座布団は洗濯できる?失敗例やおすすめの洗濯方法を紹介

手軽に洗える衣類と違い、座布団は洗濯ができるかどうかの判断が難しいアイテムです。手持ちの座布団が洗えるものなのかを確認するには、どのようにしたら良いのでしょうか。また、洗濯に失敗してしまうとどうなるのか、洗濯するにはどのような方法で洗えば良いのかなど、座布団の洗濯方法についてご紹介します。

16839

目次

  1. 座布団は洗濯できる?できない?
  2. 座布団の洗濯の失敗例
  3. 座布団の洗濯方法
  4. 座布団のカビ取り方法
  5. 座布団の脱水と干し方
  6. コインランドリーで座布団を洗濯するときの方法
  7. 座布団のクリーニングは宅配クリーニングがおすすめ
  8. 座布団の宅配クリーニングを行なっている業者
  9. 座布団の宅配クリーニング5社を比較
  10. ダニが気になる場合はダニ取りという選択肢もある
  11. 座布団は定期的にお手入れをしよう

座布団は洗濯できる?できない?

座布団は洗濯したほうが良いの?

座布団は天日干しのみで、洗ったことがないという人も多いでしょう。しかし、座布団には汗汚れや見えない汚れが染みついています。水分や汚れをそのままにしておくと、カビやダニの温床になりかねません。座布団が洗える素材であれば、定期的な洗濯が必要です。

洗濯できる座布団とできない座布団の見分け方

座布団のカバーと本体にはそれぞれ洗濯表示がついています。まずは洗濯表示を確認して、座布団カバーや本体が洗濯できるものかどうかを見極めることが大切です。

洗濯表示がついていないものは、購入先のホームページや商品パッケージに洗濯に関する情報がないかを確認しましょう。購入するときに「手洗い可能」「ウオッシャブル座布団」などの表示があれば洗濯は可能です。ニトリの公式通販では、手洗いできる商品には「手洗い可能」という表示がありますよ。

洗濯表示がないものや商品情報がないときは、商品の素材で洗濯できるかどうかを判断します。一般的に、座布団の素材がポリエステルなら洗濯可能です。

洗濯可能な素材
洗濯に向いていない素材
座布団カバー綿・ポリエステルシルクなど
座布団本体ポリエステル100%のもの綿やシルクなど

低反発(ウレタン)素材の座布団は洗濯できる?

洗濯可能やウォッシャブルタイプなどの表示がなければ洗濯はできません。洗濯機で丸洗いしてしまうと水分を含んで重さに耐えられずにボロボロになってしまいます。低反発(ウレタン)素材の座布団はカバーのみを洗濯し、本体は頻繁に陰干ししましょう。

座布団の洗濯の失敗例

Image

間違った方法で座布団を洗濯してしまうと、どのような状態になってしまうのでしょうか。座布団の洗濯に失敗してしまったときの、主なケースは以下のとおりです。

綿が片寄る

手洗い表示があるのに洗濯機で洗ってしまったときは、中に詰めた綿が洗濯機の水流で片寄ってしまうことがあります。綿が片寄ると座り心地が悪くなり、ボコボコとした感触になってしまうことがあるので注意しましょう。

縮んだり型崩れする

洗濯表示に合った方法で手入れをしないと、生地が縮んでしまったり型崩れしてしまったりします。座布団のカバーと本体のどちらかのサイズが変わってしまうと、座り心地も悪くなるので注意が必要です。

座布団が使えなくなる

スポンジ素材やウレタン素材の座布団や、洗濯不可の座布団を洗ってしまったときは、ボロボロに崩れたり、中から綿が飛び出して使えなくなったりすることもあります。お気に入りの座布団が洗濯によって使えなくなるのは悲しいですよね。洗濯する前は必ず洗濯表示を確認し、素材に合った方法で洗濯することが大切です。

座布団の洗濯方法

Image

洗濯機で洗う場合

座布団を洗濯ネットに入れてから洗濯します。複数の座布団があるときは、ひとつのネットにつき、ひとつの座布団を入れましょう。ひとつのネットに複数の座布団を入れると、中でこすれて傷みの原因となります。ボタン・ファスナー・装飾品が取れてしまったり、ほかのものに引っかかったりすることがあるので、座布団カバーは必ず裏返してからネットに入れましょう。

洗濯機で洗うときは、「手洗いコース」「ドライコース」「おうちクリーニングコース」などのやさしいモードで洗濯します。通常の洗濯コースよりも水流が弱いので、生地の傷みを防ぐことができます。

手洗いコースなどに脱水のモードがついていたらそのままで良いですが、脱水のコースがついていないときは2~3分程度脱水をかけてから干しましょう。長時間の脱水は生地を傷めたり、中の綿が片寄ったりするので注意が必要です。

