【体験談あり】横型ランドセルの特徴とは?個性的な反面のデメリットは?

小学校で6年間お世話になるランドセルは、カラフルなものや刺繍が施されたものなどデザインが豊富です。そんなランドセル、実は形にもバリエーションがあります。縦型のランドセルが主流ですが、横型のランドセルもあることをご存じでしょうか。ここでは横型ランドセルの特徴や、メリット・デメリットを体験談を交えてご紹介します。

4878

目次

  1. 横型ランドセルとは?
  2. 横型ランドセルが人気な4つの理由は?
  3. 横型ランドセルが避けられる理由・デメリットは?
  4. 横型ランドセルを出しているメーカー5選
  5. 横型ランドセルに合わせるカバー3選
  6. 横型ランドセルはデメリットを知ったうえでの購入を
  7. あわせて読みたい

横型ランドセルとは?

ランドセルと聞いてまず思い浮かべるのが、縦型のランドセルではないでしょうか。「学習院型」と呼ばれることもありますよね。

横型ランドセルは横に長い形状をしているランドセルのことで、「ワイドランドセル」とも呼ばれています。縦型のランドセルでは、かぶせ部分が下まであるのに対し、横型ランドセルのかぶせはランドセルの半分の長さしかありません。

横型ランドセルを選ぶ人も増えてきてはいるようですがまだまだ少数で、割合としては学年でひとりやふたりといったところではないでしょうか。デザイン性が高くおしゃれなので、デザイン性や個性を重視する人に好まれているようです。

横型ランドセルが人気な4つの理由は?

Image

個性派なおしゃれを楽しめる

横型のランドセルが人気な理由としてまずあげられるのが、そのデザイン性の高さです。横型ランドセルは、見た目がとてもおしゃれで個性的なので、背負うだけで洋風な雰囲気をかもしだすことができますよ。

ランドセルが被ることが少ない

おしゃれで人気とはいえ、まだまだ横型ランドセルを使っている子どもの割合は少ないものです。他の子どもとランドセルがかぶることが少ないのも人気の理由といえるでしょう。集団で行動しているときに、自分の子どもがすぐ見つけられるというメリットもあります。

荷物の出し入れがしやすい

横型のランドセルは開口部が広いので、教科書やノートなどの出し入れがしやすいというメリットがあります。低学年の子どもや腕力のまだ弱い子どもにとっては、とくに嬉しいポイントですね。また収納力が高いのも横型ランドセルの特長です。縦型ランドセルはA4クリアファイルがギリギリ入るサイズですが、横型ランドセルだとさらに余裕があります。

開けたときに本の背表紙が見やすい

横型のランドセルを使う場合、教科書を横にして入れることになります。そのためランドセルを開けたときに、教科書の背表紙がちょうど見えるので、必要な教科書をひと目で確認することができます。

横型ランドセルが避けられる理由・デメリットは?

Image

許可されていない学校もある

横型のランドセルを許可していない学校もあるようです。禁止されていない場合でも、学校のロッカーは縦型のランドセルに対応した作りになっている場合が多いかもしれません。ロッカーの形によっては横型のランドセルは入れにくかったりはみ出してしまったりすることもあります。

はみ出したまま収納していると、落下したり子どもがぶつかったりする恐れがあります。横型のランドセルを購入する際には、学校に確認してからにしたほうが良いでしょう。

Experience icon
教室の棚に収まりませんでした

教室の棚に収まらず、自分だけ棚の上に置くはめになり、子どもに嫌がられました。
(kaguraさん/51歳)

交通安全カバーがつかないことも

小学校に入学すると、たいていの学校でランドセルにかぶせる黄色い交通安全カバーが配られます。このカバーは縦型のランドセルに対応するサイズであることが多く、横型のランドセルでは付けられないこともあります。リメイクが必要だったり、自分で購入しなければならなかったりするので注意が必要です。

横型ランドセルが身体以上に広がってしまう

横型のランドセルは横に長いので、背負ったときに身体の横幅からはみ出してしまいます。登校中に車や人、自転車などとすれ違うとき、ぶつかってしまう可能性があるので危険な場合もあります。

雨の日にも注意が必要です。身体の大きさに合った傘をさしていても、身体からランドセルがはみ出しているので、ランドセルが濡れる場合があります。雨用のランドセルカバーを付ける、傘を少し大きめにするといった対処が必要です。

Experience icon
ランドセルが傘からはみ出してしまう

雨の日に傘からランドセルがはみ出してしまうので、傘を身体以上のサイズにしなければなりませんでした。
(ふくろうさん/42歳)

Experience icon
転倒したことが何度かあります

横型ランドセルは横に長いので、ものに引っ掛かり転倒してしまったことが何度かありました。危険だと思いました。
(ワトソンさん/50歳)

