更新日:2017年03月29日

子宮口を柔らかくする方法は?臨月の子宮口の状態と固いときのリスク

出産が近くなると内診した医師から「子宮口が柔らかくなってきてるからそろそろだよ」「子宮口が固いからまだかな」などと言われるようになります。子宮口がどのように出産に関係しているのか気になりますよね。そこで今回は臨月の子宮口の状態と固い場合のリスク。そして柔らかくする方法などまとめてみました。

51786
0

目次

    子宮口とは

    子宮口とは子宮の入り口です。そしてお腹の中にいる赤ちゃんの出口になります。赤ちゃんがお腹の中にいる間はしっかりと閉じていて赤ちゃんが出てこないようになっているのですが出産が近づくにつれて女性ホルモンの影響から子宮口は柔らかくなり開きやすくなってくるのです。

    臨月の子宮口の柔らかさと分娩のタイミング

    臨月になると出産までどのくらいなのか内診で子宮口の柔らかさを医師が調べ分娩のタイミングを予測することができます。

    子宮口が柔らかいかは医師の主観に左右される

    子宮口が柔らかいのか固いのか…というのを客観的に計測するなどの方法はありません。医師の主観に左右されることになります。子宮口の開き具合や妊娠週数、そして赤ちゃんの頭の位置などから判断して出産の進行状況をみています。子宮口の固さで出産がどのくらい進んでいるかはあくまでも目安だと思ってください。

    分娩開始前

    分娩開始前の子宮口はまだ鼻の頭の両側にあるふくれている部分、すなわち小鼻を触ったときくらいの固さで閉じている状態です。そんな子宮口も陣痛やホルモンの影響で段々と柔らかくなっていきます。

    分娩開始

    分娩が始まる頃の子宮口の柔らかさは唇くらいと思ってください。子宮口は0~3㎝ほど開いた状態で陣痛も5~10分間隔で起きるようになりいよいよ出産間近というところです。

    子宮口が全開

    赤ちゃんがお腹の中から出てくる頃の子宮口の固さはマシュマロのような柔らかさになっています。子宮口は8~10㎝くらいまで開き陣痛は2~3分間隔になっています。

    臨月前に子宮口が柔らかいときのリスク

    Image

    臨月になり子宮口が柔らかいのは全く問題はありません。赤ちゃんも十分にお腹の中で大きくなっていますからスムーズに出産することができるでしょう。しかし臨月前に子宮口が柔らかくなってしまうのはどうなのでしょうか。

    早産

    臨月前に子宮口が柔らかくなってしまうと妊娠を維持することができなくなってしまいますので早産の危険性があります。臨月前ではまだ赤ちゃんはお腹の中で発育途中ですからお腹の中にとどめておく必要があります。

    陣痛が起こらないよう安静を言われることになるでしょう。またお腹の状態や赤ちゃんの状態によっては入院して経過観察に至る場合もあります。

    子宮頚管無力症

    妊娠中期頃に子宮口が柔らかくなってしまった場合は「子宮頚管無力症」が疑われます。体質的に子宮頚管が弱い場合や前回の出産で破裂した経験があったり過去に子宮頚管のなんらかの手術をした場合に起こることがあり、流産や早産のリスクがあるため早めに対処する必要がでてきます。

    臨月になっても子宮口が固いとどうなる?

    Image

    出産予定日までは気にしなくて大丈夫

    臨月を迎えても出産予定日までは子宮口が固くても気にしなくて大丈夫です。子宮口が柔らかくなる時期については個人差があり出産が始まる数週間前から柔らかくなる妊婦さんもいれば陣痛が起こって一気に柔らかくなる妊婦さんもいます。

    出産予定日を過ぎたら注意が必要

    しかし出産予定日を過ぎ胎盤の機能が低下して胎児に影響が出てしまうと診断された場合に子宮口が固い状態のままだと注意が必要です。

    難産になってしまう可能性もある

    子宮口が固いと難産になる可能性もあります。陣痛が微弱になる可能性があるからです。微弱陣痛では子宮の収縮が十分ではないので赤ちゃんがうまく下がってきません。出産に時間がかかりすぎてしまう可能性もでてきます。時間がかかりすぎると赤ちゃんが長時間圧迫されることになりますから赤ちゃんの生命が危険にさらされてしまうのです。

    軟産道強靭で帝王切開になることもある

    子宮口が固くて出産が長引き難産になってしまっている場合「軟産道強靭」の可能性もあります。軟産道強靭とは赤ちゃんが通過する管である「軟産道」の伸展性が悪いことで、軟産道の筋肉が固いままなので子宮口がなかなか開かず出産に時間がかかってしまいます。

