提供大正製薬ダイレクト

産後の抜け毛はケアできる?先輩ママのリアルな体験談も紹介

出産を終えて目まぐるしい中、産後3ヶ月頃からママを悩ませ始めるのが産後の抜け毛。産後の抜け毛に関する先輩ママのリアルな体験談やおすすめのケア方法を紹介します。

10883

目次

  1. 【体験談】産後の抜け毛はどうだった?
  2. 産後の抜け毛の原因は?
  3. 産後の抜け毛はケアできる!早めの集中対策がカギ

【体験談】産後の抜け毛はどうだった?

産後の抜け毛はいつから始まったのか、どんな形で気づいたのか、先輩ママにエピソードを聞きました。

自分の写真はほとんど残っていません…

子どもが生後6ヶ月のときに髪が抜け始めました。ちょうど子どもが活発になってきた時期だったのでよくおでかけをしていましたが、当時の写真を見返すと子どもはとてもかわいいのに、自分は写真に写れる状態ではなく…。

寝不足で肌も表情もボロボロ、その上髪も少なく貧相な姿。見返すと一緒に撮っている写真がほとんどないので、産後にもっと自分をいたわって赤ちゃんとの写真を残しておけばよかったと後悔しています。

まさかこんなに悩むことになるとは思っていませんでした

子どもがハイハイをするのでいつも以上に床の掃除に気を付けていました。
掃除をしても気付けばいつも自分の髪の毛が落ちていて...。
床に落ちている髪をみて、パパも驚いていました。

出産後は、自分の体調や育児の忙しさで髪の手入れがおろそかになっていたなと思います。子どもが少し大きくなった今も、産前よりも髪のボリュームが減り髪質も変わったような気がします。

きれいなママ友もいるのに

子連れでママ友とお出かけした時に、ママ友はきれいなのに、自分だけ髪型も決まらず、悲しい気分に。

子どもには高いオーガニックのボディーソープやクリームを使っていたのに、自分は産前よりランクダウンした安いシャンプー…。自分のことは後回しになっていましたが、産後直後からもう少しケアしておけば良かったです。

育児に追われて自分のケアは後回し、さらに薄くなった髪で赤ちゃんとの写真をあまり残せなかったという後悔もあるようです。

お風呂場や洗面所の大量の抜け毛にショックを受けた、パパに引かれてしまった、など「もっと産後に自分自身をケアしておけば良かった」という後悔の声が寄せられました。

産後の抜け毛の原因は?

産後の抜け毛の大きな原因は、女性ホルモンの分泌量の変化です。女性ホルモンのはたらきで髪が生まれてから抜け落ちるまでのヘアサイクルが乱れることで、個人差はあるものの産後3ヶ月頃から抜け毛が増えるママが多くなります。

また、慣れない育児による睡眠不足や栄養不足も産後の抜け毛の原因になることもあります。

ポイント

産後の抜け毛は一時的なものと思われがちですが、育児による生活リズムの乱れなどで、正常なヘアサイクルに戻るまでに時間がかかることも。

産後の抜け毛はケアできる!早めの集中対策がカギ

産後の抜け毛はずるずると長引いてしまうこともあり、集中的なケアが大切です。そこでおすすめなのが育毛剤です。

育毛剤というと、男性が使うもの?まだ何十年も先の話では?感じるかもしれませんが、実は産後の抜け毛が気になるママにこそおすすめのアイテムです。

授乳中も気兼ねなく使える育毛剤

発毛剤のリアップなど手掛け、長年髪の研究を続けてきた大正製薬が女性のことを考え誕生したのが育毛剤「美柑の雫」。

一般的な育毛剤に含まれることの多い7つの成分(※)が不使用、添加物が気になるママにもおすすめです。

※シリコン・パラベン・着色料・タール系色素・鉱物油・サルフェート・紫外線吸収剤

ボタニカル由来の成分が髪と地肌にアプローチ

美柑の雫には、ボタニカル由来の3種類の有効成分を配合。有効成分が頭皮の環境を整え、血行を促進することで産後の抜け毛にアプローチします。

また、産後のデリケートな地肌にうるおいを与えるユズエキスなど柑橘由来の保湿成分をたっぷりと配合。髪や頭皮がべたつかず、リラックス感のあるシトラスノートの香りで、毎日使いたくなる心地よい使用感です。

美柑の雫

ポイント

・長年、髪の研究を続ける大正製薬が考えた産後ママにうれしい育毛剤
・無添加育毛剤7つのフリー※
※シリコン、パラベン、着色料、タール系色素、鉱物油、サルフェート、紫外線吸収剤
・ボタニカル由来の有効成分が産後の髪と地肌にアプローチ

2ヵ月ごとのお届けの定期コースは、初回半額2,860円(税込)から始めることができます。
髪の成長には時間がかかるので継続してケアすることが重要です。2回目以降も毎回10%オフで購入できるお得な定期コースがおすすめです。

育毛剤を使うのはまだまだ先の話、と思わずに産後のヘアケアで後悔しないために今からケアを始めてみてはいかがでしょうか。