おすすめのブーツがクリーニングできる業者5選!保管の可否・料金・サービス内容などで比較

ブーツを脱ぐとにおいが気になることはありませんか。ブーツは家庭では水洗いできませんが、専門のクリーニング業者に依頼すれば丸洗いが可能です。ブーツクリーニングの基本をはじめ、おすすめの業者をご紹介します。気になるにおいをスッキリ落としておしゃれを楽しみましょう。

4466

目次

  1. ブーツクリーニングはなぜ必要?
  2. ブーツクリーニングの基本
  3. ブーツをクリーニングできる業者5選
  4. ブーツクリーニング業者の比較表
  5. ブーツクリーニングのサービス内容は?
  6. におい対策にはクリーニングがおすすめ

ブーツクリーニングはなぜ必要?

Image

通気性の悪い筒状ブーツは、ムレやすくにおいがこもりがちです。ブーツの中は汗による湿気を放出しにくいので、気づかぬうちにカビが生えていることがあります。さらに、カビだけではなく雑菌が増殖すると水虫になってしまうこともあります。そのため、できる限りブーツは清潔な状態で保っておく必要があるでしょう。

しかし、スニーカーと違ってブーツは家庭で丸洗いすることができません。ブーツを丸洗いしたい場合は、特殊技術を持つ専門のクリーニング業者に依頼する必要があります。ここでは、大切なブーツをにおいやカビから守りたい、いつでも清潔な状態でおしゃれを楽しみたい、ついてしまったにおいやカビを落としたいという人のために、ブーツクリーニングについて解説していきます。

ブーツクリーニングの基本

Image

ブーツクリーニングの相場

ブーツの丸洗いと乾燥のみの価格で見たとき、一般的なクリーニング相場は1足あたり2,500円~5,000円程度です。丸洗いに加えて補色や撥水加工がついているときは3,000円~8,000円程度になります。

店によってはショートブーツ・ロングブーツなどの大きさの違いやムートン・スウェードなどの素材の違いによって料金が違うこともあります。

クリーニングに出せないブーツ

クリーニング店によってはムートンやスウェードなどの特殊素材は断られることがあるので、依頼する前に確認することをおすすめします。また、においや汚れのひどいものも料金がプラスされたり、断られたりすることがあるので注意が必要です。

ブーツをクリーニングできる業者5選

Image

普通のクリーニング店で靴やブーツのクリーニングを取り扱っているところは少ないでしょう。靴のクリーニングを取り扱う業者でもブーツは断られることもあります。そこで、ブーツも対応可能なおすすめクリーニング業者をご紹介します。

くつリネット

靴専用の宅配クリーニング「くつリネット」では、ブーツも取り扱っています。年間35,000件以上の実績があり、雨ジミのついてしまったムートンブーツやカビが生えてしまった革靴にも対応しているので心強いですね。

コースはライトコース、スタンダードコース、スペシャルコースの3種類あり、クリーニングを依頼する靴が多いほど安い料金設定となっています。検品後は特殊室で24時間かけて除菌消臭を行います。除菌消臭後に洗浄、乾燥、仕上げを行う仕組みです。

コースごとに仕上げ工程が違うので、依頼するときはコースの違いを確認することが大切です。1足あたり1,000円(税抜)で最大9ヶ月の保管サービスを利用できます。

●ライトコース
・消臭&除菌
・丸洗い

1~3ヶ月に1度のメンテナンスにおすすめ。前回スタンダートコースやスペシャルコースを行った靴向きのコースです。

ライトコース
1足分の料金
1足で出した場合3,980円
2足パック3,480円
3足パック2,980円
4足パック以降2,480円

●スタンダードコース
・消臭&除菌
・丸洗い
・補色
・起毛シミ抜きブラッシング

1番人気の基本コースです。

スタンダードコース
1足分の料金
1足で出した場合6,980円
2足パック6,480円
3足パック5,980円
4足パック以降4,980円

●スペシャルコース
・消臭&除菌
・丸洗い
・補色
・起毛シミ抜きブラッシング
・撥水加工

スタンダードコースに撥水加工を加えた特別コースです。

スペシャルコース
1足分の料金
1足で出した場合7,980円
2足パック7,480円
3足パック6,980円
4足パック以降5,780円

白洋舎

東京を中心に全国展開している白洋舎は、クリーニング業界の最大手です。店舗での受付、集配サービス、宅配と3種類の方法で依頼することができます。どのような方法で依頼しても、クリーニング工程や品質は同一なので安心です。ただし、依頼方法や店舗ごとの料金が異なることがあるので注意が必要です。

