更新日:2017年08月09日

男の子の人気名前とは?ジャンル別人気名前40選と注意点

名前に子どもへの夢と希望を託すパパ・ママも多いのではないでしょうか。名前は一生のものなので、こだわって当然です。特に、社会の中で人と関わりながら生きることの多い男の子には、すてきな名前をプレゼントしたいですよね。今日は、2016年に人気の男の子の名前や名づけのヒントを紹介していきます。

655851
2

目次

    男の子はどんな名前が人気?

    Image

    男の子に人気の名づけは、近年は自然の雄大さを表現した名前や「広くはばたいてほしい」「のびのびと育ってほしい」という願いを込めた名前が多くみられます。

    特に「悠」「陽」「翔」「真」「大」「颯」などの漢字を使った名前が人気です。読みでは「ひろ」「はる」「しょう」「と」「ま」という響きに人気があります。

    2016~2017年版男の子の名前ランキングトップ10

    Image

    1位……悠真(ゆうま)

    「悠」は、ゆったりとした様子や、かぎりなくはるかな様子を表す言葉です。また、「真」には、本当やまこと、まじめ、代表的といった意味があります。

    2位……湊(みなと)

    「湊」という言葉からは、海や船が停泊するところをイメージする人も多いのではないでしょうか。また、一文字で、多くの人が容易に読むことのできる名前でもありますね。

    3位……蓮(れん)

    この10年ほど、人気の名前ランキングの上位に入る名前です。蓮の花は泥土の中で、美しく咲きます。「レン」という響きも心地よく、凛としたしなやかさを感じる名前ですね。

    4位……陽向(ひなた)

    「ひなた」は男の子にも女の子にも人気のある読みです。「陽」と画数の多い漢字を使うことで、ぐっと男の子の名前らしくなります。

    5位……大和(やまと)

    「大和」は日本国の別名でもあり、平安遷都以前に都のあった地域も指します。日本古来の歴史や文化の奥ゆかしさを感じることができ、老若男女に愛される名前ともいえます。

    6位……悠人(ゆうと)

    人気のある「悠」の字を使った名前で、多くの人に親しまれる名前です。また「悠」は「はる」「ひさ」とも読むことができます。

    7位……大翔(ひろと)

    大きくはばたくという願いのこめられた名前です。音読みで「だいしょう」、名のり読みで「つばさ」と名付ける人もいます。

    8位……颯真(そうま)

    「颯」という字から「颯爽」などの言葉を思い出す人もいるのではないでしょうか。さわやかで、きびきびとした印象のある名前です。

    9位……陽翔(はると)

    「陽」も「翔」も人気のある漢字で、あたたかい印象を受けます。AKB48の小嶋陽菜さんのように、芸能人で「陽」を「はる」と読ませる人がいるので、「陽」を「はる」と読むのも広まってきています。

    10位……朝陽(あさひ)

    朝日が昇る様子を想像することができます。とても前向きな名前ですね。また、「日」ではなく人気の「陽」を使った名前がトップ10にランクインしました。

    日本男児らしい古風な名前

    Image

    北斗晶さん(健之介・龍之介)や、山口百恵さん(祐太朗)など、子どもに昔ながらの名前をつける有名人もおり、また、子どもがおじいさんになったときに違和感のない名前をつけたいと考える人もいることから、古風な名前にも人気があります。

    龍之介(りゅうのすけ)

    「龍」という字は、とても大きく力強いイメージがありますよね。また、芥川龍之介のような文豪を思い出すことができ、文武両道といった願いをこめることができます。

    悠太郎(ゆうたろう)

    「悠」にははるかな、のびのびとしたというイメージがありますが、後ろに「太郎」がくると、さらにおおらかな印象を受けます。「悠」のほかに、「優」や「勇」など、さまざまな漢字を使うことができます。

    聡一郎(そういちろう)

    「聡」にはかしこい・聡明といった意味があり、シャープな印象を受けます。才能や英知に恵まれているという印象を受けます。

    遼太郎(りょうたろう)

