リュックの洗濯方法は?クリーニングに出せる?干し方も解説

両手の空くリュックはママの強い味方ですよね。リュックは汚れがついてしまったり、汗のにおいが気になったりし始めたら洗濯のサインです。リュックの自宅での洗濯方法や洗濯できないリュックの取り扱い方、おすすめのクリーニング業者をご紹介します。

11186

目次

  1. リュックは自宅で洗濯?クリーニング?
  2. リュックの部分汚れに使えるアイテム
  3. リュックを洗濯機で洗濯する方法
  4. リュックを手洗いする方法は?
  5. 革製リュックのお手入れ方法
  6. リュックをクリーニングに出すときの基本
  7. 宅配クリーニングでお手軽にリュックをクリーニング
  8. リュックを出せるおすすめの宅配クリーニング業者
  9. リュックは定期的にお手入れしよう

リュックは自宅で洗濯?クリーニング?

背中に背負うリュックは、汗が付きにおいが発生しやすいといえます。リュックの汚れやにおいが気になりだしたら洗濯のサインです。

自宅で洗濯できるリュックかどうかは洗濯表示を確認する

リュックについている洗濯表示に洗濯機マークがついていれば、自宅で洗濯機を使用したお手入れが可能です。手洗いマークが付いてるときは、洗濯機は使わず手洗いをおすすめします。ナイロンなどの布製のリュックは自宅でのお手入れが可能ですが、革製は色落ちや型崩れの原因になるので水洗いはさけたほうが良いでしょう。

自宅で洗えないリュックはクリーニングがおすすめ

家でお手入れできないリュックはクリーニングに出すのがおすすめです。一般的なクリーニング店によっては断られることがあるため、リュックをクリーニングに出すときは、事前に問い合わせるようにしましょう。

また、リュックをクリーニングに出すときは、素材や大きさによって料金が異なることもあるので注意が必要です。高級クリーニング店や鞄専用クリーニング店でも、リュックを取り扱っていることがありますよ。

リュックの部分汚れに使えるアイテム

Image

ナイロンなどの布製のリュックの一部に汚れが付いてしまったときは、以下の方法で対処できることもあります。

食器用洗剤

食器用洗剤は、食べ物の油や色を分解するために強い効果を発揮するので、食べこぼしなどの汚れやシミに効果的です。マヨネーズやヨーグルトなどの油溶性のシミやソースやカレーなどの色の濃いシミがついたときは、食器用洗剤で部分洗いするのをおすすめします。

ただし、食器用洗剤でも「中性洗剤」を使うのがポイントです。アルカリ性の食器用洗剤は、生地によっては変色や色落ちの原因になります。部分洗いをするときは、まずは目立たない部分で色落ちしないかどうかのテストをするのが良いでしょう。

シミ取りレスキュー

水洗いできないアイテムや、シミの種類がわからないときでも、専用のシミ抜きアイテムを使えば対処できることもあります。

Lf4903301723868出典:shop.r10s.jp
トップ シミ取りレスキュー
¥250〜(2018/12/27 時点)

シミ取りレスキューは、水性・油性のどちらのシミにも効果の高い界面活性剤を配合しています。弱酸性なので、ウール、シルクなどのデリケートな素材をはじめ、水で色落ちしたり輪ジミになったりするものをのぞけば、水洗いできないものにも対応可能です。汚れた液をすばやく吸収するシート付きなので、輪ジミも防げます。

リュックを洗濯機で洗濯する方法

Image

洗濯機が使用可能なリュックの洗濯方法は以下のとおりです。

特に汚れがひどい部分を確認する

特に汚れがひどい部分やシミは洗濯機で落ちないこともあるので、以下の手順で事前に部分洗いします。

1.汚れやシミの裏側にタオルを当てる
2.水で濡らした歯ブラシで軽く湿らせる
3.食器用洗剤を少量付けて、軽くたたく(こすると広がるので注意)
4.洗剤が付いた部分をぬるま湯や水ですすぐ

ネットに入れる

リュックのポケットに何も入っていないかを確認し、取り外せるパーツを全て外したら洗濯用ネットに入れます。洗濯用ネットはサイズが小さすぎると汚れが落ちにくく、大きすぎると中でリュックがよれて型崩れしてしまうことがあるので、リュックの大きさと同じくらいのものを準備しましょう。

手洗いコースで洗濯する

洗濯機の「手洗いコース」や「デリケートコース」などのやさしいモードで洗濯します。型崩れや色落ちを防ぐために、おしゃれ着用洗剤を使用しましょう。おしゃれ着用洗剤は、においや汚れを落としながらも、普段の洗剤よりやさしい成分で伸びや縮みを防ぐものが多いようです。

風通しの良いところに干す

1~3分程度脱水して風通しの良い場所で干します。干し方のポイントは、全てのファスナーを開けて干すことです。風通しが良くなることで、ファスナーを閉めた状態よりも乾きやすくなります。

完全に乾かないうちに取り込んでしまうとカビの原因になります。洗濯した後は完全に乾かすことが大切です。乾燥機を使うと、変形やゆがみの原因になるので自然乾燥で乾かしましょう。

リュックを手洗いする方法は?

