赤ちゃんの泣き止むYouTube動画4選!「ふかふかかふかのうた」やアンパンマンを試してみよう!

ときに赤ちゃんは、何をしても泣き止まないことがあります。外出先や交通機関などで赤ちゃんが泣き止まずに肩身の狭い思いをした、激しい夜泣きが続いたという経験があるママは多いのではないでしょうか。そんなときは手軽に試せる赤ちゃんが泣き止む動画を利用してみませんか。赤ちゃんがピタッと泣き止む不思議な動画を紹介します。

15980

目次

  1. 赤ちゃんが泣き止む動画とは?効果はあるの?
  2. 赤ちゃんが泣き止む動画4選
  3. 赤ちゃんに泣き止み動画を見せるときの注意点
  4. 泣き止み動画を困ったときの最終兵器に!
  5. あわせて読みたい

赤ちゃんが泣き止む動画とは?効果はあるの?

赤ちゃんが音楽に反応して泣き止む理由にはいろいろな説があり、赤ちゃんの定位反射(てんいはんしゃ)を刺激しているという説が有力だといわれています。

定位反射とは、外部からの何らかの刺激に赤ちゃんの興味が移ってしまうことです。つまり、泣いているときに目に入った何らかの動画に対して定位反射が起こり、泣くのを忘れて見入ってしまうということが、動画で泣き止むメカニズムだと考えられるでしょう。

しかし、どんな動画でも良いというわけではないようです。多くの赤ちゃんが興味をひかれる動画の特徴としては、次のような条件があげられます。

・転調する音楽
・好奇心を刺激する効果音
・赤ちゃんが聞き取りやすい、高い周波数の音
・視覚的に興味をひく映像

これらの条件に当てはまる動画が、赤ちゃんを泣き止ませるパパやママのお助けアイテムとして人気を集めています。調査の結果、一時的とはいえ95%の赤ちゃんが泣き止んだという動画もあり、その効果の高さは驚きの一言ですね。

もちろん条件を満たしていなくても、赤ちゃんが好きな「アンパンマン」「いないないばあ」のキャラクター動画で泣き止むことがあります。赤ちゃんの反応を見ながら好みの動画を探してみましょう。

赤ちゃんが泣き止む動画4選

ロッテ カフカ「ふかふかかふかのうた」

たくさんある子どもの泣き止む動画のなかでも最も有名な動画のうちのひとつが、「ふかふかかふかのうた」ではないでしょうか。

ふかふかかふかのうたは、偶然泣き止み動画になったわけではありません。実は、日本音響研究所監修のもと、あらかじめ赤ちゃんが興味をひく「曲の変調」「効果音」「高周波」をすべて取り入れた泣き止みソングとして制作されました。

さらに、ふかふかかふかのうたは、アニメーションも赤ちゃんを飽きさせない作りになっています。主人公のかふかくんが空を飛んだり、虹の上で遊んだり、ゆらゆら揺れるハンモックで眠ったりと、場面がコロコロ変わってとても楽しそうですね。

ロッテが0歳から3歳の子ども52人を対象に実施した調査、ふかふかかふかのうたによって泣きやんだ子は50人という結果となったそうです。

ムーニーちゃんのおまじない

かわいいムーニーちゃんが楽しいダンスを披露するこちらの動画も、ふかふかかふかのうたとあわせて人気の高い赤ちゃんが泣き止む動画です。ムーニーちゃんのおなじないも、ふかふかかふかのうたと同じく日本音響研究所が監修している科学的根拠をもとに作られました。

ポップなメロディーのなかに、「プルルルル」「カチャン」「ひゅーん」といくつもの効果音がたっぷり使われています。リズムもなんの前触れもなく早くなったり、ゆったりになったりと、大人が聞いていてもつい引き込まれてしまいますね。