    「遼」にははるか遠くという意味があり、大きくはばたいていくイメージを持てます。また、ゴルフの石川遼さんや、作家の司馬遼太郎のように、その分野の第一線で活躍する人の名にも見られ、皆に好かれる名前です。

    京之助(きょうのすけ)

    「京」というと、京都など、歴史ある街並みを思い出しますが、みやこや中心といった意味のある言葉です。「之助」と古風な名前を続けることで、情緒や奥ゆかしさを感じます。

    男の子らしさが光るかっこいい名前

    Image

    右京(うきょう)

    「右京(職)」とは、その昔、京の西部の行政をつかさどっていたところのことです。また、レーサーの片山右京さん思い出す人もいるのではないでしょうか。

    幸村(ゆきむら)

    大河ドラマの「真田丸」を通して、真田幸村の人となりに感銘を受けた人もいるのではないでしょうか。歴史上、名を残す武将の名前は百年経っても色あせることがありません。

    幸之助(こうのすけ)

    「幸」という字は普遍的に親しまれています。また、同じ名前にTHE ALFEEの坂崎幸之助さんがおり、音楽好きな人にも愛される名前ですね。

    高虎(たかとら)

    「虎」「龍」「馬」など、力強い動物に関連する字は、男の子の名前にとても人気があります。十二支関係なく使われますが、その干支に産まれたのならば、名づけに使う人が増えます。

    十色(といろ)

    「十人十色」や「みんなちがって、みんないい」という言葉を思い出します。「といろ」という響きは、多くの人に親しまれている一方、名前としてはめずらしいので、ハイセンスな印象を受けます。

    男女ともに人気の自然をテーマにした名前

    Image

    「宇宙」「空」「海」「太陽」など、男の子には自然の壮大さを表現した名前が人気です。

    宇宙(そら)

    空や壮大な宇宙をイメージできます。また、「青空」「蒼空」「碧空」「空」といった漢字を使う人もいます。タレントの辻希美さんは、「昊空」と名付けました。

    航太(こうた)

    「航海」「航空」など、広々とした海や空を想像する人もいるのではないでしょうか。さわやかで、「世界にはばたく」という願いを感じることができます。

    煌成(こうせい)

    「煌」は「きらめ(く)」と読みます。太陽や星の輝きを想起します。また、「こうせい」という読みは古風で、響きがとてもスマートですね。

    高志(こうし)

    「高」という字から、空や山などの高い場所を想像できます。また、「志」という字を使うことで、高みへ向かって昇っていく印象を受けます。

    大樹(だいき)

    大きな木が枝葉をつけて、青々と繁っている様子を想像できます。力強く、さわやかな名前ですね。

    バランスが取りやすい漢字一文字の名前

    Image

    一文字の名前は、二文字以上の苗字との相性が良いので、人気があります。

    陸(りく)

    「陸」は、人気のある名前のランキングの上位にある名前です。また、「りく」という響きが格好良く、人気者になりそうな名前ですね。

    翔(しょう)

    人気のある「翔」の一字で「しょう」とすると、多くの人が容易に読むことができますね。また、訓読みで「かける」と読ませることもできます。

    樹(いつき)

    「樹」という字から、地にしっかり根付いた樹木を想像できますね。

    創(はじめ)

    「一」ではなく「創」の字を使うことで、さまざまなものを創造していくという意味が生まれ、クリエイティブな印象を持った名前になります。

    岳(がく)

    険しく、雄大な山岳を想像する名前です。どんな険しいところも、颯爽と登っていくような名前ですね。

    カブリが少ない珍しい名前

    Image

    漢字や読み方に一工夫することで、他の子どもとは違う、すてきな名前をつけることができます。

    爽(あきら)

    「爽」はさわやかという字です。また、読みも多くの人になじみのあるものです。清々しい印象の名前ですね。

    昊(あきら・ひろし)

    「昊」はおおぞらを意味する言葉で、人気のある漢字です。また、音読みで「コウ」と読むこともできます。

    叶夢(とむ)

    「夢が叶う」という願いのこめられた名前です。また、「とむ」という響きは、日本だけでなく、海外の方にも親しまれる名前ですね。

    瑛飛(えいと)