白洋舎では、靴底や内側を入念に洗浄液で洗った後に洗浄を行うので、においがこもりやすいブーツには特におすすめです。殺菌消毒効果のあるオゾン溶水で徹底的にすすぎ、乾燥させます。仕上げは靴専用の機械で形を整え染色します。別料金で靴やブーツを預かってくれる保管サービスも好評です。

靴の種類
店舗受付の料金目安(税抜)
集配サービスの料金目安(税抜)
ロングブーツ3,000円3,300円

ベルメゾンネット

大手通販会社のベルメゾンは、衣類や靴のクリーニングも行っています。宅配クリーニングなので全国対応しており、長期保管を依頼することも可能です。料金は納期とブーツの数によって異なります。

靴底、外側、内側など部分ごとに洗浄を行い、革本来のツヤをよみがえらせ、撥水効果のあるクリームで磨き込んで仕上げます。内部の除菌や消臭処理も行うので、においがこもりやすいブーツにはおすすめです。1ヶ所に限り補色サービスを無料で行ってくれます。

ブーツクリーニングの納期と料金
お急ぎ便
通常便
長期保管
納期の目安工場到着後最短5営業日後に返送1ヶ月以内に返送最長9ヶ月の保管
1足コースの料金(税抜)4,690円4,250円4,690円
2足コースの料金(税抜)9,000円7,750円9,000円

靴専科

靴専科は東京・神奈川を中心に店舗を持ち、靴・バッグの修理やクリーニングを行っています。店舗に行けないときは、最寄りの店舗に宅配で依頼をすることも可能です。超音波洗浄のスタンダードコースと手洗い洗浄のデリケートコースの2コースを選択した後、以下の3つの仕上げコースを選ぶ仕組みです。

●エコノミーコース
特殊洗剤とオゾン水を使用して靴を丸洗いして乾燥させた後、靴専用クリームで磨きます。

●デラックス仕上げ
エコノミーコースに加えて、つま先・かかと部分の色の補修を行います。

●スペシャルコース
エコノミーコースに加えて、靴全体の色の補修を行います。

クリーニング料金(税抜)
ワークブーツ・ハーフショートブーツ(レディース)
ワークブーツ・ハーフショートブーツ(メンズ)
ロングブーツ・ウエスタンブーツ(男女共通)
スタンダード(エコノミー)2,800円3,500円3,800円
スタンダード(デラックス)4,800円5,300円5,800円
スタンダード(スペシャル)6,200円6,600円7,000円
デリケート(エコノミー)4,500円5,200円5,400円
デリケート(デラックス)6,300円7,000円7,400円
デリケート(スペシャル)8,200円8,500円8,900円

リアット

リアットは東京・神奈川を中心に店舗を展開しており、靴とバッグの修理やクリーニングを行っています。楽天市場にも店舗があるので、全国どこからでも宅配で依頼することが可能です。

リアットでは汚れの状態を確認し、専用の洗剤を使用して手作業で水洗いします。店舗では、クリーム仕上げ、部分補色仕上げ、全体補色仕上げと仕上げによって料金が異なります。オプションで多色の補色や防水加工も受け付けています。最大9ヶ月の保管サービス付きのコースも人気です。

銀座一丁目店(税込)
楽天市場店(税込)
最大9ヶ月の保管付き(税込)
ブーツのクリーニング料金3,000円~4,960円4,320円

ブーツクリーニング業者の比較表

以下の表は、ブーツのクリーニングを取り扱う業者の比較表です。受付方法、サービス内容、料金、保管サービスがあるかの4点で比較しています。受付方法は店舗の有無や宅配が可能かどうかなど、サービス内容は手洗いか機械洗いかなどを意味します。

