更新日:2017年09月16日

男の子・女の子どっちが欲しい?性別でみる性格と成長の違いとは?

何かと世間的には、女の子を産んだ方が良かったね、と言われやすい世の中のような気がします。元気に生まれてくれればいいと思う気持ちは変わらないけれど、ちょっとココロにひっかかる性別論争。男の子って損なの? 女の子のほうがが得なの?それぞれの子育て経験者の声を集めてみました。

203192
1

男と女どっちが欲しい?

Image

妊娠して、赤ちゃんが成長していくと気になるのが性別ですよね。みなさん、男の子か女の子の希望ってありましたか?

赤ちゃんを授かったご夫婦に男女、どちらの赤ちゃんを望んでいるかアンケートを行うと、以下のような結果が出たと言われています。

パパ……男の子 39% / 女の子 23%  / どっちでもいい 38%
ママ……男の子 17% / 女の子 46% / どっちでもいい 37%

このように、パパは男の子が欲しい人の方が多いですが、ママは圧倒的に女の子希望の人が多いようです。

周りの声も、ふと意識をすると「女の子」が良いという声が圧倒的に多くて、なんで? という思いに駆られる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

筆者もよく聞くのですが、妊娠すると、これってよく言われますよね。女の子は男の子よりも人気の理由は何なんでしょう? では、実際に赤ちゃんを授かったママやパパはどのように思っているのでしょうか? 皆さんの声を集めてみましたのでご紹介いたします。

Mobile favicon

妊娠5ヶ月…男の子?女の子?気になる性別はどっち?

女の子の良さって?

Image

女の子は男の子に比べて育てやすい子が多いと言われていますよね。おしゃれの幅が広いのも人気のひとつですね。
小さい頃は男の子比べて体が強く病気も少なく、精神的にも早いうちからしっかりしていて対等に接することが出来ます。大人になっても友達のように女同士の付き合いが出来たり、結婚してからも孫の面倒もたくさん見ることが出来そうという将来のことも含めて人気のようです。男は嫁につくから、結婚したら寄り付かない(よりついてもマザコンで困りますけどね)という気持ちもあるようです。ずっと仲良くいられるのは同性の良さですよね~!

■先輩ママの体験談

女の子の方が体がタフらしいので育児はしやすいそうです。

引用元:oshiete.goo.ne.jp

実際私の周りを見ても、病気が多いのは男の子のような気がします。あと、冒険心の多い男子はケガもありますしね(笑)

少子化で1人しか産まないなら
後々、頼りになりそうな女の子という選択も無意識にあるのかも。
男の子は結婚すれば、お嫁さんのみかたでしょうし、
会話も大きくなればしなくなって寂しいですよねー。
それに、洋服も黒とか青とか暗い色ばかりで面白くないし、
130cmを超えると店にもさして売っていないんです。

引用元:oshiete.goo.ne.jp

女の子はなんだかんだ言いながら嫁に行っても実の親につきます。
男の子は嫁につきます(笑)
男の子 女の子が大人になり結婚し子供を産んで孫を気軽につれてくる環境は女の子の場合は実家へ 男の子の場合は嫁の実家へでしょうね(笑)

引用元:oshiete.goo.ne.jp

このような意見が多かったです。女の子はいつまでもお母さんの傍にいてくれるというのも人気の理由です。苗字は変わって結婚してしまうけれど、何かあれば助けてくれるのは女の子なのかも知れません。

やっぱり同姓だけあって大きくなっても一緒に買い物行ったり、デリケートなことでも気軽に話ししやすいだろうなって思うからです。
それにお洋服選びも楽しみもありますね。

引用元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

私は女の子が欲しかったです。
かわいい洋服着せたり、一緒に買い物に行ったりしたかったので。
将来も息子だったらあまり孫連れてこないけど娘だったら
しょっちゅう連れてきますよね。人によると思いますが・・・

引用元:oshiete.goo.ne.jp

買い物も楽しそう!男の子は小学生でももう一緒に買い物に来たがらない(我が家の場合は)けれど、女の子ならショッピングしてカフェに入って…なんて出来そう。うらやましいっ。

男の子は大変というイメージがあります。また服も多くありますので着せ替え人形のごとく子供におしゃれをさせたいというのがあるのでは?

引用元:oshiete.goo.ne.jp

先日水着を買いに行ったときに愕然としました。男女1:9くらいの比で、華やかでかわいい女の子の水着ばっかり!男の子のは片隅に品揃え少なくこっそりと…。女の子って選択肢多くていいなぁ~~と思いましたよー。

男の子もイイよ!

