マタニティフォトとは?撮影時期と人気の撮り方3選

海外では広く知れ渡っているマタニティフォト。日本でもその魅力が広まりつつあります。女性の特権とも言える神秘的な姿は是非残しておきたいですよね。これから産まれてくる赤ちゃんに「こんなに大事に思っていたんだよ」というメッセージにもなるマタニティフォトです。今回は、そんなマタニティフォトの魅力に迫ってみました。

10944

目次

  1. マタニティフォトとは?
  2. マタニティフォトを撮る時期はいつから?
  3. マタニティフォトの人気の撮り方3選
  4. マタニティフォトを撮る時のコツと注意点は?
  5. マタニティフォトは大切な妊娠生活の記念になる

マタニティフォトとは?

マタニティフォトとはお腹の大きい妊婦さんの姿を撮った写真のことです。海外ではマタニティフォト専門のプロカメラマンがいるくらい浸透していますが、日本でも徐々に知られつつあります。

かつての日本では妊娠中の体のラインをあえて隠す風潮がありました。妊娠中のお腹の写真をわざわざ写真に撮っておくという考え方もなかったのです。

しかし最近ではそのお腹の変化を楽しみ、その変化を愛おしいものという捉え方をするようになり、覆い隠すのではなくお腹が大きいことを楽しめるようなファッションも浸透してきたのです。

妊婦になった芸能人が素敵なマタニティフォトを撮って公開しているのを見たことのある方も多いと思います。とても愛情のこもった素敵な写真ですよね。

お腹の中にいる赤ちゃんとの初めての記念撮影です。そんな一生のうちで一番幸せな時期と言ってもいいくらい素敵な瞬間を、是非おさめておいてくださいね。

マタニティフォトを撮る時期はいつから?

Image

妊娠7~9ケ月がおすすめ

お腹が目立ち始めた頃がマタニティフォトを撮影するのに最も適した時期です。安定期に入った妊娠5ヶ月頃は、まだそんなにお腹のふくらみがはっきりしている時期ではありませんよね。撮影してもわかりづらいので、完全にお腹のふくらみが分かる7ヶ月以降が素敵な写真が撮れるようです。

一方、臨月になってしまうといつ赤ちゃんが産まれてしまうかわかりません。臨月にマタニティフォトの予約をしたが、出産になってしまい結局撮れなかった…なんてことのないように臨月に入るまでに撮っておいた方が良さそうですね。

スタジオで撮る場合は確認を

スタジオによっては安定期に入る前や臨月の写真撮影をお断りしている所もあるようです。入学式シーズンや七五三シーズンにも予約が取りづらいなども考えられます。体調の良い時を見計らって早めにスタジオへ確認しておいた方が良さそうですね。

マタニティフォトの人気の撮り方3選

Image

アイテムを使用して撮る

マタニティフォトを撮る時にママのお腹につける、マタニティサッシュリボンベルトを使った撮影が人気です。手作りする人も多いということですよ。赤ちゃんが産まれたら、マタニティフォトに使ったサッシュリボンベルトを赤ちゃんに巻いて写真を撮ることもできますね。

エコー写真と一緒に…もとってもおしゃれです。「お腹の中のあなたはこんな感じだったのよ」と産まれてきたら教えてあげられそうです。

スタジオを利用して撮る

こちらはスタジオエイメイで撮られた1枚です。旦那さんと一緒に撮るのも良いですよね。このスタジオではマタニティドレスが無料で借りることができます。

お腹に文字やイラストを描いて撮る

こちらはスタジオエイメイのマタニティペイントの一例です。お腹に、赤ちゃんのイラストや妊娠週数、赤ちゃんの名前、赤ちゃんへのメッセージを描いて撮影するのも人気です。赤ちゃんが大きくなってから見せたときに、自分の名前が入っていると喜ぶかもしれませんね。

マタニティフォトを撮る時のコツと注意点は?

Image

マタニティフォトを上手に撮るコツ

マタニティフォトを上手に撮るコツは、なんといっても大きなお腹を上手に見せることです。お腹をしっかり見せることができれば、素敵なマタニティフォトが撮れますよ。恥ずかしがらずにリラックスして撮影にのぞみましょう。

お腹が目立つポーズのとり方

お腹が目立つポーズはやはり正面よりも横向きですよね。手をお腹に当てて横向きで撮影すると、お腹のまるみが強調されて、きれいなマタニティフォトが撮れます。

マタニティフォトを撮る時の注意点

スタジオで撮る時はそこに行くまでの服に注意をしてみましょう。タイトな服を着て行ってしまったら、もしかするとお腹に服の跡がついてしまうかもしれません。撮影前は跡がつかなそうな、ゆったりした服を着て行ってくださいね。

マタニティフォトは大切な妊娠生活の記念になる

お腹の大きな期間は家族の歴史の中のほんの一瞬です。その素敵な一瞬を思い出として残したマタニティフォトは、生まれてきた赤ちゃんに「どれだけあなたに会えるのを楽しみにしていたか」を教えてあげられる、素敵なプレゼントになるかもしれませんね。