更新日:2018年07月12日

軽いランドセルの注意点は?軽量ランドセル6選をクラリーノ・牛革別に紹介!

6年間使用するランドセルを選ぶときは、どんなことを重視して選びますか。ランドセルのメーカー、デザイン、カラー、価格など、人により重視するポイントが違いますよね。ここでは、ランドセルの軽さを重視した軽量ランドセルを素材別にご紹介します。

950
0

軽いランドセルを選ぶときの注意点は?

Image

毎日の登下校で背負うランドセルは、子どもが背負ったときにできるだけ軽く感じられるランドセルを選びたいですよね。ランドセルの重量を重視して選ぶ場合、重さと一緒にチェックしたいポイントをご紹介します。

丈夫さ・耐久性を重視しているか

ランドセルは、ランドセルメーカーによってサイズやデザインが異なります。ランドセルの丈夫さや耐久性をアップさせるために、メーカーによっては強度のある独自素材を使用するなどの工夫がされています。

主なランドセルの素材は、コードバン、牛革、人工皮革です。馬のお尻の皮を使うコードバンは、耐久性は普通ですが丈夫です。牛の皮を使用する牛革は、丈夫さ耐久性ともに普通タイプです。クラリーノなどの人工皮革は、ほかの素材に比べると丈夫さは劣りますが耐久性は優れていますよ。

ランドセルによっては、押されても潰れにくく型崩れしにくい芯材が使用されているタイプがあります。軽量ランドセルの場合は、重さとともに丈夫さや耐久性を忘れずにチェックすると安心です。

A4フラットファイルに対応しているか

ランドセルの説明欄には、「A4フラットファイル対応」と書かれていることが多いですよね。そもそもA4フラットファイルとは、パンチで2つ穴を開けたプリントなどを閉じるための紙ファイルのことです。ファイルのサイズは、高さ約310mm×幅約230mmです。

A4フラットファイル対応ではないサイズのランドセルに無理をしてファイルを入れようとすると、ファイルが曲がってしまいます。A4フラットファイルに対応したサイズのランドセルであれば、手間なくしまうことができるでしょう。

ただし、小学校によってはA4フラットファイルを使用していない場合があるようです。先輩ママなどに聞ける場合は、事前に確認してみるのはいかがでしょうか。

フィット具合で感じる重さが違う

ランドセルを紹介しているサイトやパンフレットなどには、ランドセル本体の重量が書かれていますよね。ランドセルの重さは、使用している素材によっても異なります。同じ素材を使用しているランドセルでも、設計方法により背負ったときに感じる重さ「体感重量」が違うようです。

ランドセルを背負ったときに、背中とランドセルのあいだに隙間がなく身体にフィットしていると、重さが肩だけに集中せずに分散されるため軽く感じます。どんなに軽いランドセルを選んでも、背負ったときに身体にフィットしていないと体感重量が重くなってしまうでしょう。店頭でランドセルを背負うことができる場合は、実際に背負って体感してみるのがおすすめです。

1,100g以下の超軽量ランドセルをご紹介!

ランドセルの重さは、各メーカーや素材などによって異なります。一般的なランドセルの重量は「約800g~1,500g」です。ここでは、クラリーノなどの人工皮革を使用した1,100g以下の超軽量ランドセルをご紹介します。

890g ふわりぃ レジェコンパクト

03 15400 1
出典:shop.r10s.jp
【ふわりぃ】レジェコンパクト
¥35,640〜(2018/07/12 時点)

■サイズ 内寸:幅235×高305×マチ110mm、重量:890g前後
■カラー ブラック×ブラックステッチほか
■素材 クラリーノエフ

「ふわりぃ」は、クラリーノを使用したランドセルとして業界で初めて発売されました。ふわりぃのレジェコンパクトは、コンパクトな本体設計で重量が890g前後のとても軽いランドセルですよ。

超軽量タイプといっても、型押しデザインが施されたおしゃれなランドセルです。ランドセルを背負ったときのずれを防ぐ、ふわりぃレジェ肩ひもが付いています。ほかにも必要に応じて取り外しができる、持ち運びに便利なふわりぃハンドル付きです。指先で簡単に開け閉めができるふわりぃロックなど、便利な機能が充実しています。

メーカー直販で購入すると、7大特典としてレインカバーやネームタグなどの便利なアイテムが付いてきます。同じふわりぃシリーズでは、「ぴったりふわりぃ」が約930gの重さです。どちらも1,000g以下で、とても軽量ですね。

1,030g 天使のはねのランドセル

91w1rrprkwl. sl1500
出典:images-na.ssl-images-amazon.com
【セイバン】天使のはね スリークラウン ブラックリリィ
¥29,800〜(2018/07/12 時点)

■サイズ A4クリアファイル対応、重量:約1,030g
■カラー ブラック/パープル
■素材 不明

「セイバン」は、天使のはねで有名な大手ランドセルメーカーです。セイバンオリジナルブランドのスリークラウンのブラックリリィは、1,030gと軽量です。純日本製や少数限定生産などこだわって作られています。ランドセルには、紋章がデザインされていたり紋章の鋲が使用されていたりしますよ。

