古都・鎌倉の子連れにおススメなお出かけスポット7選

観光地として有名な鎌倉。週末は人も多くカップルやおじいちゃんおばあちゃん向けのイメージが強い鎌倉は子連れで出かけるにはちょっと勇気がいるかもしれません。実は鎌倉市にも子連れでのお出かけスポットがあるんです!今回は鎌倉が地元の筆者ならではの視点で、子供が人ごみにストレスを溜めこむことなく楽しめるスポットを選んでみました。

56852

目次

  1. ①鎌倉中央公園
  2. ②天園ハイキングコース
  3. ③散在ガ池森林公園
  4. ④円覚寺
  5. ⑤どんぶりカフェ bowls
  6. ⑥発酵リアンカフェ もわ
  7. ⑦SONG BOOK CAFE
  8. まとめ
  9. 合わせて読みたい

①鎌倉中央公園

鎌倉と聞くと、道が狭いわ人は多いわで子どもをゆっくり遊ばせられる広い公園も無いイメージがあるかもしれません。しかし、探せば結構穴場があるんです。その代表例がこちらの鎌倉中央公園です。

場所は観光地とは少し離れた山崎というモノレール沿いのエリア。広大な敷地内は水と自然がいっぱいの場所です。5月上旬までは鯉のぼり飾りも風物詩ですよ。

☆施設情報☆

・住所:鎌倉市山崎1667番
・アクセス:大船駅南口よりバス 7番乗り場 京急ポニー号「山の上ロータリー行」または「桔梗山行き」で約12分
     「山の上ロータリー」下車 清水塚口まで徒歩約3分「丸山4番通り」下車 寺分口まで徒歩約2分
      大船駅よりモノレール「湘南町屋駅」より徒歩10分
・開園時間:8:30~17:15 (7,8月は7:30~18:00)
・定休日:なし
・電話番号:0467ー45-2750
・公式サイトURL:https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/koen/p_cyuuou.html

②天園ハイキングコース

北鎌倉から「鎌倉アルプス」とも呼ばれる鎌倉の尾根を鎌倉まで歩くコースで約6キロ。眺望の良さがポイントで、わりと本格的なハイキングコースですので、幼稚園年長さんくらいからのお子さんでしたら良い体験になるでしょう。登山口がいくつかあり、建長寺の境内から入るのが一般的です。

実際に登山をされた方の声もありましたので紹介します。

■体験者の声

私は子どもと一緒に何度か行きましたが、毎回お弁当を持ってのんびり行きましたので、北鎌倉着が午前10時頃で、大平山山頂でお弁当を食べひと休みし、瑞泉寺・鎌倉宮を見学して
鎌倉宮の前からバスに乗ったり、歩くこともありました。(ちょっと距離があります)
小町通りで喫茶店休憩もしますので、鎌倉駅に着く頃には夕方になったと思います。

もしお子様連れでしたらほぼこんな形になるのではと思いますが。↑
1日楽しめます。

引用元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

☆施設情報☆

・アクセス:数カ所登山口があるため上記参照。一般的には北鎌倉より徒歩15分の建長寺より入山。
・開園時間等:自然の場所になるため天候、日照時間をよく確認の上。

③散在ガ池森林公園

こちらも緑豊かな広大な公園です。通称鎌倉湖と呼ばれている鯉がいっぱいの池を中心に2種類のお散歩コースがあり山の中を散策したり、水辺の遊歩道などは小さな赤ちゃん連れでも安心して歩くことができます。
ここも鎌倉?と思うような辺鄙な場所にありますが、イメージする観光地鎌倉とは全く違い、鳥の声と木々の音だけが響き渡る静かな美しい場所です。鯉には餌をやることもでき、ベンチもあるので暑い夏場にもひんやりとした木陰でピクニックなど、子どもの熱中症の気になる時期にはお薦めです。
いつからか野良鶏が一羽いるので、ひょんな場所で出会うのも一興。

☆施設情報☆

・住所:〒247-0053 神奈川県鎌倉市 今泉台7丁目930−1
・アクセス:大船駅東口5番バス乗り場から「大船駅(循環)」行→今泉不動下車 徒歩3分
・開園時間:午前8時30分から午後5時15分まで
・休園日:12月29日から翌1月3日まで
・電話番号:0467-47-1176(散在ガ池森林公園管理事務所)
      0467-45-2750(財団法人鎌倉市公園協会 事務所(鎌倉中央公園内))
・公式サイトURL:http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/koen/p_sazagaike.html