    「と」を「人」や「斗」「翔」など、多くの人の使う字ではなく、「飛ぶ」という字を使うことで、個性的な名前になります。

    進歩(しんぽ・すすむ)

    意味のある熟語をそのまま名前に使うことで、子どもに対しての願いをはっきりと示すことができますね。また、「すすむ」というように、名前としてなじみのある読みをあてても良いですね。

    ハイセンスなおしゃれ名前

    Image

    海翔(かいと)

    「海」も「翔」も、それぞれにさわやかで、力強い漢字ですね。青い海をはばたいていくという、雄大なイメージが浮かびます。

    航(わたる)

    「わたる」という読みは、おじいちゃん・おばあちゃんにも親しまれる読みです。そこに人気のある「航」の字を使うことで、みずみずしい印象を与えます。

    太陽(たいよう)

    「太陽」は、毎年、人気の名前でもあります。また、多くの人が「太陽」という言葉に前向きなイメージを持っており、多くの人に愛される名前です。

    瑛太(えいた)

    「瑛」は透明な玉や水晶を指し、美しく輝くという意味のある言葉です。また、同じ名前に俳優の瑛太さんがいますが、ここ数年、とても人気のある漢字です。

    伊織(いおり)

    「織」という字は女の子の名前によく使われますが、「伊織」とすることで、男性的で、古風な名前になります。古くは、関東の武士の役職名でもあったようです。

    男の子の名付けの際に注意すること

    Image

    名前をつけるときには、名前の漢字や響きだけでなく、苗字との組み合わせや読み書きが容易にできるかどうかを考慮しましょう。

    姓名のバランスや発音

    名前を付けるときは、苗字との文字数のバランスを考えることが大切です。

    特に苗字が一文字の人は、名前の漢字は二文字か三文字が良いですし、苗字の文字数の多い人は、三文字以上の名前はさけたほうが良いでしょう。苗字と名前のすべてがへんとつくりの漢字になるのを「縦割れ」といってさける人もいます。

    また、読みについては、一度声に出して読み、読みにくくないかどうかを確認することが大切です。特にイ音が続くと、発音しにくくなるので、注意が必要です。

    中性的な名前ではないか

    最近は、名づけにも多様化・個性化の傾向がみられるようになりました。その結果、以前は男の子の名前として認識されていた「ゆうき」や「あきら」などの名前は、女の子にも多く見られるようになりました。

    また、「ひなた」や「ひろみ」などを男の子につける人も増えてきましたが、「ひな」という響きや「み」で終わる名前から、女の子のほうが多い印象を受けます。

    中性的な名前にするときは、性別を間違われることで子どもが嫌な思いをしないかという点に注意する必要があります。そのときは、読みは中性的でも、漢字は男の子らしいイメージのあるものを選ぶと良いでしょう。

    なお、子どもが物心ついてきたら、名前の由来をきちんと伝えておくと、子どもも自分の名前に愛着や自信を持てると思いますよ。

    漢字の画数

    苗字の漢字の画数が多いときに、名前の画数も多くなってしまうと、ゴワゴワとした名前となり、子どもが自分の名前を書くのを億劫に感じることがあるかもしれません。また、苗字の漢字の画数が少ないのに、名前の画数も少ないと寒々とした印象を与えます。苗字の漢字の並びを考えて、名前の漢字を選びましょう。

    名づけには縁起の良い画数があり、インターネットの姓名判断のサイトなどでかんたんに調べることもできるようになりました。ただ、姓名判断にはさまざまな流派があります。

    また、画数にこだわりすぎると、使える漢字が少なくなってしまい、自分のつけたい名前をあきらめることになったり、「キラキラネーム」のように、個性的すぎる名前になったりすることもあります。満点をめざさず、参考にするという気持ちで調べたほうが良いですよ。

    迷わずに読めるか

    漢字には「音読み」「訓読み」という一般的な読み方と、「大和(やまと)」「武蔵(むさし)」「飛鳥(あすか)」「息吹(いぶき)」のように、二字以上の文字の群れにあてた「熟字訓」という読み方があります。

