更新日:2018年06月19日

カーペット・絨毯・ラグのおすすめクリーニング店比較!値段・期間・保管方法まとめ

カーペット・絨毯・ラグは、どのくらいの頻度で洗ったら良いか気になりますよね。自宅で洗えない大きさのものはクリーニングに出す必要があります。この記事では、おすすめの宅配クリーニング業者をはじめ、自宅での洗濯方法についてご紹介します。洗いにくいものでも、清潔に保って気持ち良く過ごしましょう。

391
0

カーペット・絨毯・ラグを洗濯する頻度

Image

カーペット・絨毯・ラグなどのアイテムは大きくて洗濯しづらいですが、皮脂汚れや食べものなどによる汚れが付いているので、1~2ヶ月おきに洗濯することをおすすめします。最低でも、半年に1回のペースで洗濯するのがおすすめです。

しかし、飲みものをこぼしてしまったときなどは、早いうちに落とさないとしみになってしまいます。突発的な汚れに対してはその都度対応するのが良いでしょう。

カーペット・絨毯・ラグの宅配クリーニング業者

Image

小さめのラグなら自宅で洗濯できますが、大きなカーペットや絨毯はクリーニング業者に依頼することをおすすめします。大きなカーペットや絨毯をクリーニング店まで運ぶのは一苦労です。そこで、自宅に居ながらにして集荷や受け取りができる宅配クリーニング業者をご紹介します。

白洋舎

白洋舎では、通常のウール絨毯はもちろんのこと、玄関マット、壁掛け用のタペストリー、高級手織り絨毯、敷き込み絨毯など敷物に関して多くの取扱いをしています。集荷方法は集配サービスと宅配便から選択可能です。

オプションサービスで防ダニ加工を依頼することも可能です。また、希望すれば破れやほつれなどの修理、寸法カットも行ってくれます。ペルシャ絨毯などの高級絨毯は、色掛け、房の修理、サイズ直しなどもオプションで依頼することができます。

「じゅうたんらくらく宅配便」の税抜料金は以下の通りです。

品名
1㎡あたりの料金
1畳あたりの料金
ウィルトン系790円~ 最低価格7.5m2より1,300円~ 最低価格約4.6畳より
シャギー1,880円~ 最低価格3.2m2より3,100円~ 最低価格約1.9畳より
中国段通2,550円~ 最低価格2.3m2より4,200円~ 最低価格約1.5畳より

●送料
・1本あたり5,500円(税抜)
・大きい絨毯や沖縄地域は別途料金

●宅配料金
・別途必要

●保管料
・1本あたり2,500円~(税抜)
・保管期間は6ヶ月から

白洋舎の公式サイトはこちら

洗宅倉庫

洗宅倉庫で衣類を出すときは、単品料金と詰め放題のパック料金から選べます。カーペット・ラグ・絨毯については単品扱いとなります。ただし、以下の3通りの発送方法で入らない大きさのものやロール状のものは依頼することはできないので注意が必要です。

1.紙袋や段ボール
自宅にある縦・横・高さの3辺合計が140cm以内の紙袋や段ボールで依頼する

2.洗宅倉庫専用の青いスクエア形の発送用バッグ

3.クロネコヤマトの段ボール
注文フォームで「発送用の段ボールを持ってきてもらう」を選択する(縦32cm、横46cm、高さ29cm)

洗宅倉庫のカーペット・ラグの税抜料金は以下の通りです。

品名
1畳あたりの料金(シルバー会員)
1畳あたりの料金(ゴールド会員)
カーペット・ラグ1,152円960円
毛長カーペット・ラグ1,368円1,140円
段通1,944円1,620円

●送料
・シルバー会員…一律2,000円(北海道・一部離島は4,000円)
・ゴールド会員…シルバー会員と同様。ただし合計金額が4,000円以上で送料無料。

●宅配料金
・無料

洗宅倉庫の公式サイトはこちら

ペルシャンギャラリー

衣類や布団のクリーニングは行わない絨毯専用の業者です。絨毯のクリーニングメンテナンスに関しては、業界トップクラスのスピードと仕上がりで好評を得ています。大豆から採取された植物性の洗剤を使用し、職人による丸洗いクリーニングです。

商品到着後最短4日で自宅に届くスピーディーさ、長期保管料無料、特大サイズの商品も受付可能という点が人気の理由と言えるでしょう。

ペルシャンギャラリーの料金は以下の通りです。

品名
1m2あたりの料金
機械織りカーペット・キリム4,000円
ギャベ(ギャッベ)・中国ウール5,000円
ペルシャ絨毯ウール7,000円
ペルシャ絨毯シルク12,000円

●送料
・片道2,000円
・ただしクリーニング代が20,000円以上のときは送料無料

●宅配料金
・無料
・包装道具料金も無料

●保管料
・無料

ペルシャンギャラリー公式サイトはこちら

クリコム

クリコムでは、カーペット・絨毯・ラグ・段通・電気カーペットカバー・ムートン・玄関マットの取り扱いを行っていて、素材による細かな料金設定をしています。しみや汚れも職人の技で丁寧に除去して仕上げてくれると好評です。

クリーニングに出すときは、ロール状(高さが180cm未満のものに限る)と折りたたんだ梱包(1辺が170cm以内かつ、3辺合計が200cm以内)による発送から選べます。防ダニ加工(1畳あたり2,000円)もオプションで付けられます。

クリコムの税抜料金は以下の通りです。

品名
1畳あたりの料金
薄手の綿マット・インド綿など4,000円
裏側がフェルト状のもの5,000円
裏側が編み込んであるもの6,000円
緞通(だんつう)・手織りのもの13,000円

