更新日:2017年01月13日

外食の時も安心!ベビーチェアベルトの選び方とおすすめ10選

赤ちゃんを連れての外食は、せっかくなら親もゆっくり食事を楽しみたいですよね。しかし、ベビーチェアがなくて赤ちゃんを抱っこしたまま食事をした経験がある方も多いでしょう。そんなときは、ベビーチェアベルトがあると便利なんです。ここでは、ベビーチェアベルトの種類、特徴、おすすめの商品についてご紹介します。

25181
1

目次

    ベビーチェアベルトとは

    Image

    外食をするときに、ベビーチェアはあっても固定ベルトがついていないものが多くありますよね。そんなときに便利なのが、携帯できるベビーチェアベルトです。背もたれのある大人用の椅子に取り付けるだけで、赤ちゃんが動いて椅子からずり落ちてしまう心配や、落下してしまう危険を防いでくれます。ベビーチェアベルトを取り付けることで、赤ちゃんが動き回る心配がなくなり、固定されることで赤ちゃん自身も食事に集中しやすくなります。

    ベビーチェアベルトの種類

    Image

    ベルトで固定するタイプ

    ベルトで固定するだけのベビーチェアベルトなら、ワンステップで簡単に装着できるため、取り付けに時間もかからずすぐに赤ちゃんを椅子に固定することができます。他の種類に比べ値段がお手頃なため、試してみるのにも購入しやすいタイプです。

    椅子の背もたれに被せるタイプ

    大人用の椅子の背もたれに被せるタイプのベビーチェアベルトもあります。背面が繋がっているため、前傾姿勢になりにくく転落防止にも効果があります。また、背もたれ全部が覆われているため、ベビーチェアベルトのデザインやカラーを楽しむママも多いようです。

    パンツタイプ

    パンツタイプのベビーチェアベルトは、赤ちゃんのお尻全体をしっかり包み込み、お腹を支えるベルトが太いためサポート力も高くなります。赤ちゃんが窮屈に感じることはないですが、ベビーチェアベルトをしっかり履かせるため装着の手間を感じる場合もあります。

    ベビーチェアベルトを選ぶときのポイント

    Image

    素材

    食事中にベビーチェアベルトを使う場合は、食べこぼしなどで汚れる可能性があります。ベビーチェアベルトの素材は、手入れがしやすく洗濯できるものを選ぶようにしましょう。

    取り付けやすさ

    ベビーチェアベルトの種類によって取り付け方も異なるため、どのタイプが装着しやすいのか自分に合ったものを選ぶのがおすすめです。よく動くお子さんの場合は、留める箇所が多いと装着に時間がかかってしまうため、シンプルなワンタッチで装着できる方がママも楽でしょう。また、種類によってはママの腰にベルトを装着して、膝の上に赤ちゃんを乗せて固定できるベビーチェアベルトもあります。どのようなシーンで、どのように使うことが多いのか想像しながら、自分に合ったベビーチェアベルトを探しましょう。

    持ち運びやすさ

    ベビーチェアベルトは外出先で使うことが多いため、携帯できるよう軽くてコンパクトにできるベビーチェアベルトを選ぶのがいいでしょう。商品によっては携帯できるポーチがついているものもあるため、どのベビーチェアベルトがいいか悩んだときの購入のポイントに、携帯ポーチつきという点を入れておくのもいいかもしれませんね。

    何歳まで使えるか

    ベビーチェアベルトは、お座りができるようになる生後6ヶ月~7ヵ月から使えるものが多くあります。しかし、成長段階において個人差があるため、ベビーチェアベルトを使うときはしっかりお座りをして固定できているか、お尻が安定しているのか、身体のサイズがあっているのかを確認してから購入するようにしましょう。

    だいたい食事の目的を理解できるようになる1歳半頃から、ベビーチェアベルトを利用しなくなる子どもが多いようです。手掴み食べやスプーン・フォークで自分でしっかり食べられるようになると、逆にベルトで固定されることによってテーブルまでの距離が遠くなり食べ辛くなることもあります。また、1歳半~2歳頃でも食事に集中できず動き回る子どももいるため、その都度用途に合わせてベビーチェアベルトを活用しましょう。