Image

リュックを自宅で手洗いするときの手順は以下のとおりです。

リュックの手洗いに必要なもの

リュックを手洗いするときは、以下のものが必要です。

●食器用洗剤
特に汚れのひどい部分やシミを落とすときの部分洗い用として使用します。

●おしゃれ着用洗剤
通常の洗剤よりやさしい成分で伸びや縮みを防ぎながら、汚れやにおいを落とします。

●リュックが入る大きさの桶
洗面台に水をためて洗うと、ファスナーなどの金具で洗面台を傷めることがあります。桶やタライなどの容器に入れて洗うことをおすすめします。

汚れのひどい部分を確認する

ひどい汚れやシミは、事前に食器用洗剤を使って部分洗いしましょう。部分洗いの手順は以下のとおりです。

1.汚れやシミの裏側にタオルを当てる
2.水で濡らした歯ブラシで軽く湿らせる
3.食器用洗剤を少量付けて、軽くたたく(こすると広がるので注意)
4.洗剤が付いた部分をぬるま湯や水ですすぐ

おしゃれ用洗剤でもみ洗いする

桶やタライなどの容器に水をため、おしゃれ着用洗剤を入れます。手で混ぜて洗剤が行きわたったら、リュックを入れてもみ洗いします。全体的に汚れがひどいときは、30分程度浸して汚れを浮かせておくのも良いでしょう。

水を入れ替えてすすぐ

もみ洗いすると水が濁ってくるので、何度か水を入れ替えてすすぎます。水が濁らなくなったら、すすぎ終了のサインです。洗剤が残っていると変色の原因になるので、よくすすぐことが大切です。

水を切る

リュックの水を切りましょう。強く押したり絞ったりすると型崩れやしわの原因になるので注意が必要です。何枚か重ねた大きめのバスタオルを広げてリュックを置いたら、タオルで包んで上から軽く押さえて水分を取りましょう。リュックを吊った状態で水が滴り落ちてこなければしっかり水が切れていると判断できます。

風通しの良いところに干す

風通しの良い場所にファスナーを全て開けた状態で干します。洗濯機の脱水機に入れないときは、干し方を工夫しても乾きにくいことが多いでしょう。完全に乾かさないとカビの原因になるので注意が必要です。乾燥機は布地やパーツの変形やゆがみの原因になるので、使用しないほうが良いでしょう。

革製リュックのお手入れ方法

Image

水洗いできない革製リュックの自宅でのお手入れ方法についてご紹介します。

ブラッシングする

革製のリュックを使った日は、ブラッシングでほこりや汚れを落とすことが大切です。ブラッシングは艶を出すだけではなく、ほこりや汚れが糸目や縫い合わせ部分に入ることでシミやカビが発生するのを防ぐ効果もあります。革を傷付けないようなやわらかい馬毛のブラシがおすすめです。

【Collonil(コロニル)】馬毛ブラシ
¥1,296〜(2018/12/27 時点)

コロニルは、ドイツの老舗レザーケアブランドです。弾力性に富んだやわらかい馬毛を豊富に使用しています。スエードなどの起毛革をはじめ、表革などのほこり落としにも使えます。太くて丈夫な毛を使っているので耐久性もありますよ。

乾拭きする

革製品は、布で乾拭きすることで光沢を保てます。しかし、布目が荒い布を使ったりゴシゴシこすったりすると傷の原因となるので、やわらかい布でやさしく磨くように乾拭きするのが良いでしょう。

【コロンブス】革用お手入れクロス
¥540〜(2018/12/27 時点)

革ケア製品の老舗「コロンブス社」の革用お手入れクロスです。キメの細かい綿素材で両面ともに起毛しているので、やわらかいのが特徴です。手洗い可能なのでお手入れ後の清潔さも保てます。

クリームを塗る

革製品は乾燥すると弱くなり、そのままにしておくとひび割れや破れに発展します。定期的なお手入れのときには、クリームで保湿すると汚れを落とすだけでなく乾燥を防ぐことができます。

クリームはつけすぎるとシミになります。目立たない部分でシミにならないかをチェックしたら、少量を布に取り全体に薄く伸ばすイメージで広げましょう。

【M.MOWBRAY(エム・モゥブレィ)】クリームエッセンシャル
¥1,944〜(2018/12/27 時点)

