こたつ布団を自宅で洗濯する方法は?洗い方や干し方のポイントを解説

こたつに欠かせないこたつ布団は、定期的なお手入れが必要です。ここでは、こたつ布団を家庭で洗濯する方法や洗い方・干し方のポイントについてご紹介します。自宅で洗えないこたつ布団を洗濯する方法についてもご紹介するので、お手入れの参考にしてくださいね。

6362

目次

  1. こたつ布団は自宅で洗濯できる?
  2. 家庭でこたつ布団を洗濯する方法
  3. コインランドリーを使用する場合
  4. こたつ布団のクリーニングは宅配クリーニングがおすすめ
  5. こたつ布団の宅配クリーニングを行なっている業者
  6. ダニが気になる場合はダニ取りという選択肢もある
  7. こたつ布団は使用の前後に洗濯をしよう

こたつ布団は自宅で洗濯できる?

家庭でこたつ布団が洗えるかどうかの確認方法や洗濯機に入らないときのお手入れ方法についてご紹介します。

洗濯できるかどうかを事前確認

こたつ布団には洗えるものと洗えないものがあります。洗濯できるものかどうかを見極めるには、こたつ布団についている洗濯表示を確認する必要があります。一般的に「手洗いマーク」や「洗濯機マーク」がついてれば家庭で洗濯することが可能です。ドライマークや水洗い不可のものは家庭で洗濯することができません。

洗濯機に入らない場合

こたつ布団に手洗いマークや洗濯機マークがついていても、家庭の洗濯機に入らないときはコインランドリーやクリーニング店を利用したほうが良いでしょう。洗濯機の容量を超えるような大きなこたつ布団は、手洗いしても水分を絞り切ることが難しいので乾きにくく、家庭での洗濯に向いていません。

家庭の洗濯機の容量が8kg以上あれば、一般的なこたつ布団は洗えるでしょう。8kg未満の洗濯機を使用しているときや大きめのこたつ布団を使用しているときは、コインランドリーで洗濯するかクリーニングを依頼するのがおすすめです。

家庭でこたつ布団を洗濯する方法

Image

こたつ布団の洗濯頻度

こたつ布団はどのようなタイミングで洗濯すれば良いのか悩んでしまいますよね。一般的にはこたつを出すときと、こたつを片付けるときの2回が良いといわれています。

こたつ布団を出すときは、長期間しまっているあいだに発生したダニやホコリを落とし清潔にするために洗濯します。こたつを使う季節が過ぎて片付けるときは、こたつを使っているあいだについてしまった汗や汚れを落とすために洗います。

洗濯ネットを利用する

こたつ布団を洗うときは、じゃばら折りにたたんで洗濯ネットに入れます。布団や毛布用の大きめの洗濯ネットがおすすめです。洗濯ネットに入れることで生地がこすれあうのを防ぎ、生地表面の傷みを少なくすることができます。

洗濯機のコース選び

洗濯機で洗うときは、家庭によってコースの名称は違いますが一般的に「大物洗い」「毛布コース」などと呼ばれる機能を使いましょう。大きなものを入れて通常通りの洗濯を行うと、うまく回転せず途中で止まってしまうことがあります。

「大物洗い」や「毛布コース」などのコースがないときは「おうちクリーニングコース」「手洗いコース」などと呼ばれるやさしいコースで洗いましょう。

「おしゃれ着用洗剤」を使う

洗濯するときは、液体タイプのおしゃれ着用洗剤を使うことをおすすめします。粉末タイプの洗剤は溶け残ることが多いので液体タイプのほうが安心です。おしゃれ着用洗剤は洗浄力が穏やかで生地ダメージが少ないので、こたつ布団のヨレや傷みを防ぎます。また、柔軟剤がなくてもふんわりと柔らかく仕上がりますよ。

干すときは「M字型」

こたつ布団の洗濯が終わったら布団を乾かします。一番のポイントは完全に乾かしきることですが、こたつ布団は厚みがあるのでなかなか乾きません。早く乾かすには干し方が大切なポイントになります。

こたつ布団を干すときは、2本の物干しざおを利用します。2本の物干しざおに覆うように布団をかけて真ん中の部分を少しくぼませます。真横から見たときにこたつ布団が「M字型」になるように干しましょう。

「M字型」に布団を干したら、両手のあいだに布団を挟んで軽くたたくように中綿を均一に伸ばしていきます。強くたたくと綿がへたれてしまったり、生地が傷んでしまったりするので注意しましょう。

