更新日:2017年04月25日

ベビーカーの盗難被害は意外と多い!先輩ママの盗難対策を参考にしよう

赤ちゃんとのおでかけの強い味方であるベビーカーですが、盗難されたという話は珍しくありません。「子どものものを盗む人なんていない」と何の盗難防止も行わずにいると、あなたも被害にあってしまうかもしれません。「大丈夫」と思ってはいても、気をつけておいて損をすることはありませんよ。

87188
0

被害の声続々!ベビーカー盗難の実態

Image

オークションでの転売目的も!? 

ベビーカーを盗難された、という被害の声が想像よりも多く驚きました。身近でベビーカーが盗られたという話は聞いたことはないのですが、ご近所で昨年子ども用の自転車の盗難がありました。

「子どものものなんて誰も盗まないだろう」とそれまでは漠然と考えていましたが、近年では使用目的だけでなく、ネットオークションでの転売目的の盗難も増えているようなので、油断していてはいけませんね。

こう語る人もいらっしゃいます。
とある市では健診の時にベビーカー置き場は盗難が多いので鍵で固定するようになっている自治体もあるそうです。特に、海外のメーカーのもので目立つ高いものだったら転売するのか特に注意が必要なのだとか。
また、ベビーカーでなく、自転車の子供の乗る部分を盗難された方もいらっしゃいました。自分の敷地内のの駐輪場にとめていだということですよ。

このように市によっては、盗難防止の呼びかけを行っているところもあるようです。自転車の子どもののる部分も、簡単に取り外しやすいことから盗難被害にあいやすいようです。

目の前で持っていかれた人も!?

ベビーカーの盗難を目の当たりにした、しかも目の前で持って行かれたという方もいらっしゃいます。やはり大き目の三輪のエアタイヤのもので、目立つし、田舎だし……と、油断されていたそうですが、ものすごい勢いで持って逃げていったといいます。

このように、ベビーカーにもひったくりがあるとは、恐ろしい話です。たしかに押したまま走れるので、逃走されやすいのが困りものですね。子どもが乗っていなかったのが唯一の救いです。

玄関に置いておいて盗まれた!?

家の玄関先に出しっぱなしにしていたら盗まれましたよ。(出しっぱなしにしてた私も悪いですが‥)
しかもうちだけじゃなくご近所さん二件も。
まさかベビーカーを盗む人がいるなんてびっくりですよ。

引用元:komachi.yomiuri.co.jp

玄関先にも安心しておいておけないというのも、悲しい話ですね。合計3台のベビーカーが盗まれたとのことなので、もしかしたら転売目的の盗難だったのかもしれません。

自治体でも注意を呼び掛けているところも

子育ては、一段落した者ですが、
現在、わが町の「保健センター」には、
「ベビーカー盗難注意」のポスターが貼ってあります。
実際に、盗難事件があったようです。

初めて、そのポスターを見たときは、
「えっ、盗んだベビーカーに子どもを乗せるなんて・・」
(子どもを乗せるかどうかは分からないけど・・・)
と、驚きました。
が、夫に話したら、
「ベビーカーを盗むような人間なら何でもする」と言われ、
確かに・・と納得。

引用元:komachi.yomiuri.co.jp

たしかに、子どものものを平気で盗める人は、それを子どもに与えることにも何の抵抗もないのでしょうね。そういう親に育てられた子どもが、同じような考えの人間に育ってしまわないかも心配です。

ベビーカーの盗難防止をしている人は、ごくわずか

Image

ベビーカー盗難防止

1.毎回している  7%
2.時々している  2%
3.全くしていない  79%
4.その他 12%

参考:ピジョン 育児ママアンケート
https://pigeon.info/mamaenq/answer-13532.html

ピジョンが行ったベビーカー盗難防止に関するアンケート結果に、驚きを隠せません。たしかに「ベビーカーを盗む人なんていない」という考えが世間一般に浸透していますが、ものによってはものすごく高額なベビーカーにもう少し防犯意識を持つべきだと思います。

ちなみに、外国製の高額なベビーカーについても盗難防止をしている人は少数とのことで、こちらも衝撃的でした。

先輩ママの盗難防止法

Image

ここで、先輩ママたちが実践している盗難防止法をご紹介します。お手軽にできるものばかりですので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

地域によっては、保健センターなどでは、
ベビーカーを入口で係員に預け、番号札をもらうところもあるようです。

引用元:komachi.yomiuri.co.jp

保健センターなどで職員に預けることができるときはちゃんと預ける。基本ですよね。ついつい面倒で「大丈夫だろう」とおいて行ってしまう人も多いですが、きちんとしたサービスに頼ることが何よりの防犯になります。

車で来て、後ろパーンと開けて乗せてブ~ンと走り去ったのを同じマンションの方が見てたそうです。
若そうな女の方二人連れだったそうなんです。
神経を疑っちゃいますが、めずらしい話ではないようです。

それから、彼女は自転車のチェーンロックをしています。名前も書くといいですね!

