更新日:2017年04月18日

1歳半からおすすめ!バランスゲームの年齢別15選!

つみき遊びを始めてものを掴むのが上手になったら、次はバランスゲームで遊んでみませんか。天秤のようにバランスを取るもの、おなじみジェンガのように下のブロックを引いて上にのせるもの、フックにひっかけていくものなど、バランスゲームの種類はさまざまです。今回は、いろいろなバランスゲーム15選を難易度別にご紹介します。

1810
0

目次

    バランスゲームは何歳から遊べる?

    バランスゲームの特徴は、ルールが簡単なところです。見よう見まねで遊べるので、ものをつまめるようになった1歳半頃からつみき遊びの延長で始められます。小さいうちは重さのつり合いの原理などが分からなくても、台から積んだものが落ちる様子を楽しむことでしょう。

    5歳頃になるとバランスの感覚などが理解できるようになり、戦略的にピースを置いていくことを楽しめるようになりますよ。

    1歳半~2歳(入門編) 難易度★☆☆

    1.バランスベーカー(ブルーリボン社) ~天秤の原理で~

    100664191 03

    BLUE RIBBON(ブルーリボン) バランスベーカー

    ¥4,698〜(2017/04/18 時点)

    「バランスベーカー」は天然木のケーキ屋さんとケーキが8個のバランスゲーム。ケーキ屋さんのトレーに、ケーキを置いていきます。ケーキ屋さんが右へ左へゆらゆらと揺れる姿がユニークです。

    同じ形、重さのケーキなので、左右で数を合わせるとバランスが取れますね。シンプルで分かりやすいルールで、1歳半頃から楽しめます。

    2.うさぎさんタワーゲーム(エド・インター) ~ジェンガ入門~

    4941746809495

    孫育シリーズ うさぎさんタワーゲーム

    ¥2,473〜(2017/04/18 時点)

    エド・インター社の「うさぎさんタワーゲーム」は、おじいちゃんおばあちゃんも世代を超えて孫と一緒に楽しく遊ぼうというコンセプトの「孫育」シリーズのひとつです。淡い優しいパステルカラーのブロックにはうさぎのシルエットが描かれていて、積み上げるとうさぎのおうちに変身します。

    遊び方はジェンガと同じで、積み上げたブロックのタワーから、順番にブロックを抜き取って、上にのせていくというものです。ブロックの大きさは8㎝×2.7㎝×1.8㎝で少し大きめのつくりになっています。バランスゲーム以外にも、作例カードを見ながら積み上げ遊びやブロックに描かれたうさぎを数える遊びなど、6種類の遊び方のマニュアルつきです。

    ジェンガをうさぎの家にしてしまうコンセプトが大胆ですね。ブロック遊びが始められる1歳半頃からおすすめです。

    ■この商品に関する口コミ
    ・5歳の娘は、ジェンガのように抜いて遊んだり、高く積んで遊んだり毎日楽しんでます。ひとつのピースがジェンガより大きいので、子どもには抜きやすくて良いです。
    ・1歳の孫は、ブロックを持ったり投げたりして遊んでます。これから大きくなるにつれて遊び方が増えていくのが楽しみです。

    引用元:review.rakuten.co.jp

    2.お月さまバランスゲーム(エドインター) ~積む、置く~

    41n8kpej9rl

    お月さまバランスゲーム

    ¥1,360〜(2017/04/18 時点)

    「お月さまバランスゲーム」は、しなやかなフォルムが特徴的な三日月のお月さまと、カラフルな大小さまざまな大きさの丸太のブロックとサイコロのセット。遊び方はサイコロを振って、出た色のブロックをお月さまに積んでくというものです。

    目を閉じたお月さまの表情が穏やかで愛らしいですね。どこにブロックを置こうかと、バランスを考えながら遊んでいくうちに、ブロックの大きさと置く位置からつりあいの原理が感覚的に理解できるようになるでしょう。

