提供コナミスポーツ株式会社

この春は習い事に初挑戦!ベビースイミングの一日授業内体験の流れをチェック

赤ちゃんとママが一緒に楽しめることで人気のベビースイミング。興味はあっても、どんなことをするのかイメージしづらいと感じる方もいるかもしれません。ここでは、ベビースイミングの一日授業内体験の流れを紹介します。この春の習い事選びの参考にしてくださいね。

13686

目次

  1. ベビースイミングに初挑戦!当日の持ち物や準備は?
  2. ベビースイミング一日授業内体験の流れ
  3. 幼少期の運動って、具体的にどんな効果があるの?
  4. スタートの春!親子でベビースイミングに挑戦してみよう

ベビースイミングに初挑戦!当日の持ち物や準備は?

まずは、ベビースイミングに必要な持ち物や事前準備からチェックしてみましょう。

当日の持ち物

【基本の持ち物】
・水着
・スイミングキャップ
・タオル
・濡れた物を入れる袋

【トイレが心配な場合は】
・水遊び用おむつ(上に水着を着用します)

基本の持ち物は、ママと赤ちゃんの両方の分を準備しましょう。

まだおむつが外れていなくてトイレが心配な場合は、水遊び用おむつを着用すると安心です。

事前に赤ちゃんの体調確認を

親子でスイミングを満喫できるように、当日は必ず赤ちゃんの様子を確認しましょう。体調や機嫌に心配な点がある場合は、無理せず日程を変更するのがおすすめです。

当日は体験20分前を目安に施設へ

当日は余裕を持ってフロントへ。受付を終えたらロッカールームで着替えます。おむつはプールに入る直前まで着用していて大丈夫ですよ。

ベビースイミング一日授業内体験の流れ

ここからは、実際の授業の流れをみていきましょう。

1.みんなで準備体操

まずはマットの上で準備体操。歌を歌い、ベビーマッサージや親子体操でスキンシップを取りながら、体をほぐしていきます。最初にコーチから全体の流れについて説明があるので、リラックスして参加してくださいね。

体験したママの声

コーチが次に何をするか動きながら説明してくれたので安心してレッスンを受けることができました。レッスン中は他のママやパパの動きを見て真似すれば良く、次の行動について迷うことはありませんでした。

2.いよいよプールへ!まずは水に慣れよう

準備体操で体がほぐれたら、いよいよ水の中へ。まずはママの膝の上で体に少しずつ水をかけて慣らします。顔に水をかけたり、プールのなかで体をゆらゆらさせたりして全身で水の感触に慣れていきましょう。

慣れない環境に赤ちゃんがびっくりして泣いてしまうこともあるかもしれませんが、無理せずゆっくりと進んでくださいね。

体験したママの声

最初は戸惑っている様子でしたが、徐々に水に顔をつけられるように。慣れてくると自分から水をバシャバシャとしたり泳ごうとしたりしていて、とても楽しそうでした。

3.うつ伏せ・仰向けで足を動かす

ママが体を支えてサポートしながら、お腹を水につけ顔を上げて水中で足をバタバタ。慣れてきたら、仰向けの体勢やひとりで浮くことにも挑戦してみましょう。

みんなで輪になり、歌に合わせた全身運動も行います。ママも一緒に体を動かしてリフレッシュできますよ。

体験したママの声

コーチがすぐに子どもの名前を覚えてくれて、他の子と同じようにたくさん声掛けをしてくれたので、親子ともにとても楽しめました。

4.水上におもちゃを浮かべて遊ぶ

腕に浮き輪をつけて泳いだり、水面に浮いたボールを追いかけたりして思い切り遊びます。水の中での遊びを通して、水の浮力による平衡感覚や水中での呼吸法が徐々に身についていきますよ。

時間になったらしっかりと体を拭き着替えをして、体験は終了です。

体験したママの声

プールに入った後は、心地良い疲労感からか、ぐっすりとお昼寝してくれました。水の中で楽しそうに遊ぶ姿を見て、子どもが好きなことを見つけられて良かったと感じました。

幼少期の運動って、具体的にどんな効果があるの?

幼い頃の運動経験には、子どもにとってさまざまなメリットがあることをご存知でしょうか。

スポーツ全般に役立つ!「コーディネーション能力」

「コーディネーション能力」とは、脳からの命令に対し体を正しく瞬時に動かす能力で、トレーニングによって向上を図ることができます。スポーツのほかに、けがを回避しやすくなるなど、日常生活にも欠かせない力です。

幼い頃からの運動が、運動能力アップのカギ

幼少期に運動経験を積むことは、子どもの体にとって重要なものといえるでしょう。赤ちゃんのうちに全身を使ってさまざまな動きを経験できるベビースイミングは、コーディネーション能力や運動能力を育むのにぴったりではないでしょうか。

スタートの春!親子でベビースイミングに挑戦してみよう

コナミスポーツクラブなら生後4ヶ月からOK

コナミスポーツクラブでは、生後4ヶ月からベビースイミングを始めることができます。生後8ヶ月からは、ベビースイミングとあわせてベビー体操にも通うことができるので、さまざまな運動を通した体づくりが可能です。

「ほめる型指導」で楽しく通える

人気を支える理由のひとつが、40年以上にわたり培ってきた「ほめて伸ばす」指導方法。ひとりひとりとのコミュニケーションを大切にし、ほめる際に言葉だけでなくジェスチャーも交えて分かりやすく伝えることで、子どもの意欲アップにつなげます。

安全への徹底した取組み

コナミスポーツクラブでは、プールレッスンの監視員2名体制(※)、授業中の人数点呼などの安全対策をしっかりと整備。徹底的な教育を受けたスタッフがそろい、安心できる体制が築かれています。

※施設により異なる場合がございます。

楽しく安心して通える環境が整ったコナミスポーツクラブで、まずは一日授業内体験からベビースイミングにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。