    それに加え、名づけには「名のり読み」といって、音読み・訓読み・熟字訓以外の読みを使うことができます。たとえば「陽」を「はる」や「ひろ」、「心」を「み」と読むのは音読みにも訓読みにも該当しないので、「名のり読み」となります。

    「陽」を「はる」と読むように一般的になりつつあるものもありますが、「獅子」と書いて「レオ」というように、漢字に外国語やカタカナ語の読みをあてるのはおかしいと考える人は少なくありません。また、読みにくい名前の場合、初めて会った人に読み方を間違われることが増え、そのたびに訂正することもあります。さらに、人気のある「心」と「太」で「心太」と書くと、熟字訓で「ところてん」という読み方があります。同様に「海星(ひとで)」「海月(くらげ)」には注意しましょう。

    名のり読みを使うときは、その読みが一般的かどうかを客観的に調べる必要があります。その場合はランキングを参考にしても良いですし、双方の親に相談してみても良いでしょう。

    時代の背景に合っているか

    1945年、終戦の年の男の子の名前ランキングの1~3位は「勝」「勇」「進」でした。パパ・ママが子どもだったころの1985年は「大輔」「拓也」「直樹」でした。その時代ごとに、名づけに選ばれる漢字も少しずつ変わっていきます。

    そう考えると、流行の漢字や読み方は、今の時代を表すものでもあるととらえることもできます。子どもの名前が、一緒に育っていく同年代の子どもたちにも受け入れられるように、人気のある漢字や読みも参考にしてみてはいかがでしょうか。

    明治安田生命 | 名前ランキング2015

    生まれ年別名前調査の結果をランキングで掲載しています。お子さまのお名前付けの参考にしてください。

    男の子の名前に関する体験談

    Image

    筆者には男の子がいて、「翼(つばさ)」と言います。多くの人が、迷わず読み書きできることと、「翼」という言葉から、多くの人が、前向きに空をはばたいていくということや、未来への希望をイメージできるので、名付けました。

    画数については満点ではないのですが、夫婦で「幸せは名前が決めるのではなくて、自分でつかみ取り、感じるもの」と考えているので、あまりこだわりませんでした。

    名づけは家族とも相談し、納得のいくものを

    Image

    名前は一生のものです。漢字と読み方の組み合わせがいくつもあるので、ぜひ、自分の想像する赤ちゃんのイメージにあった名前を見つけてください。

    赤ちゃんの名づけをするときには、家族とよく相談することが大切です。誰かが後で「この名前のほうが良かった」と思っていたら、誰よりもその名前をつけられた子ども自身が悲しい思いをしてしまいます。家族みんなに愛される「オンリーワン」の名前をみんなで見つけていきましょう。

    「ままのて」が妊娠・育児中のママをサポート

    mamanokoが提供する、妊娠・育児中の疑問や不安・悩みをサポートするアプリ「ままのて」。妊娠週数や赤ちゃんの月齢にあわせて、ママへのメッセージを毎日お届けします。

    ▼無料インストールはこちら▼

    Image

    ままのて ‐妊娠・出産・育児情報とQ&Aを毎日お届け‐

    https://itunes.apple.com/jp/app/%E3%81%BE%E3%81%B…

    あわせて読みたい

    Image

    男の子に人気の名付けは?おすすめの名前150選と画数について

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/26379
    Image

    男の子の名づけはどうする?名づけの基礎知識。

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/25428
    Image

    赤ちゃんの名前の付け方は?子どもの名前ランキングもご紹介! | mamanoko(ままのこ)

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/25601
    Image

    えっ?ダメなの??実は名づけに使わない方がいいポピュラーな漢字が存在した!

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/16156
    Image

    しわしわネームって知ってる?今年の名前の流行と忘れてはいけない名づけの注意点

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/13390

    関連する人気の記事

    妊娠・出産のカテゴリ

    ライタープロフィール

    Image

    白木ぺね

    関東で男の子ふたりのママをしています。 皆さんのお役に立…

    妊娠・出産 デイリーランキング

    おすすめの記事