妊娠中に飲んではいけないハーブティーは?流産の危険性も?おすすめも紹介

妊娠中、ノンカフェインのハーブティーを飲んでいるママも多いと思います。特にハーブティーは種類が豊富で、選ぶのも楽しいですよね。しかし、ハーブによっては流産の危険性があるものや、妊娠中に飲んではいけないものもあります。ここでは、妊娠中のハーブティーについて、医師監修の記事でご紹介します。

18284

この記事の監修

産婦人科医
藤東 淳也

目次

  1. ハーブとは
  2. 妊婦さんにハーブティーはおすすめなの?
  3. 妊娠初期から妊娠後期まで通しておすすめのハーブティー
  4. 妊娠初期におすすめのハーブティー
  5. 妊娠中期におすすめのハーブティー
  6. 妊娠後期・臨月におすすめのハーブティー
  7. 授乳期におすすめのハーブティー
  8. 流産に関係するハーブに要注意
  9. 妊娠中に避けたいハーブ一覧

ハーブとは

カモミール・レモングラス・ミント・ローズヒップ・ラベンダー・タイムなど、現在ハーブとして扱われる植物は100種類以上あります。普段生活していく中で全ての効能を知り活用するのは難しいのですが、今の自分に適しているかどうかを知っておくのは大切なことです。

ハーブの定義は「お茶にできる植物」や「香草」などざっくりとした定義となっていますが、言いかえれば「私たち人間の暮らしにとって役立つ植物」ということになります。ハーブはにはそれぞれに効果があり、人間の身体に作用します。

ハーブの中には、妊娠中や出産後のママが快適に過ごせるような効果が期待できるハーブもあります。正しく生活に取り入れることができれば、心と体のデリケートな時期を快適に過ごせるかもしれません。一方で、妊娠中や出産後にはやめておいたほうがよいハーブもありますので、ハーブを使用する際は、正しい知識を持つことも必要になってきます。

妊婦さんにハーブティーはおすすめなの?

カフェインが少ない商品が多い

日頃からカフェインが含まれているコーヒーや紅茶を飲んでいた方は、妊娠をきっかけに少し控えているという方も少なくないでしょう。コーヒーなどに含まれるカフェインは胎盤を通じて胎児にも届いてしまうことがあることから1日に1~2杯までにしておいた方がいいと言われています。

ハーブティーにはノンカフェインのものが多いので、カフェインを気にすることなく安心して飲むことができます。ハーブティーのひとつに「たんぽぽコーヒー」がありますが、これならコ―ヒ―を我慢するストレスからも解放されるでしょう。

タンニンが少ない商品が多い

タンニンとはポリフェノールの一種で、名前だけ聞くととても体に良さそうな成分ですが、妊婦さんにとっては気を付けなければならない成分のひとつになります。タンニンは緑茶や紅茶、ウーロン茶などに多く含まれているのですが、妊婦さんとお腹の赤ちゃんにとって大切な葉酸の働きが阻害されたり、鉄の吸収が阻害されてしまうなど、妊娠中の体に悪影響を及ぼす可能性があります。

ハーブティーにはこのタンニンも少ない商品が数多くあるので、安心して飲むことができるのでおすすめです。

ハ―ブによって妊婦さんにいい効果がたくさんある

妊娠中は些細なことでイライラしたり、ストレスがたまったり…いつもと同じ生活をしていても気持ちが不安定になることが多いですよね。ハーブティーにはそんな気持ちをリフレッシュしてくれ、リラックス効果をもたらしてくれるものもあります。

また冷えやむくみ、便秘も妊婦さんの悩みで多いもの。ハーブティーにはそれらを改善してくれるものも多数あります。他にもつわりの症状を和らげてくれたり、鉄不足になりがちな妊婦さんに嬉しい鉄が含まれているハーブティーなど、妊婦さんにとっていい効果のあるハーブティーがたくさんありますよ。

