更新日:2018年05月08日

七夕の絵本おすすめ10選!1歳、2歳、3歳、4歳、5歳〜年齢別に紹介!

年に一度、離れて暮らす織姫と彦星が再会することができる七夕。笹飾りをしたり、短冊に願い事を書いて吊したりして過ごすというご家庭もあるのではないでしょうか。この季節には、七夕にまつわる絵本などを読み聞かせて理解を深めるのがおすすめです。ここでは、七夕の季節におすすめの絵本を年齢別に紹介します。

4062
0

七夕のストーリーや由来は?

七夕にまつわる絵本に触れる前に、七夕伝説のストーリーを簡単におさらいしてみましょう。どんな由来だったかや、話のあらすじだけでもつかんでおくと、絵本選びがぐっと楽しくなるはずです。

Comment icon七夕のストーリー

昔、天の川の西の岸に機織りが得意な働き者の織姫という女性がいました。とても一所懸命に働く娘ではあったのですが、自分の身なりにもかまわないほどの勤労ぶりに、天帝である父親は「このままでは一生結婚もできないのではないか」と将来を案じます。そこで父親は、天の川の東の岸で暮らすこれまたとても働き者の牛飼い、彦星を娘の結婚相手にとふたりを引き合わせたのです。あっという間に仲良くなったふたりは、すぐに夫婦となりました。

しかし、一緒に暮らし始めたふたりは、お互いのことしか見えなくなり、毎日天の川のほとりに座っておしゃべりばかりするようになってしまいました。当然、仕事も放り出してしまうようになり、いつまでたっても働く様子が見られません。美しいと評判だった織姫の衣はいつまでたっても新しいものができず、彦星が飼っていた牛たちもやせ細り、倒れていってしまいました。

そんなふたりの怠けきった様子に耐えかねた天帝は、とうとうふたりを引き離し、天の川の西と東とで分けて暮らすよう命じたのです。それ以来、織姫と彦星は年に一度、7月7日の七夕にだけ会うことを許され、今に至ります。ふたりはともに、この日に無事に会えるよう、ふたたび一生懸命働くようになりました。

1歳〜2歳におすすめの七夕の絵本

1歳~2歳くらいですと、まだまだ七夕の由来や意味までを理解するのはむずかしい年齢ですよね。このころには、シンプルに七夕が何をする日なのかがイメージできるような絵本がおすすめです。ここでは1~2歳の子にぴったりの絵本を2冊紹介します。

思わず願いごとが書きたくなるような素敵な世界観が魅力

出典:images-na.ssl-images-amazon.com
たなばたこびとのおはなし
¥648〜(2018/07/04 時点)

七夕こびとが用意した笹竹に、動物や虹の子どもたちが短冊を飾っていきます。その短冊に書かれた願いがどのようにして叶っていくのか、小さな子どもでもなんとなくイメージできるようなストーリーになっているのが魅力です。行事の由来を説明しても理解することがむずかしい年齢の子でも、七夕には短冊に願いごとを書くことがスムーズに伝えられそうですよね。

親しみやすいイラストで七夕が身近に感じられる一冊です

出典:shop.r10s.jp
ちゅーたんのたなばただいぼうけん(12か月のしかけえほん)
¥842〜(2018/07/04 時点)

人気のきむらゆういちさんのしかけ絵本シリーズの中の一冊です。七夕にちゅーたんは「なくした帽子が見つかりますように」と短冊に願いを書きます。その夜、ちゅーたんのもとに現れたのは、織姫でも彦星でもなくUFOだったのです。七夕のちょっとした冒険物語に、子どもはきっとわくわくした気持ちで親しんでくれるのではないでしょうか。

2歳〜3歳におすすめの七夕の絵本

2歳〜3歳の子どもには、七夕を背景にした冒険物語などがおすすめです。まだまだ、本来の七夕の意義や由来などを理解することはむずかしい年ごろですが、何をする日なのかはなんとなく理解している子も多くなります。そんな年齢の子どもたちにおすすめの、夢がふくらむ七夕の絵本を紹介します。

ちょっと違った目線で七夕に親しめる一冊です

出典:shop.r10s.jp
たなばたバス (チューリップえほんシリーズ)
¥1,404〜(2018/07/04 時点)

子どもたちにも大人気の「いただきバス」シリーズの第三作目です。主人公のバスくんとねずみくんが、織姫様の願いをかなえるために奮闘する物語です。語り継がれている七夕の物語とは内容が少し異なりますが、リズミカルなストーリーとわかりやすいイラストで、低年齢の子どもでも七夕を身近に感じられる一冊です。

