子どものADHD・ADDの原因と症状は?ADHD・ADDの違いは?

ADHD(注意欠陥・多動性障害)やADD(注意欠陥障害)といった発達障害を持つ子どもは、大人がビックリするような行動をすることがあります。こうした行動には、理由があるのです。ここでは、ADHD(注意欠陥・多動性障害)、ADD(注意欠陥障害)の原因と症状について、医師監修の記事で解説します。

56261

この記事の監修

目次

  1. ADHD・ADDとは
  2. ADHDの原因は?
  3. ADHD・ADDの子どもの症状

ADHD・ADDとは

ADHD(注意欠陥・多動性障害)、ADD(注意欠陥障害)は脳の発達障害のひとつです。ADHDとADDの違いですが、ADDとは、ADHDの症状のうち「多動性・衝動性を除いたものの名称」になります。ADHDは多動性や衝動性などにより活動量が多いのに対し、ADDは活動量が少なく、不注意な面が目立ちます。もの忘れなどが多いのは、ADDの特徴です。

ADHDは、「不注意」「多動性」「衝動性」の3つが柱になっています。 ADHDの子供は、授業中でも授業に集中出来ず、席から立ちあがって教室中をうろうろ歩き回ってしまうようなケースが多く、大体小学校入学前に診断されることが多いようです。

ADHDの多動性は成長するにつれて改善される場合が多く、不注意と衝動性が残る症状となります。 ADHDは以前は子供に特有の障害だとされていたのですが、大人になってもこの発達障害による困難が続いている方がいます。職場では、うっかりミスが多かったり、一度に複数の指示をされると忘れてしまったり、複数の仕事を同時に処理することが苦手で作業効率が悪かったりという特徴が出てきます。 また、空気が読めず切れやすい、整理整頓が苦手で片付けられない、といった症状がある場合もあります。

ADHDの原因は?

Image

ADHD(注意欠陥・多動性障害)、ADD(注意欠陥障害)の原因は、未だ解明されていません。 注意力や判断力をつかさどる大脳の「前頭前野」で、生まれつき神経細胞間の情報伝達がうまく機能していないのではないかと言われています。
昔は、ADHD・ADDの子供の行動から、原因は親のしつけであると言われることがありましたが、それは大きな誤解になります。

ADHD・ADDの子どもの症状

Image

脳みそがいつもフル回転

ADHD・ADDの子どもの脳はいつも働いていて、一瞬たりとも休むことがありません。車でいうところのブレーキのようなものがないのです。休みたくないから休まないのではなくて、「休めない」のだと考えましょう。

人の話を聞くのが苦手

ADHA・ADDの子どもは人の話を聞くのが苦手です。話を耳で聞いてはいます。しかし、だいたいは話の内容以外のことに気をとられているんです。たとえば、ママの唇が動いている様子だったり、ママのちょっとした寝グセばかりを見つめていたりするのです。このため、ママの話はいつも右から左に抜けていってしまいます。

「言うことを聞く」には意味が2つあります。「耳で聞く」という意味と、「言われた内容をきちんと受け取ってそのとおりにする」の意味。ADHD・ADDの子どもはすぐに気が散ってしまうので、「言われた内容をきちんと受け取ってそのとおりにする」ことはとても苦手。これが、ママが「この子は言うことを聞いてくれない!」と感じる理由です。

目の前のことに集中するのが苦手

たとえば今宿題をやっていたとしても、部屋の壁紙の模様に気をとられて気が散ってしまい、宿題のことなどどうでもよくなってしまったりします。ADHD・ADDの子どもにとって、一つのことに集中し続けることは、まるで迷路のように難しく、大変なことなのです。

不安を感じやすい

ADHA・ADDの子どもは繊細で、周囲で起きることにとても敏感。何か音がすればそれに気をとられるし、不安になります。ちょっとした悪いニュースを聞いただけで、世界の終わりかのような気持ちになってしまったりします。

気にかかることがあると集中できない

何か心配ごとがあったり、うろたえているときには、頭がそのことでいっぱいになってしまいます。勉強や人との会話などに集中する余裕もなくなります。

興味があることに集中しすぎる

ADHD・ADDの子どもは、時々何かひとつのことにすっかり没頭して、まったく周囲が見えなくなることがあります。こういう状態のときには、お腹が減っても気づかないし、声をかけられても気づかず、やっていることを途中でやめることができなくなることも。こういった状態のことを、「過集中(かしゅうちゅう)」といいます。