お風呂場で手洗いする場合

大きくて平らなバケツや手洗い桶を使用します。使っていないベビーバスもおすすめです。座布団が浸かる程度のぬるま湯(40℃くらい)を張り、手洗い用洗剤を溶かします。座布団を入れて両手で押し洗いをして、水が濁ったら新しいぬるま湯と交換します。泡が出なくなるまで水を交換したら、水分を取って干しましょう。

足踏み洗濯がおすすめ

複数の座布団を手洗いするのは大変というときは、足踏み洗濯がおすすめです。座布団が浸るくらいのぬるま湯(40℃くらい)を浴槽に張り、手洗い用洗剤をよく溶かしたら座布団を入れます。座布団を足で踏むことによって、汚れを浮かせます。

水が濁ったらお湯を捨て、シャワーをかけながら泡が出てこなくなるまで踏みながらすすいでいきます。浴槽で洗濯すると排水が楽なので、一気に洗いたいときはおすすめですよ。

座布団のカビ取り方法

Image

座布団に生えてしまったカビやカビ臭さを取る方法をご紹介します。

カビ取りの方法

カビを目で確認できるときは、お湯で薄めた中性洗剤をタオルにつけて絞ったものでこすり落とします。汚れが落ちたら、乾いたタオルで水分をしっかり吸い取ることが大切です。

最後に消毒用エタノールを吹きかけて殺菌します。天日干し可能な素材であれば、しっかり太陽に当てて乾燥と殺菌を行うことが大切です。

カビのにおい取り方法

カビくさいと感じるときは、大きめのビニール袋を準備しましょう。ビニール袋の中に座布団を入れ、全体に行きわたるように重曹を振りかけます。まんべんなく行きわたるように、ビニール袋の口を閉じて何回か振ります。重曹がついた状態で天日干しして、重曹を振り落としたらカビ臭さはやわらぎます。

重曹を振りかける前に好みのアロマオイルを数滴かけておくのもおすすめです。殺菌効果のあるラベンダー、ティーツリー、ユーカリなどのオイルを使用するのも良いでしょう。

座布団の脱水と干し方

Image

座布団の脱水

洗濯機に手洗いコースやドライコースの脱水機能があれば、普通の脱水より回転数が少なかったり短かったりするので利用します。手洗いコースなどの脱水機能がないときは通常の脱水を行いますが、2~3分程度に留めておきます。

脱水しても水分がしたたり落ちるようであれば、様子をみながら2分程度の脱水をもう一度行ってもよいでしょう。脱水した後も押さえると水分が出るようであれば、乾いたバスタオルを2~3枚程度準備して座布団を挟んで上から軽く押さえます。乾燥したバスタオルに水分が移るので座布団を早めに乾かすことができますよ。

乾燥機を使っての脱水は可能?

乾燥機は熱で衣類を乾かす機能なので、脱水にはなりません。洗濯機の脱水機能を2~3分かけたほうが効率的です。長時間座布団を乾燥機にかけると中身の劣化につながります。完全に乾かすには長時間かかるので乾燥機で脱水を行うのは止めましょう。

天日干しは経済的なうえに、太陽光に当てることによって殺菌にもつながります。しかし、座布団の中綿がポリエステル素材のときは、乾燥機をかけることによってふっくらと仕上がることもあります。乾燥機に入れられるものでも、始めから乾燥機に入れるのではなく仕上げとして行うほうが良いでしょう。

コインランドリーで座布団を洗濯するときの方法

Image

コインランドリーで座布団を洗濯するときの相場や、洗濯方法は以下のとおりです。

コインランドリーで洗濯をしたときの相場は?

コインランドリーは洗濯する容量によって値段が変わります。一般的に1回あたり500~1,000円程度かかります。洗濯と乾燥は別料金のことが多く、乾燥機は時間で料金が変わります。乾燥機は10分前後で100円からが一般的な相場です。洗濯と乾燥を連続で行うときは、800~2,000円程度かかります。

基本的には自宅での洗濯と同じ方法

コインランドリーの洗濯機と自宅の洗濯機の機能は、さほど変わらないでしょう。違いは洗濯機の大きさ(容量)です。自宅の洗濯機に入らない座布団や一度に複数の座布団を洗うときはコインランドリーがおすすめですが、自宅で洗える大きさであれば、自宅の洗濯機で十分です。

座布団のクリーニングは宅配クリーニングがおすすめ

Image

座布団の宅配クリーニングの相場は?

