違って明日葉を葉から根まで丸ごと使っているのが特徴で、食物繊維やビタミンがたっぷり含まれています。多くの人に愛される、抹茶のようなまろやかな味です。

■この商品に関する口コミ
・糖分が入っていないため、苦みがありますが、添加物の気になる私には嬉しいです。粉末が溶けやすくて飲みやすいと思います。
・明日葉の味がおいしく、私にぴったりの青汁でした。これからも続けたいです。

引用元:review.rakuten.co.jp
販売サイトはこちら

濃い藍の青汁

Img07
出典:www.junai-inc.co.jp
濃い藍の青汁
¥3,200〜(2018/12/04 時点)

3.5g×30袋

「藍の青汁」は、国産有機野菜の大麦若葉が配合されています。さらに、桑の葉やクマザサも贅沢に使用され、野菜不足をしっかりと補ってくれるでしょう。

食物繊維、ビタミン、ミネラルがたっぷりと含まれているので、美容と健康維持にもおすすめです。飲みやすくするために、乳糖・果糖・オリゴ糖、トレハロースが添加されています。トレハロースは安全性の高い天然由来の糖質なので、飲み続けても問題ないといわれていますよ。

販売サイトはこちら

お茶村の神仙桑抹茶ゴールド

Gold60 01
出典:ochamura.com
お茶村の神仙桑抹茶ゴールド
¥5,200〜(2018/12/04 時点)

3g×60包(約2ヶ月分)

「神仙桑抹茶ゴールド」は、原材料が桑葉・緑茶・シモンのみの完全無添加の青汁です。原材料である桑の葉は、中国の契約茶園で農薬を使用せずに栽培しています。安全性を確立するためにメーカー独自で厳しい残留農薬検査を行い、「不検出」を証明しています。

桑の葉とシモンに含まれる食物繊維の量は、なんとレタスの34倍ともいわれています。さらに、神仙桑抹茶ゴールドはお茶職人によって作られているので、抹茶風味の飲みやすさとおいしさも特徴のひとつです。

販売サイトはこちら

青汁の売れ筋ランキングもチェック!

楽天・Amazonで青汁のランキングを確認したい方は、以下のリンクから探してみてください。

楽天売れ筋ランキング
Amazon売れ筋ランキング

安心安全な青汁を飲んで健康的に過ごそう!

安心で安全性が高い青汁を選ぶためには農薬不使用、無添加、ノンカフェインであるか確認することが大切です。その他にも、有機JAS認定や残留農薬検査の結果など、安全性の証の有無もチェックしておくと良いでしょう。

安心な青汁かどうかは、見ただけではわからない場合が多いです。飲み始める前に原材料と製品ホームページを見て安全性を確認しておけば、安心して飲み続けられるかもしれませんね。

あわせて読みたい

Image
青汁のおすすめ人気ランキング!飲み方や選び方、ダイエットとの関係もご紹介
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/29033
Image
【市販VS通販】おすすめ人気青汁ランキング10選!ダイエットとの関係は?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/29062
Image
人気のおすすめ酵素青汁4選!効果や口コミ、ダイエットについて解説
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/28679
Image
乳酸菌入り青汁おすすめ9選!効果効能や各商品の口コミは?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/28990
Image
青汁とスムージーの違いと青汁スムージーの作り方・アレンジ方法
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/29007

関連カテゴリ

関連する人気の記事

ライフスタイルのカテゴリ

ライタープロフィール

Default

おすすめの記事