    軟産道強靭の影響で子宮口が固いままだと子宮内の圧が高まり早期破水を起こして感染症を引き起こしてしまったり、軟産道強靭のまま陣痛が強くなってしまうと産道が破裂してしまい大量出血につながるリスクもありますので医師の判断で帝王切開になる場合もでてきます。

    子宮破裂・子宮頚管の裂傷のリスクも

    子宮口が固い状態で陣痛が始まると子宮周辺が柔軟に伸びることができません。その影響で子宮破裂や子宮頚管が裂けてしまうリスクが発生します。それにより大量出血をしてしまう危険もありますので注意が必要です。

    子宮口を柔らかくする方法

    Image

    適度な運動

    子宮口がなかなか柔らかくならないときは医師からよく動くように言われることがあります。無理のない範囲で適度な運動をしてみましょう。出産時に必要な筋肉や体力をつけることになりますからウォーキングがおすすめですよ。またストレッチや階段の上り下りも効果的です。

    身体を温める

    身体を温めることも子宮口を柔らかくする効果があると言われています。適度な運動により全身の血行が良くなることで新陳代謝が良くなります。全身の血行が良くなれば子宮の血行も良くなるので子宮口が柔らかくなることにつながるようです。

    卵膜剥離

    子宮口を柔らかくする処置として「卵膜剥離」があります。臨月の内診で陣痛を促すために行われるもので赤ちゃんを包んでいる卵膜を子宮の壁から剥がす処置となり医師の指によって行われます。

    薬の投与

    陣痛があるにもかかわらず子宮口が固い場合は子宮頚管熟化剤を使用する場合もあります。膣錠や点滴で投与されることになります。

    食生活の見直し

    子宮口を柔らかくする方法は普段の食生活にもあります。高カロリー・脂っこい食事・乳製品を過剰に摂取した場合、体が酸化することによって固くなってしまいます。産道にも脂肪がついてしまう原因になり難産を引き起こすことにつながりますので気をつけましょう。

    子宮口の柔らかさで妊娠がわかる?

    Image

    生理周期に合わせて子宮口の位置や状態が変わる

    生理周期にあわせて子宮口の位置や状態が変わると言われています。生理前では排卵日が近づくにつれて子宮口が下の方に下がってくるそうです。詳しい理由ははっきりとわかっていませんが精子が子宮内に入りやすくするためだったり、生理のときに子宮の壁から剥がれおちた血液などを体の外に排出しやすくするためだと考えられています。

    妊娠しているときの子宮口の位置と状態

    生理周期で変化する子宮口ですが妊娠したかどうかでも子宮口の位置や状態が変わるようです。妊娠していなければ子宮口の位置は下がったままで柔らかいのですが、妊娠しているときは赤ちゃんを守るために子宮口の位置が上がり子宮口も固く閉じていくと言われています。

    排卵日を予測することもできる

    排卵日の予測方法のひとつに「福さん式」と呼ばれるものがあるのをご存じですか?元助産師さんが紹介している排卵日予測方法で、自分で子宮口を触り位置や状態、またおりものの状態によって妊娠しやすいタイミングを判断する方法です。

    福さん式の排卵日予測方法では子宮口の位置が下がっていて柔らかいときが妊娠しやすい時期だとされています。排卵期には子宮口が柔らかくなります。生理終了後から自分で内診を続けいつもより子宮口に指が届きやすく感じたり柔らかいと感じたら排卵期が近づいているということになるそうです。

    子宮口が固いと言われても焦らずリラックスを心がけて

    Image

    出産予定日がそこまで迫っているのに医師から「子宮口がまだ固い」と言われてしまうと不安に思ってしまうこともあるでしょう。でも焦らないでください。子宮口が柔らかい・固いは個人差もあります。出産の数週間前から柔らかくなる人もいれば陣痛がきて一気に柔らかくなる人もいることを頭に入れておきましょう。

    不安から「早く子宮口を柔らかくしなければ!」と焦ってしまうとストレスになり余計に悪影響です。出産の進み方は人それぞれであることを忘れずできるだけリラックスして出産の時を迎えられるように心がけましょう。

    子宮口の関連記事はこちら

    Image

    子宮口が開かない原因は?子宮口が開かないときの対処法 | mamanoko(ままのこ)

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/23931
    Image

    生理前の子宮口は柔らかい?生理前の子宮口の位置と妊娠の見分け方 | mamanoko(ままのこ)

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/24012

    キーワードで記事を探す

    関連する人気の記事

    妊娠・出産のカテゴリ

    ライタープロフィール

    Image

    megumegutone

    小学3年生の男の子と小学1年生の女の子を育児中です。2人と…