引用元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

大きく記名しておくというのは、想像以上に効果があるようです。もともとの持ち主の名前が大きく書かれているベビーカーをそのまま使うことはできませんし、名前を消したり隠したりするのも一苦労です。

転売目的の盗難も、名前がかいてあると売値が一気に下がってしまうことから避けられることが多いようです。

盗む人いるみたいよ~。
最近のベビーカーは可愛い色も出ましたからね。
それを狙うバカ親がいるみたいです。

私はトミーで出してるロック機能付きのストラップ買いました。
おもちゃみたいだけど無いよりはマシかなと……。

引用元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

シールやおもちゃなどをとりつけて、自分流にデコレーションしてみるのも良いですね。健診など、ベビーカーが多い場所でも、すぐに自分のベビーカーを見つけることができますよ。オリジナルのデコレーションがされたベビーカーは、そのまま使うにしても転売するにしても不便です。

自転車用のチェーンロックや、スノーボード用のワイヤーロックなどを活用するのもいい方法ですね。もともと持っているものを活用することもできますし、使いなれたものだとロックもスムーズです。

ただ、ロックをかけてしまうと簡単には動かせなくなるので、場所にだけは注意をするようにしましょう。

また、そのほかにも、自転車置き場にベビーカーを預けているという方もいらっしゃいました。有料のところであれば、ママも安心して預けることができますよね。近くに有料の自転車置き場がある方は、担当の方にベビーカーを預けることができるか確認してみてくださいね。

ベビーカー専用のナンバーロック付きフックが便利

しっかりと盗難防止をしたいのであれば、ベビーカー専用のナンバーロック付きフックを使用してみるのはいかがでしょうか?

Con bg 20

ビーフック

¥2,430〜(2017/04/25 時点)

ママバッグや買い物袋をベビーカーにかけるフックとして販売されているこの商品は、3けたのナンバーロックがついているので荷物の盗難対策にぴったりです。軽くて丈夫なアルミ製で、滑りにくいようフォームグリップもついています。

耐荷重はなんと15kg。機能性抜群な上に、デザインがおしゃれなのもうれしいです。

Image引用元:item.rakuten.co.jp

フェンスなどにつなげてロックをかければ、ベビーカーの盗難防止にも大活躍してくれます。お値段は1998円(税込)と、手の出しやすい金額なのもうれしいですね。

子ども用品も盗まれることがあるということを忘れずに

Image

「子どものもの」というだけでついつい安心してしまいがちですが、ベビーカーだけでなく子ども用品の盗難は意外と多いものです。

子供のおもちゃが盗難にあいました。ショッピングセンターで遊んでいるときに、カートに乗せていたおもちゃがちょっと目を離した隙になくなってしまいました。 たかがおもちゃなのですが、中身は一万円以上かかっています。

引用元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

子どものおもちゃも、高額なものが多いですよね。ゲームやトレーディングカードなどは、とくに注意が必要なようです。

置いていたはずの靴箱に子どもの靴がなく、探していると、別の親子がうちの子の靴を履いて帰るところでした。最初は、同じ靴?と思ったのですが、うちの靴には左右が分かるよう目印を付けていたので気がつきました。

引用元:komachi.yomiuri.co.jp

これは実際に盗まれたわけではありませんが、限りなく黒に近いグレーだと思います。「勘違い」といわれてしまえばそれまでですが、勘違いのしようのない状況ですよね。帰ってしまう前に気がついて本当によかったです。また、目印をつけておいたのも盗難防止に一役買ってくれたようですね。

このように、子ども用品の盗難は想像以上に多いものです。同じママ同士、疑いたくない気持ちはわかりますが、事前に予防できるであれば、できることはやっておいてはいかがでしょうか。

まとめ

我が家ではベビーカーは使用していないのですが、他の荷物については「ちょっと神経質かな?」と思いつつも、なるべく肌身離さないように気をつけています。とくにおでかけシーズンは盗難被害も増えますので、みなさん注意してくださいね。

あわせて読みたい

Image

ベビーカー用レインカバーは必要?おすすめと注意点とは | mamanoko(ままのこ)

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/21365
Image

ベビーカーシートとは?シートの選び方と人気商品や作り方が分かるサイトの紹介 | mamanoko(ままのこ)

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/21867
Image

【縦・横乗り別】口コミで人気の二人乗りベビーカー10選!二人乗り用レインカバーも一緒に紹介

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/20378
Image

ベビーカーフックランキングTOP10!選び方は?100均のフックで手作りできる?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/27373
Image

アップリカ・コンビ・マクラーレンなど人気の7社のベビーカーを徹底比較!ママの口コミもご紹介

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/17977

関連する人気の記事

子育て・育児のカテゴリ

ライタープロフィール

Image

チーター

新米ママのチーターです♡ よろしくお願いします!

子育て・育児 デイリーランキング

おすすめの記事