七夕の過ごし方がイメージできる楽しい一冊です

出典:shop.r10s.jp
たなばたさま きららきらら
¥1,080〜(2018/07/04 時点)

愛嬌のあるイラストとともに、七夕の過ごし方や行事食などがわかる絵本です。読み終わったときには、今度の七夕を迎えるのが楽しみになるかもしれません。七夕の夜の風流さや懐かしさも感じさせてくれる、そんな素敵な一冊です。

3歳〜4歳(年少)におすすめの七夕の絵本

3~4歳ともなればなんとなく七夕のことを知っているという子どももいるでしょう。より七夕に関する理解を深めてもらうために、親しみやすいイラストとあわせながら織姫と彦星の話をしてあげるのも良いですよね。まだちょっと理解するのがむずかしいかなという子には、七夕を舞台にしたコミカルで楽しい絵本もおすすめです。

年少さんに七夕の由来や意味を伝えるのにぴったりです

出典:shop.r10s.jp
たなばたさま (いもとようこの日本むかしばなし)
¥1,404〜(2018/07/04 時点)

七夕の由来を伝えるのにぴったりの、ちょっぴり切ない織姫と彦星の話です。中国の七夕の物語をベースとしたストーリーで少しだけむずかしいと感じる子もいるかもしれませんが、柔らかなタッチのいもとようこさんのイラストならば、きっとスムーズにお話の世界に入ることができるのではないでしょうか。

コミカルで楽しい10匹のかえるが大活躍するストーリーです

出典:shop.r10s.jp
10ぴきのかえるのたなばたまつり
¥1,209〜(2018/07/04 時点)

大人気の10匹のかえるシリーズの七夕にまつわるストーリーです。七夕祭りのために笹飾りの準備をしようとした10匹のかえるたちの、あれこれと奮闘する様子がコミカルに描かれている一冊です。本来の七夕の由来やあらましとは関係がないストーリーですが、とても楽しくわくわくしながら読めますよ。

4歳〜5歳(年中)におすすめの七夕の絵本

4~5歳くらいの子なら、七夕には短冊に願いごとを書くと理解できている子もいるのではないでしょうか。年に一度の願いごとを書く機会をより意味のあるものにしてあげられるような、そんな絵本があると素敵ですよね。七夕を通して、ちょっとした気づきが得られるような絵本を2冊紹介します。

七夕まつりを背景にした夢がふくらむストーリーです

出典:shop.r10s.jp
たなばたまつり
¥1,620〜(2018/07/04 時点)

町で行われる七夕まつりを背景とした、優しくも夢のあるお話です。七夕に願いごとをするということをなんとなく理解できている子どもに読み聞かせてあげると、よりいっそう七夕への思いが強くなりそうな一冊ですね。地域でこうしたお祭りが開催されることは少なくなりましたが、この本を読むと参加してみたくなるかもしれません。

大人も思わず涙する切ないストーリーです

出典:shop.r10s.jp
きつねのたなばたさま
¥864〜(2018/07/04 時点)

帰ってこない母ぎつねが戻ってきてくれるよう、七夕に願いを込めます。しかし、母ぎつねはもうこの世にはいません。そうとは知らずに待ち続けるこぎつねの悲しみや切なさに、胸がぐっとくるストーリーです。どんな夢でも必ずかなうとは限らない、けれどそんなときどうするか…年中さんくらいの年齢であれば、きっと絵本から何かしらのメッセージを得られるかもしれませんね。

5歳〜6歳(年長)におすすめの七夕の絵本

年長さんになれば、より七夕を深く理解することができるようになるかもしれません。七夕の意味や由来に興味を持っているようであれば、この機会に織姫と彦星の話が中国から来たことを教えてあげるのも良いでしょう。また、七夕にどんなことを願うのか、改めて考えてもらえるような絵本を読み聞かせてあげるのもおすすめですよ。

友達を思いやる気持ちが育つ素敵なストーリーです

出典:images-na.ssl-images-amazon.com
たなばたウキウキねがいごとの日!
¥1,512〜(2018/07/04 時点)

七夕に「ともだちがほしい」という願いを書いたたぬき、それを拾って願いをかなえてあげようとたぬきに化けて友達になろうとするきつね…そんな様子を見ながら、本当の友だちとは何なのか考えさせられる一冊です。かわいいイラストで年齢問わず親しめますが、少し物語が長めなので年長さん向けかもしれません。

