更新日:2017年04月26日

抱っこひもはどれがいい?人気のエルゴやボバラップの使いやすさを比較

抱っこひもの研究が進んで、色々なメーカーから便利で安全な抱っこひもがたくさん出ています。たくさん種類がありすぎて、どれを選べば良いか迷ってしまいますよね。ここでは、人気の抱っこひもの特徴をご紹介します。

88036
1

目次

    抱っこひもはキャリーとスリングに分かれる

    抱っこひもには大きく分けて「キャリー」と「スリング」があります。どちらの抱っこひもも今は使用できる期間が長く重宝しますが、ライフスタイルや用途に合わせたものを使用するとよいと思います。

    キャリーはその名通り、赤ちゃんを運ぶための抱っこひも。抱っこするママの負担を減らすコンセプトのものが多く、多機能です。スリングは布を方からつるして赤ちゃんを包み込むように抱っこをします。袋状で赤ちゃんとの密着度が高いため、赤ちゃんが安心するともいわれていますよ。

    口コミで人気!新生児から使えるおすすめのスリング11選

    https://mamanoko.jp/articles/25265

    抱っこひもとスリング、どっちがいいの? それぞれのメリットとデメリット!

    https://mamanoko.jp/articles/14884

    人気急上昇!ボバキャリア

    Boba classic 0

    抱っこ紐 ボバキャリア 4G plus

    ¥17,280〜(2017/04/26 時点)

    ボバキャリアは人気急上昇の抱っこひもです。ほかの抱っこひもよりもデザイン性があって多機能。そんな理由で最近はボバキャリアの抱っこひもを選ぶママも多いようです。こちらは新生児インサートを買わなくても抱っこできるので、新生児の赤ちゃんから使いやすく便利ですよね。また、ほかの抱っこひもに比べて以下のような特徴があります。

    1) 比較的小柄な人でも使いやすい
    2) 新生児用インサートがもともと付いていて、新生児期から使える
    3) おそろいのドールキャリアがある

    実際に使用しているママからのレビューは満足度が高いようです。抱っこひもを購入の際に候補に入れたいひとつですね。

    赤ちゃんとの密着度が高いボバラップ

    35navyblue

    ボバラップ BOBAWRAP 抱っこ紐

    ¥7,000〜(2017/04/26 時点)

    こちらはボバの「ボバラップ」赤ちゃんとの密着度がグッと高くなります。赤ちゃんの体質や安心できる体勢をよく研究されて作られています。

    我が家の新生児訪問の時に保健師さんは、「赤ちゃんの背骨の成長のために抱っこは縦抱きをせずに、まる~く横抱きにしてね」と言われました。まさに、ボバラップはその体勢を保てる抱っこひもなのですね。

    パパももちろん使えるので、こちらのボバラップも用途に合わせて巻き方も調整できるのでよさそうですね。しかし、新生児よりも少ししっかりしてきた赤ちゃんからの方が使い勝手が良いそうです。

    抱っこひもの王道!エルゴ

    P1160820

    エルゴ 抱っこ紐 ベビーキャリア オリジナル

    ¥19,980〜(2017/04/26 時点)

    購入はこちら

    抱っこひも人気ナンバーワンのエルゴ。我が家もずっとエルゴです。エルゴは何といっても疲れにくく、おんぶも楽にできます。使用期間が長く、長く使えるのもメリットだと思います。

    筆者は5年間子ども3人にエルゴを使用しましたが、壊れません。とても丈夫にできていますよ。また、新生児用のインファントインサートを使えば、新生児の抱っこもできるので安心です。

    エルゴの特徴は、以下になります。

    1.肩や腰への負担が分散されるように設計されているので、痛くなりにくい。
    2.子供とピッタリくっつく為に、一体感があって重みをあまり感じない。
    3.縦抱きタイプでありながら、別売りパーツを使用すれば新生児(首座り前)からでも使用可能。
    4.夫婦共用で利用できる。
    5.冬あったかい。
    6.子供が喜ぶ&数分後にはぐっすり寝ている