ただし子宮収縮作用のあるハーブティーは避けましょう

妊婦さんにとって嬉しい効果のあるハーブティーですが、全てのハーブティーが妊婦さんに良いわけではありません。中には妊娠中は禁忌のものもあるので注意が必要です。ハーブティーの中には子宮収縮作用のあるものもあります。妊娠継続に悪影響のものもあるので、購入の際には専門店のスタッフに聞いたり、説明書きをよく読んだり、医師に相談するなどして、子宮収縮作用のあるハーブティーは避けるようにしましょう。

妊娠初期から妊娠後期まで通しておすすめのハーブティー

タンポポ茶

出典:www28.a8.net
ママナチュレたんぽぽ茶
¥3,980〜(2018/11/09 時点)

ママナチュレたんぽぽ茶は、たんぽぽ茶の中でもとても人気で飲んだことのある妊婦さんも多いのではないでしょうか。鉄分やビタミンB2などの成分が豊富に含まれており、妊婦さんにもお腹の中の赤ちゃんにも優しい最高の飲み物です。

たんぽぽの根に含まれている「イヌリン」という糖質の一種には、便秘解消の効果があり、妊娠中に起きやすい便秘を気にされる方にもおすすめです。また、女性ホルモンのバランスから自律神経を整える効果もあるので妊娠中のストレス対策にも最適ですよ。ノンカフェインですので安心です。

母なるおめぐみ

出典:pub.a8.net
母なるおめぐみ
¥1,980〜(2018/11/09 時点)

母なるおめぐみ(ノンカフェイン)は、母乳育児ママにおすすめの無添加ハーブティー。原料には厳選された北海道小豆のみを使用し、時間をかけてゆっくりと乾燥させる特殊焙煎により、苦みを抑えたすっきりマイルドな味わいです。

小豆は母乳の分泌を促進し、溶血作用により乳腺炎の予防にも役立つとされ、日本では古くから産後および授乳期の女性に欠かせない食材とされてきました。赤ちゃんの成長に大切な葉酸を含み、外皮に含まれるサポニンは、血液を作る成分である鉄を豊富に含んでいます。
さらに母乳不足を改善する天然薬草ハーブを配合し、飲むたびにリラックスできる効果も。ママ自身の健康をサポートしながら、赤ちゃんにおいしい母乳を届けられるでしょう。

ルイボスティー

葉酸入りオーガニックルイボスティー
¥1,296〜(2018/11/09 時点)

ママと赤ちゃんの安心と安全を守りたい…という思いから生まれた「葉酸入りオーガニックルイボスティー」です。葉酸は母子手帳にも妊娠期に欠かすことのできない栄養素として紹介されていることから、妊娠中にぜひ摂り入れたい栄養素ですよね。

厚生労働省によると、妊活中~妊娠初期の女性は食事からの葉酸の摂取に加えて1日400μgの葉酸を摂取することが推奨されています。妊娠中期以降についても1日にあわせて400μgの葉酸の摂取が必要だといわれています。葉酸入りのルイボスティーには400μgの葉酸が1ティーバッグに配合されているため、簡単に基準となる摂取量を摂取することができますよ。

ノンカフェインで気軽に葉酸を摂り入れることができる上、良質なオーガニックのルイボスを使用しているので安心して飲むことができますね。ティーバッグなので手間なく作ることができるのも嬉しいポイントです。1日1ティーバッグを目安に葉酸入りのルイボスティーでリラックスしてみてはいかがでしょうか。

妊娠初期におすすめのハーブティー

妊娠初期はつわりでつらい思いをしていたり、身体が不調な妊婦さんも少なくないと思います。そんなときにもハーブティーが活躍するのですが、妊娠初期には子宮収縮作用のないハーブティーを選ぶことが大切です。また味覚や嗅覚が敏感になりやすい時期でもあるので、香りの強いものや味に特徴があるハーブティーには気をつけましょう。

つわりのつらい妊娠初期におすすめのハーブティーは味がさっぱりとしているものです。気分が優れないときでも飲みやすく、ハーブの効果によってつわりの予防や緩和ができるハーブティーを選ぶようにしてみましょう。

