初めてのドレスクリーニング!値段や日数は?おすすめの業者10選

結婚式や発表会などでドレスを着たあとは、業者にドレスをクリーニングしてもらうと安心です。ここではドレスのクリーニングにおすすめのクリーニング業者を紹介します。ドレスのクリーニングの頻度や料金の目安、クリーニング後のドレスの保管方法も参考にしてみてくださいね。

12392

目次

  1. ドレスはクリーニングに出すべき?頻度は?
  2. ドレスクリーニングの値段の相場は?
  3. ドレスをクリーニングに出すときに注意することは?
  4. 対面受付で安心!店舗型クリーニング会社5選
  5. ネットや電話で申し込める!宅配クリーニング会社5選
  6. クリーニング後のドレスの保管方法
  7. 大切なドレスを任せるクリーニング業者選びは慎重に
  8. あわせて読みたい

ドレスはクリーニングに出すべき?頻度は?

ドレスのクリーニングの頻度は、どのくらいが適切なのでしょうか。基本的にドレスは、着るたびにクリーニングすることをおすすめします。結婚式や結婚式の二次会、発表会などでドレスを着用したら、クリーニングに出してきれいな状態で保管しておくようにしましょう。

あまり汚れていないからとクリーニングに出していないと、次に使うときに染みやシワがついてしまっているかもしれませんよ。

ドレスクリーニングの値段の相場は?

Image

ドレスのクリーニング料金の相場は、店舗の場合8,000~10,000円程度です。宅配クリーニングの場合は、3,000~4,000円程度と店舗に比べて安い値段設定になっていることが多いですが、送料が別にかかる場合があります。

格安のクリーニングを利用すると、きれいに仕上がらなかったり、ドレスが傷んだりする可能性があります。料金だけでなく、クリーニング店の技術の質を見極めて依頼する業者を決めましょう。

また、ドレスに染みができている場合は、染み抜きに追加料金が必要になることがほとんどです。クリーニング料金とあわせて、染み抜きにかかる費用を確認しておきましょう。

ドレスをクリーニングに出すときに注意することは?

Image

ドレスをクリーニングに出すときは、どのようなことに注意するべきなのでしょうか。

ドレスの素材や状態をチェックする

ドレスには、デリケートな素材が使われていることが多いです。シルクなどの繊細な素材が使われている場合、追加料金が必要になることがあります。さらに結婚式や結婚式の二次会、子どもの発表会などで着用するドレスには、スパンコールやレースなどの装飾品が付いているものも多数あります。そういった衣装の作りが繊細なものにも、追加料金が発生するかもしれません。

また、のちのトラブルを避けるためにも、ほつれや染みの有無といったドレスの状態の確認を忘れないようにしてくださいね。

日数を確認してから出す

デリケートなドレスのクリーニングの場合、仕上がりに日数がかかることも珍しくありません。とくに繁忙期の場合は、時間がかかってしまうことが多いです。ドレスが必要なときにクリーニングが終わっていないという事態を防ぐためにも、クリーニングにどのくらいの期間が必要になるのか、あらかじめ確認しておきましょう。

信頼できる業者かチェックする

デリケートな素材が使われていたり、細かく繊細な作りになっていたりするドレスのクリーニングは、信頼できる業者に任せるようにしましょう。値段だけで業者を選ぶと、せっかくのドレスが傷んでしまうかもしれません。お店の対応や評判などを参考に、大事なドレスを預けられる業者を探してみてくださいね。

対面受付で安心!店舗型クリーニング会社5選

Image

対面受付の店舗型クリーニング店の場合、ほつれやビーズなどの装飾品の紛失の有無などドレスの状態を確認してから受け付けることが多いです。料金や仕上がりについて事前に相談しやすいので、のちのトラブルに発展しにくいのがメリットといえるでしょう。

白洋舎

クリーニング業界トップクラスの白洋舎は、店舗数はもちろん、技術力にも定評があります。実店舗での受付だけでなく、自宅への集配サービスや宅配便を利用した宅配クリーニングサービスも展開しているので、全国どこからでも白洋舎のクリーニングを利用することができます。

白洋舎ではパーティードレスなどのほか、ウェディングドレスのクリーニングを依頼することも可能です。ウエディングドレスは取り扱っていないクリーニング業者が多いのですが、技術力の高い白洋舎に依頼できるのは嬉しいですね。

パーティードレスのクリーニング料金(税抜)
出店エリア
・ドレス 9,700円~ ・ウエディングドレス(本体のみ) 12,000円~ ・ウエディングドレス(ベール・ペチコート込) 16,000円~北海道、宮城県、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、群馬県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、広島県、愛媛県、福岡県

ホワイト急便

北海道から九州・沖縄まで、ほぼ全国の都道府県に出店しているホワイト急便は、店舗数が多いことで有名です。エリアごとに市場調査を行った料金設定なので、同じホワイト急便でも店舗によってクリーニング料金が異なることがあります。

料金はホワイト急便のホームページ内にある該当エリアの料金表で確認することができますが、ドレスの料金は記載されていません。料金を知りたい場合は、利用するホワイト急便の店舗に問い合わせてみましょう。

