更新日:2018年06月07日

お中元のお礼状!はがき/手紙/メールのメッセージの書き方と例文は?イラスト入りはがきテンプレートも紹介

お中元をもらったらはがきや手紙でお礼状を出すのがマナーです。親しいあいだ柄の人にはメールや電話などで済ませる人も多いですが、相手の気遣いに対してマナーを押さえたお礼状を送るのがより丁寧でしょう。ここでは、はがきや手紙を出すタイミング、お礼状のメッセージの例文やテンプレート、お中元の断り方の文例などをご紹介します。

696
0

お中元のお礼状とは?

Image

お中元は日頃の感謝と、「これからも変わらぬお付き合いを」という気持ちが込められた贈り物です。お中元が贈られてきたら、ありがたく受け取りましょう。

ただし、お中元をいただいたらお礼状を出すのがマナーです。お礼状には、「品物を受け取った」ということを知らせ、相手の気遣いに対する感謝を伝える役割があります。

お中元が届いたら、相手にお礼状やお礼の言葉を伝えるようにしましょう。

お中元のお返しはお礼状だけで良いの?

Image

お中元は、毎年贈られるもののため、お返しの対処についてきちんと把握しておきたいものです。

基本的にお返しの品物を贈る必要はない

お中元は、日ごろお世話になっている目上の方に、目下の方が感謝の気持ちを込めて贈るケースが一般的です。したがって、基本的にはお中元に対するお返しは不要とされています。

しかし、最近はお世話になっている会社の上司や先生といった目上の方だけでなく、きょうだいや友人、ご近所などへご挨拶を兼ねてお中元を贈るケースが増えています。そのため、いただいたお中元に対してお返しの品物を贈るという人は少なくないようです。

それでもお返しの品物を贈りたい場合

お中元のお返しで高額なものを返してしまうと、相手の気を悪くしてしまう可能性があります。お返しの相場は、いただいた品物と同じ程度の金額とされています。品物を選ぶ際は注意しましょう。

また、お返しを贈るタイミングによってはお中元の時期が過ぎていることがあります。お返しを用意したら相手の地域のお中元の時期を確認しましょう。

もし、お中元の期間が過ぎているようなら「暑中御見舞」や「残暑御見舞」としてお返しを贈ります。のしもお返しを贈る時期にあった表書きに変えて品物を贈りましょう。

Mobile favicon
お中元を贈る時期は?暑中・残暑見舞いとの違いは?お返しなどマナーを理解して喜ばれるギフトを贈ろう!

お中元のお礼状はいつ贈ればよいの?

Image

お礼状は、出すタイミングが重要です。お中元を受け取ってからどれくらいのタイミングで出すのがベストなのでしょうか。

お中元をもらったらすぐ

お礼状は、お中元が届いてすぐに出すのが礼儀のため、遅くても1週間以内に相手に届くように送るのが一般的です。お中元を受け取ってから2~3日中に書いて出すようにしましょう。

お礼状を送るのが遅くなってしまったら

もしお礼状を送るタイミングを逃してしまったら、気づいた時点ですぐに出すようにしましょう。

遅れて出すお礼状では、「このたび」「本日は」「先日は」といった近い過去を表す言葉は避け、主文へお礼状が遅れたことに対するお詫びの言葉を添えます。

Comment iconお詫びの言葉の文例1

本来ならばすぐにでもお礼を申し上げるべきところ、遅くなりまして申しわけございません。

Comment iconお詫びの言葉の文例2

日々の忙しさに取り紛れ、お礼が遅くなってしまったことを心よりお詫び申し上げます。

お中元のお礼は「はがき・手紙・メール・電話」どれが適切?