座布団を単品で受け付けてくれる業者なら、1枚あたり1,000~2,500円程度で依頼できます。しかし、ほとんどの宅配クリーニングでは座布団は布団扱いになるため、座布団2枚で布団1枚分の価格になることがあります。

布団扱いになると、1枚あたり2,500円以上になってしまうこともあります。割高にはなりますが、複数枚をまとめて依頼できたり、無料保管サービスを依頼できたりするなど宅配クリーニングならではのメリットもありますよ。

洗濯表示を確認しましょう

座布団の洗濯が可能とうたっているクリーニング業者でも、洗濯できない座布団があります。宅配クリーニング業者のホームページには洗濯できない素材やアイテムが提示されているので、座布団の洗濯表示を確認してから依頼することをおすすめします。

保管サービスを利用できることもある

宅配業者のなかには、クリーニングしたものを専用の倉庫で預かるサービスを無料または有料で行っていることがあります。保管サービスを利用すると、普段使わない座布団やお客様座布団を最適な状態で保管してもらえますよ。家の限られたスペースを有効活用するためにも、保管サービスはおすすめです。

座布団の宅配クリーニングを行なっている業者

Image

ふとんリネット

ふとんリネットでは、座布団のクリーニングを行っています。1枚あたりの単品価格なので、以下の料金表を参考にしてください。

座布団の大きさ
税抜価格
長座布団2,286円
60×60cm2,000円
45×45cm~60×60cm以内1,714円
45×45cm以内1,429円

せんたく便

せんたく便では、布団クリーニングのアイテムに座布団が含まれます。座布団2枚につき、布団1枚分の価格です。布団2点(座布団に換算すると4枚分)で初回は税抜9,800円、リピートで税抜9,100円です。

せんたく便には保管サービスもあります。最大で6ヶ月(延長のときは1ヶ月あたり税抜1,000円が必要)保管してくれるので、普段使わないお客様用座布団をクリーニングして保管するのに最適です。

ベルメゾン

ベルメゾンの宅配布団クリーニングには、布団2枚までのMコースと布団3枚までのLコースがあります。座布団は2枚で布団1枚分と換算されるので、Mコースなら4枚、Lコースなら6枚の座布団を依頼することができます。

ベルメゾンには長期保管コースの布団クリーニングサービスやお急ぎ便のサービスもあります。急いでいるときや使わない座布団を保管してもらいたいときに便利です。

洗宅倉庫

洗宅倉庫の宅配布団クリーニングにはシルバー会員とゴールド会員があり、会員種別によって価格が変わります。どちらの会員でも布団2点パックと3点パックのコース利用が可能です。

座布団は2枚で布団1枚分と換算されるので、2点パックなら座布団4枚、3点パックなら座布団6枚を依頼することができます。クリーニングとは別に送料3,300円が必要です。

リアクア

リアクアでは、布団クリーニングの一部として座布団と御前座布団のクリーニングを取り扱っています。単品で受け付けてくれるので、1枚からでも気軽に依頼できるのが魅力です。ただし、送料が往復1,500円必要です。

座布団の宅配クリーニング5社を比較

Image

座布団の宅配クリーニングを取り扱う5つの業者を比較しました。

宅配クリーニング業者
座布団クリーニングの内容
税抜価格(ベルメゾンのみ税込価格)
保管サービス
リネット座布団の大きさで価格が異なる・長座布団 2,286円 ・60×60cm 2,000円 ・45×45cm~60×60cm以内 1,714円 ・45×45cm以内 1,429円なし
せんたく便座布団2枚で布団1枚分に換算・初回 9,800円 ・リピート 9,100円最大で6ヶ月(延長のときは1ヶ月あたり1,000円が必要)
ベルメゾン座布団2枚で布団1枚分に換算・Mコース 10,500円 ・Lコース 13,900円・Mコース 10,800円 ・Lコース 14,800円
洗宅倉庫座布団2枚で布団1枚分に換算●シルバー会員 ・2点パック 8,980円 ・3点パック 11,980円 ●ゴールド会員 ・2点パック 6,980円 ・3点パック 8,980円最大9ヶ月 ・2点パック 2,000円 ・3点パック 3,000円
リアクア座布団の大きさで価格が異なる・座布団 1,100円 ・御前座布団 2,800円最大6ヶ月(1ヶ月ごとに1,200円、最長2年間まで延長可能)

ダニが気になる場合はダニ取りという選択肢もある

Image

汚れやカビは対処できますが、目に見えないダニが気になるという人もいます。ダニだけが気になるときは、ダニ捕獲用のマットやシートを利用するのもおすすめです。座布団の下に敷いたり、収納するときに座布団のあいだに挟んだりするだけでダニ取りができますよ。

座布団は定期的にお手入れをしよう

座布団には目に見える汚れやカビはもちろんのこと、目に見えない汗やダニ汚れも潜んでいます。定期的な洗濯やお手入れが必要なアイテムなので、自宅で洗濯できないときはクリーニングに出すのもひとつの方法です。宅配クリーニングは自宅にいながらにして集荷や返送をしてくれるのでおすすめですよ。