Image

もちろん男の子が欲しい人もいますよ~。私は男しか知らないので比較することができませんが、周りの女の子と比べてみてみると、小さいうちの男の子は何をしてもオバカで、それが良いところです。女の子は的確に対等な返しをしてくるのがカチンとくる、というママの話を聞いたことがあります。

意外と男の子は素直で優しいので、家のお手伝いなどは女の子よりも男の子の方が継続して当たり前のようにやってくれる場合が多いとか。何より、お母さんを大事にしてくれるとよく聞きます。子育ての一番重要な時期に、ここまで熱愛される母って、ホント幸せだわと思います。

■先輩ママの体験談

男の子がいるお母さんから「息子は何しても可愛い。娘とは次元が違う可愛らしさだ。息子がいない人には分からないと思う。」と、よく言われます。やはり息子は恋人で、娘は自分の分身って言うのは、本当みたいです。

引用元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

息子は恋人で娘は分身…なるほど、その通りかも知れません。異性だからこそホントにかわいいんですよね。

実際に男の子を生んで、もうその可愛さに毎日とろけそうです。

女の子より男の子の方が無邪気でおバカさん。女の子は口が達者で3歳でもう周りを意識して「女」になるけど、男の子は小学生になっても赤ちゃん。

小学生になると「ママ、そんなかっこして学校に来ないで!」と言うのは女の子。中学生になると外で会ってもお友達といる時は声をかけると怒ります。高校生になると「服買う。ババア、金」としかしゃべりません。そう、それが女の子。

男の子は「ママ~」「お母さ~ん」「おかん~」といつまでたっても母親が好き。優しいのは男の子。

引用元:oshiete.goo.ne.jp

男の子はいつまでもコドモで、反抗もするけれど根底ではお母さんがイチバンなんです。対等な女子と比べると、甘えんぼの男の子が異性からはかわいく見えるのかも知れませんね。


我が家は男の子、女の子といますが、男の子はやんちゃですが、以外と使えるのです。お手伝いもします。女の子は何故だが口は達者だが動かないです。家では。

引用元:oshiete.goo.ne.jp

そうそう! 実は男の子は意外に使えるんです。生活の中で当たり前にお母さんの手伝いをしてくれる。数十人のパーティなどで見ていると、後片付けを何も言わなくてもさらっとやっているのって、大体男の子なんですよね。大きくなったら力仕事でも頼りになりますよ。

また、男の子はバシっと叱ってその場で終わり、叱るときも喧嘩のときもさっぱりしています。物事を引きずらないのがとってもラクな面があるという意見もありました。

このように見ると、男の子と女の子でもママたちの意見はいろいろ変わってきますよね、不思議なものです。

では、兄弟が増えるとどうでしょうか? 次に同性、異性の兄弟姉妹を持つママのお話を聞いてみました。

男兄弟ってどう?

Image

男の子3人育てると手はかかります。ですがいつまでもママっ子で本当に可愛いです。そしてお母さん思いで優しいです。
男で遊んでいる姿を見ていると幸せな気分で微笑ましく思えます。荷物なども俺が持つよ!とたくましい一面もあったりで助かる事もありますよ。

引用元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

男兄弟って未就学児の頃は超可愛くて、10代後半になったら男臭くて大変そうってイメージ。
大食いでご飯があっという間になくなる、とか。

でもお母さんは幸せよね~~。
恋人みたいな息子が3人もいるなんて。

引用元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

なるほど、男の子はかわいいというイメージがあるようですね。確かに、子どものころから、ママにばったりなのは男の子の方ですよね。まるで恋人のイメージです!

いいですよ、男兄弟。まず、母親を大事にしてくれます。中学生にもなれば息子のほうが背もでかいですし、力もあります。ソファだってひょいっと二人で運んでいってくれ模様替えもらくちん。
硬く締まった瓶の蓋だって簡単にあけてくれます。具合が悪いときはお粥作ってくれたり、、と世話してくれます。

小さい頃は2人でプラレールであそんでたり、かわいかったです。あとおそろいの服とかきせたりしてたのしんでました。兄弟とはいえ別人格ですから、長男とはまた違った「男の子の子育て」というのを次男で体験できました。

引用元:oshiete.goo.ne.jp

一括りに男の子と言っても、性格はみんな違うわけですから、上の子と下の子ではまったく違う子育てになるわけです。違いを見ながら日々発見の子育てをしていくのも楽しいですね。

女姉妹ってどう?