Image

現代では連絡手段がいろいろあるため、相手との関係性などで使い分けるケースが多くなってきていますが、お中元のお礼状では封書が一般的です。

はがきか手紙(封書)でお礼状を送るのがベスト

お礼状を送る相手を選ばず、もっとも丁寧な印象を与えるのがはがきや手紙(封書)です。どちらのお礼状でも問題ないとされていますが、はがきは他の人に見られる可能性があります。

また、文章が長くなるとはがきでは書ききれないため、内容や状況によってはがきか手紙にするかを判断するとようにしましょう。

メールでお礼を伝える

両親や友人などの親しい人に対してであれば、すぐにお礼が伝えられるメールでも良いでしょう。

しかし、相手によっては忙しくてお礼のメールに対して返信することを手間に感じる人もいます。相手の考え方や状況によっては、お礼状でスマートに感謝の気持ちを伝えるのが良いかもしれません。

電話でお礼を伝える

普段から付き合いのある身内や友人、ビジネス関係の人に対して、電話でお礼をする人も多いようです。お中元が届いたかどうか心配される方もいるため、品物が届いたことをすぐに伝えられる電話でのお礼が良いこともあります。

しかし、電話の場合、相手が不在の場合もあります。また、在宅でも電話したタイミングが悪いこともあるため、はがきや手紙のお礼状を送るのが好ましいでしょう。

相手の声を聴きながらお礼を伝えたい方は、品物が届いたこととお礼の電話をしてから追ってお礼状を出すとより丁寧ですよ。

お礼状を書く時のポイント

Image

お礼状は、前文、主文、末文、後付の4つで構成されています。それぞれの内容と文例を見ていきましょう。

前文

【1.頭語・時候の挨拶】

前文では、結語とセットで使用する頭語や季節にあった挨拶を書きます。親しいあいだ柄であれば、頭語を省略しても大丈夫です。

Comment icon頭語・時候の挨拶の文例1

拝啓 盛夏の候、

Comment icon頭語・時候の挨拶の文例2

拝啓 暑さもようやく厳しさを増してまいりましたが、

Comment icon頭語・時候の挨拶の文例3

梅雨明けから本格的な暑さが続いておりますが、

【2.相手の健康・安否を尋ねる】

頭語や時候の挨拶の後に、相手を気遣う言葉や自分の状況を知らせる内容などを続けます。

Comment icon相手の健康・安否を尋ねる文例1

ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

Comment icon相手の健康・安否を尋ねる文例2

お元気でいらっしゃいますか。
私どもはおかげさまで変わりなく元気で過ごしております。

Comment icon相手の健康・安否を尋ねる文例3

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

主文

【3.お中元をいただいたお礼と感謝の言葉】

主文では、相手に伝えたいことを書きます。お中元のお礼状では、品物に対するお礼や感想、お礼状が遅くなったお詫びなどの内容を書きましょう。

Comment iconお中元をいただいたお礼と感謝の言葉の文例1

このたびはご丁寧にお中元の品を頂戴いたしまして、ありがとうございました。
家族ともども大変喜んでおります。

Comment iconお中元をいただいたお礼と感謝の言葉の文例2

このたびは結構なお中元の品をお送りいただきまして、誠にありがとうございます。
早速、家族一同でおいしくいただきました。

Comment iconお中元をいただいたお礼と感謝の言葉の文例3

このたびはご丁寧なお心づかいをいただき、本当にありがとうございました。
子どもたちも大喜びで、届いたその日のうちにいただいてしまいました。

Comment iconお中元をいただいたお礼と感謝の言葉の文例4

本来ならばすぐにでもお礼を申し上げるべきところ、遅くなりまして申しわけございません。
日ごろ私どものほうこそお世話になっておりますのに、過分なお心遣いをいただき、厚く御礼申し上げます。