ジンジャーティー

生姜はすっきりとした後味ですし、吐き気や胃もたれにも効果があるとされているので、つわりの緩和にも効果が期待できそうですね。身体を温めて代謝をアップさせてくれる効果もあるので冷え症にも良さそうです。

ノンカフェイン・ジンジャーティー 100g
¥1,749〜(2018/11/09 時点)

カフェインが除去されたセイロンティーに、乾燥生姜がたっぷりブレンドされたジンジャーティーです。使われている乾燥生姜はスリランカ産のオーガニックで育てられたものが使用されており、生姜独特の辛味が優しいので辛味が苦手な方にもおすすめです。

ペパーミントティー

ミントティーに入っているメントールにはつわりの諸症状を緩和してくれる働きがあります。また胃腸の調子を整え、食欲を促進させてくれる効果も期待できます。ミントの香りにはリラックス効果もあるので妊娠初期の不安定な気持ちを安定させてくれる働きもありますよ。1日に1~2杯を目安に飲んでみましょう。

ただしミントティーには母乳の分泌を抑制する働きもあるので、上の子を授乳しているママは控えた方がいいかもしれません。またペパーミント精油は禁忌とされているので、アロマテラピーでペパーミントを使用するのは避けるようにしましょう。

オーガニックヴィーガン ペパーミントティー 24g
¥1,026〜(2018/11/09 時点)

胃腸のトラブルや改善に大活躍のペパーミントティーです。消化を促進させてくれたり、口の中もさっぱりさせてくれるので、つわりの時期にも重宝しそうですね。また鎮静作用があるので不安やイライラのあるときにも効果があります。リラックスしたいときにもおすすめの商品です。

妊娠中期におすすめのハーブティー

つわりも徐々に落ち着いてきて、妊娠期の中で心身ともに安定する時期でもあるため「安定期」と呼ばれる妊娠中期。大きくなっていくお腹が足の血管を圧迫することから足にむくみを感じたり、お腹をせり出すような姿勢をとることが原因で腰痛に悩まされ始めます。

妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病のリスクが高まる時期でもあるので、食べ物や飲み物などに気を付け、糖分を摂りすぎないことが大切になってきます。また鉄分やカルシウムなどの必要量が増えるので貧血にもなりがちです。鉄分やカルシウムを積極的に摂る生活を心がけたいですね。そんな妊娠中期におすすめのハーブティーをご紹介します。

ローズヒップティー

ローズヒップティーはビタミンCも多く含まれ、妊娠中の肌荒れにも効果が期待できます。ビタミンCの摂取は風邪やインフルエンザの予防にもつながりますので、冬の寒い日にもおすすめです。妊娠中に気になるビタミンAも豊富なのですが、気を付けなければいけないビタミンAは動物性なので、ローズヒップは気にする必要はありませんよ。ネトルティーは、血を作るハーブとして知られていますので、貧血気味の方におすすめです。

ローズヒップティー 200g
¥1,020〜(2018/11/09 時点)

こちらのローズヒップティーは100%ローズヒップのお茶です。ビタミンCがレモンの20倍、ビタミンEがトマトの8倍、ビタミンA(βカロテン)がトマトの20倍というところから「ビタミンの爆弾」とも呼ばれています。またカルシウムが牛乳の8倍、鉄分がほうれん草の2倍などミネラル類も豊富です。

ネトルティー

ネトルの葉は昔から「血をつくるハーブ」と呼ばれていて、子宮出血や鼻血の治療にも使われていました。そんなネトルティーは鉄分やカルシウムが豊富に含まれているので、貧血予防にもおすすめです。

ゾネントア ネトルティー
¥972〜(2018/11/09 時点)

良質な有機の原料が使用されているネトルティーです。日本茶に近い味わいでクセのある味が苦手な方でもおいしく飲めるハーブティーです。女性に不足しがちな鉄やカルシウム、カリウムなどが豊富に含まれているので「ミネラルの宝庫」とも呼ばれているそうです。ティーバッグなので気軽に楽しむことができますよ。

