更新日:2017年10月27日

しめ縄・リースでお正月を迎えよう!お正月のしめ飾り7選

お正月に欠かせない飾りが「しめ縄」です。なぜ、お正月にしめ縄を飾るのかと疑問に思ったことはありませんか。ここでは、しめ縄を飾る意味や飾り方、処分方法、おすすめのしめ縄やリースなど、しめ縄に関する情報をわかりやすくご紹介します。子どもがいる方は、一緒に飾り付けを楽しんでみてはいかがでしょうか。

2175
0

しめ縄・しめ飾りの意味・由来は?

Image

しめ縄とは、稲のワラをよりあわせて縄のようにしたものをいい、お正月の神様である歳神(としがみ)様をお迎えするために飾ります。しめ縄には結界の役割があり、しめ縄を飾った内側には不浄なものを寄せ付けず、神様が安心して降りてこられる、という意味があります。

しめ縄に橙や紙垂などの縁起物を飾ったものが、しめ飾りです。縁起物にはそれぞれに意味があります。

橙はみかんの仲間です。実が長くついていることや、「代々」と同意語であることから、孫子の代まで長く栄えることを意味しています。

ユズリハ

ユズリハは、若葉が成長してから古い葉が落ちることから「譲り葉」を意味する名前が付きました。家系が絶えることなく反映するという意味があります。

ウラジロ

ウラジロはシダの葉の一種で、名前の通り葉の裏が白いというのが特徴です。ウラジロという名は、歳を重ねるという意味の「しだる」にかかっており、長生きという意味があります。また、葉の裏が白いことから、「心の潔白さ」や「白髪になるまで長生き」を表しているといわれています。

御幣(ごへい)

和紙に切り込みを入れて折りたたんだものを御幣といいます。御幣は、かつて神様への捧げものとして飾られてきました。近年では、神様が寄り付く場所という考え方が浸透しています。

しめ縄・しめ飾りの飾り方

Image

玄関

玄関に飾ることが多いしめ縄は、左右で太さが異なります。玄関に飾るときは、左から右に向かって太くなるように飾ります。(反対の向きに飾る地域もあるので、注意してください。)

この飾り方には、理由があります。もともと日本では、「左=神聖」、「右=俗」という考え方がありました。そのため、しめ縄を飾る際は、神様から見たときに左側に太い方がくるように(人間から見ると右側に太い方がくるように)飾るようになったようです。

お正月に飾るしめ縄は、すべて太い方から左へ左へとねじれています。一方、日常生活で使っていた縄は、右へとねじれていたものを使っていたそうです。しめ縄にはそれほど特別な想いが込められていたようですね。

神棚

神棚はとても神聖な場所です。しめ縄を飾る際は、以下の順で行います。

・必ず最初に手を洗う。
・一礼し、神様にご挨拶をする。
・お供えを一度はずし、古い榊などを処分する。
・(大掃除がまだの場合は、乾いた布巾などを使って清掃する。)
・しめ縄を神棚の上部に取り付ける。
・お供えをし、一礼する。

しめ縄を飾る場合に関わらず、神棚に触れる前には必ず手を清めましょう。

最近ではあまり見かけなくなりましたが、自動車のフロント部分にしめ縄をつけることができます。しめ縄は交通安全用のものが良いでしょう。目立つ部分につけるのを避けたいという方は、吸盤付きの輪飾りなどを車内に飾ってはいかがでしょうか。フロントガラスに飾る場合は、視界の妨げにならないように注意してください。

しめ飾りを飾る日は決まっている?

Image

12月13日は正月事始め(しょうがつことはじめ)といい、神社やお寺ですす払いや大掃除が行われ、お正月を迎える準備が始まります。各地の神社やお寺の周囲では「歳の市」という市場が並び、しめ飾りを始め、さまざまなお正月飾りが売られます。このころから年末にかけて、お正月の飾りを用意すると良いでしょう。

しめ飾りを飾る日は、二重苦を意味する12月29日は控えます。大みそかは、一夜飾りといって歳神(としがみ)様に失礼にあたるため避け、遅くとも12月30日までには飾るようにしましょう。

しめ飾りはいつまで飾る?

Image

歳神(としがみ)様を迎えている松の内という期間は、しめ飾りをそのまま飾っておきましょう。松の内の期間は地域によって差がありますが、元旦~1月7日ごろを指します。松の内が終わる1月7日や、どんど焼きが行われる1月15日に、飾りを外すことが多いようです。

Mobile favicon

お正月飾りはいつからいつまで飾る?飾りの種類や処分法は?

しめ飾りの処分方法は?

Image

しめ縄を外したら、1月15日に各地で行われるどんど焼き(どんとやき、左義長ともいう)にて、焼いて処分するのが一般的です。しかし、当日は仕事で行けないという人も多いでしょう。比較的大きな神社であれば、後日引き取ってくれたり、お守りなどと一緒に納める場所があったりするので、そちらで処分するのが良いでしょう。

しめ飾りの種類とおすすめ7選

輪飾り・リース

輪飾りは、輪っか状のしめ縄に飾りがつけられたものです。さまざまな装飾が施されたものは、インテリアとしても魅力的ですね。洋風家屋にも、比較的違和感なく飾れるのではないでしょうか。

Imgrc0065490081

国産輪飾り2本入 ・稲穂付 (本わら使用) ×2袋セット

¥900〜(2017/10/27 時点)

こちらは御幣と稲穂がついた輪飾りセットです。シンプルでどのような空間にもあいやすいのが特徴です。台所やトイレ、寝室など、さまざまな場所に飾りやすくなっています。天然素材ならではの自然な風合いが魅力ですよ。