Experience icon
ぶつかりやすい

長いものが横にはみ出ると、ぶつかりやすいです。
(KENさん/36歳)

ランドセル棚に入りきらないことも

学校のロッカーと同様に、家でのランドセルの置き場所にも注意しましょう。ランドセルを収納しようと思っていたら、サイズが合わずに置き場所に困ることも考えられます。横型のランドセルにも対応する棚を購入する必要も出てきます。

Experience icon
自宅での置き場所に困りました

自宅にランドセルを保管する際、横に長いために置き場所に困りました。
(ワトソンさん/50歳)

縦長の荷物が入らない

収納サイズが大きい横型のランドセルですが、縦長の荷物が入らないこともあるようです。縦型のランドセルでは、入らない荷物をかぶせ部分に挟むことができますが、横型ランドセルの場合は、かぶせが半分しかないため挟むことができません。

Experience icon
手荷物が増える

体操着や白衣をかぶせ部分に挟むことができず、手荷物が増えてしまいます。
(ふくろうさん/42歳)

Experience icon
縦型のランドセルに替えました

横長のランドセルは縦に荷物が入らないため、縦長の荷物が入りません。結局縦長のランドセルに替えました。
(ワトソンさん/50歳)

他の子どもからからかわれることも

個性的でおしゃれな横型のランドセルですが、そのデザインがときにはデメリットにもなります。

横型のランドセルを使用している子どもがまだ少ない現在、もしかしたら他の子どもからからかわれてしまうことがあるかもしれません。それをはねのけられる子どもであれば心配いりませんが、他の子どもと違うランドセルを持っていることが負担になることもないとは言い切れません。

Experience icon
通学したくないと泣かれました

うやらましがる他の子どもから叩かれるなどして、通学したくないと泣かれました。
(さわさん/36歳)

Experience icon
からかわれたことがあるようです

子どもの視線からだとランドセルだと思われないようで、からかわれたことがあるようです。
(みあさん/34歳)

Experience icon
他の家から嫌味を言われました

なぜか高所得の家庭だと勘違いされ、他の家から嫌味を言われました。
(さわさん/36歳)

横型ランドセルを出しているメーカー5選

キッズアミ

【キッズアミ】横型カジュアルランドセル
¥60,480〜(2019/02/18 時点)

■カラー:キャメル・チョコ×ピンクステッチ・ミラノレッド・ピンクベージュ・ピーチブロッサム×ベビーピンク・サックス×ピンク
■大マチ内寸:幅32cm・高さ23cm・マチ11cm(A4フラットファイル対応)
■素材:クラリーノF

「キッズアミ」は1948年に創業された「ナース鞄工株式会社」のランドセルブランドです。高い技術力を誇るとともに、他のブランドにはないような個性的なデザインのランドセルに力を入れています。

キッズアミの横型ランドセルは外装はコンパクトに見えますが内装は広く、A4フラットファイルにも対応しています。大マチが分けられるよう、「しわけジョーズ」が付属しています。教科書が少なくても背中側にまとめられるので安定しますよ。

カザマランドセル

【カザマランドセル】カジュアルワイド
¥48,000〜(2019/02/18 時点)

■カラー:キャメル・ショコラ・ベージュ
■大マチ内寸:高さ30cm・横幅31.5cm・マチ11cm(A4フラットファイル対応)
■素材:クラリーノF

カザマランドセルでは、1987年からランドセルを製造しています。カザマカバンの横型ランドセルは、男の子も女の子も使えるベーシックなデザインで人気です。上品かつ知的な雰囲気が魅力的ですね。

注文の際に、自分の好きな「かぶせの鋲(びょう:金属製の留め具)」と「ファスナーストラップ」を無料で選ぶことができます。自分好みのランドセルを作ってみましょう。

ノムラ

【ノムラ】横型半かぶせ コンビ配色スウィートタイプ
¥51,900〜(2019/02/18 時点)

■カラー:ブラウン×パールピンク・パールピンク×スカイブルー
■大マチ内寸:縦約25cm・横幅約32cm・マチ11.5cm(前ポケット部分2cm)
■素材:本体/クラリーノF 背裏・肩ベルト裏/クラリーノ(ロベニカ)

「ノムラ」は1970年に創業された、かばん・ランドセルの販売会社です。学校生活を快適に過ごせるように考え抜かれた機能と、熟練職人の技術が詰まったランドセルを販売しています。

ノムラの横型ランドセルは、男の子も使えるスタンダードなものから、女の子が喜びそうな華やかなカラーのものまであります。コンビ配色スウィートタイプは、2色使いがとてもかわいい横型ランドセルです。内装はおしゃれなチェック柄になっています。ランドセル両サイドのホックが取り外し可能なので、別売りのホックを購入すれば自分らしくカスタマイズすることもできますよ。

