更新日:2018年07月02日

ソニー生命の学資保険の口コミと特徴は?販売停止や値上げの可能性はある?

学資保険の「学資金準備スクエア」は、ソニー生命が販売している保険のひとつです。返戻率が高く、教育資金の貯蓄をしたい家庭に注目されています。ここでは、学資金準備スクエアのメリット・デメリットや口コミについてご紹介します。ほかの学資保険との比較や、販売停止の可能性についても解説するので参考にしてみてくださいね。

監修 : mamanoko 医師・専門家
3235
1

記事の監修

Image
ファイナンシャルプランナー
田中 みゆき

ソニー生命の学資保険「学資金準備スクエア」とは?

Image

ソニー生命の「学資金準備スクエア」は、高い返戻率が人気の学資保険です。将来子どもにかかる教育資金に備えて貯蓄をしたい人におすすめです。

学資金準備スクエアでは基本の3つのプランをもとに、無料でオーダーメイドの保険を作成することができます。対面販売が必須の保険のため、ライフプランナーと面談する必要はありますが、その分より自分に合ったプランを組むことができるでしょう。

ソニー生命の学資保険の口コミとメリットは?

Image

返戻率が高い

返戻率(へんれいりつ)とは、保険料の総額に対して、保険会社からどれくらいの学資金を受け取ることができるかを示したものです。返戻率が100%を超えると、支払う保険料の総額よりも多くの学資金を保険会社から受け取ることができます。

学資金準備スクエアの返戻率は、ほかの学資保険と比べて高いものとなっています。0歳の子どもを持つ30歳の父親が加入した場合、プランによっては返戻率が「107.2%」になります。年々返戻率が下がっている学資保険の中では、高い返戻率だといえるでしょう。

Comment icon返戻率に関する口コミ

・とても高いと思います。ほかの生命保険会社と比較したわけではありませんが、普通に貯金する預金の金利率と比較すると全然違うと思います。長期でお金を預ける必要がある代わりに返戻率が高いので、良い商品だと思います。
(しょさん/31歳)

・現在金利が低いので学資保険も返戻率が100%を下回る保険も多い中、ソニー生命の学資金準備スクエアは1番返戻率が良かったです。
(ゆみこさん/26歳)
Mobile favicon
学資保険の返戻率とは?金額はいくらになる?平均相場や元本割れについても解説

3つのプランから選べる

学資金準備スクエアは、1型~3型の3つのプランから選ぶことができます。それぞれのプランは、学資金を受け取ることができる時期が異なっています。

プラン別の保険料と返戻率の例は、以下の表のとおりです。保険料払込期間は10歳で、30歳の男性を契約者、0歳の赤ちゃんを被保険者として算出しています(※1)。

●1型の保険料・返戻率の例

返戻率
保険料(円)
保険期間
受取時期と受取金額(円)
受取総額(円)
101.7%13,11018歳満期12歳(30万) 15歳(30万) 18歳(100万)160万

●2型の保険料・返戻率の例

返戻率
保険料(円)
保険期間
受取時期と受取金額(円)
受取総額(円)
104.8%15,90018歳満期18歳(200万)200万

●3型の保険料・返戻率の例

返戻率
保険料(円)
保険期間
受取時期と受取金額(円)
受取総額(円)
107.2%15,54022歳満期18~22歳の毎年1回(40万×5回)200万

Comment icon3つのプランに関する口コミ

・用途に合った保険期間を選べたり、学資金も一括で受け取ったり、何回かに分けて受け取ったり出来るので、さまざまなニーズの人に合っていると思います。
(ゆみこさん/26歳)

・加入するタイプによっては必要な時に満期金をもらえないと言われたので、加入した時期によってもらえるタイプを選んだ。タイプごとで受け取り時期が違うのはわかりにくいと思った。
(Sammy88さん/30歳)

妊娠中から入れる

医療保障の付いていない、貯蓄をメインとした学資保険の多くは、妊娠中でも加入できます。学資金準備スクエアも、出産予定日の140日以内であれば妊娠中に加入することが可能です。