    ■この商品に関する口コミ
    ・2歳の娘は積み木のように積んだり、並べたり、お月さまの上にお人形をのせてみたりと色々な遊び方をしています。
    ・3歳の娘は、大きいものから積めば良いとか、小さいものをかますと崩れやすくなることなどに気付いたようで、いろいろ頭を使いながら遊ぶようになり、その姿に感心しました。単純だけど大人も子どもも複数でも楽しめるおもちゃです。

    引用元:review.rakuten.co.jp

    3歳頃(中級編) 難易度★★☆

    4.ワニに乗る?(ハバ社) ~積む、置く~

    Ha4478

    ハバ社 ゲーム ワニに乗る?

    ¥3,472〜(2017/04/18 時点)

    「ワニに乗る?」は、シンプルな表情と色味がかわいい動物たちの木製ピースのバランスゲームです。サイコロを振ってルールに従って、動物のコマを順番に積んでいきます。サイコロで「ワニ」が出ると、ワニに載せるのではなく、ワニの口や尻尾にくっつけて横に広げられるといううれしい救済措置もありますよ。

    ■この商品に関する口コミ
    ・もうダメかな?と思っても、複雑な動物達の形によって意外に続けられることが多く、絶妙なバランスに積み上がった状態に、ドキドキしながら盛り上がります。
    ・ブロックひとつひとつ丁寧に作られていて、角は全て丸くなっているので小さい子どもにも安心です。

    引用元:review.rakuten.co.jp

    5.サボテンバランスゲーム(プラントイ) ~差しこんでいく~

    7474101 1

    PLANTOYS サボテンバランスゲーム

    ¥2,354〜(2017/04/18 時点)

    プラントイから、カラフルなサボテンバランスゲームです。赤、オレンジ、黄色、緑などカラフルなサボテンパーツが18個セットになっており、サボテンの幹が倒れないように差し込んでいきます。

    差し込んで積み上げていくバランスゲームです。どんどん頭でっかちになっていくサボテンの姿が面白いですね。

    ■この商品に関する口コミ
    ・2歳の息子が倒さずに遊ぶのは難しいので、支えてあげています。それなりに芸術的な形ができたりしておもしろいです。
    ・色もきれいでフォルムもかわいく、インテリアにもなります。4歳の息子が夢中になって遊んでいます。

    引用元:review.rakuten.co.jp

    6.ストーミーシーズ(ハペ) ~シーソーの原理~

    42678653 01

    Hape(ハペ) ストーミーシーズ

    ¥5,400〜(2017/04/18 時点)

    ハペ社の「ストーミーシーズ」は、エコロジカルな自然材料「竹」のおもちゃシリーズの一つで、竹で作られた船がモチーフのバランスゲームです。サイコロを振って出た目の色の荷物を船に積んでいきます。

    荷物を置いて船が傾く様子から、シーソーの原理を感覚的に掴めそうですね。

    7.スティッキー(ハバ) ~抜いていく~

    Img64001934

    Haba/ハバ社 スティッキー

    ¥2,713〜(2017/04/18 時点)

    「スティッキー」は、青色、赤色、黄色の木製スティックが各9本のセット。スティックの色によって太さが違います。スティックの束が倒れないように1本ずつ抜いていくというシンプルなゲームです。色サイコロを振って、出た目の色のスティックを1本、束が倒れないようにそーっと抜きます。

    どのスティックだったら束が倒れないか、よく観察しなければなりません。下にフェルトなどを敷くと、スティックが滑りにくくて束が倒れにくいそうです。

    ■この商品に関する口コミ
    ・ルールがシンプルで小さな子どもと一緒に遊べます。なかなかに熱くなって、何度も遊びます。
    ・ゲームはごく簡単なものですが、集中力、バランス感覚、計算力が身につくと思います。

    引用元:review.rakuten.co.jp

    5歳頃~(上級編) 難易度★★★

    8.Goki ロバのバランスゲーム(ハンデルシャウス) ~棒を格子に積み重ねていく~

    51zoy9qkvcl

    goki バランスゲーム 積み上げゲーム ロバ

    ¥1,620〜(2017/04/18 時点)