●送料
・一律1,500円(税別)
・北海道、九州、四国、および離島地区は3,000円(税別)

●宅配料金
・無料

●保管サービス
・なし

クリコムの公式サイトはこちら

京葉クリーンライフ

京葉クリーンライフは、布団・カーペット・羽毛布団などの特殊品を専用とするクリーニング業者です。千葉県および東京23区内であれば、自社集配なので梱包の必要がなく集配料金も無料です。また、取扱いが難しい電気カーペットのクリーニングも依頼できます。

ペルシャ絨毯の本場であるイランの職人が作業に携わっています。欧米のマシーンも導入しており、EM液体石鹸とそれぞれの繊維にマッチしたカーペット洗剤による水洗いです。

3畳までのカーペットであれば、布団3枚をまとめたパック料金で利用できます。ただし、カーペットの種類は、タフテッド・平織り・シャギー・ウィルトン・電気カーペットに限ります。

京葉クリーンライフの税込料金は以下の通りです。

品名
1畳あたりの料金
布団3枚まとめてパック(3畳までのカーペット)10,260円(このパックに限り3畳までのカーペットも可能)
平織 化繊1,080円
平織 ウール・綿1,728円
シャギー・ラグカーペット 綿2,376円
電気カーペット(ホットカーペット)パイル無1,728円

●送料
・千葉県・東京23区は自社集配のため無料
・そのほかの県は地域別に送料が必要

●宅配料金
無料

●保管(料金については以下の表の通り)
・1~6ヶ月以内で、ホームページからの注文に限る

種類
料金
カーペット類(3畳まで)1,080円
カーペット類(3.5畳以上)2,160円
絨毯類(3畳まで)2,160円
絨毯類(3.5畳以上)4,320円
カーペットマット・絨毯マット540円
京葉クリーンライフの公式サイトはこちら

カーペット・絨毯・ラグの自宅での洗濯方法

Image

洗濯機で洗う場合

洗濯機で洗濯するときは、洗濯表示を見て「洗濯機マーク」が付いていることを確認します。次にじゃばら折りにして洗濯ネットに入れて洗濯機に入る大きさかどうかを確かめます。無理矢理押し込んだり、たたまずに入れたりすると型崩れや変形の原因になるので注意が必要です。

カーペット・絨毯・ラグのような大物の洗濯物は、「大物洗いコース」や「毛布コース」などのモードで洗濯します。脱水が終わったら風通しの良い日影で完全に乾ききるまで干すのがポイントです。

洗濯表示(平成28年11月30日まで)|消費者庁
洗濯表示(平成 28年12月1日以降)|消費者庁

手洗いする場合

洗濯表示に「手洗いマーク」が付いているものや、洗濯機に入らないサイズのものはお風呂の浴槽で踏み洗いします。浴槽に40℃程度のお湯をため、洗剤を溶かします。じゃばら折りにしたカーペット・絨毯・ラグを浸して1~2時間つけ置きして汚れを浮かせましょう。

つけ置きした後は浴槽の中で踏み洗いをしますが、全体の汚れが落ちるように向きや面を変えながら洗います。踏み洗いするときは、滑って転倒しやすいので注意しましょう。お湯を替えて数回すすぎ洗いをすれば完了です。

カーペットをよく踏んで水気を落としたら、浴槽の縁に掛けて水を切ります。水が出なくなったら外で陰干しをしましょう。2本の物干しざおを使って、横から見たときにM字になるように干すと早く乾きますよ。

重曹を使ってみる

頻繁に洗濯できないときや、丸洗いが難しいものは重曹を使うのがおすすめです。カーペットなどに重曹をふりかけたら、ゴム手袋をはめた手で全体をこすりましょう。重曹をなじませて時間を置くことで、汚れが重曹に移ります。1時間程度置いて、掃除機で吸い取ると汚れが落ちますよ。

しみ抜きの方法

ジュースや調味料などの水溶性の汚れのしみ抜きには、以下の方法がおすすめです。

1.乾いたタオルで汚れの水分を吸い取る
2.水で薄めた台所用洗剤や中性の洗濯用洗剤を別のタオルに取る
3.洗剤が付いたタオルを汚れにもみ込んで、泡立てて汚れを浮かせる
4.濡らしたタオルを固く絞り、汚れと泡を拭き取る
5.乾いたタオルで水分を吸う

ダニが気になる場合はダニ取りという選択肢も

Image

カーペットに汚れは見当たらないけれど、暖かい季節はダニが心配という人もいますよね。そのようなときは、ダニ取りをするという選択肢もあります。

ダニ取り専用シートやマットは、ダニが好きな香り(誘引剤)を染み込ませており、乾燥剤や粘着剤によってダニが出られなくなる仕組みになっています。ほとんどが使い捨てタイプで、一般ゴミとして出すことができて便利です。カーペットに挟むだけなので、手軽にダニを取ることができますよ。

カーペット・絨毯・ラグは定期的なお手入れが必要

Image

カーペット・絨毯・ラグは、座ったり寝転がったりすることで、目には見えない汚れがたまっています。また、食べこぼしなどが原因でダニが発生することもあります。1~2ヶ月ごとに洗濯するのが理想的ですが、大変な場合は最低でも半年に1回はクリーニングに出すなどのお手入れが必要です。日常的に使うものだからこそ、清潔さを保ちたいですね。

関連カテゴリ

関連する人気の記事

ライフスタイルのカテゴリ

ライタープロフィール

Default

cyan

家事のデイリーランキング

おすすめの記事