ただし、タイプが3型の場合は注意が必要です。3型は、出産予定日の91日以内でないと加入することができません。さらに妊娠中の加入は、契約者が父親か母親のどちらかである必要があります。

保険料払込免除の保障付き

契約者に万が一のことが起こった場合は、それ以降の保険料の払込が免除されます。学資金は契約どおり受け取ることができるので、不慮の出来事に備えることができますね。保険料の払込が免除されるのは、契約者が死亡してしまったケースのほかに、高度障害状態(*)になってしまったケースと、事故などで身体障害の状態になってしまったケースがあります。

*高度障害状態…両目の視力を失ったり、両足を失ったりするなどした状態(※2)。保険会社ごとに基準が定められている。

ライフプランナーによるオーダーメイド

学資金準備スクエアは、ライフプランナーによるオーダーメイドの保険となっています。それぞれの家庭の経済状況や生活プランを考慮して、自分に合った保険を検討することができるでしょう。

Comment iconライフプランナーに関する口コミ

・子どもが生まれてバタバタしている毎日の中で、学資保険についてまで考える余裕がなかったので、対面でいろいろ試算していただいたり、細やかな説明をしてもらえたりするのは非常にありがたかったです。
(ももぴこさん/36歳)

・出産後すぐだったが、家に担当者の方が来てわからない部分を詳しく教えてくれたので対面で良かったと思う。家での対面だったので時間も気にせずじっくりと話を聞いて検討できた。
(ようさんさん/34歳)

ソニー生命の学資保険をシミュレーション

Image

実際に加入した場合の返戻率と保険料

実際に学資金準備スクエアに加入した場合、保険料や返戻率はどれくらいになるのでしょうか。ここでは、以下の条件でシミュレーションをした場合の返戻率と保険料ついて、タイプ別にご紹介します。

●契約者…30歳男性
●被保険者…0歳
●受け取る学資金の総額…200万円
(※1型の学資金受取総額は192万円の設定で算出しています。)
タイプ
保険料払込期間
返戻率
月払保険料
1型10歳101.3%15,792円
2型10歳104.0%16,020円
2型18歳101.4%9,660円
3型10歳107.2%15,540円
3型18歳103.8%8,916円

基本的に、保険会社にお金を預けている期間が長く、預けている金額が大きいほど返戻率は高くなります。そのため、10歳までに払込を終わらせる3型のプランの返戻率が最も高くなっています。

学資金準備スクエアの公式サイトでは、契約者や被保険者の年齢に合わせてシミュレーションをすることができます。学資金の受取時期についても確認できるので、試してみると良いでしょう。

学資金準備スクエアの公式サイトはこちら

そのほかの学資保険との比較

比較的高い返戻率が特長の学資金準備スクエアですが、ほかの学資保険の返戻率はどれくらいなのでしょうか。ここでは、ほかの学資保険の返戻率をご紹介します。

Comment icon明治安田生命「つみたて学資」

返戻率…104.7%
月払保険料…15,910円

Comment icon日本生命「ニッセイ学資保険」

返戻率…105.8%
月払保険料…16,534円

上記2つの保険の返戻率は、契約者を30歳の男性、被保険者を0歳、保険料払込期間を10歳とし、学資金準備スクエアの3型に近いプランで算出したものです(ニッセイ学資保険は、学資金の受取総額が210万円となっています)。

Comment iconソニー生命「学資金準備スクエア」

返戻率…107.2%
月払保険料…15,540円

学資金準備スクエアの返戻率が107.2%であることから、学資金準備スクエアの返戻率が比較的高いことがわかるでしょう。

Mobile favicon
明治安田生命の学資保険の評判は?つみたて学資の返戻率や販売停止の可能性を解説

学資金準備スクエアに加入した人の決め手は?