    ドイツのゴキ社からかわいらしいロバのバランスゲームです。赤、青、緑、黄色の木製スティックが合計60ピースセットになっています。プレイヤーごとに色分けしたスティックを持ち、順番にロバの背中にスティックをのせていくルールです。

    対戦して遊ぶこともできますが、協力して最大で何本乗せられるかという遊びも楽しめます。もちろん、一人で挑戦することもできますよ。シンプルな表情のロバに、スティックがどんどん重なっていく姿がかわいいです。

    9.アクロバットタワー (ラベンスバーガー)

    91tbgqhpccl. sl1500

    アクロバットタワー  (ラベンスバーガー)

    ¥2,052〜(2017/04/18 時点)

    「アクロバットタワー」は、プレスチック製の手足を広げた小人をひっかけたり積んだりして、小人のタワーを作っていくバランスゲーム。

    赤、青、黄、緑の小人をプレーヤーごとに色分けし、順番に小人を積んでいきます。小人の頭やお腹、足に穴があいているので、そこに手や足を引っかけて上手にバランスを取って重ねていきます。タワーが崩れたら、崩した人が小人をすべて引き取ります。手持ちの小人が最初に全部なくなった人が勝ちです。

    小人の穴を上手に利用すると、高いタワーができそうですね。

    10.ハムスターロール (ツオッホ)

    61pl+e0ausl. sl1500

    ハムスターロール

    ¥5,980〜(2017/04/18 時点)

    「ハムスターロール」は直径30cmほどの大きめの黄色の輪っかにブロックを置いていくゲームです。ブロックは、カラフルな長方形と正方形です。

    「同じ色のブロックがある場合はそのスペースに置けない」など、ブロックの置き方にルールがあります。黄色の輪っかが動いて、中のブロックが落ちたら引き取らないといけません。手持ちのブロックが一番最初になくなった人が勝ちです。

    黄色の大きな輪っかがフラフラ、コロコロと動く様子は迫力がありますね。

    11.キャプテン・リノ (ハバ)

    71rivtykr6l. sl1500

    キャプテン・リノ

    ¥1,458〜(2017/04/18 時点)

    「キャプテンリノ」は愉快でユニークなイラストが描かれた分厚いカードを使ったゲーム。ルールは、折り曲げたカードを積み重ねるというバランスゲームの要素と「UNO(ウノ)」のカードゲームが融合しています。

    プレーヤーは5枚ずつ屋根カードを持ち、ストックにある壁カードを立てて、手持ちの床カードを出して重ねます。壁を立てるときに、ビルの一番上に置かれたカードの指示に従います。手持ちから出す床カードが、次のプレーヤーの壁を立てるときの指示です。

    指示には、プレイする順番の方向を変える、屋根の山札から1枚引くといったものがあります。早く手持ちの屋根カードがなくなった人が勝ちです。途中でビルが崩れたら、そのときに手持ちのカードの枚数が一番少ない人が勝ちです。

    カードが丈夫な作りのため、以外と高くまで積み上がります。屋根のカードの指示によって、相手のじゃまをしたり、カードゲームの要素があるところがポイントです。

    ■この商品に関する口コミ
    ・ゲーム性があってとても面白いです。小さい子でもすぐ理解して楽しんでいます。
    ・5歳の娘はゲームをしながら進めていくとルールを理解できました。ドキドキスリルあるゲームです。

    引用元:review.rakuten.co.jp

    家族団らん、イベントに(上級編) 難易度★★★

    12.スパイラルゲーム (パルモ)

    411pqwnkanl

    Palmo スパイラルゲーム

    ¥1,379〜(2017/04/18 時点)

    「スパイラルゲーム」は、カラフルならせん状のタワーにボールを置いていくゲーム。らせんのレールには、ボールが置けるように丸型にくぼみがつけられています。しかし、上手に置かないとドミノ倒し的にボールが一気に下に転がってしまいます。