タケモトピアノCM

「ピアノ売ってちょうだい~」のフレーズが印象的なタケモトピアノのCMを覚えているママもいるのではないでしょうか。タケモトピアノのCMは、流れた途端に赤ちゃんが泣き止むと一躍話題となり、育児雑誌「ひよこクラブ」のアンケートで赤ちゃんが好きな曲第1位に選ばれたこともあるようです。

特徴的な音の変化や効果音のだけでなく。楽しい映像も見ものです。ダンサーのコミカルな動きやかわいい猫ちゃんなど、視覚的にも赤ちゃんの好奇心をくすぐる動画ですね。

ワッキーの赤ちゃんが笑うてっぱん動画「どこどこぱー」

お笑い芸人のワッキーさんが渾身の変顔を見せてくれる動画「どこどこぱー」は、赤ちゃんが泣き止むだけでなく、パパママもきっと笑ってしまうでしょう。

どこどこぱーの動画では、シンプルな効果音とともに、徐々に暗くなる画面に慌てるワッキーさんの様子に泣くのをやめて引き込まれ、そのあとに現れる変顔に爆笑する赤ちゃんが続出しています。音楽は流れないので、大きな音を流せない状況でも利用できるのが嬉しいですね。

赤ちゃんに泣き止み動画を見せるときの注意点

Image

赤ちゃんが泣き止む動画はとても便利ですが、常に動画に頼っているのでは効果も半減してしまいます。以下の点を意識しながら適度に赤ちゃんの泣き止み動画を利用しましょう。

動画を長時間見せない

赤ちゃんは視覚が未発達です。日本小児科医会も2歳以下の子どもにはテレビやビデオの視聴を控えるように提言しています。いくら喜んでいても、動画は少なからず赤ちゃんの負担となってしまうため、使い方には十分注意しましょう。

特に、スマートフォンの液晶画面は目への刺激が強いといわれています。日中に液晶で見た鮮やかな映像で目がさえてしまい、夜泣きにつながることもあるかもしれないので、気を付けて利用しましょう。

常に効果があるとは限らない

口コミなどで多くのママから支持されている泣き止み動画でも、赤ちゃんによっては効果がないことがあります。その日のコンディションによっても変化するので、常に赤ちゃんが泣き止む効果があるわけではないことを意識しておきましょう。

最初は食いつくように見ていた赤ちゃんでも、頻繁に見せているうちに飽きてしまうことがあるようです。動画は適度に活用しましょう。

赤ちゃんとのスキンシップを何より大切に

泣き止み動画の効果は絶大ですが、赤ちゃんが最も嬉しいのはパパやママとのスキンシップです。スキンシップですぐに泣き止まなくても、パパやママから伝わる体温に赤ちゃんは安心感を覚えているので、まずは抱っこなどであやしてあげましょう。

それでも泣き止まないときこそ最終手段である動画の出番です。どうしても泣き止まない激しい夜泣きや外出先などで、赤ちゃんが泣き止むきっかけ作りのアイテムとして動画を利用してみましょう。

泣き止み動画を困ったときの最終兵器に!

Image

公共の場などで赤ちゃんが大声で泣き出すと、ママやパパは困ってしまいますよね。何をしても泣き止んでくれず、追い詰められたときは、赤ちゃんが泣きやむと評判の動画を見せてみてはいかがでしょうか。

赤ちゃんに動画を見せることに抵抗がある方は少なくないかもしれません。しかし、いろいろな手段を試しても泣き止んでくれなかったときの最終兵器として使うことは、決して悪いことではないでしょう。見せる時間には注意しつつ、どうしてものときは動画にも頼ってみてくださいね。

あわせて読みたい

赤ちゃんが寝る・泣き止む音楽6選!寝かしつけや夜泣きにおすすめの曲を動画でご紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29581
Image
赤ちゃんが泣きやむアプリ10選!ホワイトノイズで夜泣き対策をしよう!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28437
Image
【体験談あり】黄昏泣きの原因と対策!いつからいつまで?ないのは不自然?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28065
Image