    エルゴオーガニックの特徴!オリジナルとの違い、選び方の注意点は?

    https://mamanoko.jp/articles/27393

    家事もサクサク!エルゴでおんぶはいつからできるの?使い方を動画で解説!

    https://mamanoko.jp/articles/2486

    日本ならではの安心設計、アップリカ

    0070004405010000 l

    アップリカ コランハグ

    ¥11,880〜(2017/04/26 時点)

    アップリカの抱っこひもは、日本ブランドならではの安心設計ですね。赤ちゃんに安心で快適な構造はもちろん、ホールド力があって安定感のある抱っこができます。ママもパパも疲れにくい構造になっています。抱っこひもを上手に使って、お家でもお外でもたくさんスキンシップしたいものですね。

    アップリカの抱っこ紐の評判は?人気のポイントと使い方

    https://mamanoko.jp/articles/24995

    持ち運びも軽い!ベビーケターン

    41dtla2gtkl

    ベビーケターン ベビーキャリア レギュラーコットン

    ¥9,800〜(2017/04/26 時点)

    ベビーケターンも新生児から使える抱っこひもです。スリングと前抱き帯を十字に交差させた、画期的なデザインによって、スリングや前抱きと同じ抱き方ができます。柔らかくて使いやすい上に自在に形が変えられるため、最近人気が上がってきているそうです。3.6~15.8kgの赤ちゃんをさまざまな体勢で快適に抱っこすることができるのは、ありがたいですよね。

    北欧生まれのオシャレなストッケ マイキャリア

    Mycarrier cool 121212 033202

    ストッケ マイキャリア

    ¥16,200〜(2017/04/26 時点)

    ノルウェーの北欧ならではのナチュラルな雰囲気と、子供の成長に合わせた作りが人気の育児用品ブランド、ストッケのマイキャリアです。ユニークな大型ベビーカーなどが有名ですね。いずれも「成長」を主眼においたデザインコンセプトでママから人気のブランドです。もちろん新生児から使えて、3wayで用途に合わせて使用できます。

    ババスリング

    M 3336 6

    ババスリング

    ¥12,960〜(2017/04/26 時点)

    ババスリングは赤ちゃんのその日その時のご機嫌や状態に合わせて、6つのポジションで抱っこができます。2~3歳まで使えるのは便利ですよね。外出先でも抱っこしたまま授乳が可能だったり、忙しいママにも需要があります。飛行機での旅行やバスや電車での移動にもぴったりです。

    まとめ

    抱っこひもといっても、このようにメーカーもタイプもたくさんあります。そして、デザインや機能も抱っこひもによって変わってきますよね。ここでは、人気のブランドを紹介しましたが、まだまだ抱っこひものタイプはあります。

    抱っこひもは決して安いものではないので、たびたび買い替えるわけにもいきませんよね。赤ちゃんもママにフィットする、快適な抱っこひもを見つけてみてくださいね。

    あわせて読みたい

    Image

    ブレイク直前!? 韓国発・革新的抱っこヒモ『i-angel』

    https://mamanoko.jp/articles/15732
    Image

    人気の抱っこひも用ケープ!日よけ・防寒・タイプ別おすすめ商品

    https://mamanoko.jp/articles/25119
    Image

    アップリカ・コンビ・マクラーレンなど人気の7社のベビーカーを徹底比較!ママの口コミもご紹介

    https://mamanoko.jp/articles/17977
    Image

    どうする?セカンドベビーカー【生後7~8ヶ月】赤ちゃんとの生活~生活リズム・コミュニケーション・食事・やっておきたいこと

    https://mamanoko.jp/articles/11473
    Image

    軽くてコンパクトに折りたためるベビーバギー10選!ベビーカーとの違いは?いつから使える?

    https://mamanoko.jp/articles/28207

    キーワードで記事を探す

    おすすめの記事

    関連する人気の記事

    ライタープロフィール

    Image

    りん

    大体が笑って過ごしたいと思っています。 6歳(男)4歳(男)1歳(女)の育児奮闘中です☆