更新日:2017年01月05日

ああ休みたい!ママが体調不良の時に身体を休める方法6選

子育て中のママは自分が風邪を引いても子どものお世話は休めないものです。しかし、体調不良でなかなか思うようにならないときは思い切って身体を休めた方が長引かせずに済むもの…。そこで極力家の中の仕事を減らし、最低限の子どもの世話をしながらママ自身の身体を休める方法を6つご紹介します。

7667
0

目次

    1.痛みがあったら痛み止めを!

    子どものお世話の前に自分のことすらできないほど厄介な痛みがあるときは、痛み止めを服用しましょう。授乳中のママであれば、婦人科または内科で授乳中であることを相談して、妊娠中でも処方されることのあるカロナールなどの穏やかな作用の解熱鎮痛剤を処方してもらいましょう。

    -----------------------------------------
    【参考】
    我慢しなくて大丈夫です!授乳中に服用して良いとされる3つの頭痛薬
    http://igot-it.com/zutuyaku-zyunyuutyuu-2955.html

    2.子どもに自分のことをさせる、お手伝いをさせる

    ママが動けない時はお子さんの成長を促すチャンスになる時かもしれません。きちんと教えれば1歳半からお箸などの食器運びや小さいゴミ捨て、テーブルを拭くことなどができます。3歳以上のお子さんには着替えや歯みがきなど自分のことに加え、お風呂掃除、洗濯物を干す・取りこむ・たたむ、靴揃(そろ)え、茶わん類の持ち運び、郵便物・新聞を持ってくることなどができます。ゆっくりとていねいな動作と言葉で教えれば、子どもの習得は早いものです。普段から親子で楽しみながら仕事をするようにしていれば、いざというときにはお子さんが頼もしく見えるようになりますよ☆

    3.子どもができるおうち遊び

    子どもが一人でも夢中になれる遊び道具を普段から用意しておくとよいでしょう。特に手をたくさん使う遊び道具は夢中になれるだけでなく、手が器用に動かせるようになったり、考える力を育むのでお手伝いや仕事を任せるための訓練にもなります。粘土やブロック、室内でも粘土感覚で遊べる不思議な砂「キネティックサンド」などがオススメです!

    4.時短できる食材、冷凍食品の活用

    ママが不調の時は食事作りも楽にできる材料や冷凍食品を利用すると良いでしょう。たとえば、カット野菜とベーコンやハムなどの加工品を常備しておけばお好み焼きのタネを作って混ぜて焼くだけ。味付きのお肉などもあると、焼くだけで助かりますね!また、冷凍ピザやパスタ、チャーハン、ピラフなど主食になる冷凍食品やミックスベジタブル、枝豆などの副菜になる冷凍食品などがあれば、レンジで温めるだけで済みます。

    5.ネットスーパーの活用

    どうしても食材が必要な時はネットで頼めるネットスーパーを活用しましょう。イトーヨーカドーやイオン、西友、ダイエーなどの大型スーパーは食材を宅配してくれるネットスーパーを展開しています。パソコンやネットがつながる携帯電話から必要な食材を頼むと宅配してくれるサービスです。特にイトーヨーカドーはネットスーパー限定で「子育てママ応援」キャンペーンを実施中!交付日から4年以内の母子健康手帳を配達員または店頭で見せるだけで、登録から4年間宅配料金が税込100円になります!

    -----------------------------------------
    【参考】
    イトーヨーカドー / ネットスーパー「子育てママ応援」キャンペーン
    http://www.itoyokado.co.jp/special/kosodate/index.html

    6.細切れでも睡眠をとる、横になる

    ママが体調不良になる原因の一つは、身体を十分に休めることができていないためでもあります。そのような時はサプリメントや栄養ドリンクを摂るよりも、細切れでも睡眠をとったり、横になったりする方がはるかに回復が早まります。1~2歳くらいの小さいお子さんでも「ママ疲れているから、ちょっとだけネンネさせてね」と言い聞かせたり、お子さんのお昼寝時間を利用して一緒に寝てしまいましょう。3歳以上のお子さんならDVDや録画してあるお気に入りの番組を観ている間に、寝かせてもらいましょう。短時間でも身体が休まると楽になるものです。

    まとめ

    いかがでしたか?実は筆者も風邪を引いている最中に2人の子どもを見ながらこの記事を執筆していました。ノドの痛みや背中の筋肉痛を伴う風邪だったので、痛みを取るだけでもかなり楽になりました。兄弟姉妹がいらっしゃるご家庭では上のお子さんに下のお子さんの面倒を見てもらうという手もあります。翌日に回せる家事はお休みしたり、ご主人にも自分のことは自分でしてもらったりしましょう。ママは一家の太陽です!なるべく早く回復して元の生活に戻れるといいですね☆

    キーワードで記事を探す

    おすすめの記事

    関連する人気の記事

    ライタープロフィール

    Image

    モモユウトン

    長女(5歳)、長男(2歳)を子育て中のママです☆ 図書館(司書)の仕事をしていましたが、...