Image
月々の給料から確実に貯蓄できる点と返戻率が高い点を魅力に感じました。普段なかなか貯金できずにいるので、通常の銀行の預金で貯蓄するよりも確実で効率的に貯金できるので、良い商品だと思います。
(しょさん/31歳)
担当者の方の説明が上手く、ほかの保険会社で提案を受けた内容より信頼ができると思いました。
(ようさんさん/34歳)
ほかの保険会社の同じタイプの保険と比べて返戻率が高かったです。また学資金を受け取る時期を自分で選択できたのも良かったです。
(ももぴこさん/36歳)

ソニー生命の学資保険のデメリットは?

Image

親の年齢が36歳・子どもは1歳未満しか入れないプランがある

学資金準備スクエアは、加入年齢の制限が厳しい傾向があります。プランによっては、子どもが生まれる前に加入できる年齢を超えてしまう可能性があるでしょう。

契約者である親の年齢のうち、上限が最も低いのは男性の35歳です(※3)。契約者の加入年齢の上限はプランによる差が大きく、最も高いのは女性の71歳です。

一方で、被契約者である子どもの加入年齢の上限のうち、最も低い年齢は0歳です。最も上限が高いプランでも3歳を超えると入れなくなってしまうため、学資保険を検討する際は子どもの年齢にも注意が必要です。

クレジットカード払いは初回のみ

保険会社によっては、毎月の保険料をクレジットカードで支払うことができます。クレジットカード払いのメリットのひとつは、ポイントの付与を期待できる点です。ソニー生命の保険はクレジットカードで支払うことができますが、初回の保険料のみです。2回目以降の保険料の支払いには、クレジットカードを使用することができません。

よくあるご質問 | ソニー生命保険

ライフプランナーとの面談が必要

学資金準備スクエアに加入するには、ライフプランナーと面談をする必要があります。学資金準備スクエアのサイト上で、学資保険のおおよその価格や返戻率をシミュレーションすることができますが、詳細はライフプランナーと相談して決めます。

確かに、ライフプランナーと相談することで、本当に自分に合った保険に加入することはできるかもしれません。ただし、ネット販売の保険や代理店を通じて加入できる保険に比べて、手間や時間がかかるでしょう。

Comment iconライフプランナーに関する気になる口コミ

・対面販売は分からないことをしっかりと聞くことができるので、その点は良いと思います。しかし自分のように断ることが苦手な人は、おすすめされてしまうとどうしても断れず、とても心苦しいのであまり勧誘はしないでほしいのが正直な意見です。
(yu0930さん/25歳)

資料だけをもらうことができない

人によってはライフプランナーを通さずに、紙の資料だけを請求して自宅でじっくり検討したいと考えるかもしれません。しかし学資金準備スクエアは、資料請求のみをおこなうことができません。ライフプランナーを通じて資料作成を依頼する必要があります。

途中解約は損になる可能性がある

どんなに返戻率の高い学資保険でも、途中で解約をすると、予定していた返戻率よりも低くなってしまいます。短期間で解約した場合、保険会社から戻って来るお金が支払った保険料の総額よりも少なくなってしまうケースも起こるでしょう。

途中解約のリスクは基本的に、ほとんどの学資保険に当てはまるデメリットです。学資保険に加入する際は、返戻率の高さのほかに、無理なく払える保険料かどうかも検討できると良いですね。

2017年11月の保険料値上げと販売停止の可能性

Image

学資保険全体の返戻率は、年々下がり続けています。学資金準備スクエアもその影響を受けていて、過去に販売停止・再開の流れがありました。

さらに、2016年に始まったマイナス金利政策の影響を受け、多くの保険会社が次々と商品の値上げをおこなっています。学資金準備スクエアもそのひとつで、最近では2017年11月2日に値上げをしています。その結果、以前に比べて返戻率が低下しています。

このまま返戻率が下がり続けた場合、再び販売停止になる可能性があるでしょう。学資保険を活用した貯蓄を考えている場合は、後々後悔のないよう早めに検討しておくのがおすすめです。

貯蓄を重視したい人向けの学資保険

Image

学資金準備スクエアは、返戻率の高さがポイントです。保障を最小限におさえ、貯蓄をしたい人向けの保険になっています。加入できる年齢の制限が早いため、できるだけ早めに検討しておきましょう。

