更新日:2017年01月05日

おくるみは冬の必需品。役割、生地、人気ブランドとは?

おくるみは一年を通して使えますが、寒い冬には特に必需品です。体温調節が難しい赤ちゃんを冷えから守るのにはおくるみが最適です。今回はそんなおくるみについて調べてみました。

74451
0

冬こそおくるみが大活躍

Image

寒い日の保温対策

日本の冬は寒いです。家全体がほかほかと暖かいということがないので、部屋から部屋へ移動するときなどはとても寒いですね。そのようなときに活躍するのがおくるみです。少し廊下へ出たり、お外へ出るときに暖かいおくるみをかけてあげましょう。体温調節がまだ難しい赤ちゃんでも暖かいまま過ごすことができます。

外出の際に敷いたり掛けたりする

寒い冬でも天気のいい日にはお散歩したいですよね。ベビーカーに乗せてお散歩するときに、赤ちゃんの下におくるみを敷いておくと、下からの冷えを防ぐことができます。また、赤ちゃんの上にもかけてあげましょう。足まですっぽり覆うとぬくぬくのまま散歩を楽しむことができますよ。

お風呂上りの体温調節

冬場のお風呂上りは、せっかく温まったのに冷えてしまっては意味がありません。お風呂上がりのほかほかのままおくるみで包んであげることで、赤ちゃんを冷えから守ることができます。

おくるみの役割

Image

おくるみの役割にはさまざまなものがります。シーンや温度に合わせて使い分けてみましょう。

安心感を与える

生まれたばかりの赤ちゃんは、ママのお腹の中にいた時のような丸まった体制を好みます。おくるみで優しく包んであげることで、ママのお腹の中にいるような感覚になり安心感を持つのです。

退院時(抱っこしやすくなる)

生まれたばかりの赤ちゃんは、入院中は病院の肌着で過ごすことが多いですね。来客や退院時にはかわいいおくるみで包んであげるだけで立派なおしゃれ着になります。また、初めて出産したママさんにとって、新生児のだっこは慣れるのに時間がかかりますが、おくるみで赤ちゃんを包んであげると抱っこしやすくなりますよ。

モロー反射を防ぐ

Image

モロー反射とは、新生児から三ヶ月くらいまでに見られる原始反射で、成長過程にとって必要なものです。どの赤ちゃんにも見られます。
ベッドなどに寝かせた時に、突然びくっと手足を伸ばすような動きをするのがモロー反射です。この反射によってせっかく眠りにつけていた赤ちゃんが驚いて起きてしまい、泣いたりします。
モロー反射は悪いものではありませんが、赤ちゃんが大泣きしたりするのでぎゅっと抱きしめて不安を取り除いてあげることが大事です。モロー反射を起こりにくくするには、おくるみでくるんであげるといいです。ママのお腹の中にいた時と同じような、丸まった体制のままおくるみでくるんであげると、赤ちゃんも安心して眠ることができます。

授乳ケープやおむつ替えシート替わり

急なお出かけや荷物を軽くしてお出かけしたい時におくるみを一枚持っておくと何かと便利です。授乳の際にケープとして使うことができます。また、冬場のおむつ替え台は冷たいので、おむつ替えシートの代わりとして使用すれば、冷たい台から赤ちゃんを守ることもできますね。

プレイマット替わり

Image

冬場の床は冷たいですね。そんなときはおくるみを敷いてプレイマットのようにして使いましょう。冬場のおくるみは厚手のものが多いので、プレイマットとして使うのには十分な厚さです。

夏場の冷房対策

夏の暑い時期にもおくるみは使えます。外は暑くても室内はクーラーが効いていて寒いと感じるのは赤ちゃんも同じです。そんなときにおくるみを一枚持っておくと重宝します。寒い場所にいるときには、おくるみをふわりとかけてあげましょう。

日よけ対策

夏の日差しが強いときには、ベビーカーのシェードからおくるみをかけると日よけになります。空気の通り道は確保して赤ちゃんが呼吸できるようにしておくことが大事です。

ベビーカーでの汗取り

夏の暑い時期にはおくるみを赤ちゃんの下に敷きましょう。汗っかきな赤ちゃんとベビーカーの間におくるみを敷くことで汗を吸い取ってくれます。

夜の寝かしつけの(ジーナ式)

Image

赤ちゃんの夜泣きは、程度に差はあるもののほとんどの赤ちゃんにおこります。寝不足が続くママも多くいますし、困ってしまいますよね。赤ちゃんの夜泣き対策の1つに「ジーナ式の寝かしつけ」というのがあります。これは、簡単に言うと「赤ちゃんの生活リズムを整えて、寝れる環境を作ってあげる」ことです。例えば、夜ご飯を食べた後にお風呂に入り、マッサージや絵本を読んだりとリラックスした時間を過ごした後、子守唄を歌いながら寝かしつける、といったものです。日々の生活をリズムよくすることで、赤ちゃんが自然と眠れるようになるのです。
ジーナ式の寝かしつけで最も重要なポイントが「絶対に抱っこで寝かしつけずにベッドで一人で寝かせ、泣いてもまずは様子を見て、すぐに抱き上げたりしないこと!」です。ベッドで寝かしつけるときに役立つのがおくるみです。ママの抱っこを離れて一人でベッドで寝ることに最初はとまどう赤ちゃんですが、いつも使っているおくるみで包んで寝かせてあげると、安心感を与えることができます。