感情をおさえられないことがある

ADHD・ADDの子どもの感情は豊かで激しく、おさえるのがとても大変。いったん爆発してしまった感情をおさえて落ち着きをとりもどすには、普通の子どもよりも時間がかかります。

思ったことを勢いで口に出してしまうことがある

激しい感情の勢いで、思ったことをついバーッと全部口に出してしまうことがあります。あとで後悔することも多いのですが。ADHD・ADDの子どもにとっては、思ったことを口に出してしまう前に、ちょっと立ち止まって考えることはとてもむずかしいのです。

人と接することに不安をかかえている

ADHA・ADDの子どもは、成長とともに自分が人とどこか違うということを知り、人と接する場面に対して苦手意識を持っています。自分が何か変なことを言ったり、おかしな行動に出たりしないかと不安なのです。

ずば抜けた直観力がある

ADHD・ADDの子どもには、ものごとの表面よりももっと奥を見通す力があります。これはADHD・ADDの子どものいちばん素晴らしい能力。この力によって、他の人には思いつかないような創造的なアイデアを思いついたりすることがあります。

自由奔放な考え方をする

これもADHD・ADDの子どもの素晴らしい能力のひとつです。人とは違った自由な考え方をするので、固い考えの人には思いつかないような解決策を思いついたりします。

我慢がききにくく、そわそわしがち

じっとしているとすぐにイライラしてしまい、おとなしく待つのが苦手です。いつももじもじごそごそと動き回ってしまいます。こうした行動は、彼らにとって心を落ち着けるのに必要なことです。

こうした行動のことを「多動」といいます。多動の傾向は大人になるにつれてだんだん目立たなくなることが多いですが、本人が自分で努力しておさえている場合もあって、「動きたい!」という気持ち自体は残っていることも多いようです。

五感が敏感

ADHD・ADDの子どもの一部には五感が敏感なタイプがいます。えんぴつを重いといったり、服の布がかゆいといったり、ある食べ物の感触がニガテだったり。これはワガママなのではなく、彼らの障害の一部分なのです。こうした傾向のことを「感覚過敏」といいます。

整理整頓・片づけができない

ADHD・ADDの子どもは、ものをどんどん積んでいってしまうことがあります。ときどき、これではいけないと思って片づけしようとするのですが、なかなかうまくいきません。彼らの脳は何かを順番どおりにこなすことが苦手なのです。

やるべきことを後回しにしがち

やらなければいけないことをつい後回しにすることも。これは、彼らがなまけているとか、責任感がないということではありません。ADHD・ADDの子どもの頭の中はいつもいろいろなものでいっぱいで、何かにパッととりかかるということがとてもむずかしいのです。

もの忘れが多い

ADHD・ADDの子どもの記憶のしくみは普通の人と違っています。妙に丸暗記が得意だったりするのに、ママからのちょっとしたおつかいだとか、先生にプリントを提出することとか、やらなければいけないちょっとした用事はすぐに忘れてしまうことが。

よく言う、注意力散漫のうっかりミスというレベルではありません。頭の中でいつもあさっての方向に気をとられているため、うっかり用事を忘れてしまうことがあるのです。くりかえし忘れてしまうのは彼らの努力が足りないわけではなく、これも障害のひとつの症状なのです。

同時にいくつものことをこなすことができない

ADHD・ADDの子どもは、同時にいくつものことを並行して考えることが苦手です。同時にいくつものことを並行して考える行動を「マルチタスク」といいます。ADHD・ADDの子どもは、普通の子どもよりもマルチタスクが苦手です。

どんなことにも一生懸命

ADHD・ADDの子どもは、感情も、考え方も、話す言葉も、感覚も、みんなエネルギーにあふれています。何かやろうとするときには、いつも心の底から一生懸命に情熱を注いで取り組むのです。ADHD・ADDの子どものこういうところは、とっても心を打つし魅力的だと思いませんか。

「うちの子は育てにくい子?」と悩んでいるママは意外と多い?年代別で見た育てにくさとは
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/15538
Image