さらにソニー生命には、「学資プラン」という米ドル建の保険もあります。学資プランは学資保険とは異なり、学資金を米ドルで備えることができる養老保険です。現在、ソニー生命の学資プランの中には、返戻率が120%以上になるケースもあるため、学資保険の代わりに検討してみても良いですね。

mamanoko限定!無料相談でストローボトルがもらえる

Image

「保険見直し本舗」は、保険選びや見直しがしたい人におすすめの保険販売代理店です。保険加入時の手続きはもちろん、加入後のフォローまでしっかりサポートしてくれます。

今、下記のキャンペーンページからの相談予約で子どもに嬉しい「SKIP HOPのストローボトル」がもらえます。無理な勧誘はなく、現在加入している保険がぴったりの場合は、継続をおすすめされることもありますよ。

Comment iconおすすめポイント

・取扱保険会社の数は業界No.1。たくさんの保険の中からぴったりのものを提案。
・すべて直営店なので、全店舗で質の高いサービスを提供可能。
・すべてのサービスを無料で利用でき、保険料も高くならないので安心。
・多くの店舗にキッズスペース完備。自宅で相談も可能。
Image
【限定ストローボトルがもらえる!】保険見直し本舗とは?口コミや全サービス無料のひみつ、ママにうれしいポイントを解説
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/30078

あわせて読みたい

学資保険

Image
【2018年版】学資保険のおすすめと選び方は?口コミや人気もご紹介
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29931
Image
学資保険とは?必要?それとも不要?いつから入る?メリット・デメリットを解説
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/30282
Image
郵便局(かんぽ生命)の学資保険の特徴は?満期金や祝い金についても解説
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/30075
Image
フコク生命の学資保険の口コミと特徴は?販売停止や兄弟割引についても解説
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/30107
Image
アフラックの学資保険は元本割れ?夢みるこどもの学資保険の返戻率を解説
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/30117
Image
JA共済の学資保険「こども共済」とは?学資応援隊と祝い金型の特徴は?受け取りはいつがお得?
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/30248

出産費用・補助金・教育費

Image
幼稚園・保育園・認定こども園の違いは?特徴とメリット・デメリット
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29089
Image
出産費用の医療費控除!対象や確定申告の方法、知って得する活用術
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29578
Image
子どもを保育園と幼稚園に通わせたママが違いを徹底解説!
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28797
Image
【子ども(小児)医療費助成制度】を徹底比較!自治体や地域でこんなに違う!?
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/10647
Image
私立幼稚園の補助金制度とは?補助金の種類と申請方法
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29005
Image
認定こども園の料金は?入園料や給食費もかかるの?補助金の有無など詳しく解説!
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29064
Image
幼稚園の費用はどれくらい?保育料金や入園料の相場は?
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29030
Image
【出産手続き】知っておきたい産前産後の申請書・給付金リスト(2018年度)
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28138
Image
保育園の料金は?年収によって費用が違うの?保育料の平均や計算方法!
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28907

そのほかの保険

Image
子どもの医療保険は必要?入るなら終身型がおすすめ?アフラックなどの人気プランも紹介
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/30392
Image
医療保険とは?医療保険制度の仕組みと民間医療保険の必要性!種類や控除、請求方法も解説
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/30278
Image
子どもの生命保険は必要?いつから入る?おすすめの種類や選び方を解説
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/30416
Image
おすすめの自転車保険11選!子どもと家族にぴったりのプランは?人気の商品を比較解説
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/25944
Image
自転車保険とは?名古屋や埼玉・京都では義務化?加入の必要性や補償内容、選び方を解説
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/30057
Image
がん保険は必要?女性におすすめの保障は?終身・定期・一時金の選び方も解説
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29767
Image
20代・30代におすすめの生命保険とは?夫婦・独身別や男性・女性別に人気をご紹介
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/30422

※この記事は2018年3月時点の情報をもとに作成されています。
※この記事に掲載されている口コミは、2018年3月29日~30日にアンケートを通じて集計されたものです。

関連カテゴリ

関連する人気の記事

ライフスタイルのカテゴリ

おすすめの記事