④円覚寺

お店やカフェは狭い敷地に押し合いへし合いといった印象の鎌倉ですが、やはり寺社仏閣ともなると山一つ丸ごと敷地だったりしますから、比較的子連れに優しいのです。
他にも沢山お寺はあるのですが、円覚寺は北鎌倉駅からすぐという好立地もあり、子ども連れでも移動が少なくすぐに参拝できるのが選んだポイント。
お寺は聖なる場所であり、決して子どもが騒いで良いわけではありませんが、この広々とした境内は車も滅多に入ってきませんし見通しが良いので、子どもが走り回ってしまってもあまり心配いりません。ただし仏様や国宝などが並んでいる仏殿や各屋内への出入りについては十分注意してくださいね。
作法として仏前では脱帽することや、祈りを捧げる場では静かに過ごすことなど、基本のしつけをする場としても最適です。

ただし広い分あまり日陰は無いです。日差しの強い日には線路を渡った向かいの東慶寺の方が草木が生い茂り涼しげなのでそちらへ避難を。

こちらは花の寺、東慶寺。これからは紫陽花が見頃を迎え、苔むした境内の緑が一層濃くなって本当に美しいお寺です。

☆施設情報☆

・住所:〒247-0062 神奈川県鎌倉市山ノ内409
・アクセス:JR横須賀線「北鎌倉駅」より徒歩1分
・拝観時間:[3月〜11月] 午前8:00〜午後4:30[12月〜2月] 午前8:00〜午後4:00
・定休日:無休
・拝観料:大人300円 小人100円
・電話番号:0467-22-0478
・公式サイトURL:http://www.engakuji.or.jp/top.html

⑤どんぶりカフェ bowls

間口が狭くなかなかベビーカーのまま入れるお店が少ない鎌倉。また店内のトイレにオムツ替えスペースも無かったりと、赤ちゃん連れでの食事が難しいのが現実ですが、どんぶりカフェは鶴岡八幡宮すぐそばの好立地でありながらベビーカーで入店OK、オムツ替えもさせてもらえる貴重なお店。

キッズメニューもありますがどんぶりのサイズが選べるので子どもとシェアしたり小さめを頼んだりもできます。お店の方の対応がとても良く、子連れでも肩身の狭いランチタイムを過ごさずに済みます。

☆店舗情報☆

・住所:〒248-0006神奈川県鎌倉市小町2-14-7
・アクセス:JR横須賀線鎌倉駅より徒歩5分。若宮大路を鶴岡八幡宮に向かって進んだ右側
・営業時間:Weekday】11:00−21:00(FOOD / DRINK L.O. 20:00)【Holiday】11:00−22:00(FOOD / DRINK L.O. 21:00)
・定休日:不定休
・電話番号:0467-61-3501
・公式サイトURL:http://bowls-cafe.jp/

⑥発酵リアンカフェ もわ

鎌倉由比ガ浜通りにお店を構えるカフェもわは発酵食と韓国食材をメインに扱う自然派カフェレストランです。店内はテーブル席以外に座敷席、また二階にも古民家を改装した飾らない雰囲気の座敷席があり、子連れで利用しやすいのがポイント。
お店のオーナーのお子さんが店内で遊んでいたりして子連れ入店のハードルが低いので助かります。

☆店舗情報☆

・住所:〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜1丁目1−10
・アクセス:鎌倉駅西口より徒歩10分
・営業時間:11:30~23:00位
・定休日:水曜
・電話番号:0467-22-1414
・公式サイトURL:http://www.mowa-kamakura.net/

⑦SONG BOOK CAFE

音楽と絵本のカフェ、と書かれた小さなカフェに入ると、白を基調とした清潔感と柔らかさ漂う店内には絵本が所狭しと飾られています。
中央のテーブルでお茶を飲みながら、店内の絵本を自由に読むことができます。子どもが座って読むための小さなテーブルも用意されています。
ゆったり落ち着いた雰囲気で、観光地の喧噪から少し離れてリラックスできる空間です。

☆店舗情報☆

・住所:〒248-0015 神奈川県鎌倉市笹目町6-6 大栄ビル1階
・アクセス:江ノ島電鉄「和田塚」駅より徒歩5分
・営業時間:毎週木曜日~月曜日 11:00~17:00
・定休日:毎週火曜、水曜日。週2休
・電話番号:046-725-0359
・公式サイトURL:http://www.songbookcafe.com/

まとめ

いかがでしたか? 一般的にイメージする鎌倉とはちょっと違う意外な場所をメインにピックアップしてみました。

ハイキングなどは少し年齢が高めのお子さんの自然体験、運動にぴったりですが、カフェなどは赤ちゃん連れにも優しいお店です。子どもを連れた観光地巡りは不便なことも多いですが、この情報がGWの家族連れの皆さんへご参考になれば地元民冥利に尽きます。

合わせて読みたい

横浜の子連れおでかけスポット12選!人気観光地やホテルも紹介【体験談あり】
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/20884
Image