現在ではメーカー完了品のため、あまり出回っていない貴重なランドセルです。

1,100g フィットちゃんのランドセル

Fit201z thumbnail
出典:thumbnail.image.rakuten.co.jp
【フィットちゃん】フィットちゃん201 2019年モデル
¥39,900〜(2018/07/12 時点)

■サイズ 内寸:縦310mm×横233mm×奥行110mm、重量:1,100g前後
■カラー キャメル、クロ、チョコ、チェリー、マリン、ラベンダー
■素材 本体:クラリーノ エフ2

背中にぴったりのフレーズでお馴染みの「フィットちゃん」は、株式会社ハシモトのランドセルです。フィットちゃん201は、基本機能が搭載された1,100g前後の軽量タイプです。

成長しても背負いやすくおろしやすいフィットちゃん背カンが付いており、A4フラットファイルがすっきりと入るサイズになっています。落ちついたデザインで、シンプルなランドセルを探している人におすすめです。メーカー直販の購入特典として、ランドセル雨よけカバーや筆箱など6つのプレゼントがもらえますよ。

1,100g 高島屋のランドセル

0001178475 001
出典:www.takashimaya.co.jp
【高島屋】限定ランドセル
¥59,400〜(2018/07/12 時点)

■サイズ A4フラットファイル対応、大マチ:約11.5cm、重さ:約1,100g
■カラー マリンブルー
■素材 人工皮革

こちらの鮮やかなマリンブルーのランドセルは、傷に強い軽量素材を使用した約1,100gの高島屋限定のものです。背カンには、天使のはねを使用しています。落ち着いたデザインでかっこいいエンブレムがワンポイントです。

購入時にタカシマヤ関連のカードで決済をすると、タカシマヤポイントが貯まるためお得ですよ。

本革(牛革)で軽量のランドセルをご紹介!

高級感があり丈夫な牛革やコードバンなどの天然皮革のランドセルは、クラリーノなどの人工皮革と比べると重いことが多いですよね。人工皮革のランドセルの目安は1,200g前後なのに対して、天然皮革のランドセルは1,400g前後の重さです。

天然皮革を使用しているランドセルの中から、人工皮革と同じくらいの重さである1,200g以下の軽量ランドセルをご紹介します。

早水カバン店

2 1 21
出典:cache.cart-imgs.fc2.com
【早水カバン店】C型 牛革軽量ランドセル
¥36,504〜(2018/07/12 時点)

■サイズ 重量:980g
■カラー 赤、黒
■素材 かぶせ・胴体は防水牛革(つや消し)

岐阜県にある「早水カバン店」は、カバンのほかにシンプルなデザインの総牛革ランドセルを取り扱っています。こちらのC型牛革軽量ランドセルは、牛革では珍しい980gのとても軽量なランドセルです。シンプルな落ち着いたデザインで、カラーは赤と黒の2色展開です。

牛田カバン店

E 2016 004 03
出典:image1.shopserve.jp
【牛田カバン店】手作り 総牛革 本格仕立ランドセル
¥55,000〜(2018/07/12 時点)

■サイズ A4フラットファイル対応、重量:1,200g
■カラー 黒、紺、赤、ローズピンク、チェリーピンク
■素材 牛革(かぶせ)ほか

「牛田カバン店」は、手作りのランドセルやビジネスカバンを取り扱っているカバン店です。このランドセルは、品質を重視したシンプルなデザインで、牛革を使用していますが1,200gと軽量です。

オプションとして、追加料金を支払うとかぶせ部分に付いている鋲をハート鋲に変更できます。ランドセルのカラーは5色で、紺、ローズピンク、チェリーピンクの3色は限定50個ずつのランドセルです。気になるカラーがある場合は、早めに注文することをおすすめします。

軽くて背負いやすいランドセルを

Image

ランドセルの重量を重視してランドセルを探すと、できるだけ軽いものを選びたくなりませんか。必ずしも軽さと背負いやすさはイコールではありません。軽量化するために基本機能が省かれていたり、6年間使用するのに耐久性が足りなかったりするランドセルでは困りますよね。

軽量ランドセルは、子どもの成長に合わせて肩ベルトが調整できたり、背カンと呼ばれる肩ベルトの付け根部分が動いたりするものがおすすめです。ただ軽いだけでなく、子どもへの負担が少なく背負いやすいランドセルを選んでみてくださいね。

あわせて読みたい

Image
オーダーメイドは完売早し!今見ておきたい【工房系ランドセル】14選
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/23833
Image
ランドセルのレインカバー10選!これがあれば雨の日も安心
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28044
Image
男の子におすすめのランドセルカバー10選!透明・不透明別にご紹介!手作りもできる?
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29994
Image
透明なランドセルカバー10選!反射板はついている?選び方は?
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/27874
Image
ランドセルの収納術15選!無印の商品を使った方法もご紹介
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28045

関連カテゴリ

関連する人気の記事

子育て・育児のカテゴリ

ライタープロフィール

Image

a-k-i

年子の中学生がいる30代ママです。日々、悩んだり楽しんだり…

小学校のデイリーランキング

おすすめの記事