ベジママの飲み方は?いつまで飲む?妊活中・妊娠中・授乳中別にご紹介

ベジママの葉酸サプリは、ストレス性の高い環境でも強い生命力を持つといわれる野菜・アイスプラントに含まれるピニトールという成分を含んでいることで話題です。妊活中から授乳中まで長い期間飲めるので、購入を検討されている方も多いでしょう。ベジママの飲み方や注意点についてご紹介します。

3399

目次

  1. ベジママはいつからいつまで飲むの?
  2. ベジママを飲むタイミングは?
  3. ベジママは水で飲まないといけないの?
  4. ベジママの大きさ・色・味は?
  5. 商品の魅力を知ろう
  6. あわせて読みたい

ベジママはいつからいつまで飲むの?

厚生労働省では、国民の健康の維持や促進を目的として、各栄養素の摂取量の基準を「食事摂取基準」として示しています。食事摂取基準には妊娠の可能性がある女性、妊娠中の女性、授乳中の女性の葉酸の食事摂取基準も明示されています。詳しくは次のとおりです。

一般女性の葉酸の摂取量と葉酸の種類

18~49歳までの一般的な女性の1日あたりの葉酸の推奨摂取量は240μgです。これは、主に食事から摂れるポリグルタミン酸型の葉酸(食事性葉酸)での摂取量を意味します。ポリグルタミン酸型の葉酸(食事性葉酸)は、体内の消化管の酵素でモノグルタミン酸型の葉酸に分解されます。

摂取量を考えるときは葉酸の種類にも注目

一般的なサプリメントは、体内の消化管の酵素で分解された状態にあたるモノグルタミン酸型の葉酸の成分を利用することが多いです。モノグルタミン酸型の葉酸は、食事で摂れるポリグルタミン酸型の葉酸(食事性葉酸)に比べて体内での利用効率が2倍程度であるからです。

妊活中から授乳中までの摂取量を考えるときには、どちらの種類の葉酸も必要です。1日あたりの摂取量を考えるうえで、葉酸の種類を知っておくことは大切です。

妊娠の1ヶ月以上前から、妊娠3ヶ月までのあいだ

妊娠を計画している女性や妊娠の可能性のある女性、妊娠3ヶ月までの女性は、一般女性に必要な240μgのポリグルタミン酸型の葉酸(食事性葉酸)に加えて、400μgのモノグルタミン酸型の葉酸を摂ることが推奨されています。これは、ベジママに換算すると約4粒分になります。

妊娠中

妊娠4ヶ月から出産までの女性は、一般女性に必要な240μgのポリグルタミン酸型の葉酸(食事性葉酸)に加えて、240μgのモノグルタミン酸型の葉酸を摂ることが推奨されています。食事で葉酸が摂れないときは、不足分をサプリメントで摂取しましょう。

授乳中

授乳中の女性は、一般女性に必要な240μgのポリグルタミン酸型の葉酸(食事性葉酸)に加えて、100μgのモノグルタミン酸型の葉酸を摂ることが推奨されています。産後は忙しく、食生活も乱れることがあります。食事で葉酸を補えないときは、不足分をサプリメントで摂取しましょう。

Article link icon
妊娠中期・後期にも葉酸は重要?摂取量や効果、不足したらどうなる?

ベジママを飲むタイミングは?

Image

飲むタイミングはとくに決まっていない

サプリメントは薬ではないので、食後に飲まなければならない、寝る前に飲まなければならないなどの決まりはありません。いつでも好きなタイミングで飲めますが、飲み忘れてしまうことがあります。

朝起きたら飲む、食後に飲む、など自分で飲むタイミングを決めておくと飲み忘れを防げます。ベジママの公式ホームページでは、1日あたり4粒の摂取を目安におすすめしています。

数回に分けて飲むのがおすすめ

ベジママの成分にはビタミンB群とビタミンCが含まれています。これらは水溶性ビタミンという種類のひとつで、体内に蓄えられる量が少ないという特徴から、常に摂取する必要があるといわれています(※1)。そのため、一度にまとめて飲むのではなく、1日数回に分けて飲むことがおすすめです。

ベジママは水で飲まないといけないの?

Image

ベジママは薬ではなくサプリメントなので、水以外のもので飲んでも問題ありません。しかし、ハーブティーなど、他の成分に影響を与えてしまう可能性のある飲みものは避けたほうが良いでしょう。また、妊娠中や授乳中に避けたほうが良い成分であるカフェインが含まれる飲み物やアルコール類で飲むのもおすすめできません。

Article link icon
妊娠中におすすめの飲み物・注意したい飲み物一覧!コンビニで買うなら?先…
Article link icon
妊婦が飲める・飲めないハーブティー&時期別おすすめは?効果は期待できる?

ベジママの大きさ・色・味は?

Image

妊娠中はつわりの影響で食べ物の好みが変わることがあります。また、今まで大丈夫だったものでも受け付けないこともあります。小さなサプリメントでさえも飲むのがつらいと感じる人がいてもおかしくありません。ベジママの大きさや色、味については以下のとおりです。

大きさは直径約8mm

ベジママの大きさは直径約8mmです。一般的なサプリメントよりも比較的小ぶりで飲みやすい大きさといえます。大きなものを飲み込むのがつらいと感じる人にもおすすめですよ。

※2017年1月時点の情報です。

コーティングは行っていない

原材料特有のにおいを抑えるために、におい成分をカバーするコーティング加工を行っているサプリメントがあります。しかし、ベジママのサプリメントはコーティングは行っていません。コーティングをしていない分、余計な成分を含まない点はうれしいですね。

色は黄緑

ベジママの葉酸サプリメントはきれいな黄緑色をしています。着色料を含んでいないので、自然由来の色だといえるでしょう。ベジママに使われているアイスプラントという野菜は、自社独自の製法でクリーンな環境で育てられ、安定的な収穫や品質を維持しています。高品質を追求した原料が使われている点に安心感がありますね。

商品の魅力を知ろう

サプリメント選びは価格や口コミで決めてしまいがちです。しかし、どのような原料が使用され、どのような成分が含まれているのかを調べると、商品の特徴を理解することができ、愛着を持つことができますよ。妊活中から授乳中に大切な栄養を補給するサプリメントだからこそ、商品のことをよく知り、納得してから購入したいですね。

あわせて読みたい

葉酸サプリおすすめ人気ランキング!妊活・妊娠中の効果や口コミをご紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28265
Image

妊活・妊娠中の飲み物

妊活から出産後まで白湯が効果的な理由とは?白湯の作り方、飲み方、アレンジについて
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/20237
Image
妊活中にカフェインはダメ?妊活におすすめのハーブティー4選
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28366
Image
妊婦さんにおすすめのルイボスティー3選!妊娠中にカフェインがダメな理由とは?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28341
Image
妊婦は紅茶を何杯飲める?ノンカフェインのおすすめ紅茶や飲みすぎに注意が必要な理由
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28385
Image
妊婦さんにおすすめのラズベリーリーフティーは?効果・注意点・飲み方を徹底解説!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/13146
Image
【妊活・妊娠・授乳・卒乳】ママに人気のAMOMAのハーブティー・オイルとは?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28364
Image

そのほかの葉酸サプリの飲み方