■この商品に関する口コミ
・輪飾りに稲穂がついていて立派です。水周り用に購入しました。
・わらの良い香りがして、色もきれいで、品質の高さを感じました。頼んで良かったです。

引用元:review.rakuten.co.jp
Img62647808

Modernリース 5 マーガレット

¥1,800〜(2017/10/27 時点)

洋風の家屋にも違和感なく飾れる、モダンな輪飾りです。水引と金のチェーンがアクセントになっており、おしゃれですね。ピンク、白、グリーンの鮮やかな色どりで、華やかなお正月を迎えられることでしょう。

■この商品に関する口コミ
・とてもかわいくて、おしゃれな玄関飾りです。ありふれていなくて、印象に残る品物です。

引用元:review.rakuten.co.jp
Miyabi300b

輪飾り-雅

¥4,000〜(2017/10/27 時点)

こちらはインテリア性が高い輪飾りです。輪飾りは、使用する色や飾りの種類、配置を変えるだけで、エレガンスで洋風な装いに変身します。輪飾り雅は、牡丹、紫紺、萌黄の3色から選べるので、家の雰囲気にあわせたものを飾りましょう。お歳暮と一緒にプレゼントするのもおすすめですよ。

■この商品に関する口コミ
・ドアが明るい色なので、パープルが目立ってすてきです。

引用元:review.rakuten.co.jp

ごぼう注連

ごぼう注連とは、名前の通りごぼうのような形に綯(な)われたしめ縄のことです。地域によっては大根注連と呼ぶところもあります。玄関に飾るのが一般的です。

868004 1

しめ縄

¥1,698〜(2017/10/27 時点)

国産本わらを使用したごぼう注連です。橙、御幣、ウラジロなどの縁起物がついており、紅白の水引がアクセントになっています。装飾が派手過ぎず、上品な見た目もポイントです。古くからのおなじみの形が、安心感を与えてくれますね。

■この商品に関する口コミ
・昔ながらの形でしかも手作りの本物のしめ縄には、独特の重厚感があり身も心も引き締まる思いがあります。
・一気に玄関ドアが立派になり満足してます。今年の歳末にも利用させていただきます。 

引用元:review.rakuten.co.jp
Imgrc0064132429

神棚用しめ縄 

¥2,400〜(2017/10/27 時点)

こちらは紙垂と房がついた、神棚用のしめ縄です。長さは約70cmなので、60cm前後の神棚と相性が良いです。神棚にしめ縄を飾れば、普段の神棚がより神聖なものに感じられることでしょう。日本製で丁寧に作られていることもおすすめポイントのひとつです。

■この商品に関する口コミ
・日本製で、香りがとても気持ち良かったです。
・とても立派なしめ縄で神棚が重みのある姿になりました。

引用元:review.rakuten.co.jp

玉飾り

玉飾りは、主に東日本で見かけることが多いしめ飾りです。ごぼう注連と同様、玄関に飾るのが一般的です。装飾品が多くついており、華やかな印象を与えます。

Img57873393

福寿(ふくじゅ) 【国産魚沼しめ飾り】

¥1,500〜(2017/10/27 時点)

こちらは、新潟県南魚沼市で一つひとつ丁寧に作られたしめ飾りです。サイズは縦約38cm、横約20cmとなっており、玄関におすすめのサイズです。扇や水引、御幣など、縁起物が豪華に飾られています。格式高く、存在感のあるしめ飾りです。

■この商品に関する口コミ
・とても丁寧に作ってくださっているのが伝わってまいりました。しっかりとした鮮やかな組紐、稲穂、お飾りすべてにおいて存在感があり、大変満足いたしております。
・店で売ってるのは中国産が多いのを知ったので、今年は国産にこだわりました。このくらいの価格なら年に一度なので問題ないです。

引用元:review.rakuten.co.jp

ミニサイズのしめ飾り

Imgrc0067156642

ミニ正月飾り 紅白3個セット

¥1,500〜(2017/10/27 時点)

こちらは、手のひらサイズの玉飾りや輪飾りが3つ入ったセット商品です。吸盤つきのため、簡単に取りつけられます。小ぶりなのでどの空間にも飾りやすく、目立ちすぎずにちょうど良い大きさなのがポイントです。自動車につけたいけれど、正面につけるのには抵抗があるという方にもおすすめです。

子どもと一緒にお正月飾りを飾ろう

Image

元旦は新しい年の始まりです。歳神(としがみ)様を迎えるために、また年末年始を気持ち良く過ごすために、子どもと一緒に正月飾りを準備してみましょう。玄関や部屋が華やぐことは、子どもにとっても嬉しいことですね。日本の風習や歴史に興味を持つきっかけにもなるかもしれません。お正月飾りを通して、家族で楽しい時間を過ごしてくださいね。

あわせて読みたい

Image

お正月飾りはいつからいつまで飾る?飾りの種類や処分法は?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29271
Image

お正月の花の意味は?いつ飾る?おすすめアレンジメント5選

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29307
Image

子どもと一緒に大掃除!子どもが楽しんでお手伝いするコツは?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29343
Image

羽子板をお正月に飾ろう!女の子の初正月におすすめの羽子板飾り7選

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29283
Image

破魔弓をお正月に飾ろう!男の子の初正月におすすめの破魔弓・破魔矢5選

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29311
Image

お正月に読みたいおすすめ絵本15選!十二干支、七福神など

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29269

関連カテゴリ

関連する人気の記事

ライフスタイルのカテゴリ

ライタープロフィール

Image

藤谷みづほ

女の子と男の子の母親です。現在は在宅でライター活動をしてい…

ライフスタイル デイリーランキング

おすすめの記事