    デザイン

    背もたれを覆うタイプのベビーチェアベルトは、見える面積が多い分デザインも可愛らしいものが多くあります。子どもの好みが出る前の時期なので、パパやママが好きなデザインやカラーのベビーチェアベルトを選ぶのがいいでしょう。お気に入りのデザインなら、より楽しく外食もできそうですね。

    おすすめベビーチェアベルト10選

    1.リッチェル ポーチュ 2WAYチェアベルト

    4973655450512

    リッチェル ポーチュ 2WAYチェアベルト

    ¥1,728〜(2017/01/13 時点)

    対象年齢:生後10ヶ月頃~3歳頃まで

    ベビーチェアベルトと迷子ひもの2WAYとして使えます。迷子ひもとして活用する場合は、歩き始めから4歳頃まで使えます。裏返して折りたためばポーチにもなり、外出先など携帯するのにも便利です。

    まだイスに固定するときしか使っていませんがもとよりそのために買ったのですでに満足です。値段も安いしかさばらないのでお出かけ用のかばんに入れておいてもいいかも。

    引用元:review.rakuten.co.jp

    2.日本エイテックス キャリフリー チェアベルト

    51llsodms5l. sx355

    日本エイテックス キャリフリー チェアベルト

    ¥1,779〜(2017/01/13 時点)

    対象年齢:腰がすわってから3歳くらいまで

    カラーは全6色と豊富に揃っており、ママの腰に装着すると赤ちゃんはママの膝の上で安心して座ることができます。背もたれのある椅子なら、どんな形状でもほぼ取り付け可能というのも嬉しいですね。

    薄くて軽いので外出時も気軽に持ち運びできちゃいます。値段や、便利さ等を考えたら、本当に購入してよかったなと思える商品です。

    引用元:review.rakuten.co.jp

    3.フィセル チェアベルト

    Ficelle chairbelt 03

    フィセル チェアベルト

    ¥4,104〜(2017/01/13 時点)

    対象年齢:おすわりができるようになってから2歳頃まで

    フィセルのチェアベルトは、大人用の椅子にバックルを留めるだけなので簡単に装着できます。肩と腰にベルトがついているので、動きが激しいお子さんにおすすめのベビーチェアベルトです。撥水加工された生地が、飲みこぼしや汚れに強いというメリットもあります。

    チェアベルトは一つ持っていましたが、肩紐のないものだったので抜け出してしまっていました。安い買い物ではないので迷いましたが、買って正解!食事中に立ち上がろうとすることなく、集中して食べてくれています。また、デザインもかわいいのでとても満足しています。 

    引用元:item.rakuten.co.jp

    4.Nitaw ポータブル チェアベルト

    51xvzizzeql. sx425

    Nitaw ポータブル チェアベルト

    ¥1,699〜(2017/01/13 時点)

    対象年齢:生後6ヶ月頃から3歳まで

    外出先にベビーチェアがなくても、大人の椅子に簡単に装着することができるベビーチェアベルトです。ママの腰に装着することで両手があいて、膝の上に乗せた赤ちゃんの食事もスムーズに後ろから補助できます。携帯に便利なポーチつきです。

    5.リッチェル ポーチュ チェアベルト

    45061

    リッチェル ポーチュ チェアベルト

    ¥792〜(2017/01/13 時点)

    対象年齢:生後10ヶ月頃から2歳頃まで

    ベルトタイプのベビーチェアベルトなので、装着もワンタッチで簡単便利。メッシュの生地で通気性が良く、水を弾きやすい素材で汚れたら拭き取ることができます。

    椅子のほか、膝におすわりさせて自分の腰につけて使っています。暴れ防止に役だっています。外出時の必須アイテムです!

    引用元:review.rakuten.co.jp

    6.マイリトルシート 布製ベビーチェアベルト

    515jigwrscl. sy355

    マイリトルシート 布製ベビーチェアベルト

    ¥3,780〜(2017/01/13 時点)

    対象年齢:生後6ケ月から30ヶ月まで(ひとりで座れるようになるまで)

    友人が使用していて可愛いな..と思い、9ヶ月の娘用に購入しました。《ポケット フル オブ ポウジーズ》←デザインも可愛く丸洗いも出来、コンパクトなので持ち運びも楽々!!その上取り付けも簡単でした。他の商品も沢山見ましたが、やはり肩ベルトがあると安心して座らせる事ができるのでお値段は妥当だと思います。

