更新日:2017年05月25日

おとなもこどもも♪笑える、たのしい、おもしろ絵本!

こどもが大好きな絵本タイム。みなさんはどんなふうに絵本を選んでいますか?絵本の中にはおとなもこどももつい笑ってしまう、おもしろ絵本がたくさん!話題の面白絵本から、とっておきまで、こどもと楽しめることまちがいなしの絵本をレビューします♪

23066
0

こんな世界もあり!?奇想天外ナンセンスワールド

内田麟太郎作、早川純子絵のこちら、早口言葉ならぬ「はやくちこぶた」。早川純子さんのダイナミックな絵がさく裂し、奇想天外の世界をもりあげてくれる作品です。

実はこれ、読む人を奇想天外の渦に巻き込むスケールの大きな絵本なんです。大きなセミのおしっこの滝や、とてつもなく大きな飛行機がでてきて、子どもが食いついてそれだけで盛り上がりそうですよね。子どもたちは「こんな飛行機乗ってみたーい」っと食い入るように見ることでしょう。

予想外のおおきさのものが、どんどん出てきます。そしてページのすみずみまでよく見ると、いろんなふしぎな生き物が……さて皆さんも見つけることができるでしょうか?

内田麟太郎さんの奇想天外テキストと、早川純子さんの絵の世界が完璧にコラボした最高の一冊です。

91601677

はやくちこぶた ことばあそびえほん

¥1,404〜(2017/05/25 時点)

■この商品に関する口コミ
・子供たちが喜んで何回も繰り返し読んでいました。家族みんなで楽しめる本だと思います♪

引用元:review.rakuten.co.jp

ぶたっていうだけで……

なんでしょう、「ぶたのたね」って。

ぶたっていうだけでこどもはちょっとわらっちゃいますね。こちらは親ものけぞってしまうナンセンスワールド!

著名なイラストレーター、佐々木マキさんの絵本。主人公は足が遅いおおかみ。なんと、ぶたよりも遅いのです。いちどでいいからぶたを食べてみたい、と願うおおかみは……

おとなも笑ってしまう佐々木マキワールドです!

子どもに読み聞かせれば、皆釘付け。絵もとてもかわいく、ぶネタベレをするとたがいっぱい実っている……? とページでは、ついついぷっと笑ってしまいまう絵本です。

この際、オオカミがかわいそう、とか、弱肉強食とは、などと、難しい事は抜きにして、笑い飛ばして読みたいという声もありました。すごいナンセンスですね。

『はやくちこぶた』とおなじく、おおかみのもくろみはなかなかうまくいかないのですが……それもまたかわいく楽しい展開です。続編、そのまた続編の『またまた、ぶたのたね』もありますのであわせてどうぞ!

9784871101127

ぶたのたね

¥1,296〜(2017/05/25 時点)

■この商品に関する口コミ
・4歳の子供がハマりました!何度読んでも面白いようです。同じシリーズがいくつか出ているようなので集めたいです。
・爆笑でした。豚の種から芽が出て、木になって実(豚)がなります。大爆笑!!狼の切なさに気づける日はいつだ?

引用元:review.rakuten.co.jp

こちらは古典……『めっきらもっきらどおんどん』

幼い時に読んだ記憶のある方もおおいのでは?あらためて聞くと、なんでしょう、このタイトルの不思議な響き……そしてでてくるおばけたちのユーモラスなこと!
おおんおおんと泣いたかと思えば大ゲンカ、ケンカしたかと思えば大笑い。大胆なページ構成でこどももおとなも引き込まれます。

この絵本に出てくるおもち……どんな味がするんでしょう。それも読んでからのお楽しみ。子どもには夢の味ですね。

9784834010176

めっきらもっきらどおんどん

¥972〜(2017/05/25 時点)

■この商品に関する口コミ
・長男(小6)がどうしても欲しいと言っていた絵本のひとつ。噛めば噛むほど味が出る面白さのある作品のひとつだと思います。
・この絵本。男の子向けになるのでしょうか? 日常と非日常がうまく描かれていて、定番絵本なのですが、あたら馬手良さを感じさせてくれます。

引用元:review.rakuten.co.jp

話題のおもしろ絵本、主人公はうどんにこんぶ・・・

人手不足のため、うどんやさんのうどんのうーやんはみずら走って出前先に向かいます。ところがとちゅうで……
えーー!というかんじですね。こうしてどんどんなかま??がふえてしまうのです。

呼んだ人の感想を見ると、あまりにも面白くて孫にも読んであげたいと思ったとか。うーやんの優しさがいっぱい詰まっているので、友情も愛情もたくさん詰まっていて、でも、美味しい? とは思わないかも知れませんが、賑やかで、とにかく面白くて爆笑できる絵本です!