パーティードレスのクリーニング料金(税抜)
出店エリア
店舗により異なる全国ほぼ全て

ポニークリーニング

ポニークリーニングは、首都圏・中京圏を中心に19営業所、750店以上の店舗数を誇るクリーニング店です。大型集中工場でクリーニングを行うことで、最新技術を駆使した徹底した質の高いクリーニングと大量生産による低価格を両立しています。

実店舗は東京や名古屋などが中心ですが、宅配クリーニングサービスも展開しているので、全国どこからでも依頼することが可能です。ただしドレスの素材やデザインなどによっては、宅配クリーニングが利用できないこともあるため、あらかじめ確認しておきましょう。

パーティードレスのクリーニング料金(税抜)
出店エリア
ウエディングドレス・カクテルドレス 9,500円~東京、名古屋など首都圏・中京圏を中心に750店舗(2019年5月現在)

ノムラクリーニング

ノムラクリーニングは、大阪、奈良、兵庫、京都で約240店の店舗数を誇る、関西売り上げNo.1のクリーニング店です。衣類のスペシャリストの繊維製品品質管理士や、全工場に配属されているワイシャツ検査員により、品質にこだわったクリーニングを行っています。

ノムラクリーニングの特徴のひとつが、クリーニングするときに「抗菌・においガード加工®」を全品に施している点です。この加工により、嫌なにおいが取り除かれると同時に、においが付きくい状態に仕上がりますよ。

パーティードレスのクリーニング料金(税抜)
出店エリア
店舗により異なる大阪府、奈良県、兵庫県、京都、和歌山県において約240店舗(2019年5月現在)

きょくとう

福岡市に本社を置くきょくとうは、オゾンクリーニングを得意とするクリーニング店です。関東・近畿・中国・九州を拠点に646店の店舗(2019年5月現在)を展開しています。酸化力が強いオゾンでドライクリーニングの不得意とする水溶性の汚れを落とし、カビ臭・体臭・異臭などのにおいに対応します。

パーティードレスのクリーニング料金(税抜)
出店エリア
店舗により異なる埼玉県、東京都、神奈川県、大阪府、兵庫県、鳥取県、島根県、広島県、山口県、福岡県、佐賀県

ネットや電話で申し込める!宅配クリーニング会社5選

Image

宅配クリーニングなら、自宅からネットや電話で申し込みを行うことができます。店舗に足を運ぶ必要がなく、自宅まで集荷・配送をお願いできるのが魅力的ですね。利用するクリーニング業者によって、集荷や配達方法は異なるので、自分に合った業者を探してみてはいかがでしょうか。

また宅配クリーニングの料金体系には、単品料金と詰め放題料金があります。クリーニングを依頼する衣類の点数や種類によって、どちらを利用するほうがお得か変わるため、料金体系もしっかりと確認しておくと良いですね。

Article link icon
おすすめの宅配クリーニング11選!品質や価格で比較!口コミから人気や評…

リネット

リネットでは、衣類の種類によって料金が変わる単品料金が採用されています。パーティードレスのクリーニングは、通常料金が大人用3,600円(税抜)子ども用2,520円(税抜)です。シルクなどのデリケート素材やレースやラメなどの装飾品が付いてる衣類の場合、それぞれ200円の追加料金がかかります。

ドレスはドライクリーニングが行われることが多いですが、リネットではトリートメント効果をもたらす「リファイン加工」が無料で付いてきます。水洗いの場合は、柔軟剤を使ってやわらかく、コシのある仕上がりにしてくれるでしょう。毛玉取り、毛取り、検品時に見つかった染み抜きなどを全て無料で行ってくれるサービスも好評です。

初回注文限定で送料が無料になったり、クリーニング料金が割引になったりするキャンペーンが実地されていることもあります。

●リネットのクリーニング料金・配送期間・納品状態

ドレスのクリーニング料金
配送期間
納品状態
・通常料金 3,600円 ・デラックス料金 4,300円・通常会員 7日後 ・お急ぎ便 2~6日後 ・プレミアム便 翌日(東京23区限定) ただし、パーティードレスの翌日~4日後のお届け指定はできないリネット専用ダンボールにて納品

●リネットの送料

会員種別
クリーニング料金別の送料
送料無料になるクリーニング料金
通常会員・8,000円未満のときは1,800円 ・8,000円以上10,000円未満のときは900円10,000円以上
北海道・沖縄地区の通常会員2,600円なし
プレミアム会員3,000円未満のときは1,800円3,000円以上
北海道・沖縄地区のプレミアム会員5,000円未満のときは2,600円5,000円以上

ピュアクリーニングプレミアム

ピュアクリーニングプレミアムは、高級衣類専門の宅配クリーニングです。汚れを落とす従来のクリーニングのみに留まらず、デザインやシルエット、肌触りなどを復元させる「ダメージケア」を行っています。

ハンガーにかけた状態で配送を行う「立体BOX梱包」も行っているため、配送時ドレスにシワがつくのが不安だという人にもおすすめです。パーティードレスだけでなく、ウェディングドレスのクリーニングも15,000円で依頼できます。

