更新日:2017年01月05日

男の子の育て方がわからない?年齢別、兄弟別の育て方と叱り方

同性の女の子と違い、「男の子の育て方がわからない」というママも増えてきています。そこで、年齢別や兄弟別の男の子の育て方や叱り方のポイントを解説していきます。参考になる育児本も合わせて紹介するので、ぜひ目を通してみてください!

7514
2

目次

    男の子に関するママの悩み

    何を考えているのかわからない

    Image

    男の子は女の子に比べて何を考えているのかわからないという悩みを持つママも少なくありません。

    男女で考えることが違うように、成長してもママと考え方が異なることから共感できない部分も出てきやすくなります。

    男の子の行動が理解できない

    突然理解しがたい行動をとり始めるのも男の子に多い特徴になります。

    なぜそんな行動をするのか理解できないこともありますが、そういうものだと割り切って付き合っていくことが大切です。

    部屋を散らかす

    成長してもなかなか言うことを聞かない子も多く、おもちゃなどを片付けずに部屋を散らかしてしまう男の子も少なくありません。

    女の子に比べると手を焼いて、いつもママが片付けているケースも多くなっています。

    1歳~3歳の男の子の育て方

    ふれあいとあそびを大切にする

    子どもとのふれあい・あそびを大切にしましょう。
    短い時間でも、親子でふれあう時間を設けることで愛情を感じられるため子どもの成長に繋がります。

    同時に五感も刺激されるので、毎日一緒に過ごす時間を作ることが重要になります。

    できるまでじっと見守る

    何事も、子どもができないからといって親が口を出したり代わりにやってあげることは、できたときの達成感や考えながら取り組む想像力などを奪ってしまいます。

    おもちゃの遊び方ひとつでも、子どもができるまでじっと見守ってあげることが大切です。

    自由でいられる空間を作る

    Image

    家の中に子どもが自由に動き回れる空間を作りましょう。
    「ここは危ないから」と制限しなくても好きなようにいられる空間を少しでもいいので確保してください。

    自由にいられる空間があれば、子どもの興味や好奇心、積極性などが育っていきやすくなります。

    愛情を伝える

    子どもには、言葉や態度でしっかりと愛情表現をするように心がけましょう。
    親に愛されている自信がある子どもは、打たれ強く強い子に成長します。

    たっぷりと愛情を注ぎ、毎日少ない時間でも子どもとのスキンシップを大切にしましょう。

    語り掛けや会話をたくさんする

    赤ちゃんの頃から積極的に話しかけたり、絵本の読み聞かせなどを行いましょう。

    ママや家族の会話から、少しずつ言葉を吸収していくので、言葉の発達が促されやすくなります。
    まだ言葉が分からない時期でも、毎日たくさん話しかけてあげましょう。

    兄弟別男の子の育て方

    男の子の兄弟

    男の子の兄弟は、同じ性別であるため比較の対象になりやすく、ついどちらかが言うことを聞かなかったりすると「なんで兄(弟)はできるのにあなたはできないの!?」と怒ってしまいがちですがそれはNG。

    兄弟を比較するのではなく、お互いの良い部分を見つけて褒めてあげることが大切になります。

    3人以上の男の子の兄弟

    3人以上の男の子の兄弟になると、お互いの意見の違いからぶつかり合うことも多くなります。
    ケンカも絶えないことも多いですが、すぐに仲裁せず見守ってあげることも必要です。

    ぶつかり合いながら成長していくので、ケガをしないように最低限のルールを決めて、本人たちに任せましょう。

    女の子の兄弟がいるとき

    男の子と女の子の兄弟の場合は、女の子の方をついつい可愛がってしまうため、叱り方やしつけの仕方に差が出てしまうケースも少なくありません。

    女の子の方を甘やかしすぎないことや男の子も同じくらい可愛がり、平等に接してあげることが大切です。
    ママだけではなく、パパや周りの家族にも同じように接するように呼びかけましょう。