末文

【4.相手の健康や息災を願う言葉】

末文では、手紙の内容を締めくくる結びの言葉や頭語から始まっている場合、それにあった結語を書きます。

Comment icon相手の健康や息災を願う言葉の文例1

暑さ厳しき折、くれぐれも体調を崩されませぬようご自愛ください。 敬具

Comment icon相手の健康や息災を願う言葉の文例2

季節の変わり目ですので、皆様くれぐれもご自愛くださいませ。 敬具

Comment icon相手の健康や息災を願う言葉の文例3

まだしばらくは厳しい暑さが続きますが皆様どうぞご自愛ください。

後付

【5.日付や差出人名、宛名】

お礼状では、最後に手紙を書いた日付と差出人、宛名を書きます。

Comment icon日付や差出人名、宛名の書き方

平成〇〇年〇〇月〇〇日
                      〇〇 〇〇(自分の名前)
〇〇 〇〇(お礼状を送る相手の名前)様

お礼状の例文

Image

ここでは、お礼状を送るときに役立つメッセージのテンプレートを送る相手別に3パターンご紹介します。

友人・知人へ送る場合

Comment icon7月に送るお礼状の文例

梅雨明けから本格的な暑さが続いておりますが、○○さんはいかがお過ごしでしょうか。

さて、本日はお心のこもったお中元の品をお贈りいただき、ありがとうございました。

いつもながら細やかなお心づかいに恐縮するばかりです。
暑さはこれからが本番です。くれぐれもご自愛くださいませ。
まずはお礼まで。

Comment icon8月に送るお礼状の文例

拝啓 暑さ厳しき折、〇〇様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
おかげさまで、私は夏バテなどせず毎日元気に過ごしております。

このたびは、ご丁寧なお心づかいをいただき、本当にありがとうございました。
家族一同大喜びで、届いたその日においしくいただきました。

まだまだ暑さは続くようですが、夏の疲れが出ませんようお身体には気をつけてお過ごしください。
取り急ぎお礼まで。 敬具

Comment icon時期を問わないお礼状の文例

○○以来ご無沙汰をしてしまい、申し訳ありません。その後、お元気でしょうか。
さて、このたびはまことに結構なお中元の品をお送りくださいまして、ありがとうございました。

日ごろ私どものほうこそお世話になっておりますのに、過分なお心遣いをいただき、厚く御礼申し上げます。○○様にはいつも温かいお心遣いをいただき、感謝しております。

なかなかお会いすることができませんが、くれぐれもお身体にはお気をつけてお過ごしください。
まずはお礼まで。

両親・義両親へ送る場合

Comment icon7月に送るお礼状の文例

毎日暑さが厳しい日が続いておりますが、お義父様もお義母様もお変わりなくお過ごしでしょうか。おかげさまで、私たち家族は毎日元気に過ごしております。

さて、このたびはおいしい〇〇を送っていただき、ありがとうございました。子どもたちも大喜びで、届いたその日のうちにいただいてしまいました。

まだしばらくは厳しい暑さが続きます。くれぐれもお身体にはお気をつけてお過ごしください。
取り急ぎお礼まで。

Comment icon8月に送るお礼状の文例

拝啓 暑さも一段と厳しくなってまいりました。いかがお過ごしでしょうか。

さて、このたびは思いがけず結構なお品を頂戴し、本当にありがとうございました。子どもたちも大喜びで、早速おいしくいただきました。いつもながら細やかなお心づかいに恐縮するばかりです。

暑さはまだまだ続くようです。どうぞご自愛くださいませ。
次にお会いできるのを楽しみにしております。
略儀ながら書中にてお礼申し上げます。ありがとうございました。 敬具

Comment icon時期を問わないお礼状の文例

すっかりご無沙汰いたしまして、申し訳ありません。お義父様もお義母様もお変わりなくお過ごしでしょうか。おかげさまで、私たち家族は元気に過ごしております。

さてこのたびはおいしい旬のフルーツをお贈りいただき、ありがとうございました。子どもの好きな食べ物を覚えていてくれて、本当に嬉しかったです。いつも細やかなお心遣いには感謝するばかりでございます。

なかなかお会いすることができませんが、夏バテなどなさいませんようお身体には気をつけてお過ごしください。
まずは取り急ぎお礼申し上げます。

兄弟姉妹へ送る場合

Comment icon7月に送るお礼状の文例

長い梅雨が明け、夏本番となりましたが、お兄様そしてご家族の皆様はいかがお過ごしでしょうか。お陰様で、私たちはいたって元気に過ごせております。

このたびは、おいしいハムをお送りいただきまして、本当にありがとうございました。食べ盛りの子どもたちも大喜びで、家族みんなでおいしくいただきました。
いつも細やかなお心遣いに感謝しております。

まだまだ暑さの厳しい季節が続きます。夏の疲れが出ませんようにご自愛くださいませ。
まずはお礼まで。

Comment icon8月に送るお礼状の文例

暑中お見舞い申し上げます。
平素は何かとお心にかけてくださいまして有難うございます。先日は、お心のこもったお中元の品をお送りいただき、本当にありがとうございました。家族みんなで愛用させていただいております。