    引用元:review.rakuten.co.jp

    全9色の豊富なカラーとデザインが、とても可愛らしいベビーチェアベルトです。洗濯機で丸洗いができ、オムツほどの大きさまでコンパクトに折りたためます。専用のポーチがついているので、携帯にもとても便利です。ギフトとして贈られる方も多いようですね。

    7.トットシート ベビーチェアベルト

    61ktsmewzil. sl1024

    トットシート ベビーチェアベルト

    ¥4,104〜(2017/01/13 時点)

    スコットランドで生まれたブランド「トットシート」のベビーチェアベルトは、おしゃれで機能性にも優れています。コンパクトにたたんで付属の携帯用ポーチに入れれば、外食だけでなく旅行や帰省などの遠出にも便利です。見た目にもインパクトがあり、席を外しても我が子の場所を見つけやすいというのもメリットの一つです。ほとんどの大人用の椅子に取り付け可能です。

    甥っ子の出産祝いに購入。お出かけが多い義理の弟夫婦なのでどこででもお食事できるようにプレゼントしました。喜んでくれました!

    引用元:review.rakuten.co.jp

    8.Solby ベビーチェアベルト

    Imgrc0062079441

    Solby ベビーチェアベルト

    ¥2,592〜(2017/01/13 時点)

    ポップなカラーが可愛らしいSolby(ソルビィ)のベビーチェアベルトは、滑り止め付きでお尻をすっぽり包んでくれます。装着は片足を入れれば、あとは背もたれに装着するだけなので簡単にできます。椅子の形状によっては取り付けられない場合もあるようです。

    9.GOMAMA ベビーチェアベルト

    51roro80b2l. sy355

    GOMAMA ベビーチェアベルト

    ¥1,789〜(2017/01/13 時点)

    対象年齢:生後6ヶ月頃から3歳まで

    持ち運びに便利な携帯ポーチ付きで、パンツタイプとベルトで固定するタイプの2種類から選ぶことができます。食事のときにとても便利という声も多く、ママの腰に装着して子どもを膝の上に座らせて固定することもできます。

    10.日本パフ セーフティベルト

    E703f04c c732 49bf 81c6 b8674d87955a.jpg. cb527333414  sl300

    日本パフ セーフティベルト

    ¥1,161〜(2017/01/13 時点)

    対象年齢:生後7ヶ月頃から1歳半頃まで

    赤ちゃんのお尻をすっぽり包み、ズレ落ちる心配がなく安定感があるベビーチェアベルトです。全面にふかふかのウレタン入りで、お腹のしめつけや窮屈に感じることがない点も嬉しいですね。バックルを留めるだけで、あっという間に装着できるのも便利です。ママの腰に装着すれば、赤ちゃんを膝の上に固定して乗せることができます。

    股のところもカバー出来るのを探してました。これは値段も安く、満足しています。あんまり外食はしないんですが、実家に帰ったりする時に、あったら便利なアイテムだと思います。

    引用元:review.rakuten.co.jp

    家族の食事時間を楽しいものに!

    Image

    ベビーチェアベルトには種類があり、装着のしやすさやどんなときに必要か利用するシーンに合わせて選ぶことが大切です。また、子どもの動きが激しい場合は、しっかりお尻全体を包んでホールドするタイプが良いでしょう。食事時間は家族で過ごす大切な空間であるため、外食でもおいしいご飯を気持ちよく頂きたいですよね。赤ちゃんや子どもが動き回って周囲への目を気にして食べることを考えると、ベビーチェアベルトを活用してゆっくり食事を楽しむのがいいのではないでしょうか。ベビーチェアベルトの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

    Image

    赤ちゃんと一緒に外食しよう!離乳食メニューがあるファミレス6選 | mamanoko(ままのこ)

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/17465
    Image

    離乳食の椅子の選び方!ハイチェア・ローチェア・テーブルチェアおすすめ10選 | mamanoko(ままのこ)

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/27439
    Image

    赤ちゃんの椅子はいつから?種類、選び方、おすすめ商品15選 | mamanoko(ままのこ)

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/27312

    関連する人気の記事

    子育て・育児のカテゴリ

    ライタープロフィール

    Image

    niconicopun

    小学生の女の子と幼稚園の男の子のママをしています。毎日育児…