LIRICO

【LIRICO】ロマンティックランドセル サッチェル
¥69,120〜(2019/02/18 時点)

■カラー:ハニーブラウン・ブリックレッド・ココアブラウン
■大マチ内寸:D125・W315・H250mm(A4フラットファイル対応)
■素材:クラリーノF

「LIRICO」はウエスタンなスタイルや、ヨーロッパ調のデザインがかわいいと評判の子ども雑貨の会社です。LIRICOの横型ランドセルは、まるで絵本の中から飛び出してきたかのような、おしゃれでかわいいデザインで人気を集めています。

落ち着いたカラーとアンティーク調に加工された金具、ヴィンテージ風の刺繍が特徴です。かわいいもの好きな女の子にはたまらないデザインですね。使いやすさや機能性にもこだわって作られていますよ。

HERZ(ヘルツ)

【HERZ】横型ランドセル・玉縫い
¥59,400〜(2019/02/18 時点)

■カラー:キャメル・チョコ・ブラック・グリーン・レッド
■サイズ:高さ26.5cm・横幅34cm・マチ11cm
■素材:ラティーゴ(ハードレザー)

「ヘルツ」は1973年に創業された、日本に工房・店舗のある革かばん工房です。大人が見ても背負いたくなってしまうような、上品でスタイリッシュなランドセルを販売しています。おしゃれで長く使えるランドセルを背負わせたいと考える方におすすめですよ。ランドセルの重さは2,000gと少々重いですが、卒業してからもおでかけ用のかばんとして重宝しそうですね。

横型ランドセルに合わせるカバー3選

サッチェルモデル専用 横型プロテクトカバー

【LIRICO】サッチェルモデル専用 横型プロテクションカバー
¥2,400〜(2019/02/18 時点)

LIRICOの横型ランドセル、サッチェルモデル専用のランドセルカバーです。クリアなカバーなので、おしゃれでかわいいランドセルのデザインが損なわれません。カバーには茶色の布で縁取りがあり、丈夫なうえにアクセントになっています。機能性とデザイン性の両方にすぐれたカバーといえるでしょう。

横型半かぶせ用 交通安全ランドセルカバー

【ノムラ】横型半かぶせ用 交通安全ランドセルカバー
¥690〜(2019/02/18 時点)

■サイズ:縦約30cm・横約35cm

ノムラの横型ランドセル専用の交通安全カバーです。「小学校で配られる交通安全カバーは付けられないけれど、同じように黄色のカバーを付けさせたい」という多くの声をもとに作られたそうです。ノムラの横型ランドセル以外に取り付けたい場合は、サイズや取り付け方法などを確認のうえ、購入を検討したほうが良いでしょう。

横型 カジュアルランドセル用 透明かぶせカバー

Mhcy 1出典:tshop.r10s.jp
横型 カジュアルランドセル用 透明かぶせカバー
¥2,916〜(2019/02/18 時点)

■サイズ:透明カバー/縦約32cm・横約36.2cm 交通安全カバー/縦約37cm・横約27.8cm
■カラー:ピンク・オレンジ・サックス・ブラウン・ネイビー

ランドセルのかぶせ部分を傷や汚れから守ってくれる、横型ランドセルカバーです。透明なランドセルカバーは5色展開で、子どものランドセルにぴったりな色のカバーが選べそうですね。

透明なカバーに交通安全カバーを挟み、重ねた状態でランドセルのかぶせ部分に装着します。透明カバーだけでも使えるので2年生以降も長く使えますよ。

横型ランドセルはデメリットを知ったうえでの購入を

横型ランドセルはデザイン性が高く、背負うだけで洋風な雰囲気をかもしだすことができます。出し入れがしやすいところもメリットといえるでしょう。

その反面、個性的なデザインから、あまり普及していないのも事実です。身体以上に横幅があったり、他の子どもと違う形のランドセルというだけでからかわれてしまったりするというデメリットもあります。学校が横型ランドセルを認めていないこともあり得るので、しっかり確認したうえで購入するようにしましょう。

あわせて読みたい

ランドセルレインカバー12選!これがあれば雨の日も安心!手作り方法も紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28044
Image
【2020ランドセル】工房系の人気15選!販売スケジュールや売り切れ時期など徹底比較
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/23833
Image
透明なランドセルカバー人気12選!反射板付きのかわいい&かっこいい商品は?【男女別】
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/27874
Image
ランドセルラックおすすめ13選!収納が簡単&おしゃれなのは?【ニトリ・イケアetc】
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28029
Image
ランドセルの収納術25選!無印の棚を使った方法も!置き場はどうする?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28045
Image