Image

我が家には高校1年生と中学2年生の姉妹がいます。姉妹っていいですよ~。
お互いに服の貸し借りをしたり、最近では妹が姉にメイクを教えてもらったりしています。
うちの娘達は仲がいいので、2人でショッピングに行ったり、電車に乗って2人でちょっと遠くの遊園地に行ったりしています。

引用元:komachi.yomiuri.co.jp

姉妹の楽しみってきっとこういうことなのかも知れないですね。私も、仲良しの友達だと思ったら実は姉妹だったと驚くことがよくあります。大きくなってもいつまでも仲良くしていられるのっていいなぁ!

私には男兄弟しかいないので、
姉妹の遊びがこんなに可愛いらしいものだとは思いませんでした。
虫も獲ってこないし、ライダーキックも飛んでない。
鉛筆で刺しあったりしないし、ツバの掛け合いもない・・・
穏やかで癒されます・・・

引用元:komachi.yomiuri.co.jp

そ…そうなんですね。かわいらしい遊びをしたことがないので未知の世界ですが、おとなしく座って遊べて、部屋が汚れないのはうらやましい!

次女を産んで、同じ女の子でも長女とのあまりに違っていて、
長女と長男の差よりも驚きでした。

同性のきょうだいを持つと、性別ではなく個性をしっかり見ることができるんですね。

ずっと、同じ性別のお子さんをお持ちの皆さんは
同じような体験を繰り返してつまらないんじゃないかと思ってましたが、
男の子だから・女の子だからという枕詞がいらないので、
個性の違いをストレートに受け止められて楽しいのだと気付きました。

性別ありきじゃなくて個性を見てもらえるって、子供にも幸せです。

引用元:komachi.yomiuri.co.jp

男の子同士の意見でもありましたが、やっぱり性別ではなく個人の差なんですね。性格はみんな違いますから、それぞれその子の発見があるんですよね。
我が家も三人それぞれまったく違う性格で、同じ母から生まれて同じように育てているけれど、持って生まれた星はみんな違うんだわと感じています。

性別の違うきょうだいは?

Image

では、性別の違う子どもたちを持つお母さんは、どのように感じているのでしょうか。私の中では、男女の性質の差も取り巻く友達や環境の差もあり、それぞれ違いがあって大変なのかなというイメージですが…、実際は?

上が娘、下が息子です。
2人の友達関係を見ていて、男の子は楽だなと何度も思いました。
女の子は、幼稚園くらいからすでに「女の世界」なんです。
家で遊んでいる時の会話を聞いていると、イライラしてしまうことがしばしばありました。
中学生になるまで、結構、娘を取り巻く友達関係には心配させられました。
男の子は、みんな好き勝手にぎゃ~ぎゃ~騒いでてとにかくうるさい!!んですけど
会話がカラッとしていて罪がないからか、うるさい割には気にならなかったです。
男の子は、友達づきあいがさっぱりしていますね。
小さい頃も今も、すごく仲良くしていても、ひとりひとりがお互い束縛してなくて、見ていて気持ちが良いです。

引用元:komachi.yomiuri.co.jp

あはは…、女の子は小さくてもオンナなんですね。女の子は子どももママ同士も人間関係が大変だと私も幼稚園のママに聞いたことがあります。でも、男の子のママは謝るために存在するのだとも言われています。周りに迷惑をかけたり危険なこともしますからねぇ。
それぞれに悩みがあるんですね。

上が男、下が女です。
大雑把に言って、男の子はすごいエネルギーで動き回ります。赤ちゃんのときはまぁそんなでもないですが、幼稚園児から小学生ぐらいまでの男の子はすっごいです。もちろん個性もあり、大人しい子もいますけどね。
母は常に注意したり、怒鳴ったり…いつでも目が離せない。
こういうと大変そうですが、男の子ならではのいいところもたくさん。あまりにも何度言ってもきかない、おバカさん加減が可愛さに転じます(笑)。また、いい意味であっさりしてて忘れっぽいのでお友達関係も単純でさっぱりしてます。
下の娘は息子と比べていろいろ気がつきますね~。物理的には楽です。しかし女の子の友達関係はいろいろメンドクサイので親も疲れます。男の子の単純さがうらやましい…。

引用元:komachi.yomiuri.co.jp

このお母さんも上の方と同じような意見ですね。単純でさっぱりしたお兄ちゃんと、しっかりものの妹なんですね。

男の子2人、女の子1人います。
女の子は心の発育が早いです。いわゆるおませさんです。
まだ舌が上手く回らないくせにどこで覚えてきたの!?って位の言葉を使ったり、自分のことも100%出来ないのに世話を焼いてみたりします。