受付方法
サービス内容
料金(税抜)
保管サービス
くつリネット宅配のみ手洗いによる洗浄。コースごとに補色、起毛しみ抜きブラッシング、撥水加工が加わる。・ライトコース1足あたり2,480円~ ・スタンダードコース1足あたり4,980円~ ・スペシャルコース1足あたり5,780円~1足あたり1,000円(最大9ヶ月・税抜)
白洋舎店舗・集配・宅配靴底・内側を洗浄液で洗う前処理を行った後、靴に合わせた洗浄方法で洗い、殺菌消毒効果のあるオゾン溶水ですすぐ。乾燥後は靴専用の仕上げ機で形を整え、補色する。・店舗3,000円 ・集配3,300円あり(料金や期間は店舗により異なる)
ベルメゾンネット宅配のみ靴底・外側・内側を手洗いした後、撥水効果のある専用クリームで仕上げ、内部の除菌・消臭処理を行う。お急ぎ便 ・1足コース4,690円 ・2足コース9,000円 通常便 ・1足コース4,250円 ・2足コース7,750円・1足コース4,690円 ・2足コース9,000円 (最大9ヶ月・税抜)
靴専科店舗・宅配特殊洗剤・オゾン水で丸洗いした後、靴専用クリームで磨く。機械洗いか手洗いかは選択できる。コースによっては補色も行う。・ショートブーツ2,800円~ ・ロングブーツ3,800円~なし
リアット店舗・宅配手作業による洗浄と乾燥を行った後、クリームで磨く。コースによっては色の補修も行う。防水加工や激しい汚れ・においはオプション料金が必要。・工程や店舗ごとに料金が異なる ・楽天市場店4,960円(税込)1足あたり4,000円 (最大9ヶ月・税抜)

ブーツクリーニングのサービス内容は?

Image

ブーツをクリーニングするときに、内容を確認しても作業内容がわかりづらいですよね。そこで、ブーツのクリーニングでよく行われる作業内容を解説します。

※店舗によって下記のサービスが取り扱われていなかったり、多少の違いがあったりする場合があります。

手洗い洗浄

靴に合わせた洗剤で、1足ずつ洗う作業です。ブラシやスポンジなどを使ってやさしく丁寧に手洗いします。水や洗剤は業者ごとにオリジナルのものを使うことが多いようです。

超音波洗浄

水と洗剤を空気で放出する機械で洗う方法です。手洗いに比べて汚れの落ち具合は劣りますが、素材の奥にたまった汚れをかき出すことができます。シミになりやすい革ややわらかい素材には向いていません。

補色

細かな傷や色あせを目立たなくするために行う作業です。靴の色に合った補色剤やクリームを塗って、ツヤや輝きを取り戻します。つま先やかかとなど傷が付きやすい場所に施す「部分補色」と、ブーツ全体の傷や色あせを目立たなくする「全体補色」があります。

クリーニング料金に含まれていることもあれば、オプション扱いになることもあるので、補色を依頼するときはコース内容や料金を確認しましょう。

起毛シミ抜き

ムートンブーツなどの起毛素材は補色ができません。そこで、ブラッシングなどの手作業で起毛素材のシミ抜きを行うことを「起毛シミ抜き」や「起毛ブラッシング」といいます。起毛素材は雨ジミができやすいので、目立ったシミがあるときは依頼することをおすすめします。

撥水加工

防水スプレーやクリームで撥水効果を高める作業です。料金に含まれていることもありますが、ほとんどの場合オプションで別料金になっています。依頼するときはコースに含まれているかどうか、別料金のときはいくらかかるかを調べておきましょう。

かかと修理

かかとやヒールのゴムは、歩いているうちに劣化してすり減ってきます。そのままにしておくと金具が飛び出し、滑りやすくなったり歩きにくくなったりするので危険です。劣化したゴムを交換することを「かかと修理」といいます。

かかと修理は、靴の修理も行っているクリーニング店で取扱うほか、クリーニングにオプションで付けられることもあります。かかとやヒールのゴムがすり減っている場合は、クリーニングを依頼するときに同時にお願いしておくと安心ですよ。

におい対策にはクリーニングがおすすめ

Image

お気に入りのブーツや高価なブーツが臭くなったり、カビで履けなくなったりしたら困りますよね。においやカビが気になるときは、特殊技術による丸洗いが可能なプロにおまかせすることをおすすめします。ブーツを脱ぐときに恥ずかしい思いをしないよう、日ごろから清潔にしておきたいですね。