まだまだ暑さの厳しい季節が続きます。
お兄様とご家族皆様のご健康をお祈りしつつ、取り急ぎお礼申し上げます。

Comment icon時期を問わないお礼状の文例

ご無沙汰しておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。おかげさまで、私たち家族は毎日元気に過ごしております。

さて、このたびはおいしいフルーツゼリーを送っていただき、ありがとうございました。家族みんなで毎日、お風呂上りにおいしくいただいております。

いつもながらの優しいお心遣いに心より感謝申し上げます。またお会いできるのを楽しみにしております。
まだまだ、暑さが厳しいようですので、どうぞご自愛ください。
取り急ぎ、お礼申し上げます。

お中元はがきのイラスト入りテンプレート

お中元に対するお礼状をはがきにしようと考えているのであれば、金魚鉢や風鈴、アジサイやうちわなどの夏らしいイラストが描かれた絵はがきがおすすめです。

すでに夏らしいイラストがデザインされた暑中お見舞い用のはがきを利用するのも良いですが、インターネット上には、夏らしいデザインの中から好きなものを選んではがきに印刷できるサイトがあります。

お中元はがき用のテンプレート

サイト上のイメージでは、暑中お見舞いの文言が入っていますが、文字なしのものを選ぶこともできます。時期にあった文言を選んで、おしゃれなお礼状を作り、気持ちのこもったメッセージを送りましょう。

お中元の断り方

Image

お中元をいただくのは嬉しいことですが、相手の負担にもなりやすいため、お中元の受取りをスマートに断りたいと考える人は多いようです。

お礼状に一言添える

今後お中元を断りたいのであれば、お礼状に今後の贈答を断る内容を書くと良いでしょう。ただ、一方的に断るのではなく、相手の厚意に対して感謝の気持ちを述べてから贈答の辞退を申し出るのがポイントです。

Comment iconお中元を断りたいときのお礼状の文例

毎日暑さが厳しい日が続いておりますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。
さて、本日はお心のこもったお品をいただき、誠にありがとうございました。
日ごろ私どものほうこそお世話になっておりますのに、過分なお心遣いをいただき、恐縮に存じます。

どうか今後はこのようなお気遣いはなさいませぬよう、お願い申し上げます。
時節柄、いっそうのご自愛のほどをお祈りいたします。
略儀ながら書中をもちましてお礼、お詫び申し上げます。

親しいあいだ柄の方へは、直接伝える

両親やきょうだいなどからのお中元を断る場合、電話や会ったときに「お中元は今年までにしよう」と直接伝えると良いでしょう。

ただ、直接伝える場合は、相手からお中元が贈られる前は避けるのが無難です。すでにお中元ギフトを選び、贈る手配をしている可能性があるためです。

毎年贈られてきているのであれば、いつも通りに受け取り、相手のご厚意に対してお礼を伝えてから、今後のお中元の辞退する旨を伝えるようにしましょう。

お礼状と同等以上もしくは、倍の品物を贈る

相手からいただいたお中元の品物と同等以上のお返しには、「次からはお中元を贈っていただかなくて結構です」という意味があります。したがって、お返しの品に今後のお中元を辞退する意味を込めて贈るのも良いでしょう。

ただ、高価な品物だけを贈って今度のお中元を辞退すると、相手によっては気を悪くされるかもしれません。

品物は、「今後はお気遣いなさいませんようにお願い申し上げます。」という一言を添えたお礼状と一緒に贈るようにしましょう。

マナーを押さえたお礼状で良好な関係を築こう

Image

お礼状は、「お中元が届きました」というお知らせと一緒に、相手の厚意に対するお礼をメッセージに込めて伝えることができます。

連絡ツールがいろいろあり、簡単に連絡が取れる電話やメールなどお中元のお礼を済ませてしまう人もいるようです。しかし、はがきや手紙などのほうがきちんとした印象を与えることができますよ。例文を参考にして、相手に合ったお礼状を送り、良好な関係を築けると良いですね。

関連カテゴリ

関連する人気の記事

ライフスタイルのカテゴリ

ライタープロフィール

Image

yokke76

2人の子どもを育てているママです★1人目はいつも手探りで不…

ギフトのデイリーランキング

おすすめの記事