●ピュアクリーニングプレミアムのクリーニング料金・配送期間・納品状態

パーティードレスのクリーニング料金(税込)
配送期間
納品状態
4,000円依頼品到着後7~14営業日で返送通気性のある不織布で包装されてハンガーボックスで納品

●ピュアクリーニングプレミアムの送料

クリーニング代金
往路(客→クリーニング店)
復路(クリーニング店→客)
7,000円未満宅配料金元払い(依頼者負担)全国一律1,000円
7,000円以上宅配料金元払い(依頼者負担)無料
12,000円以上宅配料金着払い(クリーニング店負担)無料

ネクシー

一般的に、クリーニング店では仕上げを機械で行うことが多いのですが、ネクシーでは全ての衣類が手仕上げされているというのだから驚きです。染み抜きやボタン・ほつれの修理、毛玉取りも無料で行ってくれるのがうれしいですね。

ネクシーのクリーニング料金は単品料金となっています。シルク、ベロアなどのデリケート素材やレースやラメなどの装飾品が付いてるものについては、それぞれ270円(税込)の追加料金が発生するので注意が必要です。子ども用の衣類(140サイズ以下)は、通常料金から20%割引した料金になります。

ドレスのクリーニング料金
送料
配送期間
納品状態
・通常料金 2,900円 ・メンバーズ料金 2,500円クリーニング料金が以下の場合は送料無料。ただし、北海道・東北・沖縄エリアは別途必要。 ・通常料金 3,500円以上 ・メンバーズ・ビジネス料金 3,000円以上集荷日を含む、最短で3日後(九州県内限定・輸送中含む) 通常の納期は5日~10日程度(輸送中含む)ダンボール納品 エコバッグ納品 ハンガー納品 衣類用梱包ビニール袋納品

白洋舎

白洋舎では店舗、集配サービス、宅配便の3種類の方法でクリーニングを依頼できます。宅配便を利用するときは送料がかかりますが、クリーニングの品質も料金も店舗で依頼するときと同じです。ローヤルクリーニングなどのサービス、各種加工、染み抜きなどのオプションサービスも、一部を除き店舗と同じように利用できます。

白洋舎の宅配クリーニングでは、パーティードレスだけでなく、ウェディングドレスも依頼可能です。

ドレスのクリーニング料金
送料
配送期間
納品状態
4,500~6,500円1,600円不明不明

リナビス

リナビスは詰め放題料金を採用しているので、クリーニングを依頼する衣類の点数によって、一着あたりの料金が異なります。詰め放題の場合は、依頼する衣類の点数が多いほど料金がお得です。ドレスに目立った汚れがなければ、衣替えの時期などにまとめてクリーニングを依頼しても良いかもしれませんね。

またリナビスでは、デリケート素材を使っているドレスも追加料金なく受け付けてもらえます。クリーニングをお願いできるかわからない素材や装飾のものは、専用の問い合わせフォームからクリーニングできるかを問い合わせてみましょう。

子ども用の衣類は2点で1点分としてカウントされるため、姉妹で演奏会や発表会に出たときは安い料金でまとめてクリーニングができます。またリナビスでは、染み抜き、送料、保管サービス(最長6ヶ月)が無料な点もお得だと好評です。

クリーニング料金(税別)
送料
配送期間
納品状態
・5点コース 7,800円 ・10点コース 10,800円 ・20点コース 18,800円無料 (ただし、北海道や一部離島は別途4,104円、沖縄は別途7,992円(税込)が必要)衣類発送日より最短で5日後ダンボール納品
Article link icon
宅配クリーニングのリナビスの評判は?リネットやネクシーと比較してわかり…

クリーニング後のドレスの保管方法

Image

クリーニングしたあとのドレスは、ビニールを外し、不織布タイプの衣類カバーに入れて保管しておいてはいかがでしょうか。ほこりや湿気、型崩れなどの予防におすすめです。防虫剤を活用すると、大事なドレスを虫食いから守れるかもしれません。また、定期的に風通しの良い場所で陰干しをすることも、ドレスをきれいに保つポイントです。

自宅でのドレスの保管に自信がない場合は、宅配クリーニングの保管サービスを利用しても良いですね。プロが判断した、衣類にとって最適な環境で保管してもらえるでしょう。保管期間や料金は業者によって異なるため、自分に合った業者を探してみてくださいね。

大切なドレスを任せるクリーニング業者選びは慎重に

Image

デリケートな素材が使われていたり、細かく繊細な作りになっていたりするドレスのクリーニングは、信頼できる業者にお願いしたいものです。料金はもちろん重要ですが、クリーニングの技術や内容も確認したうえで、クリーニング業者を選ぶことをおすすめします。

のちのトラブルを避けるためにも、クリーニングに関する疑問点・不安点はクリーニングを依頼する前に確認しておきましょう。

あわせて読みたい

マフラーの洗濯方法は?洗濯表示なしの場合の対応は?クリーニングの頻度や相場もご紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/30119
Image