コインランドリーを使用する場合

Image

コインランドリーでの洗濯

コインランドリーを使用するときも、家庭での洗濯と同じようにこたつ布団をじゃばら折りにして洗濯ネットに入れます。コインランドリーの洗濯機は洗剤や柔軟剤が自動投入されるものもありますが、自分で洗剤を入れるタイプであれば「おしゃれ着用洗剤」を使用して洗いましょう。

コインランドリーでの乾燥

洗濯が終わったら一度中身を取り出して、こたつ布団を軽くたたくようにして綿を均一に伸ばします。再びじゃばら折りにしてネットに入れ乾燥機にかけます。

型崩れを防ぎ乾燥を早めるためには、全体を均一に伸ばす必要があります。乾燥時間を短めにするか乾燥途中で取り出して、何度かネットから取り出して軽くたたき、再び乾燥させるようにしましょう。乾燥機に入れるたびに表に出る部分を変えて折ると乾燥が早くなります。

こたつ布団のクリーニングは宅配クリーニングがおすすめ

Image

家庭でこたつ布団を洗うには、大きめの容量の洗濯機が必要です。また完全に乾燥させるのにも手間がかかります。自宅にいながらにして集荷や受け取りを行える宅配クリーニングがおすすめです。

こたつ布団の宅配クリーニングの相場は?

こたつ布団は、寝具の布団と同様に扱う宅配クリーニングがほとんどです。単品で6,000~10,000円程度、パック料金なら1枚あたり3,000~5,000円程度が相場です。

保管サービスを利用できることもある

宅配クリーニングでは、無料や有料で保管サービスを行っているところがあります。最適な湿度と温度が保たれた宅配クリーニング業者専用の保管庫で数ヶ月保管してくれるので、自宅のスペースが有効活用できておすすめです。こたつ布団などの季節もののアイテムには最適なサービスだといえるでしょう。

こたつ布団の宅配クリーニングを行なっている業者

Image

※価格はすべて税抜です。

ふとんリネット

ふとんリネットの布団クリーニングは、単品価格です。こたつ布団も布団の同様の価格で取り扱っています。プラス1,000円で防ダニ加工してくれるオプションもあります。価格は以下のとおりです。

点数
価格
1点8,800円
2点11,800円
3点12,800円
4点14,800円
5点以上14,800円に+3,000円で1枚ずつプラス

リナビス

リナビスでは、シングルサイズの布団とこたつ布団を取り扱っています。パック料金ではなく、1枚ごとの単品価格です。集荷用の袋を持っていればリピート割が利用できるので、2回目以降は300円安くなります。こたつ布団の初回価格は以下のとおりです。

点数
価格
1点11,200円
2点13,800円
3点15,000円
4点18,300円
5点21,600円
6点24,900円

せんたく便

せんたく便では、布団扱いでこたつ布団をクリーニングしてくれます。ただし、集荷袋に入るものに限ります。せんたく便の価格は以下のとおりです。

2点パック料金
リピート料金
初回9,800円9,100円

せんたく便では無料で保管サービスを行っています。(最大6ヶ月。延長可能で1ヶ月ごとに1,000円)また、防虫・防カビ加工(6,300円)もオプションでつけられますよ。

しももとクリーニング

しももとクリーニングは電子カルテによる徹底した顧客管理をしており、ほかの人のものと一緒の洗濯機で洗わない完全個人別洗いを行っています。合成洗剤を使用しないので、オーガニック布団にも対応しています。

ほかの店で断られるようなペットの毛がついたものやおしっこがついたものにも対応してくれます。こたつ布団は寝具の布団と同じ価格で、以下のとおりです。

枚数
価格
1枚6,600円
2枚8,400円
3枚12,000円

ダニが気になる場合はダニ取りという選択肢もある

Image

こたつでは横になったり、食事やおやつを食べたりする家庭もあるのでダニが気になりますよね。ダニだけの点で考えると、ダニ採りシートやダニ採りマットを利用するのも良いでしょう。

長期間しまうときにもダニ採りシートやマットを使えば、ダニを捕獲してくれますよ。ダニを採った後のシートやマットは捨てるだけで良いものが多いので、簡単にダニの対策ができて便利です。

こたつ布団は使用の前後に洗濯をしよう

こたつ布団は使用の前後に洗濯することが大切です。お手入れをしないまま使用すると、こたつの温度でダニが活性化してしまうことがあります。また、汗や汚れがついたまま片付けてしまうと、次に使うときにカビやダニが発生してしまうことがあります。気持ち良く使うためにも、使用の前後に洗濯することをおすすめします。