古来中国の七夕の物語を学べる一冊です

出典:images-na.ssl-images-amazon.com
たなばた
¥972〜(2018/07/04 時点)

日本の七夕伝説のもととなった中国の七夕の物語を、子ども向けにわかりやすくした絵本です。神秘的で透明感のある挿絵が、子どもの心をぐっと引き寄せてくれるでしょう。織姫と彦星の話は、実は中国の物語が日本に伝わったものなのだと教えてあげるためにもぴったりの内容です。

七夕の紙芝居も人気

七夕に子どもたちが集まるような機会があるのであれば、紙芝居などで理解を深めるのも良いですよね。ちょっぴり長めのストーリーでも、紙芝居であれば集中してくれることもあるでしょう。ここでは七夕に関する人気の紙芝居を紹介します。

短冊に願いを書くことに興味がわいてきそうなストーリーです

出典:shop.r10s.jp
ななちゃんのたなばた
¥1,620〜(2018/07/04 時点)

はずかしがりやのななちゃんが「おともだちができますように」との願いを込めて子どもの絵を描いた短冊が、風でどこかへと飛ばされてしまいます。その短冊がそれ以上飛ばないよう押さえていてくれたのは、なんと星の子でした…。ななちゃんの願いごとが無事にかなうのか、見ている子どもたちの気持ちがふっと優しくなれる紙芝居です。

七夕の由来や七夕飾りの意味を伝えるのにおすすめです

出典:images-na.ssl-images-amazon.com
なぜ、七夕にささかざりをするの? たなばた (かみしばいなぜ?どうして?たのしい行事)
¥2,052〜(2018/07/04 時点)

この紙芝居では、織姫と彦星の話だけでなく、なぜ七夕に笹飾りをするのかもしっかりと伝えてくれます。年中行事の意味やあらましを言葉で伝えるのはなかなかむずかしいものがありますが、こうした紙芝居を通して説明することで、子どもたちの理解も深まるようです。

七夕の絵本の売れ筋ランキングもチェック!

楽天・Amazonで七夕の絵本のランキングを確認したい方は、以下のリンクから探してみてください。

楽天で探す
Amazon売れ筋ランキング

七夕に絵本を読み聞かせよう

七夕に関する絵本は、織姫と彦星の物語以外にもさまざまなものがあります。七夕の笹飾りなどをする前に、七夕に関する絵本を一冊でも読み聞かせてあげると、子どもにとって七夕がぐっと身近な行事になるのではないでしょうか。ぜひ、年齢に合わせて七夕への関心や理解が少しでも深まるような絵本を選んであげてくださいね。

あわせて読みたい

夏のイベント

七夕とは?由来を子どもに簡単に説明するには?8月に行う地域もあるの?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/30043

夏本番!子供の浴衣の着付け方【画像付きで解説!】

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/11816

口コミで人気の子ども用甚平(女の子)10選!下駄も一緒にご紹介

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28284

【男の子・女の子別】おすすめのベビー甚平15選!選び方は?作り方も解説

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28212

赤ちゃんの海水浴はいつから?海水は大丈夫?持ち物やおすすめグッズ5選もご紹介

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29900

赤ちゃんのプールはいつから?おむつは?持ち物やおすすめグッズもご紹介!【体験談あり】

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29876

赤ちゃんの旅行はいつから?関東・関西のおすすめホテル20選!人気スポットも紹介

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29874

【赤ちゃんの飛行機デビュー】いつから乗れる?座席や料金、耳抜き方法や持ち物などを徹底解説!

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/2785

絵本

1歳児におすすめの絵本20選!選び方と読み聞かせのコツは?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28054

2歳児の絵本ならこれ!ママ100人が選ぶ絵本ランキング20!プレゼントにも最適!

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/27964

3歳の読み聞かせにおすすめ絵本24選(男女別・シーズン別)

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/27915

4歳児の絵本の選び方は?読み聞かせのメリットやおすすめ20選!

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/27547

子どもが自然と読み出す!5歳からおすすめの人気絵本20選

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28069

寝かしつけにおすすめの絵本!0歳・1歳・2歳・3歳に人気の12選

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29588

口コミで人気のトイレトレーニングの絵本ランキングTOP10!動画も一緒に紹介

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28351

関連カテゴリ

関連する人気の記事

ライフスタイルのカテゴリ

ライタープロフィール

ぐみ

未就学の娘がいるフリーランスのママライターです。現在第二子…

ライフスタイル デイリーランキング

おすすめの記事