    ひとりっ子

    ひとりっ子の場合、兄弟のように話したり競い合う相手がいないため、寂しい気持ちになったしまったり、相手がいないためコミュニケーションが不足しストレスが溜まってしまうことがあります。

    ずっとひとりでいるのではなく、スポーツチームに入ったり周りの子どもの集まりに積極的に連れて行ったりと集団の中に慣れさせてストレスを解消してあげましょう。

    男の子の叱り方

    端的に具体的に言う

    男の子を叱るときは、「ちゃんとして!」など抽象的な表現ではなく、「片付けて」、「自分で食べて」など何が悪いのかがしっかりと伝わるような言い方をしましょう。

    女の子は同性のため、ママの言いたいことが大体伝わりやすいですが、男の子は曖昧な表現や目的がはっきりしないような表現は理解しにくいため、本人に伝わるように目を見て注意してあげることが必要になります。

    プライドを傷つけない

    男の子はプライドが高く、人前で怒られると恥ずかしい気持ちになってしまいます。
    子どものプライドを傷つけるような叱り方や、公共の場所などで大声で叱ることは極力避けるようにしましょう。

    特に子どもの人格を否定するような言葉は厳禁になります。

    叱るときはふたりきり

    男の子を叱るときは、自宅などママと二人きりの空間に絞りましょう。

    そこで、何に対して怒っていたのか、どうしてほしかったのかなど反省点を言い、ママの気持ちが子どもに伝わるようにします。

    人格を否定しない

    人間にとって、自分の人格を否定されることはとてもショックなことです。
    特に信頼しているママに「こんなこともできないの!?」と自分を否定されるような言葉を言われると心の傷になってしまいます。

    叱るときは言葉を選び、子どもがショックを受けるようなことは言わないようにしましょう。

    ランキング上位の男の子育児本

    男の子の一生を決める 0歳から6歳までの育て方

    71dpjxv8ofl

    男の子の一生を決める 0歳から6歳までの育て方

    ¥1,296〜(2016/09/23 時点)

    男の子の生まれてから6歳頃までの育て方が読みやすく簡潔に書かれています。
    0歳は「好奇心を育てる時期」、1歳は「やる気を育てる時期」など、年齢ごとにわかりやすく解説されているので、ママはもちろん、パパにも読みやすい育児本になっています。

    子育てで行き詰ったときの解決のヒントになるかもしれません。

    男の子にちゃんと伝わる しつけ&言葉かけ

    514jvdotvul

    男の子にちゃんと伝わる しつけ&言葉かけ

    ¥1,404〜(2016/09/23 時点)

    男の子とどう接していいのかわからないママのための育児本です。
    子どもとの上手な接し方を始め、男の子にもちゃんと伝わるしつけや言葉かけのコツがたくさん紹介されています。

    言うことを聞かない場面でも、大変をおもしろく変えるような工夫が盛りだくさんで、男の子の子育てが楽しくなるような子育てノウハウがいっぱいです。

    男の子の本当に響く叱り方褒め方

    61ou%2bo y9il. sx344 bo1,204,203,200

    男の子の 本当に響く 叱り方ほめ方

    ¥1,404〜(2016/09/23 時点)

    「ママにとって男の子は別の生き物」とアドバイスしているのがこの育児本。
    別の生き物だからこそ、上手くいかないことも多く、大変なこともあると語っています。

    ママの負担が少しでも軽くなるような文章で、育児の悩みを解消する糸口になる本になっています。

    まとめ

    Image

    ママにとって、同性の女の子よりも男の子の方が未知の部分や理解できない部分が多く、子育てで苦労しているケースも少なくありません。

    しかし、叱り方などを工夫すれば徐々に距離が縮まり上手く付き合っていけるようになります。
    ほどよく息抜きしながら育児が楽しくなる工夫を取り入れてみてください。

    男の子の育て方の関連記事はこちら

    キーワードで記事を探す

    関連する人気の記事

    子育て・育児のカテゴリ

    ライタープロフィール

    Image

    yuki47

    長女を出産して子育て奮闘中です。妊娠から子育てについてまで様々なことを記事に出来たらいいな...