【妊娠10週】腟が腫れる?!外陰部の静脈瘤の体験談と予防法

妊娠中、腟のまわりが腫れていると感じるママも珍しくないようです。場所が場所だけに、なかなか人に相談できないもの。外陰部に静脈瘤ができることにより、このような症状が出ることがあります。筆者は、妊娠10週くらいから腟が腫れる症状に悩まされるようになりました。今回は、外陰部の静脈瘤について解説します。

118667

目次

  1. 妊娠中の静脈瘤とは?
  2. 静脈瘤が出来やすい人とは?
  3. 外陰部の静脈瘤の体験談
  4. 静脈瘤の予防法

妊娠中の静脈瘤とは?

いきなり腟が腫れているなんて言われても、驚いてしまいますよね。まずは、妊娠中の「外陰部の静脈瘤」について確認してみましょう。

静脈瘤は、妊娠中に見られるトラブルのひとつです。
妊娠をすると黄体ホルモンが活発に分泌されるようになり、子宮の筋肉を緩めてどんどん大きくなっていきます。この時に、便秘の原因ともなる腸の筋肉の収縮も一緒に抑制していくのです。
そのため、血管内のストレッチが低下して、静脈弁の働きも鈍くなるのです。

通常、静脈は重力とは反対側の足から心臓へと血液を運びますが、静脈弁の働きが鈍くなるために血液が上へと昇りにくくなってしまうのです。そのため、血液が蓄積されて、こぶのように膨らんでくるのです。

この状態を「静脈瘤」といい、太ももやひざの裏、すねやふくらはぎ、肛門、腟にできやすいのです。

筆者は妊娠10週(妊娠3ヶ月)で起きたのですが、出来やすい時期なようですね。

静脈瘤が出来やすい人とは?

Image

でも、静脈瘤が出来ないという妊婦さんもいますよね。静脈瘤は、できないにこしたことはありません。妊娠中の静脈瘤は、どのような方に起きてしまうのでしょうか。

・血縁者に静脈瘤の方がいる(遺伝とも言われているため)
・立ち仕事をしている方
・高齢出産の方
・出産回数が多い方

上記の方は静脈瘤になるリスクが高くなっています。ただし、症状には個人差があるため、血管が目立ってくるようになった、という方から、くっきりと浮き出て痛々しく見える方まで様々です。

外陰部の静脈瘤の体験談

Image

そんな静脈瘤が外陰部に出来てしまったら、どうしたらいいのでしょうか?治るのでしょうか? 様々な体験をされている方がいるようですね。

■静脈瘤の体験談

足がむくむようになってきて不安に思っています。(妊娠後期はむくみやすくなるというのは知っています)
妊娠中の足のむくみも放っておくと下肢静脈瘤の原因になったりするのでしょうか。

引用元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

静脈瘤で悩んでいる方は多いようですね。
立ちっぱなしはむくみの原因になるので、要注意です。また、トコちゃんベルトで効果があった方もいるようなので、お悩みの方は試してみてもいいのかもしれません。産後はきれいになったという方もいますが、ひどいようですと、我慢をせず医師に相談をしてくださいね。

体験談ではマッサージをしている方も多いですが、マッサージはかえって症状を酷くする場合があるようです。

静脈瘤が出来て痛みがある場合は、検診の時にでも医師にきちんと相談しましょう。
自己判断でマッサージなどはしない方が良い場合もあります。

妊娠中は浮腫み、血行不良が原因でよくなってしまいます。産後に薄くなって消える方がほとんどなのであまり心配はいりません。膝よりも上に出来た場合や、細いラインなら構いませんが太くラインが出てなかなか消えない…足に痛みもある場合は受診する必要があります。弾性の靴下、ストッキングで静脈瘤を圧迫するか適度な運動で予防対策してください。直接静脈瘤が出来た所を押したりマッサージするのはオススメしません。膝裏に関係するふくらはぎや足裏を中心血行促進してあげてください。

引用元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

私は、産後左足にできて、見た目だけでなく、痛くて、特に疲れるとおなか辺りまで痛くて
高価なストッキングや、靴下を買い、足枕、足を冷やす大きなバケツ、長年我慢していたのですが、日帰りでできるようになり、三十才代で手術に踏み切りました。

病院では、下肢静脈瘤は痛みはないといわれていたんですが、私は痛かったです。。。
すごい古い話なので、今の医療とは違うかもしれないですが、痛いならしたほうが良いと思います

引用元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

手術に踏み切った方もいるのですね。インターネットで調べることも大切ですが、もし痛みが強かったりする場合はきちんと医師に相談しましょうね。

静脈瘤の予防法

弾性ストッキング(140デニール 下肢静脈瘤)
¥1,944〜(2018/10/29 時点)

140デニールスーパーサポートストッキングは丈夫な糸を使用していますので、耐久性が良く伝線が起こりにくくなっています。立ち仕事の多い方は足のむくみ、だるさにお悩みのことと思いますが、このストッキングは脚の各部位に合わせ7段階の網目調整をしています。

静脈瘤になった場合は、なるべくむくみを起こさないようにするのが大切です。そのために冷やすのはよくありません。なるべくあっためてくださいね。
締め付けはよくありませんが、弾性ストッキング、むくみとりソックスはむくみに効果があるようですよ。着用して苦しさを感じたり、締め付けが不快な場合は、無理しないようにしてくださいね。