【ウイルス対策】赤ちゃんでも使える対策グッズ5選!妊婦さんも必見のアイテムを紹介

風邪やインフルエンザ、新型コロナウイルスなど、感染症の流行に不安を感じるパパやママは多いでしょう。今回は、ウイルス対策になる便利な商品を紹介します。置き型・携帯型のウイルス除去剤など、赤ちゃんや妊婦さんが使えるものもありますよ。ウイルス関連商品は価格の変動が激しいので、適正価格かどうかを購入前にチェックしてくださいね。

10306

目次

  1. 赤ちゃんのウイルス対策は必要?
  2. 1.【クレベリン】赤ちゃん&プレママも使える
  3. 2.【オキサイダー】空間中の菌やウイルス除去
  4. 3.【ウイルスシャットアウト】首から下げられるウイルス対策
  5. 4.【ウイルスイオンでブロック】シュッと顔にひと噴き
  6. 5.【NANOX除菌・消臭スプレー】気になる布も除菌
  7. 6.【ベビーカー用レインカバー】雨もウイルスも防ぐ
  8. 赤ちゃんも使えるウイルス対策グッズを楽天・Amazonでチェック
  9. ママ&パパができる基本のウイルス予防
  10. ウイルス対策をして毎日元気に過ごそう!
  11. あわせて読みたい

赤ちゃんのウイルス対策は必要?

赤ちゃんは大人に比べて免疫力が低い

赤ちゃんは、大人に比べて免疫力が低いといわれています。大人はすぐに治るような病気でも赤ちゃんは重症化する可能性があるので、できるかぎり感染を防ぎたいですよね。

また、赤ちゃんにはなんでも口に入れてしまう時期があります。うがい・手洗いなどが上手くできない月齢だと、接触感染や経口感染も気になります。

ウイルス対策をしてもすべての病気が防げるわけではありませんが、少しでも安全に過ごせるように、グッズを利用してみると良いでしょう。

新型コロナウイルスの予防にも

2020年春に世間をさわがせてている新型コロナウイルスの対策としても、除菌グッズを使用すると良いでしょう。とくに、アルコール消毒はコロナウイルスの感染防止に効果的だとされています。

また、コロナウイルスに感染したときの症状は風邪とよく似ているといいます。コロナウイルス以外の感染を予防するためにも、ウイルス対策のアイテムを活用して清潔を保っておくと安心ですね。

1.【クレベリン】赤ちゃん&プレママも使える

引用元:www.seirogan.co.jp

「置くだけ」のウイルス対策法として、注目を浴びているのがクレベリンです。置き型のクレベリンは、二酸化塩素によって特定のウイルスを除去してくれます。リビングや寝室などの閉鎖空間で効果を発揮しますが、車などには置けません。

赤ちゃんや妊娠中のママがいる空間に置いても問題ありませんが、赤ちゃんの間近に置くのは止めておきましょう。置き型の他にも、スティックペンタイプやスプレーなども販売されています。目的によって使い分けてくださいね。

2.【オキサイダー】空間中の菌やウイルス除去

引用元:oxider.jp

オキサイダーは、クレベリンと同じく二酸化塩素の力でウイルスを除去する空間除菌剤です。コロンとしたかわいい容器が特徴的ですね。クレベリンと比較すると、二酸化塩素濃度が上昇する際のにおいが気にならない仕様になっています。

赤ちゃんがいる部屋にも使えますが、赤ちゃんの手が届かない高い位置に置きましょう。菌やウイルスだけではなく、ペットなどの気になるにおいも消臭してくれますよ。

3.【ウイルスシャットアウト】首から下げられるウイルス対策

引用元:www.toa-ind.com

外出時のウイルス対策であれば、首から下げるタイプの除菌グッズを使ってみるのも良いでしょう。二酸化塩素の特性で、周囲の菌やウイルスを除去してくれます。

コンパクトなサイズで軽く、職場や学校、交通機関などでも活躍しますよ。開封後は約1ヶ月程度効果が持続します。赤ちゃんの手が届かないように注意しましょう。

4.【ウイルスイオンでブロック】シュッと顔にひと噴き

引用元:fumakilla.jp

シュッとふきかけるとプラスイオンが顔や髪をコートし、細かい粒子のウイルスや花粉などの侵入を防いでくれます。マスクと一緒に併用するとより効果的です。

ウイルスの侵入を完全に防ぐわけではありませんが、アルコールフリーなので妊婦さんにも安心ですよ。メイクの上から噴きかけてもOKです。子どもは3歳以上から使用可能となっています。

