更新日:2017年02月07日

お腹の調子が悪い時の食べ物は?OK・NG食材はこれ!

冬になると流行する胃腸炎。小さな子どもに下痢や嘔吐の症状がある時、何を食べさせて良いのか迷いませんか? 今回は、子どものお腹の調子が悪い時に役に立つ、お腹に優しいOK食材と、消化の悪いNG食材を医師監修の記事でご紹介します。

監修 : mamanoko 医師・専門家
124666
0

下痢嘔吐をともなう胃腸炎

Image

寒い季節がやってくると胃腸炎の流行にママはピリピリしますよね。高熱に加えて下痢や嘔吐の症状の出る胃腸炎、小さな子どもがかかっている姿は何とも胸が痛みます。そんな我が子を救うべく、栄養満点、愛情いっぱいの食事を一生懸命作るママも多いのではないでしょうか。今回はそんな時に知っておきたい、お腹に優しいOK食材・NG食材をご紹介します。

消化の良いOK食材

Image

ついついおかゆばかりになりがちなお腹の調子が悪い時の食事。お腹に優しい消化の良い食材を色々と知っておけば、お腹の調子が悪い時の料理もレパートリーが広がりますよ。

軟らかく炊いた白米、おかゆ

お腹の調子が悪い時の大定番の「おかゆ」はやっぱり何よりも消化吸収が良い食べ物です。水分の多いおかゆが苦手な場合はいつもより軟らかめに炊いた白米でも構いません。味気ないおかゆはどうしても濃い味付けをしたくなりますが塩分は控えめに!

うどん

消化が良いと思われがちなうどんですが、しっかりゆでていないうどんは、意外と消化が悪いことをご存知でしょうか。うどんを与える場合はクタクタになるくらいよくゆでて、よく噛んで食べるようにしましょう。

食パン(白い部分)

消化が良いと言われる食パンですが、耳の部分は切り落として、白い部分のみを食べるとよりお腹に優しくなります。雑穀や全粒粉の入ったパンは消化に悪いので、小麦でできた白いパンを選ぶようにしましょう。

半熟卵

体調の悪い時もしっかりと摂取したいタンパク質。半熟卵であれば、栄養も豊富で消化も良いのでおすすめです。同じ卵でも固ゆで卵や卵焼き、生卵は消化が悪いので調理法に気を付けましょう。ただし、離乳食期でまだ固ゆで卵しか食べたことがない場合は、体調の悪い時に初めての調理方法にトライすることは控えましょう。アレルギー症状が出やすくなる恐れがあるため、注意が必要です。

白身魚

鯛やさわら、カレイなどの白身魚も消化に良い食材です。焼き魚にするよりも、煮魚にした方が食感が柔らかくなります。体調の悪い時におすすめです。白身魚を使用したはんぺんなども、消化の良い食材です。

ささみ、鶏ひき肉

あまり消化に良いイメージのない肉類ですが、ささみや鶏ひき肉であれば脂身が少ないので、お腹の調子が悪い時でも体に負担をかけません。鶏ひき肉をおかゆに混ぜれば、おかずを用意しなくても十分に栄養の摂れるおかゆが作れます。

青菜

小松菜やキャベツ、ホウレンソウなどの青菜は消化も良く、風邪の時に摂取しておきたいビタミン類を豊富に含んでいます。ビタミン類はゆでると水に溶け出てしまうので、ラップにふんわり包んでレンジで火を通すのがおすすめです。

梅干し

おかゆのお供といえば梅干し。梅干しには整腸作用と殺菌作用があり、下痢への効果が期待できます。また、唾液の分泌を促すので、消化吸収を助けるといわれています。塩分には注意して、少しずつ与えてあげましょう。

豆腐

豆腐はのどごしが良くつるりと食べられるので、食欲のないときにおすすめです。冷ややっこではなく、湯豆腐にするなどして温めて食べるようにしましょう。

よく熟したバナナ

消化吸収の良いことで有名なバナナですが、よく熟したバナナでないと胃に負担をかけてしまいます。熟していない固いバナナは食物繊維、オリゴ糖を豊富に含むため、下痢を悪化させる可能性があるのです。また、体を冷やす作用もあるので食べすぎにも注意が必要です。

りんご

風邪の時に、すりおろしたリンゴを食べた経験のある方も多いのではないでしょうか。りんごをすりおろすことで、消化が良くなります。さらにお腹への負担を減らしたい場合は、レンジで温めたり、お鍋で煮たりするなどして一度火を通しましょう。

カステラ、パウンドケーキ

どうしても食欲がない時は、食べやすいお菓子でエネルギーを補っても良いでしょう。小麦を使ったお菓子は消化が良いのでおすすめです。カステラやパウンドケーキ、ビスケットやボーロもお腹に優しいお菓子です。

消化の悪いNG食材

Image

乳製品

牛乳やチーズなどの乳製品は消化が悪い食材と言われています。特に、冷えた状態の牛乳はお腹への負担が大きいので控えましょう。

柑橘類

レモンやグレープフルーツ、ミカンなどの柑橘類は胃腸を刺激するため控えたほうが良いでしょう。オレンジジュースなど酸味のあるジュースもお腹に優しくないので注意が必要です。

さつまいも

食物繊維が豊富なさつまいもは、腸への負担が大きいので控えたほうが良いでしょう。イモ類を食べたい場合はジャガイモや里芋がおすすめです。さつまいもの他にも、ごぼうやセロリなど食物繊維が多い食材は全て控えましょう。

チョコレート

脂肪分の多いチョコレートは胃への滞留時間が長く、消化が悪いので避けた方がよさそうです。ココアも同様に控えた方が良いと言われています。

消化の良い食べ物を与えてあげて

Image

いかがでしたか。お腹の調子が悪い時は、離乳食を参考に食事を作ると良いと言われています。現在離乳食を食べている子どもには、一段階前の離乳食に戻すと良いでしょう。そうすることで胃腸に負担がかかりにくく、弱った体の回復にもつながりますよ。

また、離乳食を卒業した子どもでも、食材を消化の良い状態で調理するために、離乳食の調理方法が参考になります。離乳食時代を思い出して、ぜひ消化の良い食事を作ってあげてくださいね。

離乳食に関するおすすめ本

519qeurf3el. sx402 bo1,204,203,200

フリージング離乳食―1週間ラクラク

¥720〜(2017/02/07 時点)

この本の特長は、離乳食の時期に合わせて何を、どれだけ食べさせていいか「献立」を教えてくれること。食材をおいしく、簡単に調理する方法を尋ねたら右に出る者ナシ! ほりえさわこ先生が「食材別のラクなフリージング方法」「冷凍した材料をおいしく合わせる離乳食レシピ」を提案します。

51peqaozqal. sx450 bo1,204,203,200

はじめてママ&パパの離乳食

¥1,404〜(2017/02/07 時点)

離乳食のスタートから卒業まで、この一冊でOK! 献立例や簡単レシピは300品。食材別のラクラク調理ワザやフリージングなど、がんばりすぎない離乳食作りアイデアも満載です。

あわせて読みたい

関連する人気の記事

子育て・育児のカテゴリ

子育て・育児 デイリーランキング

おすすめの記事