提供楽天株式会社

「最近出費が多いな…」ママが実感、子どもが生まれて増えた費用は?

子どもが誕生してからの日々の成長は喜ばしいもの。一方、家族が増えて慌ただしい生活の中で「なんだか出費が増えた」「節約ポイントを見つけたい」と感じているママ・パパは多いのではないでしょうか。子育て家庭に起こる家計の変化と、今すぐ簡単にできる対策を見てみましょう。

36559

目次

  1. 【体験談】子どもが生まれて家計が激変…!?ママが痛感した出費のポイントは?
  2. そんな家計の激変に備える秘策とは…?
  3. 簡単に今すぐできる対策はコレ!

【体験談】子どもが生まれて家計が激変…!?ママが痛感した出費のポイントは?

ママたちが感じた家計の変化とは…?リアルな声を紹介します。

1.ベビーグッズや日用品の買い揃え

Image
Experience icon
【先輩ママの声】

ベビーカー、ベビーベッド、抱っこ紐…ベビーグッズは種類が多い上、高額なものもたくさんあります。おむつ、おしりふき、粉ミルクなど、赤ちゃんが使う消耗品も購入するため、いつの間にか出費がかさんでいます。

2.節目のイベントのお祝い

Image
Experience icon
【先輩ママの声】

お宮参り、節句、お誕生日、七五三など成長の節目となるイベントは、しっかりとお祝いしています。子どもには素敵な衣装を着せてあげたいし、記念撮影も一生の思い出として残るので、支払いのことは一旦忘れるようにしています。

3.広い家への引越し

Image
Experience icon
【先輩ママの声】

家族が増えたことをきっかけに、広い間取りの家へ引越しました。物件の契約や荷物の搬入のほか、一部の家具や家電は新しいものに買い替えたので、貯金があっという間に減りました…。

4.産休・育休・退職などで世帯収入はダウン

Image
Experience icon
【先輩ママの声】

出産にあたって産休・育休を取得。復帰後は時短勤務になり、出産前に比べて収入は減りました。その一方、子どもと一緒に家にいる時間が増えたことで電気代がかさむなど、思わぬ部分の出費が増えています。

そんな家計の激変に備える秘策とは…?

Image

出費が増えるとはいえ「子どものためにできることはしてあげたい」というのが親心…。我慢することなく、生活を変えることなく、簡単に節約できる方法はないのでしょうか。

簡単に今すぐできる対策はコレ!

節約を考えるときに、最初に着目すべきは「固定費の見直し」です。とくに電気代については、「子どもが生まれてから結構増えた」と感じているママも多いのではないでしょうか。

平均的な子育て世帯では、おおよそ以下の電気代がかかるといわれます。

・一般的な3人・4人世帯の電気代(※)

3人世帯
4人世帯
1ヶ月間10,485円11,239円
1年間125,820円134,868円

電気代を簡単に節約する方法、そのキーワードは「電力自由化」です。聞いたことがある方も多いでしょう。電力会社を切り替えるだけで毎月の電気代がお得になるかもしれませんよ。

【編集部が実践】シミュレーションで判明!我が家は〇〇円お得に

数ある電力会社の中でもおすすめは「楽天でんき」です。切り替えると果たしてどれだけお得になるのか、編集部でシミュレーションしてみました。

・編集部員A【家族構成:3人家族(夫婦と子ども1人/3歳)】

Image

・編集部員B【家族構成:4人家族(夫婦と子ども2人/0歳3ヶ月・5歳)】

Image

電力会社を切り替えるだけでこれだけお得になるとは驚きですね…。電気代の明細さえあればすぐにシミュレーションできるので、気になる方は試してみましょう。

楽天でんきへの切り替えは、簡単・安心・お得がいっぱい!

Image

楽天でんきでは、今なら申し込みで2,000ポイントがもらえるキャンペーンを実施中です。

基本料金はずっと0円。誰もが使う電気代で毎月楽天ポイントが貯まり、支払いにも使えます。

スマホから簡単に申し込めるので、驚くほど手間がかかりません。切り替えのための工事や立会いも不要です。また、使用中の送配電線を使って電気を届けるため、切り替え後もこれまでと変わらない安定した電力が供給されるので安心ですよ。

毎月かかる固定費は、できるところからかしこく見直しましょう。貯まったポイントで、家事・育児を頑張るママ自身へのご褒美を…と考えると楽しみが増えそうですね。

(イラスト:酒井さゆり/文:ままのて編集部)