友情も愛情も詰まっていて感動かと思いきや爆笑……気になりませんか?

さて、出前の行き先は……このあと、ほっとするラストです。おたのしみに!

9784893095503

うどんのうーやん

¥1,058〜(2017/05/25 時点)

■この商品に関する口コミ
・3歳の息子と毎日読んでいます。音読ばっちり関西人で良かった~と思えます。(笑)でも、関西弁でない人にもぜひ読んでもらいたいです。
・4歳の息子に大ウケです。聞きなれない関西弁も新鮮なのでしょうか。うーやんとポンたろうを毎日読み聞かせています。

引用元:review.rakuten.co.jp
9784893095282

ちくわのわーさん

¥1,058〜(2017/05/25 時点)

こんどはちくわ!こちらも爆笑本です♪

■この商品に関する口コミ
・おもしろい!子供達と何度も見ています。シリーズ揃えたいな。
・給食前の読み聞かせ絵本に、メニューがおでんの日の定番です。

引用元:review.rakuten.co.jp
9784893095619

こんぶのぶーさん

¥1,058〜(2017/05/25 時点)

こちらはシリーズの一冊、こんどはこんぶです!我が家では4歳のこどもに、こちらが大うけでした。大笑いしすぎて興奮してしまうので、寝る前には禁止したほどです(笑)。

■この商品に関する口コミ
・このシリーズは大人が読むとシュールというか弱冠クレイジーな内容ですが子供にはドツボなようです。
・今回はわーさん、うーやんとはストーリーがちょっと違っていたので、新鮮味がありました。

引用元:review.rakuten.co.jp

てっぱん、爆笑絵本

最後に、こどもがタイトルだけで爆笑するこちら。たんにおかしなタイトルなだけではありません。とことんナンセンスなこの絵本、このうさぎのぼうやは「うんちっち」しかしゃべらないのです!

オオカミに出会って「たべちゃうぞ」といわれても……?

実は、このうさぎ君だけでなく、うさぎ君の父君にも、オオカミにも、思いっきり笑わせられるそうです。どことなく、不気味なあまり可愛げがあるとも思えない絵なのですが、なんとこのお話にはぴったり!
可愛くないのに、愛らしさがある、変わった絵本ですよ。

9784751525470

うんちっち

¥1,296〜(2017/05/25 時点)

■この商品に関する口コミ
・2歳の娘より4歳の息子に大うけで、読み終わってすぐに「もう1回!」とのことでした。そんなことなかなかないのでかなり気に入った様子。
・我が家の2歳娘も大好きで、テープで補修しながら読んでいます。近所の幼稚園キッズも「あ~コレ幼稚園でも人気だよ~」と言っていたので、子供には鉄板受けの1冊だと思います。

引用元:review.rakuten.co.jp
9784751526989

あっ、オオカミだ!

¥1,296〜(2017/05/25 時点)

おなじこうさぎくんが活躍するこちらもあわせてどうぞ♪

■この商品に関する口コミ
・子どもにとっても人気の「うんちっち」のシモンが次は何をやらかすのだろう…と思っていましたが、楽しく読めました。

引用元:review.rakuten.co.jp

まとめ

いかがでしたか?いろいろな持ち味のおもしろ絵本。
こどものために!と肩に力をいれず、親も子も笑える絵本で一緒に楽しむのも、絵本タイムの醍醐味ですね。

あわせて読みたい

Image

出産祝いにおすすめの絵本20選!0歳から1歳児向けの人気絵本はコレ

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/18113

関連カテゴリ

関連する人気の記事

子育て・育児のカテゴリ

ライタープロフィール

Image

analiz

4歳女子の子育て中(&第二子妊娠中)です☆おんなのこ大好き…

子育て・育児 デイリーランキング

おすすめの記事