えぇ~!そうだったの!?Eテレのあんな話、こんな話

いつもどんな子ども番組をみていますか。小さいお子様のいるご家庭なら、『いないいないばあ』、『みいつけた』、『おかあさんといっしょ』を観ているが多いですよね。子どもと一緒にEテレを観ていると、気になることが結構出てくるもので、つい調べてしまったものなどをご紹介します。

49335

目次

  1. 1.『いないいないばあ』のパクパクさんとパク子さんって……
  2. 2.『いないいないばあ』のワンワンの中身って……
  3. 3.『いないいないばあ』のワンワンの声って……
  4. 4.意外な人が『いないいないばあ』に数多く楽曲を提供していた
  5. 5.『みいつけた』のコッシーの声って……
  6. 6.『できるかな』のノッポさんはおしゃべり!?
  7. 7.『おかあさんといっしょ』の歌のお兄さんは、劇団四季出身!
  8. まとめ
  9. あわせて読みたい

1.『いないいないばあ』のパクパクさんとパク子さんって……

最近までEテレをみていたママなら、ほとんどの方が気づいたと思いますが、『いないいないばあ』のパクパクさん、パク子さんは、同番組のメインキャラクターであるワンワンの手ですよね。以前はこんな正体がバレッバレの絵本が売られていました。

子どもも公認のネタなのでしょうか。2歳の息子は気づいていないと思いますが、いつ気づくか楽しみです。

2.『いないいないばあ』のワンワンの中身って……

パパママ世代なら、知っている人も多いと思いますが、「チョーさん」というのは、1984年4月9日から1992年3月25日までNHK教育テレビで放送されていた教育番組「たんけんぼくのまち」に出演していたお兄さん(当時)のことで、小学校3年生向けの社会科番組だったため、小学校の授業中に観ていた方も多いかと思います。

「たんけ~ん、はっけ~ん。ぼ、く、の、ま、ち~♪」という歌が印象的でしたよ。

とても絵(特に地図)を描くのが上手なチョーさんにみてもらいたくて、私も小学生のときに友達と作った地図を番組あてに送ったことがあります。お礼の手紙がチョーさんから送られてきて、うれしかったなあ。でも、そんなチョーさんも還暦が目前の58歳。着ぐるみの中はとっても暑いのに、あんなに動き回って大丈夫かと、パパママ世代は心配しています。

3.『いないいないばあ』のワンワンの声って……

チョーさんは、Eテレ以外でも活躍されていて、有名なところでは、あの人気アニメ「ワンピース」に登場するブルックの声優もされています。

4.意外な人が『いないいないばあ』に数多く楽曲を提供していた

最近咽頭がんのために声を失ってしまったことを発表したシャ乱Qのメンバーでありモーニング娘のプロディーサーでもある「つんく」は、いないいないばあに数多くの楽曲を提供しています。

私のオススメは「カエデの木の歌」です。初めて聞いたとき、なぜだかじんわりとしてしまい、涙がでました。とってもいい曲ですよ。曲だけでなく、歌詞も素敵です。

5.『みいつけた』のコッシーの声って……

チョーさんのブルックもそうですが、声優さんって、実は意外な人がやっていることが多いんですよね。『みいつけた』のメインキャラクターであるコッシーの声は、お笑いコンビ「サバンナ」の高橋さんです。

ちなみに、レグの声は篠原ともえさんです。

6.『できるかな』のノッポさんはおしゃべり!?

24年間、番組の中で一度も声を発しなかったノッポさんですが、「できるかな」の放送終了後、「ノッポさんの英語塾」、「ノッポさんの工作塾」、「ノッポさんのパソコンであそぼう」などで、しゃべるキャラに転身。私も、「ノッポさんの英語塾」でペラペラと英語を話すノッポさんを見たときには、すぐには受け入れられないほどの衝撃がありました。

あんなにもしゃべらないキャラクターに徹していたノッポさんですが、最近では歌手活動もされているとか。

そして、ノッポさんは、あの人気番組「ひらけ!ポンキッキ」の構成作家でもあったそうです。懐かしのガチャピンとムック。ガチャピンの着ぐるみとは思えない動きが大好きでした。

7.『おかあさんといっしょ』の歌のお兄さんは、劇団四季出身!

『おかあさんといっしょ』の11代目うたのお兄さんである横山だいすけさんは幼少期から合唱に専念し、国立音楽大学4年生の時に、劇団四季のオーディションに見事合格。入団2年目にして、ライオンキングの舞台にも立ちます。うたのお兄さんにしては、動きがキレッキレだと思っていたんですが、納得ですよね。

でも、幼少期からうたのお兄さんになることを夢見ていた横山さんは、うたのお兄さんオーディションに合格すると、劇団四季をあっさり退団したそうです。うたのお兄さんって、超エリートですね!

まとめ

今回の記事で、知っていることはどのくらいありましたか?子ども番組は毎日あるので、自分の好きな番組以上にEテレを見ている人も多いと思います。いつも見ていると、どうでもいいことなのに、無性に気になってしまうあんな話、こんな話。読んで、少しでも驚いていただければ嬉しいです。

あわせて読みたい