冬に使いやすいおくるみの生地、素材

暑い夏には吸水性や通気性に優れたおくるみがよいですが、寒い冬には保温性が高いものを選びましょう。

Image

キルトニット

キルトニットとは、2枚のニットの間に綿を挟んで、ステッチや刺繍でキルト生地のように押さえてある生地のことです。ふにゃーと柔らかく保温性にも優れているので冬のおくるみとして活躍します。

厚手のガーゼ

デリケートな肌をしている赤ちゃんにいちばん優しいと言われているガーゼは、夏なイメージがありますが、何層にもなった厚手のガーゼは冬にも使えます。

ウール

ウールとは毛糸のことです。ウールで作ったおくるみはふわふわとした肌触りが気持ちよく、保温性にも優れています。

フリース

冬の洋服や装飾品でよく使われているフリース生地は、赤ちゃんのおくるみとしても人気があります。暖かいだけでなく軽いので、お散歩などのお出かけに一枚持っておくのにぴったりですね。

おすすめの人気ブランド

Aden+Anais (エイデンアンドアネイ)

英国のウィリアム王子とキャサリン妃のロイヤルベビーが誕生したとき、初お披露目で使われていたのがAden+Anais (エイデンアンドアネイ)のおくるみでした。その時から、世界中のセレブの間で人気になったのです。コットン100%のふわふわの生地が、赤ちゃんの肌を優しく包み込みます。

home | 公式サイト | エイデンアンドアネイ

BAREFOOT DREAMS(ベアフッドドリームス)

日本のママの間で人気のある蛯原英里さんも使っているBAREFOOT DREAMS(ベアフッドドリームス)は、ふわふわのマイクロファイバーを編み込んだおくるみは、真ん中のポケット部分にぬいぐるみを入れることができてとてもかわいいです。出産お祝いのギフトとしてもとても人気があります。

516 Cozy Chic Barefoot Pocket Buddie 15*17(ベビー用品)|BAREFOOT DREAMS(ベアフットドリームス)のファッション通販 - …

【ZOZOTOWN|送料無料】BAREFOOT DREAMS(ベアフットドリームス)のベビー用品「516 Cozy Chic Barefoot Pocket Buddie 15*17」(944010…

gelato pique(ジェラート ピケ)

かわいらしいデザインで有名な女の子のファッションブランドgelato pique(ジェラート ピケ)は、赤ちゃんのおくるみも人気があります。パイル生地のふんわり素材が心地よく、耳付きのおくるみは出産お祝いのギフトに最適です。

gelato pique|ウサギオンライン公式通販サイト

USAGI ONLINE(ウサギオンライン)ファッションアイテム一覧のページです。snidel(スナイデル)、gelatopique(ジェラートピケ)、FRAY I.D(フレイアイディー)、Lily…

kashwere(カシウェア)

kashwere(カシウェア)は高級ホテルで使用されるタオルで有名です。アメリカのロサンゼルスで生まれたkashwere(カシウェア)は、ふわふわの素材が病みつきになるような肌触りで、かわいらしいデザインのおくるみはとても人気があります。

kashwere Japan (カシウエア ジャパン)

FEILER(フェイラー)

ドイツで生まれたFEILER(フェイラー)は、ハンカチで有名な老舗ブランドで、そのおしゃれなデザインが大人の女性の間でも大変人気があります。赤ちゃん用のおくるみは、肌触りが心地よいだけでなく、オリジナリティーあふれるデザインがとても素敵で、一枚持っているだけでママの気分も上がります。

フェイラー公式オンライン・ショップ FEILER Online Shop 『フェイラーの公式通販なので安心です』

ドイツ・フェイラー(FEILER)社 総輸入元、住商ブランドマネジメント株式会社による公式オンラインショップ(通販)。ハンカチ、タオル、バッグ(バック)、ポーチ、エプロン、スリッパなどを販売。

冬にはもこもこであったかいおくるみを

様々なブランドからかわいらしいデザインのおくるみが出ていますね。冬は特に、もこもこ素材のものにくまさんのお耳がついたようなデザインのものが人気です。赤ちゃんは体温調節がまだうまくできないので、寒い冬には暖かいおくるみで優しく包んであげて、冷えから守ってあげましょうね。

冬のおくるみの関連記事はこちら

Image

おくるみの巻き方はどうする?月齢別の巻き方と正しく巻くコツ | mamanoko(ままのこ)

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/24970

関連する人気の記事

子育て・育児のカテゴリ

ライタープロフィール

Default

MEI

カナダで二人目を妊娠しながら、二歳の男の子を育児中。 異…

子育て・育児 デイリーランキング

おすすめの記事