【体験談】性別が判明!ママの体質も変化!私が体験した妊娠6ヶ月とは

そろそろお腹の中の性別がわかるころですね。身体の細部まで見えるようになった超音波に感激しますよね。でも、赤ちゃんが大きくなってきている分だけ、ママの身体の負担も増え、体質の変化による悩みも出てくるころです。そんな妊娠6ヶ月の様子を、筆者の体験談を含めてご紹介します。

81284

目次

  1. このころの赤ちゃんの様子
  2. 性別判明!!
  3. 体質の変化は人それぞれ。その1、身体がかゆ~い!
  4. 体質変化その2、喉の奥に何かがある違和感
  5. 生まれるまで悩みは尽きないもの
  6. あわせて読みたい

このころの赤ちゃんの様子

妊娠6ヶ月頃の赤ちゃんは身長30cm、体重650gほど。髪の毛やまつ毛、まゆ毛が生え始めています。聴覚が発達してくるので、外の音がよく聞こえるようになっています。お母さんはいっぱい話しかけてあげると良いですね。今後の成長速度はグングン加速して、今までの1.5倍のスピードで成長していくのですよ。

胎動もよく感じますよね。よく動く子とおとなしい子と個性がありますが、我が家は三人とも比較的お腹の中ではおとなしいタイプだったので(今は違いますけどね…)、同じ月齢ママの胎動の話を聞いていると不安に思うことがありました。動く子って本当にニョロニョロと動くんですよね。もしかしたら筆者の体重が増えすぎて、脂肪の層が厚かったからかも…。


お腹の大きさも人によって差が出てくるころです。
筆者はとにかく「ザ・ニンプ!」と誰もが思うほどに早いうちから大きくて、6ヶ月のときに友人宅に行こうと信号を待っているときに見知らぬ人に「そろそろだね!頑張ってね!」と声をかけられてしまいました。いやいやまだ6ヶ月ですとも言えず、着いて友人に話したら爆笑されたのを忘れられません。そのくらい大きかったんです。

また、このころに逆子の診断をされる方もいるようですよ。

性別判明!!

Image

性別がわかるようになってきたら、次の健診が楽しみになりますね。
まだ健診が月に一度ですから、チャンスは月に一度! 男の子だと見た目にわかりやすいので早めに判明します。性別がわかるまでに「中国式産み分けカレンダー」などを使った人も多いのではないでしょうか。よく当たると多くの妊婦さんが試すこの中国式カレンダー、筆者の場合は二人外れて一人当たりました。

筆者は一人目のときから女の子を希望していたのに、生まれたのは三人とも男の子。三人目はずっと隠していたようで、10ヶ月まで女の子判定だったのに、最後に逆転まさかの男児! でも今となったら、男の子三人で良かったですよ。

体質の変化は人それぞれ。その1、身体がかゆ~い!

Image

このころから、お腹が大きくなるので体調が変化する方もいらっしゃいます。たとえば、

・お腹が大きくなってきて、腰痛が出てくる
・頻尿になってくる
・肌に変化が出る
・下痢や便秘に悩む

などの個人差があります。
また、皮膚がかゆくなる方もいらっしゃいます。これは、お腹が大きくなるにつれて皮膚が引っ張られて妊娠線ができる兆候の場合もあります。このような場合は、保湿クリームをしっかりと塗って、皮膚の乾燥を防ぐようにしましょう。妊娠線のケアにもつながりますよ。

妊婦さんの身体の変化は人によって本当にさまざまですが、筆者の場合は二人目妊娠のこの時期に冬だったのもあって、乾燥と体質の変化でものすごく肌がかゆくてたまりませんでした。眠れないほどに体中が痒い。

産婦人科でも皮膚科でも何もなしと診断され、ドラッグストアのかゆみ止め保湿クリームを手当たり次第試したけれど全部ダメ。眠れないし、体中かきアザだらけで驚かれるし、医者にもわかってもらえないしで、本当につらかったです。出産するまで続きましたが、6ヶ月頃がピークでした。

一人目のときは坐骨神経痛を発症しましたが、急な体重増加が身体に負担をかけたようで、妊娠するたびに再発、今も悩まされています。

【市販もご紹介】妊娠線クリームの人気ランキング10選と口コミ
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/24349
Image

体質変化その2、喉の奥に何かがある違和感

Image

三人目のときは、もうひとつ身体の変化の悩みがありました。
やっとつわりが終わって気分が良くなったと思ったら、次に来たのが痰の常駐。喉の奥に痰がずっと絡んでいるような感覚がずっと続いて気持ち悪い!すっごく地味な体調の変化なので気付いてもらえないから、もっとつらい!

理解されにくくて調べたところ、「痰つわり」というものが少数派ですがいるみたいなんです。そのため変な咳払いが癖になってしまい、義実家に泊まりに行ったときも、一日中ゴホンゴホンとしていて、気分悪く見えないかとても気を使いました。これも臨月近くまで続きましたが、いつの間にかなくなりました。

喉の不快感、口の中の不快感に襲われ、何か食べてる時はマシなのですが、食べていない時はずっと変な味がするというか、気持ち悪くて、喉に何か詰まってるような、変な痰がへばりくっついてるような感覚で、毎日憂鬱ですm(_ _)m

引用元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

他にも他人にわかってもらいにくいマイナートラブルで悩む人も多いと思います。
筆者は病院で相談しても「そんなのはあまり聞いたことがない、つわりや妊娠とは関係ないのでは」と言われて悲しい思いをしたことがあります。どんな珍しい(?)変化でも、妊娠によって体質や体調が変化したことに変わりはないと、経験した今は言えます。もし何か悩んでいる人がいたら、理解されないことを悩まないでくださいね。産後に気にならなくなることも多いですから。

生まれるまで悩みは尽きないもの

妊婦生活も折り返し、安定期に入って身軽になったころですが、お腹はどんどんふくらんで、また新たな悩みがどんどん出てきます。生まれるまで悩みは尽きない~!
でも、これからもっともっと体が重くなり動くのも大変になってきます。マタニティライフを謳歌するなら今がいちばん楽しい時期です。おでかけしたり、気分転換したり、楽しい思い出たくさん作ってくださいね。

あわせて読みたい

胎児の耳はいつから聞こえる?耳形成の過程と聴覚障害の原因は?エコーで耳を見ると異常がわかる?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/8878
Image