靴に比べて面積の広いリュックのお手入れには、伸ばしやすいローションタイプのクリームがおすすめです。クリームエッセンシャルは、1本で汚れ落とし、栄養補給、ツヤ出しをすることができます。オリーブオイル、ビーワックス、ラノリンの3つの天然成分で革にしっかり栄養を与えてくれますよ。

再度ブラッシングと乾拭きをする

クリームをリュック全体に広げたら、もう一度ブラッシングをして縫い目に入り込んだ余分なクリームやほこりを落とします。次に乾拭きをして汚れを拭いましょう。

防水スプレーをかける

お手入れの仕上げに防水スプレーを吹きかけておけば、水だけではなく汚れの付着を防げます。防水スプレーにはシリコンを使ったものやフッ素を使ったものがありますが、シリコン製は革に使用するとシミになりやすいので、革製のリュックにはフッ素系の防水スプレーがおすすめです。

Waterstop400 a出典:shop.r10s.jp
【コロニル】ウォーターストップ
¥1,850〜(2018/12/27 時点)

皮革お手入れ用品の世界的トップブランド「コロニル」の防水スプレーです。フッ素タイプで、汚れや湿気を防ぎます。スムースレザー、起毛皮革、布地、人工皮革など、さまざまな素材に使えるので使用範囲が広い防水スプレーといえるでしょう。

リュックをクリーニングに出すときの基本

Image

クリーニングの相場

リュックのクリーニングの相場は、ナイロンなどの布製なら2,500~7,000円程度、革製なら4,000~12,000円程度です。しかし、ブランド品になると、さらに料金がプラスされる傾向があります。

取り扱いがない店舗もある

一般的なクリーニング店によっては、リュックをはじめ靴や鞄の受付をしていないところがあるようです。クリーニングに出す前には取扱い可能かどうか、料金はどのくらいするのかを確認しておくと良いでしょう。

宅配クリーニングでお手軽にリュックをクリーニング

Image

リュックのクリーニングを受付している業者は少ないので探すのが大変です。しかし、リュックの取り扱いをしている宅配クリーニング業者であれば、自宅に居ながらにして依頼や配送ができますよ。

宅配クリーニングの相場

宅配クリーニングのリュックのクリーニング相場は、ナイロンなどの布製リュックなら1,000~10,000円程度、革製リュックなら4,000~12,000円程度です。リュックの大きさや素材によって料金は異なります。ブランドもののリュックは料金がプラスされることがあるので注意が必要です。

自宅で配送と受け取りができる

宅配クリーニングでは、基本的に自宅で商品の配送と受取が行えます。最近では、2回目からという条件つきでコンビニ配送を受け付ける業者も増えています。コンビニから配送することによって自分の都合の良い時間に出せるので、さらに便利になりますね。

リュックを出せるおすすめの宅配クリーニング業者

洗濯倉庫

洗濯倉庫には衣類や小物を1品ずつから依頼できる「単品衣類コース」と「詰め放題コース」がありますが、リュックは単品衣類コースの小物扱いになります。リュックの大きさによって価格が異なるので、依頼する前にどの大きさに当たるか確認しておくと安心ですね。

洗濯倉庫のリュックのクリーニング料金・会費・送料は以下のとおりです(税別)。

シルバー会員
ゴールド会員
リュック(小)1,200円1,000円
リュック(中)2,400円2,000円
リュック(大)3,600円3,000円
会費無料月額280円 年払い3,000円
送料2,000円 (北海道・一部離島は4,000円)4,000円以上の利用で無料 (北海道・一部離島は2,000円) 4,000円未満の利用で2,000円 (北海道・一部離島は4,000円)

白洋舎

白洋舎では、店舗・集配・宅配の3つの方法でクリーニングを依頼できます。衣類はもちろんのこと、靴や鞄の取り扱いもあります。

ただし、店舗や方法によって受付や料金が異なることがあるので、依頼する前に受付可能かどうか、料金はどのくらいかかるのか確認が必要です。リュックの価格は集配のみホームページで提示されているので、参考にしてください。

白洋舎(集配)のリュックのクリーニング料金は以下のとおりです(税別)。

リュックの種類
クリーニング料金
補色・リカラー料金
革のリュック5,500円~5,000円~
一部革のリュック4,200円~4,200円~

リュックは定期的にお手入れしよう

リュックは背中に背負うことによって汗をかきやすく、ほかのバッグより汚れやにおいが気になります。洗えるものは自宅やクリーニングでの定期的なお手入れが必要です。革のバッグも定期的にブラッシングやクリームを塗ってメンテナンスすることをおすすめします。