5.【NANOX除菌・消臭スプレー】気になる布も除菌

引用元:top.lion.co.jp

衣類などの布製品や空気中の除菌には、スプレータイプがおすすめです。老舗メーカーライオン株式会社のNANOX除菌・消臭スプレーは、複数のウイルス種で試験をしたときにおおよそ99.9%の除菌効果が検証されています。

赤ちゃんの衣類、寝具、チャイルドシートなどのベビー用品にも安心して使用できます。子ども部屋や車内のマットやシートに利用しても良いでしょう。

6.【ベビーカー用レインカバー】雨もウイルスも防ぐ

出典:shop.r10s.jp
ベビーカー用レインカバー ロディ RODY イエロー
¥1,980〜(2020/06/02 時点)

外出をするとき、ママ・パパはマスクを着用できますが、赤ちゃんは無防備ですよね。ベビーカーでのおでかけなら、ベビーカー用レインカバーがおすすめです。急な雨だけではなく、飛沫感染の防止も期待できます。かわいいデザインのカバーなら、きっと赤ちゃんもご機嫌になりますよ。

赤ちゃんも使えるウイルス対策グッズを楽天・Amazonでチェック

通販サイトの商品は2020年3月12日現在、新型コロナウイルスの影響で価格が高騰している場合があります。通販や店舗では、できるだけ適正価格で購入するように注意してください。

ママ&パパができる基本のウイルス予防

ウイルスは日常的に予防することが大切です。手洗いやマスク着用などのちょっとした習慣が、感染症対策につながりますよ。

手洗いうがい

外出から帰った後は、石鹸でしっかり手を洗ってうがいをしましょう。鼻うがいも効果的です。手洗いは帰宅時だけではなく、調理の前後や食事前にもしましょうね。

手洗いは以下の手順が有効です。

1.時計や指輪を外す
2.流水で手を濡らす
3.石鹸の泡で手のひら→手の甲→指先→爪のあいだ→指のあいだを洗う
4.親指と手のひらをねじり洗い
5.手首もしっかり洗う
5.よく乾かす

洗っていない手で、目や口、鼻などの粘膜を触らないようにしましょう。爪は短く切っておくと、ウイルスや菌が入りにくいですよ。

マスクの着用

飛沫感染を避けるため、外に出るときはなるべくマスクを着用しましょう。赤ちゃんはマスクを着けるのが難しいため、ベビーカーにカバーを付けるなど工夫すると良いですよ。

着け外しの際は、なるべくマスクの表面に触れないように注意しましょう。外すときはゴムやひも部分をつまんでくださいね。マスクを外した後は、石鹸で手を洗うことも忘れずに。

できるだけ人込みを避ける

人が密集する空間は、ウイルス感染が起こりやすいといわれています。急な用事がないのであれば、人込みは避けたほうが良いでしょう。

イベント会場や人気観光地などは、ウイルスが流行していない時期の平日がおすすめです。移動はラッシュの時間帯を避け、短い時間にとどめておくと良いですよ。

感染症状のある人との接触を避ける

熱がある人、咳が出る人、体調が悪い人がいる場合は、なるべく赤ちゃんと部屋を分けましょう。食事や寝るときも別室にしてくださいね。

部屋を分けられないときは距離を保ち、仕切りやカーテンなどを設置しましょう。免疫の低下した人や妊娠中のママが感染症状がある人のお世話をするのは避けてください。

換気をする

閉鎖空間はウイルスに感染しやすくなります。定期的に窓を開けて換気しましょう。リビングなどの共有スペースだけではなく、トイレや個室の窓も一定時間開けておくと良いですよ。外の風を感じることは、気分転換にもなります。

ウイルス対策をして毎日元気に過ごそう!

ウイルス対策グッズがあれば、感染への不安を軽減することができます。ウイルス対策グッズと併用して、赤ちゃんと一緒に手洗いやうがいも習慣づけましょう。ウイルス対策には免役を上げることも大切です。栄養バランスが良い食事を心がけ、よく寝て身体を休めましょうね。

※この記事は2020年3月時点の情報をもとに作成しています。

あわせて読みたい

【新型コロナウイルス】妊娠中の対応策!日本産婦人科感染症学会がアドバイスを公開!
https://mamanoko.jp/articles/31613
【新型コロナウイルス】子どもの症状は?受診の目安は?日本小児科学会&厚生労働省の見解を紹介!
https://mamanoko.jp/articles/31622
【実録】コロナウイルスで休校!保育士・保護者の現状・生の声は?河西景翔先生コラム#5
https://mamanoko.jp/articles/31635
保育園に通い始めた子どもが熱を繰り返すのはなぜ?予防法や対処法は?【パパ小児科医コラムvol.9】
https://mamanoko.jp/articles/31197
【症状別】知っておくと安心!小児科医から見た病院の選び方【パパ小児科医コラムvol.17】
https://mamanoko.jp/articles/31601