【長靴デビュー】初めての長靴の選び方。4つのポイントとおまけ【あるある】

もうすぐ雨の季節がやってきます。よちよち歩きの1歳児はお外が大好き! 雨なんて関係ありません。おこさんの長靴デビューもそろそろかも?梅雨を迎える前に準備したい、初めての長ぐつの選び方とあるあるをまとめました。

70129

目次

  1. サイズは少し大きめを!中敷きで調整しよう
  2. 重さをしっかり確認しよう
  3. 子どもと一緒に選ぼう
  4. やっぱり「お下がり」
  5. <おまけ>こどもの長靴あるある
  6. まとめ
  7. あわせて読みたい

サイズは少し大きめを!中敷きで調整しよう

筆者の場合ですが、子どものために長靴を買ったのは子どもがだいたい1歳半の時。サイズは普通の靴が13cmだったので、少し大きめの14㎝サイズを購入しました。

子どもの足はすぐに大きくなるので、大きめにしました。ただ、そのまま履くとカポカポしてしまい転びやすいので、カップインソール(中敷き)を買い、調整しました。

また、お友達はお下がりをいただいたそうです。
少し大きかったのでつま先に紙を詰めていると、履いていて気になるみたいで子どもが自分で取ってしまいました。ですので、カップインソールで調整したそうです。1枚ではまだ大きかったので、もう1足分買ってきて、半分に切って前の部分にだけ2枚重ねるようにしたらちょうど良くなったとのことですよ。少し大きい場合は、100均にも売っているのでぜひ調整してみてください。

どうも、皆さまの様子をみてみると初めて長靴を履くのは、だいたい1歳半~2歳ぐらいが多いようですね。
子どもの足の成長のためには、ぴったりサイズの靴を選ぶのが一番ですが、長靴があんまりぴったりだと、脱いだり履いたり(脱がせたり、履かせたり)も大変。少し余裕のあるサイズを選びましょう。

逆にあまりにも大きな靴は歩き方に変な癖がついてしまったり、足の指が変形してしまったりする危険性もあるので注意が必要です。今のサイズ+1㎝くらいで調整する方が多いみたい。2cm以上大きいものはどれだけ中敷きを入れるとしてもやめた方がよさそうです。

重さをしっかり確認しよう

Image

いくらかわいいデザインの長靴を選んであげて、子どもが気に入っていても、いざ雨の日に履くときに「重くて疲れるよ」ということもあります。次から「履きたくない!」と拒否されてしまう場合があるので注意が必要ですよ。

このように、大人だとある程度重さのある靴は安定するし履きやすいものですが、動き回る子どもや歩き始めたばかりの子どもは重い靴だとすぐに歩き疲れてしまいます。

デザインを重視しがちですが、履くのは子ども。重さ、機能性の確認を忘れずに。

子どもと一緒に選ぼう

Image

子どもでも自分の好きなデザインとそうでないデザインがあります。

長靴を買うときに娘に色やキャラクターなど相談しながら買ったという方もいらっしゃいます。そうしたら、いつもは歩いていてもすぐ『だっこ』というのに、雨の中、うれしそうにずっと歩いていたというのです。

それと同時に「かっこいい!」「かわいい!」とほめたら、嬉しそうに履くようになったという方もいらっしゃいましたよ。お気に入りになるとこのようなメリットもあるんですね。ある程度自分で指さしをしたりして意思を伝えられるようになっていたら一緒に選ぶのも楽しいし、お気に入りの長靴が見つかるかもしれませんね。

やっぱり「お下がり」

Image

子供の足は半年で0.5cm=1年間に1cm、あるいはそれ以上サイズが大きくなります。(2歳までは半年で1cm大きくなることも)。毎日履くわけではない長靴は、気づけば新品でも履けなくなってしまうということがあります。

そんなとき、兄弟や仲良しのママ友からの「お下がり」が重宝します。履きつぶした普段の靴ではそうはいきませんが、雨の日だけが出番の長靴なら、捨てるのはやっぱりもったい。かといって取っておいてもかさばる。そこで、仲の良いお友達同士、その兄弟などの内輪リサイクルをしましょう。

<おまけ>こどもの長靴あるある

最後にこども長靴あるあるの代表的な2つをご紹介します。長靴デビューしたら誰もが通る道です。ちょっと困ってしまいますが、かわいい姿。許してしまいましょう。まずはコチラ。

水溜まりへGO!

まずは、「水溜まりへGO!」長靴を履いたら水溜まりでビシャビシャしまくりっ!
めちゃめちゃはしゃいで楽しそう!!しかーし、ポンチョやレインコートを着ていればまだいいですが、何も装備していないときは、ズボンやスカート、シャツにかばんと泥はね三昧です。心してお子さんを歩かせましょう!

毎日長靴!

雨だろうが晴れだろうがこどもには関係ありません。長靴が大好きな子どももいます。一度味をしめてしまうと飽きるまで毎日長靴をせがみます。晴れている日にどう工夫して諦めさせるのか。ママの力が試させられますね。

まとめ

基本的にはこどもは長靴が好きで嫌がらないので履かせることには苦労はしないかもしれません。毎日履くものではないのでサイズや買うタイミングに悩みますが、誰かにお下がりできるという気楽な気持ちで雨の日を楽しく過ごすアイテム「長靴」を手に入れてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

ランドセルレインカバー12選!これがあれば雨の日も安心!手作り方法も紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28044
Image
3歳児におすすめの遊びは?発達の特徴と、遊びを通した保育のねらい
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/21312
Image
4歳児におすすめの遊びは?4歳児の発達の特徴と遊びの注意点
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/21482
Image
5歳児の遊びのネタとは?室内・屋外でできるゲームまとめ
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/25749
Image