    上の方にボールをのせるときほど、リスキーでどきどきしますね。

    13.ゆらゆらバランスゲーム 空飛ぶじゅうたん  (ビバリー)

    91jkbvjxxel. sl1500

    ゆらゆらバランスゲーム 空飛ぶじゅうたん

    ¥2,088〜(2017/04/18 時点)

    「空飛ぶじゅうたん」は、アームの磁石の力とワイヤーで、じゅうたんが浮いたような状態を作り出している斬新なバランスゲームです。袋の中から宝パーツを取って、浮いたじゅうたんにのせていき、じゅうたんが落ちたら負けとなります。

    じゅうたんが空を飛んでいるように見えるとは、視覚的なインパクトが大きいゲームですね。ちょっとしたパーティーで活躍してくれるでしょう。

    ■この商品に関する口コミ
    ・宙に浮いている時点で非常にインパクトがあり、子どもも大喜びです。
    ・クリスマス会で使いました。小学生から中学生まで喜んで遊びました。慎重に、慎重にじゅうたんに小物をのせている姿がかわいかったです。

    引用元:www.amazon.co.jp

    14.ドキドキバランスゲーム サスペンド (メリッサ&ダグ)

    71bargm2+jl. sl1301

    ドキドキバランスゲーム サスペンド

    ¥2,717〜(2017/04/18 時点)

    「ドキドキバランスゲーム サスペンド」はスチールパーツを使ったバランスゲーム。スチールパーツの両端には色のキャップがしてあり、色ごとに長さやフックの数が違います。本体もシンプルなスチールです。本体にスチールパーツをひっかけていくと、屋根の上にあるテレビのアンテナのように見えるのではないでしょうか。

    シンプルなデザインのスチールフックや、スリムな円柱の収納容器のデザインも、アメリカ発のメリッサ&ダグ社らしく洗練されていますね。

    15.ドラえもん つまんでつんでバランスゲーム ドラえもんだらけ (エポック)

    51bamo16rll

    つまんでつんでバランスゲーム ドラえもんだらけ

    ¥1,209〜(2017/04/18 時点)

    「つまんでつんでバランスゲーム ドラえもんだらけ」は、怒ったり困ったり、いろんな表情をしたドラえもんフィギュアが13体。グラグラと揺れるタイムマシーンを台にしてフィギュアを置いていきます。ドラえもんの下部は丸くくぼんでいるので、ドラえもん同士を積み重ねることができます。手を使って遊ぶこともできますし、付属のお箸を使うと難易度が高くなります。

    フィギュアのドラえもんの表情がどれもかわいいので、ドラえもんファンにはインテリアとして楽しめるかもしれません。小学校入学前後の子どもに、箸の持ち方の練習になると購入されている方も多いようです。

    ■この商品に関する口コミ
    ・ドラえもん好きの4歳の子どもがよく遊んでいます。ドラエもんを箸で掴んで遊んでいるうちに、上手にお箸をもつようになりました。
    ・いろいろな表情のドラえもんが可愛いです。箸が苦手で使いたがらない小1の息子に購入したところ、とても気に入って一生懸命練習しています。

    引用元:www.amazon.co.jp

    ほんの10分、子どもとバランスゲームを楽しんで!

    バランスゲームは、慎重に置いたり、抜いたり、刺したり、一瞬の動作に集中します。そのドキドキ、ハラハラ感が楽しいですね。深く考えて遊ぶというより、感覚的に楽しむ要素が強く、ゲーム時間も10分とかからない短時間で終わるものが多いことも特徴的です。

    お仕事で疲れて帰ってきたパパも、家事の合間のママも、ほんの少し空いた時間に、子どもと一緒にバランスゲームを楽しんでみませんか。

    関連する人気の記事

    子育て・育児のカテゴリ

    ライタープロフィール

    Image

    momo

    8歳の息子と4歳の娘のママです。 こどもの遊びとおもちゃ…

    子育て・育児 デイリーランキング

    おすすめの記事