男の子は本当にいつまでたっても甘えん坊でもう低学年ですがたまに膝の上に座ってきたりします。
しかし荷物を持ってくれたりと紳士的な行動もしてくれます。

遊びに関しては男女ともに活発なので性格なのかとも思います。

引用元:komachi.yomiuri.co.jp

遊びに関しては性格ですか。なるほど!確かにそうかも知れませんね。

女の子2人、男の子2人です。
上は中学生から下は小2。
そうですね~、やっぱり男の子は活発です。
ふざける事が大好きで、いつまでも幼い。
確かに体力は要りますが、もう、とっても可愛いです~。
女の子は、大きくなると生意気で、まあ口が達者なこと。
しっかりしているので、頼りにはなるかな。
それと、話し相手にも。
なんとなく友達みたいになってきます。

引用元:komachi.yomiuri.co.jp

四人のお母さんの意見です。すごいっ。でもこれを読んでいると、それぞれが逞しく育っていてみんな大人になったときにとても頼れる存在になりそうな気がします。

親が理想とする子どもの組み合わせを調査した結果は?

こちらではとても興味深い調査結果を紹介したいと思います。

1位:女2人
2位:男1人、女1人
3位:男2人
4位:女3人
5位:男3人
6位:男4人
7位:男1人、女2人
8位:男2人、女1人
9位:男3人、女1人
10位:男1人、女3人
11位:男2人、女2人
12位:女4人
参考:http://goo.gl/vC8uCT

女の子二人だと、手がかからない、家の手伝いをしてくれる、大きくなっても仲良し、などという理由で人気があるようです。しかし、最下位も女の子。こちらは四人姉妹です。

「女の子は増えると親の手に負えなくなるのとは逆に、男の子は人数が増えてもさほど手のかかりように差は出ない」とのことでした。なんだかわかる気がします…。我が家は男の子三人なのですが、6歳差があってもひとまとめに出来ています…が、これが女の子三人だったら、それぞれ意見も好みも分かれて大変なのではないかと思いますもの…。

友人のこどもをみていて思うのは
親の接し方、育て方次第だな~
ということです。

引用元:oshiete.goo.ne.jp

上記のご意見のように、男の子であろうが女の子であろうがそういうことです。どんな子だって育て方で変わるものがあるってことなのかも知れませんね。

こんなグッズも試してみては?

Hello baby

ベイビーサポート

¥13,800〜(2017/09/16 時点)

購入はこちら

産み分けに便利なグッズとして、日本国内で35万本売れているベイビーサポート。安心、安全にこだわっており、100%天然成分のゼリーはもちろん、容器や袋、外箱までも国内で生産されています。まとめ買いすることができ、その分割引もされます。ぜひチェックしてみてください。

公式サイトはこちら
31z9m 6fkml

男の子・女の子?赤ちゃん性別判定キット!

¥3,280〜(2017/09/16 時点)

①GENDERMAKERは、赤ちゃんの性別をかなりの確率で判定できますが性別判定結果を100%保証するものではございませんのでご了承の上ご購入下さい。 ②GENDERMAKERの使用時期は妊娠6週目以降ですのでご注意下さい。 ③ご使用に当たっては、製品の説明欄に記載しています使用方法によりご使用下さい。

まとめ

ちなみに筆者の場合ですが、男の子三人で良かったと思っています。女の子の賢さ強さには圧倒されそう…。でもきっと、これが女の子三人だったら、男の子は体力いりそうって言っていたんでしょうけどね。男でも女でも、どんな性格でもどんな子でも、我が子がやっぱりイチバンかわいい! 結論はコレにつきますね。

あわせて読みたい

Image

男の子・女の子が欲しい!排卵日計算法は?男女の産み分けのコツを解説

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/11901
Image

お腹の赤ちゃんの性別が分かる!?【早期胎児性別判定キット】って実際どうなの? | mamanoko(ままのこ)

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/7386
Image

どうしても女の子が欲しい!産み分けの確率を上げるコツを解説

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/17160
Image

胎動が激しいときはどうする?男の子・女の子の違いや性格は関係する?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/23599
Image

人気の男の子の名前をランキング形式でご紹介します!

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/12949
Image

女の子の名前はどうやって決める?ジャンル別人気名前200選

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/26079

関連する人気の記事

子育て・育児のカテゴリ

ライタープロフィール

Image

うちゃこたん

わんぱく盛りの三人の男の子とうさぎのママをしています。日々…

子育て・育児 デイリーランキング

おすすめの記事