妊娠後期・臨月におすすめのハーブティー

妊娠後期・臨月は、安産につながるようなハーブを選ぶとよいでしょう。ラズベリーリーフティーは、子宮や子宮の筋肉に作用して、安産に導いてくれると言われています。ただし、ラズベリーリーフティーは子宮が収縮する作用がありますので、臨月以外での飲用は避けるようにしましょう。

ラズベリーリーフティー

出典:www.amoma.jp
AMOMA ラズベリーリーフティー
¥1,295〜(2018/11/09 時点)

ラズベリーリーフティーはヨーロッパでは何千年も昔から活用され、多くの妊婦さんに愛飲されてきました。AMOMAのラズベリーリーフティーにはオーガニックのラズベリーリーフが使用されています。ノンカフェイン、無香料・無着色、国内工場生産にもこだわっているところもポイントです。

ラズベリーリーフティーというと、ラズベリーの実のように甘酸っぱい風味をイメージする人がいるかもしれませんが、AMOMAのラズベリーリーフティーはくせのない穏やかな風味なので飲みやすく、食事にもあわせやすいですよ。きれいな黄金色とハーブの香りを楽しんでくださいね。

■この商品に関する口コミ
・妊娠後期から飲み始めました。飲みやすくて続けることができます。
・ハーブティというとくせがあるのかな?と思っていましたが、むしろ和なお茶に近く、抵抗なく美味しく飲んでいます。

引用元:www.amoma.jp

授乳期におすすめのハーブティー

授乳期

おっぱいはママの血液から作られるので、授乳期はできるだけ赤ちゃんに優しいハーブティーを飲みたいですよね。妊娠中でも紹介した「ルイボスティー」「タンポポ茶」なども授乳期におすすめのハーブティーです。「セージ」は妊娠中は禁忌とされていますが、授乳中には良いとされています。血液の循環を良くしたり、母乳の分泌を調整して乳腺炎を防ぐ効果が期待できます。

出典:www.amoma.jp
AMOMAミルクアップブレンド
¥1,899〜(2018/11/09 時点)

AMOMAの「ミルクアップブレンド」は母乳育児に悩むママにおすすめのハーブティーです。「タンポポ」や「レモングレス」、「ジンジャー」などオーガニックで無農薬栽培のハーブを配合しています。「フェンネル」というハーブが含まれているので、ふわっとスパイシーな香りがするかもしれません。授乳前に飲む人もいれば、水分補給として飲む人もいて、好きなタイミングで飲むことができます。飲んだ後は身体がポカポカしてくると評判ですよ。

流産に関係するハーブに要注意

ハーブはノンカフェインで妊娠中に良いというイメージがありますが、中には妊娠中に流産を引き起こす恐れがあるハーブもあります。妊娠中にハーブティーを飲む際は、必ずハーブの用法を調べてからにしましょう。

・カモミールティー
・セントジョーンズワートティー
・アロエ茶

以上のハーブは、子宮の収縮を促す効果があるので、妊娠中はタブーとされています。その他にも、ラベンダーティーも妊娠中の影響が明確にされていないため、控えておきましょう。臨月に良いとされているラズベリーリーフティーは、妊娠初期・中期は子宮収縮を促すため禁忌とされています。

妊娠中に避けたいハーブ一覧

妊娠中に禁忌とされているハーブもあります。上記で紹介したもの以外で、妊娠中には避けたいハーブを紹介します。

■ハトムギ茶
美容に良いとされているハトムギですが、妊娠中は子宮を収縮させる働きがあるので注意が必要です。

■ジュニパー
■サフラン
■マジョラム
■フェンネル
■ローズマリー
これらは、子宮を刺激する作用があります。

■ベニバナ
子宮を興奮させる作用があります。

■リコリス
高血圧・子宮出血の危険があります。

■センナ
■カルダモン
■オレガノ
■フェンネル
■レモングラス
■ハイビスカス
■レモンバーム
これらは禁忌ではないですが、妊娠中・授乳中の影響や安全性が確証していないため、避けた方が良いハーブです。